MikuOshikaさんの映画レビュー・感想・評価

MikuOshika

MikuOshika

関心領域(2023年製作の映画)

3.6

観ているこちらまでも「関心領域」とテリトリーへ誘う演出がこわい。
中盤あたりまでは
モクモクと煙突からでる煙や
たくさんの銃声、罵声や悲鳴が絶え間なく聞こえていたものの
終盤になるにつれ
この環境化で
>>続きを読む

ブラックライト(2021年製作の映画)

3.5

とても70歳とは思えないほどの
重たい力強いアクション。
まだまだイケるやんリーアムおいたん。
FBI、警察、極秘任務、とかとか
元○○という役どれもハマりすぎやろ。
なんでもいけるやん。
ストーリー
>>続きを読む

胸騒ぎ(2022年製作の映画)

3.7

「ファニーゲーム」の胸糞再来とうたわれている今作。
個人的にはファニーゲームほどではないかもと思っている。
原題がこの物語の主体であり
その最後の最後オチまで
ずーーーーーーーーっと相手夫婦の
なんや
>>続きを読む

オクス駅お化け(2022年製作の映画)

-

あの「リング」の脚本、高橋洋。

そらこうなるわなという
自分が嫌いなjapaneseホラー色強めの
ジャンプスケア系ホラーでした。
あぁもう来るな、、くるくる、、、
きっとくるぅ、、です。
その度に
>>続きを読む

帰らない日曜日(2021年製作の映画)

3.3

オリヴィアコールマンとコリンファースだって?!と思い鑑賞。
あれ、なんか思ってたんとちゃう!
けど
衝撃的なラストすぎて唖然。
「帰らない日曜日」か。うまいな。
虚しさ切なさを超えた強さが
彼女を美し
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

3.7

大変申し訳ないことですが
これを観るまで「鈴木亮平」があまりタイプではなかったです。すみません。

全てのシーンで魅せる演出といい
ひとつひとつの仕草だとか話し方
目に溢れている優しい表情だとか
全て
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.7

誰が観たいのよ西島秀俊さんと遠藤憲一のイチャコラを。

いやぁ、軽くナメてましたが
やはり世界の北野ですね。
キャスティングもエゲツない。
個人的には中村獅童の難波茂助ピカイチやったね。
あの表情とい
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.7

実は原作コミックのほうは全然ハマらなかった作品。
映像となることにより
これ実写向けやったんかと
エンドロールで納得。
関西弁怪しいとこもあるけど
そこまでコテコテの関西弁じゃないので
スッと入りこめ
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.7

「笑い」の世界さえあれば良い
ハガキ職人のレジェンド。
笑いが自分の盾になり強くし、怪物となる。
ツチヤを救ったオードリー(映画ではベーコンズ)若林の存在たるや。
ツチヤとあえて少し距離をとりつつ
>>続きを読む

ヒトラーのための虐殺会議(2022年製作の映画)

-

吐き気がするほどの出来栄え。
下っ端できれもののアイヒマン
金髪の野獣ラインハルト・ハイドリヒ
ドイツの高官15人の
ユダヤ人1100万人全滅作戦
史上最悪の会議の議事録をもとに作られた作品。
淡々と
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

3.5

やや、年をとり渋みが増したメルギブ。
4年でここまで渋み増すかと
内容が入ってこん。
ハリウッド感がおおいに溢れすぎて
ぶっ飛びっぷりとイカれっぷりが抑えめになってしまった。悲しい。
当時には
わりと
>>続きを読む

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.7

またしても
まだまだ若いメルギブが
だんだんとケンシロウ化ファッションになりつつイケメンすぎる。
前作、悲しみと怒りを抱え
インターセプターで走り去ったマックスのその後。

前作よりも世界が荒廃し、よ
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.5

メルギブ若すぎて
彼にしか目がいかない。
そして治安激悪の社会
暴走族の荒くれっぷり
暴走族専用に改造されたV8インターセプターがアツい。
愛する人を失い、大切な同僚までも奪われた彼のMADな復讐劇。
>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto | Opus(2023年製作の映画)

4.5

確かにそこに彼がいた。
あの音と空間
息遣い
確かに、そこに彼がいた。

鍵盤だけが動き
ピアノの音色だけが響く中

そうか彼はこの世にもういない
という喪失感で涙がでた。

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

3.8

チッ、またA24か。
と思いながらあえて観ていなかったけど
いやぁ悔しい。なめてた。
劇場スクリーンでしんみり観たかった。
突然動かなくなってしまった
テクノと呼ばれる
限りなく人間に近いロボットのヤ
>>続きを読む

異人たち(2023年製作の映画)

3.9

幼少期に亡くした両親との交流
日本のお盆文化が
ここまで哀愁漂う切ないストーリーになるとは。
どこをとってもいい情景とシーン
悲しみの向こう側の美しさが素晴らしい。

