はさんの映画レビュー・感想・評価

は

映画(1025)
ドラマ(16)

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.3

バンブルビーの大きい図体なのに小動物みたいな性格と可愛いデザインが良かったです
異星人との友好関係みたいなの好きですわ私
チャーリーの飛び込み選手だったっていう設定が上手いこと伏線になってるのかと思っ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

前半のシヴドゥがキモくてあれでした
ツッコミどころが沢山あるんだけど、そういうもんですよねインド映画って
アクションが大迫力だった
続きが気になるラストでした

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.7

名優三人の三角関係ブロマンス映画的な
年老いてやっと信仰に目覚める気持ちを追体験
物悲しい気持ちになりました
体感時間は三時間半も無かったです
派手さはほとんどないんだけど、地味な面白さがずっと続く感
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.5

6話のオムニバスで最後は全て死に帰着する
何話か観ているうちにそこに気付くんですが、どういう経緯で死ぬのだろうかとか、この人は死んで欲しくないなあとか思いながら観るのでちょっと楽しい
一番最初の話がお
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.7

タイトルの通りアメリカンなスナイパーの話で、愛国心から戦争に向かう行動や、戦争によるPTSDなど私にとっては馴染みがなく別次元の様に感じられた
クリスはそういった私の様な平和ボケした人間がいる世界に戻
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.7

栄枯盛衰を体現したかの様な男の話
人が簡単に死ぬ
テンポが良くて派手過ぎないバイオレンスもあって好み
デニーロの優しい微笑を浮かべたご尊顔もあって、作中の台詞「殺し屋は微笑みながら親しげに近付く」が非
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.7

初めて観た時はどんでん返しに驚きましたが、2度目となると単純に胸糞悪さが強いです
『タクシードライバー』や『キングオブコメディ』でのデニーロには救いがあった様に、ディカプリオにもまたある種の救いがあっ
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

3.5

『荒野の七人』は仲間を集めて悪を倒す話でしたが、『真昼の決闘』は町人に協力を募っても全然相手にしてもらえず、孤立無援で闘う話なので、新鮮でした
とにかく主人公が不憫でしたし、ついでに言えば、もう一人の
>>続きを読む

嵐の中で(2018年製作の映画)

3.6

伏線とか色々あって、練って作られたんだなっていうのは分かるんですけど、主人公と私の価値基準の違いなんでしょうが、その選択をすることが正しくない様な気がしてもやっとしました
親の心子知らずといった具合な
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.7

ちょっとズレた感想かもしれないですが、人生って短いんですね
若い時に経験した大冒険の後は、そのことばかり引きずって、残りの人生が空虚で味わいのないものになりがちだったちするんだろうかとか思いました
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.6

機械との恋愛もいいけど、やっぱり機械より生身の人間と恋愛をする方が良いゾと言われたような気がした
今ある人間関係を見直したり、自分自身を省みるきっかけになりそうな映画だなと思いました

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.5

コロニー落としの被害ってでかいんですね
セイラさんがどんどんファーストのセイラさんに近づいていっている

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

3.5

ジオンが公国になってモビルスーツも概ね完成
戦争まで秒読み
フラウボウが可哀想

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起(2016年製作の映画)

3.5

シャア...非道で狡猾...
どんどん一年戦争に近付いて行くのが面白いです

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

3.5

ファースト三部作では淑女っぽかったセイラさんですが、この時点ではまだ快活な少女って感じだったんですね
哀しみのアルテイシアって副題の通りの内容だった
可哀想

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル(2015年製作の映画)

3.5

単純に作画の進化が凄いなって思いましたよね
80年代と10年代ってこんなにもアニメーションに違いがあるのかと驚きました
ショタに手錠は一種のフェティシズムなんでしょうか
ハモンさんとランバラルが良かっ
>>続きを読む

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982年製作の映画)

3.7

終盤ではモビルスーツ同士ではなく、白兵戦で決着を付けようするところが胸が熱くなりましたね
Ⅰ、Ⅱに比べて今作は哲学的な台詞が多かった印象です
やはりダイジェストなのでララァ関連の描写が少し物足りなく感
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

ヒーローとヴィランの両方の誕生までを丁寧に描いた今作
ヒーローといえど、スーパーパワーを手にしたからといってすぐに善行をせずに、取り敢えずお金を盗むあたりが人間らしくて好感が持てました
アクションも泥
>>続きを読む

