いがらっしーさんの映画レビュー・感想・評価

いがらっしー

いがらっしー

映画(764)
ドラマ(14)
アニメ(0)

辰巳(2023年製作の映画)

-

東京国際映画祭にて鑑賞。
ヒリヒリする。
大きなスクリーンから熱量が溢れ出す。
小路監督最新作。

(2023年製作の映画)

-

全ては憶測で、現実の事件とは違う部分もかなりある事を忘れてはいけない!と思う。
そういう意味では、この作品がフィクションである事を分かった上で、それでも
我々は、綺麗事だけを言いつつ、見て見ぬ振りをし
>>続きを読む

燃えあがる女性記者たち(2021年製作の映画)

4.0

クライマックスシーンがある訳でもなく、さらりと扱っている感じがドキュメンタリーなんだと思えた。

SNSで映像を使って世界に訴える事が出来るこの時代だから、彼女達でもこんな事が出来た!
これからのジャ
>>続きを読む

シェアの法則(2022年製作の映画)

-

岩瀬さんが脚本。沢山の登場人物が全て主人公なのでは…と思える程、それぞれのエピソードが散りばめられ、互いに絡み合った群像劇となっている。
相手を赦し、互いに愛し合う…
温かな優しい気持ちにさせてもらえ
>>続きを読む

白鍵と黒鍵の間に(2023年製作の映画)

-

格好良くてムーディーな作品かと思いきや、主人公をはじめ、出演者全員が情けない程カッコ悪いことをいっぱいやらかしてくれる。手の込んだ脚本も此方がついていけないくらい、複雑怪奇。
似ている2人なのか、はた
>>続きを読む

大人の見る繪本 生れてはみたけれど 4Kデジタル修復版(1932年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

子どもの目から見たら、父親は特に威厳のある存在だった時代。しかもどんなに優秀でも、媚び諂わないといけない社会的身分や階級が存在する事を知って戸惑う。だったら、もう努力したくない!とさえ思う。
生まれた
>>続きを読む

ダンサー イン Paris(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

『人生のすべてを味わって』
ママが死ぬ前に伝えて来た言葉。
これは、順調にいってる事だけが人生じゃないのかもしれなくて、それを悩み味わう事も良い人生だと…教えてくれる。

肉体で味わうものは精神に直撃
>>続きを読む

福田村事件(2023年製作の映画)

-

『間違っていれば日本人を殺す事になるんだよ!』
『いや朝鮮人なら殺していいんか?!朝鮮人だって殺しちゃダメでしょ!』
人は自分と他人を比較して差別したがる。穢多(被差別部落出身)である薬売り行商の彼ら
>>続きを読む

メンドウな人々(2023年製作の映画)

-

うどんという麺道
メンドウな人々
なんていう様な小粋なギャグや言葉遊びが随所に散りばめられて、
テンポ良くストーリーが展開していく。寧ろ、面倒くさいなんて感じられなかった。
ものを食べるシーンのある映
>>続きを読む

緑のざわめき Saga Saga(2023年製作の映画)

-

saga saga
ざわめき
緑のざわめき
ざわざわする
づっとづっとザワつく…
主人公もその異母姉妹達も、それらの彼や友人達も…なんだか皆、不幸で、それを抱えて内に籠もっている。
全く関わり無いと思
>>続きを読む

四人姉妹(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

女の子好みのお洒落な作品。殆ど部屋の一室だけの会話劇。最近こういう台詞が多くて、舞台を観ている様な作品をよく目にするが、脚本も役者さん達も面白いから、目が離せなかった。
女性として自立したいと思って生
>>続きを読む

夢見るペトロ(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

愛する兄から結婚報告を受け、その現実を受け入れられず、過去や、幻想の世界に沈み込む。
そんな非現実の世界を独特のふんわりした映像で描いている。
転がるガチャガチャの入れ物とか、ススキヶ原にそびえ立つ鉄
>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

7年位前に一度観たけれど、沖田監督から、制作話とかをきいたら、またしっかり観たくなって…観てみる。
7人のおばちゃん達がそれぞれの悩みを抱えながらも、実生活から離れて、滝を見に行くバスツアーに参加した
>>続きを読む

ウーマン・トーキング 私たちの選択(2022年製作の映画)

3.9

いつの時代なんだろう…
と思ってたら、国勢調査という自動車が、デイドリーム・ビリーバーを流しながらやって来て、今は現代なんだと理解する。2010年、自給自足で生活するキリスト教一派の村で起きた連続レイ
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

-

沖田修一監督作品はどれもかなり面白いが、これも沖田ワールド炸裂。笑えた笑えた!おちゃらけシーンだけど、そこには、個性とか、差別、偏見といかいう問題も扱っていて、考えさせられる。冒頭の『男か女かはどっち>>続きを読む

青春墓場(2021年製作の映画)

-

虐められて、馬鹿にされて、恨み辛みが徐々に溜まりに溜まって行く…
ラストシーンの終わり方が斬新!
困難を乗り越えて、深い愛情で繋がった幸せいっぱいの二人をみせているからこそ、戦慄が走る。

