Reirenさんの映画レビュー・感想・評価

Reiren

Reiren

  • 66Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

100年後の今も演じられている演劇「シラノ・ド・
ベルジュラック」の生みの親エドモンの制作秘話
のような話

演劇や詩に興味がなく、話の展開も早すぎて
気持ちが乗り切れなかったが、
映画としての出来は
>>続きを読む

デビル(2010年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「シックス・センス」のナイト・シャマラン原案の
作品という事で、どんな「どんでん返し」が
待っているのだろう・・・と期待して観ました

結論から言うと「駄作」

低予算のB級スリラー

でも話や演技や
>>続きを読む

ポネット(1996年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

母の死、死ぬことの意味を理解できない4歳の少女
ポネットと、子供たちなりの死生観

4歳とは思えない子役ヴィクトワールの演技が凄い

この年頃の、キリスト教下の子供たちの
宗教がらみの考え方や感性が興
>>続きを読む

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「野生の呼び声」で知られるジャック・ロンドンが
モデルの男が作家になる話

良家の令嬢エレナに惚れ、好かれたい一心で
教養を身に着け作家を志す船乗りの主人公
マーティン

なかなか成功せずエレナと別れ
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.6

思春期の、対人関係苦手な女の子の話

テーマは「自分らしく生きるって難しい」かな

ヒロイン、ケイラの、周りの人々に溶け込もうとする
努力が、痛々しくて観ていて辛い
でも・・・わかる、自分と同じではな
>>続きを読む

ニューヨーク 親切なロシア料理店(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

警察官のDV夫から逃れた妻と子が、ロシア料理店に
集う人々に親切にしてもらう話

現金やカードを持っていないからといって
(家を出るのに無一文というのはどうなんだろう・・・)
妻が、何のためらいもなく
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

超能力者を騙るペテン師と、それを暴こうとする者
たちの話

超能力と思われているものはすべてペテンか
本人の思い込みと語るシガニー・ウィーバー演じる
マーガレット博士が主役と思っていたら
早々とお亡く
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

一筋縄ではいかない作風が、A24っぽいと
思ったら・・・

A24の人の監督脚本でした
(コロムビアに引き抜かれたとか?)

不朽の名作「若草物語」の大筋をなぞりつつ
新たな解釈を加えて細かいエピソー
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.0

ベタなタイトルからして、
「どう?びっくりしたでしょ」の
オンパレードなんだろう、そうそう
驚かないぞ~と構えて視聴

前半、B級スリラーの王道な展開に
まぁまぁかな、と思いきや
中盤以降、ドキドキの
>>続きを読む

デンジャー・クロース 極限着弾(2019年製作の映画)

2.5

ロケ地がベトナムでなくて自国
(オーストラリア)だったのか
ジャングルの筈が森に見えてしまう
景色が見入ってしまうほど綺麗
まるでファンタジー映画のよう

その中で行われているのは殺し合い

戦争って
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.8

パワフルゾンビ映画が、更にパワーアップ

前半少し退屈に感じて寝てしまい、
後ほど続きを観たのですが・・・

シリーズ前2作同様ツッコミ入れつつ観ていたら・・・

中盤以降、「常識なんて知らねえよ!」
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

1.0

三国志とお笑いが好きなので
どんな風に楽しませてくれるかと期待して
いたのだが・・・

まったく笑えない

ウケを狙っては滑る・・・が延々続いて
あまりにも酷すぎるので、
途中で視聴を止めました
滅多
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビの動きがスピード感あって、パワフル

白目むいているのに何故トンネルの中に入ると
エモノ(生きている人)を認識できなくなるの?とか
どうしてドアの開け方わからないの?とか
感染者(ゾンビ)相手だ
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

実写をモーショントレースか
トゥーンレンダリングしたような
2Dアニメ
その割に動きがギクシャクしていたのは、
アニメーターの技術の差か、繋ぎの部分が
上手くいってなかったのかな?

最初、冴えないオ
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

常勝フェラーリ社への挑戦と、
車の売り上げを競う為に
ル・マン24時間耐久レースに挑むフォード社

主にフォード社のカー・デザイナーや
レーサー視点から描かれた映画

前半、やや退屈だったが、ル・マン
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オシャレという訳ではないけれど女性向け
男性が観たら、女性心理がよくわかって
面白いかも

こういうタイプの話にありがちな
恋愛がらみになりそうでヒロイン、フランシス
自身はそうはならない所が面白い
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

心身共に痛みを伴う疲れによるブランクの後、
優れた半自伝的映画を作った
ゲイの映画監督の話

主人公サルバドールはいろいろな
痛みを抱えていて、
嚥下困難な為、沢山の薬を粉々にして水に
溶かして飲んで
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.5