ロボット(2010年製作の映画)

3.5

キャッチコピーの通り「ワケ分からんが面白い」だった
細けえ事はいいんだよと言わんばかりの娯楽映画
陽気なノリで観ているだけで楽しい気持ちになれた
合体ロボは合体ロボだけど、そういうんじゃないんだよな

地獄の黙示録・特別完全版(2001年製作の映画)

3.6

戦争は狂気に満ち溢れていて、まさに地獄なんだろうなと観ていて思いました
戦地で暮らしていれば、PTSDにならない方がおかしいのでは?と思います
今作はアメリカ人が作るからこそ意義のある作品だったんじゃ
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.6

家族といえど結局は血の繋がりがあるだけの他人に過ぎない
心の距離は歩いても歩いても縮まることがない
永遠にすれ違ったままでも歩いていかなければならないのが家族なのかもしれませんね

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.5

法を犯していても人気さえ出てしまえばお金が入ってきてしまうって夢があって良いですよね
ルパートの行動力と野心を見習って生きていきたいですね
マーシャのその後がちょっと気になりますよね
主人公が司会者に
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.5

スタイリッシュなアクションは流石ガイ・リッチーって感じで、不必要な会話もテンポよく進むので、観ていて心地の良い感じ
細かい内容よりもスペクタクルがとにかく印象に残る
厨二心くすぐる映画

スキャナー・ダークリー(2006年製作の映画)

3.5

シナリオより何より映像が特殊で面白かった
イラストが絶え間なく動いてる様な不思議な感覚でした
SF寄りのミステリー要素もあるドラッグ映画で、最終的に私が持ったのは「ドラッグって怖いんだな」っていう浅い
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

2.9

一回観て分からなくて、二回観たけどやっぱり分からなかった
脱力系コメディと言われればそうなのかもしれない

がっこうぐらし!(2018年製作の映画)

3.2

主要キャスト4人がアイドルなだけあって可愛い
原作がコミックやアニメの実写作品にありがちな物足りなさを感じましたが、思い返してみればアニメもこんな様な終わり方してたし仕方ないのかなあって思います

日日是好日(2018年製作の映画)

3.9

沁みた
樹木希林の遺作となったということを念頭においておくと、物悲しい気持ちになります
こんな魅力的な人物がもうこの世にはいないんだなあって
人はいずれ死にますが、出来るだけ別れの時に悔いのない様に、
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.9

正直なところ共感出来る部分というものが一切無かったので最後までこの世界観にハマることがないまま観終わってしまいました
恋愛要素、音楽要素、ロードムービー要素と盛りだくさんでしたが、何故か響くものを感じ
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

愛の形は人それぞれで、周りからみたら滑稽に思えたりするけど、多分そんなもんなんですよね
色々な人間が居ていいんですよ多分

映画を通じて自分や近しい人のことを考えてしまうような映画だった

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.4

園子温ワールド全開といった感じで、後半から怒涛の胸糞悪さ
日本らしからぬ宗教観とファンタジーの様な現実感や目を覆いたくなる様なグロさ痛々しさ!
もう一度観るかと聞かれれば観ないと答える!そんな映画!

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンはトラヴィスの夢か幻想かなんだろうなと思いました
トラヴィスにとって都合のいいあの結末は、スコセッシからトラヴィスに与えた“救い”なのかな、と
“歩く矛盾”というベッツィの評は的確だったん
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

シナリオがどこに帰着するのか分かっている分、そこにたどり着くまでの過程だったり、ホアキンの演技だったりを純粋に楽しむことが出来た

アーサーとしてアイデンティティを模索し崩壊した後に、ジョーカーとして
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

静かで重厚で壮大な宇宙を感じた
眠気がなく、精神状態が良い状態で臨みたい映画だった
シナリオやテーマよりも、とにかく空気感が良い映画でした
もう一度観たい

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.5

2作目で世界観が出来ているので、1作目よりもシャーロックホームズ感が出ていた

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.5

推理ブロマンスアクション映画でした
アクションも推理と同じくらいウェイトを占めていて、軽い気持ちで観ることが出来た
音楽や衣装やセットからロンドンの空気感を味わえる
とにかく緩く観ることができるのが良
>>続きを読む

>|