少女は卒業しない(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

4組それぞれのカップル達が卒業と同時に次のステップに登って行く。
それが全て素敵なエピソードばかりで、現在青春真っ只中ではない私の様な年齢の人にも、別れという人生の分岐点はいつもあって、その時々に背中
>>続きを読む

日光物語(2022年製作の映画)

-

寅さんへのオマージュ作品だと仰っていらしたように、女性にめっきり弱くて、直ぐに恋に落ちるし、喧嘩っ早く、真っ当には働けない…でも、人情深く、優しいという主人公。宝田明さんの遺作。

レンタル×ファミリー(2023年製作の映画)

-

3部に構成されていて、それぞれのストーリーは関係はあるんだけれど、主人公が違うし、それぞれの立場でレンタルファミリーについて考えさせられるから面白い。中でも2話目がドキュメンタリータッチの作り方で、こ>>続きを読む

テクノブラザーズ(2022年製作の映画)

-

大田原愚豚舎旗揚げ十周年記念上映
で、やっと鑑賞。
初めてのカラー作品。
テクノブラザーズも主役の女の子もサングラスを掛けてるせいか、無表情で喋り方もぶっきらぼう。これで独特の世界観が作り出されていた
>>続きを読む

命の満ち欠け(2022年製作の映画)

-

魂のある全ての役者さん達からの熱量が凄く、一人ひとりの抱えているものが重過ぎて辛い。
揺れ動く心情。
複雑で多面的なキャラクター。
実際に薬物依存の方々に取材に行き、実在の友人がモデルになっているだけ
>>続きを読む

怪物(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ある事象を一面から捉えただけでなく、他の人の立場からも多面的に捉えて物語を作っていく、こうした作風の作品は最近増えて来ている気がしているが、脚本がとにかく素晴らしいから、面白かった!
とはいうものの、
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ある映画監督のオススメから、鑑賞。確かに面白かった!
デンマークは、アルコール依存症が多いのだろうか?
インテリで知的な高校教師という職業の同僚中年男性4人が、人生に行き詰まり、覇気のない生活だったに
>>続きを読む

波紋(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

女性の更年期が50歳前後と考えると、筒井真理子さんの年齢で更年期障害とかは、ちょっと違和感があったけれど、大人の女性が主人公なのはとても共感出来て嬉しい。
夫の父親の介護に明け暮れながら、震災後の不安
>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

皆みんな愛らしい。本当のお父さんじゃない人との家族も、実のお父さんとの関係も…微妙な複雑な気持ちが、そこかしこ表現されているんだけど、真面目過ぎない感じがとても素敵で、ついつい笑えちゃって、
羨ましく
>>続きを読む

東京組曲2020(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

緊急事態宣言中の役者達の嘆きをドキュメンタリータッチでえがいた作品。とはいうものの、緊急事態宣言中だからというより、普段から悩んでいたり苦しんでいたりしたことがあって、それがこの時期に吹き出しただけの>>続きを読む

インペリアル大阪堂島出入橋(2022年製作の映画)

-

あっという間に惹き込まれ、涙が出てきた。
佐藤浩市さんの圧巻の存在感。
歩き続けるのをひたすら撮り続けた長廻し。
彼は自分と同じ位の年齢…
これまでの自分の人生を振り返って呟き続ける。
何やって来たん
>>続きを読む

せかいのおきく(2023年製作の映画)

-

時々カラーが入るけれど、殆どモノクロの美しいせかい。だけど、糞尿まみれだからか、妙にリアルで生々しい。
このせかい大好きだ!

江戸時代の糞尿話になってるけど、戦後も暫く、化学肥料なんか出来る前は、当
>>続きを読む

すべてうまくいきますように(2021年製作の映画)

-

自殺ほう助による尊厳死の話。
みんな誰しも大なり小なり行く道で、ひとりで死んで行けないし、遠慮することなんかない!って思う。
だから、私にはどうしてもこの話が受け入れられず、ずっともやもやしていた。娘
>>続きを読む

おーい!どんちゃん(2021年製作の映画)

-

今回逃したらなかなか観られないに違いない!って意気込んで観た。
沖田修一監督の実のお子様の7年間の成長記録でもあるんだけれど、
育児経験がある人なら誰もが経験している育児あるあるエピソード満載!しかも
>>続きを読む

逆転のトライアングル(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これまでの作品をもっと分かりやすく商業用にしたのかな?という作品。中でも、男性という性について、いろいろなエピソードが出てきた事があるある話で非常に面白かった。
デートの外食で、一般に男性が払わなけれ
>>続きを読む

雑魚どもよ、大志を抱け!(2023年製作の映画)

-

足立紳監督の脚本・監督なんだから面白いに決まっている!と期待してみたら、それ以上の作品だった。
俳優部の激しい動きを、流れるようにカメラで捉えながらの長廻しのシーンは、どれも心情まで映しだされていてエ
>>続きを読む

退屈なかもめたち(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

横浜シネマリンで鑑賞… 何だか、かもめが出てきそうな映画館名だなあ〜なんて思って観てたら、いつの間にか魅了されてた。
この作品は、舞台に向けて練習しているシーンばかりだから、映画なのに、舞台を観ている
>>続きを読む

>|