今まで映画を観る時、あまり音楽を意識して
いなかったけれど、このドキュメンタリー映画を
観ていて、馴染みのある曲が多くて、意外と
耳に残っていたんだなと思う

効果音的な音響とは別の意味で
映画音楽の
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

2.8

ファミリー向け映画だな~・・・

犬のCGの動きや表情が、
獣らしくないというか
人間っぽくて違和感
熊の動きはガクガク

しかし質感は凄いです
毛並みとか顔立ちとか
今のCGって、ここまで表現できる
>>続きを読む

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

3時間超えで重厚なドイツらしい映画

「普通でない」遺伝子を残したくないという
ナチスの安楽死政策で殺された若い叔母
その叔母に可愛がられ「真実はいつも美しい」と
教わっていた幼き日の主人公クルト
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

作品の質の良さで定評のあるA24の映画
低予算ながら、チープさを全く感じさせない

テーマはシンプル
「憎しみよりも愛が大切」
憎しみは破滅に繋がる愛こそすべて
と、目新しいものではないが

全編を通
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ゲイの話だが、とてもストイックな恋愛感情を
言葉少なに多くを語る形式で、
観ている側がそれぞれの
思い入れで補完しつつ観ることが出来る

リトル→シャロン→ブラックと3つのパートに分かれ
呼び名が変わ
>>続きを読む

バンクシーを盗んだ男(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

パレスチナ問題の事は詳しく知らないが、
それと関連付けて
グラフィティアートや絵描きや絵の価値について
描かれた映画

グラフィティアーティストのバンクシーの絵は
メッセージ性があり、モノクロでシンプ
>>続きを読む

クライマーズ(2019年製作の映画)

3.0

チョモランマ(エベレスト)に初登頂した中国の登山家たち
しかし途中でカメラを失い写真を撮れず、本当に登頂成功
したのかとの疑いをかけられ・・・
15年後、満を持して再登頂に挑むも、そこには過酷な現実が
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ザ・ビートルズのいない世界
(タバコもコーラもハリポタもいない)
にトリップしてしまった男が、ビートルズの
曲を自分のオリジナルと偽ってスターに
なるが
「(愛される人としての)自分の枠」が欲しい
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

日本の漫画「銃夢」が原作だとか
ずっと前から気になっていたけど未読の作品

ジェームズ・キャメロンが大好きそうな
ダイナミックなアクションとベタな王道ストーリー
予備知識ゼロで観たけれど、予想外に楽し
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

2.2

冒頭のテンポのいいアニメと
バービー人形みたいなルックスのハーレイ・クインや
燃えるゴッサム・シティーはビジュアル的には楽しめた

ハーレイ・クインはジョーカーの元カノの割には
セリフや表情、仕草など
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

Swallowとは、「ツバメ」の他に「飲み込む」という
意味もあるそうです

家族愛に恵まれず、
母親がレイプされて生まれた女性(ハンター)が
妊娠して、
罪の意識から異物を飲み込むようになった
「異
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

「これはウソに基づく物語である」という、
ハリウッドでよくある実話ベースをパロった
出だしから、何か仕掛けがあるのだろうとは
思っていたが、まさかのラスト

笑ったし、思いがけず泣かされた

老女ナイ
>>続きを読む

名探偵登場(1976年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アガサ・クリスティーの創作した
エルキュール・ポワロやミス・マープル
ダシール・ハメットのサム・スペードなど
東西の名探偵5人のパロディ的登場人物達が
大富豪の屋敷に招かれ、そこで屋敷の主人による
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.0

最近アメコミ原作の映画多いですね・・・
X-MENはマーベルコミック(アメコミ)の
看板作品のひとつで
随分前からタイトルは目にしていたけど
映画観るのは今作品が初めて

シリーズ12本ほど出ていて
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これは・・・
「地縛霊となった男が成仏する話」

・・・に見えますが、
いろいろな場面やセリフに含みを持たせていて
観る人によって受け取り方や感じ方が異なるので
どのようにでも解釈できる話だと思います
>>続きを読む

恋するシェフの最強レシピ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、ヒロイン・ションナンが
別の男に振られた直後に
最悪のシチュエーションでルーと知り合って
お互い好みじゃない宣言してたけれど
汚部屋に住んでてダメな感じなのに
料理の腕は個性的で優れているシェフ
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「SFらしい」という以外、予備知識が無くて、
B級ノリを予想して観始めたら・・・

まさかの傑作

父親譲りの特殊能力で、7歳からつけていた日記帳によって
喪った記憶を呼び覚まして自力で脳を作り変えて
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

映画のボルグ、イケメンですね
女性にモテるタイプだな・・・
ジョニー・デップみたい

副題に「氷の男」と書かれているボルグですが・・・
冒頭で、ホテルの上階のバルコニーから上半身裸で
身を乗り出して、
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

2001年9.11のあの日・・・
世界貿易センタービル崩壊から始まった
アルカイダVSアメリカの闘いその後

タリバンの拠点殲滅の為に反タリバン勢力と
協力すべくアフガニスタンに送り込まれた
12名の
>>続きを読む

>|