JackBurtonさんの映画レビュー・感想・評価

JackBurton

JackBurton

映画(1202)
ドラマ(13)

ゾンビ-日本初公開復元版-(1979年製作の映画)

4.8

ダリオアルジェント版を編集しているだけあり全編に溢れるゴブリンサウンド!
グロテスクな部分もブルーフィルターのかかった静止画やストップで無くし音のみにしている。米国劇場公開版やディレクターズカット版を
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

5.0

これは面白い!妻を奪われ自らも下半身不随にされた男が、AIチップを埋め込んで復讐する物語かと思いきやラストのどんでん返し。
ある意味現代版ターミネーターなのかもしれない当時はロボットが人間を支配するだ
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

5.0

黒幕と真犯人何となく予想ついてしまったりはするけども、個人的にそれを帳消しにしてくれた1人の俳優がいた!
それはマイクの父親でありベトナム帰還兵のクレイバニングを演じたニックノルティ!!
ドッグソルジ
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

5.0

スタンドバイミーのようなジュブナイル映画+80年代スリラーで、グーニーズの宝探しを連続殺人犯探しに変えてバッドエンドにした感じ。現実版フライトナイトっぽくもある。
中盤まで少年達が隣人を張り込みするな
>>続きを読む

殺しが静かにやって来る(1968年製作の映画)

4.4

声帯を切られたガンマンが主人公の雪原を舞台にしたマカロニウェスタン。
ヘイトフルエイトはこの作品から影響を強く受けているのではないだろうか?
ラストは意外だったのが、それにより現実味が出ているかもしれ
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.5

細かい小ネタも多く面白かった!
ウディハレルソンはマカロニウェスタン風の姿だし、レザージャケット姿のエマストーンがクール!
ラストのビルマーレイまで笑わせてくれた。

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

5.0

久々に泣ける映画だった。妻が家を出て初めはなにをしていいか分からなかったのを、次第に子供と共に成長していき立派な父親になる。
ダスティンホフマンのような子供の事を考えられる父親になりたい。
あとフレン
>>続きを読む

ブラックシープ(2006年製作の映画)

4.2

羊がゾンビになって襲ってくるニュージーランド産映画。
何故だろうトロマっぽさがある。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.5

序盤の展開から賛否が分かれそうだが、予想を覆す流れが続編として良かったと思う。
今回は1作目同様サラの物語だった気がする。傷を引きずってきたサラが新たな生きる目的を見つけたストーリーなのではないだろう
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.8

色々な映画のオマージュ(遊星からの物体X,エイリアン,ダイハードなど)あってとても良かった!
TVM版ペニーワイズの正体は完全にモンスターだったけど、今回は濁してる分正解だったのかもしれない。

ヘザース ベロニカの熱い日(1989年製作の映画)

4.5

結構ブラックな皮肉多めの青春もの。
クリスチャンスレイター格好いいのに途中からしっかりサイコパスに見えるのが凄い!

サイレンサー第4弾/破壊部隊(1968年製作の映画)

3.9

流れが完全に007。
意外に面白かったけどディーンマーティンがどうしても凄腕スパイには見えない。
まさかチャックノリスが出ていたとは!

フューチャー・キル(1984年製作の映画)

3.7

未来版ウォリアーズと言えばいいのだろうか(未来感あるのは敵ボスのスプラッターくらいであまり無いが…)
流れがほぼウォリアーズだが本家には及ばず
もう少しオリジナリティ出せば面白くなったかもしれない

エアポート'75(1974年製作の映画)

3.9

フライングハイ再鑑賞で続けてこちらも。
元ネタになった部分多数あった。
パニックものとしても良かった。飛行機は本物だし、やはりこの時代でしかできない作品。

サスペリア(2018年製作の映画)

3.9

ラストはまさかの展開だった。
グロが苦手なのでちょいとキツい部分も。

さすらいのガンマン(1966年製作の映画)

4.5

Once Upon A Time In Hollywood繋がりで鑑賞。
脱出より若いバートレイノルズが格好いい!
さすがチェロキー族の血を引く父を持つだけありナバホ族役が決まってる!
独りダンカン達
>>続きを読む

悪党に粛清を(2014年製作の映画)

4.7

マカロニウェスタンっぽい感じもあり、復讐ものとしても良かった。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

これは最高!
現実とフィクションの融合だし終盤はグラインドムービーっぽかった!
ディカプリオは若い頃のフランコネロ、ブラピはレッドフォードに似てた気がする。
良い配役に良い音楽、60~70'sの空気を
>>続きを読む

ザルツブルグ・コネクション(1972年製作の映画)

4.2

期待しないで見たら意外と面白かった作品。
バリーニューマンがロンググッドバイのエリオットグールドに見えた。
かなり地味に進む物語だかなかなか良い。

デルタ・フォース2(1990年製作の映画)

3.6

1作目が良かっただけになんだかなぁって感じ
サントラも同様、前作のアランシルベストリが素晴らしいスコアからすると平凡アクションスコア
でもチャックノリスの活躍が見れるから良いか

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.7

良いラブロマンス!
さすがトムハンクスとメグライアン

メトロポリス(1984年製作の映画)

5.0

オリジナルも良いけど、このモロダー版も良い!
相当古い映画なのにカラー処理+80年代シンセスコアと歌で新たに蘇った感じ!
個人的にオリジナルよりも流れが良かった気がする。
このサントラどこかのレーベル
>>続きを読む

I predatori di Atlantide/Atlantis Interceptors(原題)(1983年製作の映画)

5.0

アトランティスからマッドマックス2の敵のような奴らが攻めてくる映画。
チープな所もあるが、壊滅したフロリダでの籠城戦や浮上したアトランティスでのジャングルアクションが楽しめる!
Oliver Onio
>>続きを読む

真夜中の刑事/PYTHON357(1976年製作の映画)

4.6

フェローの無実が証明されればいいと思っていたが、そうはいかなかった。
しかしそういう展開だからこそラストの部下の行動がより引き立つのだと思う。

>|