すっかり大人になった息子アダム
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

-

めちゃくちゃ犬神家の一族。

鬼太郎に寄せてきてるのか
犬神家に寄せてるのか困惑してしまった。

思っていたよりも子供向けというより
完全に大人向けだけど
昔から鬼太郎をみていた今大人になった
当時子
>>続きを読む

シティーハンター(2024年製作の映画)

-

鈴木亮平がちゃんと冴羽獠だった
ところどころ本家の神谷明さんの声当ててましたよね
そこがまたアニメ愛を感じると言うか
神谷愛を感じると言うか

モッコリダンスでほぼ全裸だというのに
あの体のラインのい
>>続きを読む

シチリア・サマー(2022年製作の映画)

3.7

実話を基にした作品。
シチリアの眩しいほどの太陽と、青い空と
男の子の恋。眩しいほんとに。
時代が違えば
幸せな暮らしがあったはずの二人の運命が悲しすぎる。
駆け落ちを決めた二人の美しすぎる表情もみも
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.8

吐き気がするほどの衝撃ラスト。
韓国映画独特の「因果応報」の世界観といい陰湿に巧妙に仕掛けられた罠が驚愕。
一度みたら間違いなく忘れられない映画。

ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)

3.8

ロマン溢れる大怪獣大会。
やっぱ怪獣はスクリーンで観るに限る。
無言で表情でコンタクトをとるコングとゴジラの愛嬌が爆発してる
そしてめちゃくちゃスマートにダッシュするゴジラが観れるのもこの作品だけ!
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.6

ゴジラのヴィジュアル
ハリウッドに寄せにいったんやな
ってこともあり
個人的には好みではあるゴジラの造形。
咆哮ぎわの尻尾から光が上がっていく演出めちゃくちゃ好き。
アカデミー賞で視覚効果賞をとっただ
>>続きを読む

陰陽師0(2024年製作の映画)

3.5

思っている2倍スペクタクルがすぎる。
いやぁ〜安倍晴明は
やっぱ野村萬斎なんよなぁ〜とか思いながら
観終わったあとの
山崎賢人、めっちゃ安倍晴明やんって。
キャストが個人的には嬉しい配役で
博雅のちょ
>>続きを読む

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

3.5

野村萬斎がめちゃくちゃ安倍晴明
あの真っ白な狩衣がお似合いで
ボソボソと唱える仕草といい動きといい
思い描いた陰陽師すぎてニヤける。
博雅との出会いと友情の絆が良い
そしてチープなCGの味がいい。
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

3.7

こんな悲しすぎる物語見るんじゃなかった
という感情と杉咲花という俳優の市子への熱量と演じているという彼女の力量が
これでもかというほど
心にグサグサ刺さった。
あんなにも幸せな瞬間が
こんなにももろく
>>続きを読む

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

3.6

全てはラストの覚醒のための映画。
ヒーロー映画らしく
きちんと最初と最後で見せ場を作ってくれている演出が良いね。
家族や友人との絆がテーマでもあり
ほんとにジャスティスリーグが働く世界線で活動してるの
>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.6

老人無双って心躍る。
物理的にも心理的にも勝るじぃちゃん優勝やん。
捕虜として匿われてた女性たちもこれまたかっこいい。そこに痺れる憧れる。
並んで颯爽と戦う姿には鼻血が出そうでした。
ハリウッド張りの
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.0

生きている糧と煌めきとは。

日常に落ちているなんでもない風や光
不満はあるけれど
息をし太陽を浴び、空を見上げ、雲が横切り鳥がさえずる
葉がいきいきと揺れ、クラクションや車のエンジン音
風とともに飛
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.7

若かりしジェフブリッジズ渋ぅぅぅぅ!
ひょんな事でリボウスキスイッチが入ってしまったので改めて鑑賞。
元軍人の友人ウォルターの存在と行動が
事を最悪の事態へと発展していく様がなんとも。
このおじさん3
>>続きを読む

ザ・フラッシュ(2023年製作の映画)

3.9

やっと観れた!
結果やっぱり観て良かった!!
ざっくり周りからも感想は聞いていたけど
想像以上に楽しめた。
まず雑用係のウザしゃべりフラッシュのエズラミラーが大好きになれた。
今作では短髪とウザ無造作
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.6

タイ×韓国ホラー。
韓国ホラーらしい演出とタイホラーのジメジメ感が恐怖を煽る。
祈祷師を代々受け継いでいくという一族の娘の突然の体調不良となにかに憑依され、なにかに蝕まれゆく精神と身体。
わたしも受け
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

3.7

“神とは”

最初から最後まで目が離せない
この世に神は存在するのかしないのか
声をかけ祈っていても
応えてはくれない存在
だけど確かに神はそこで見守っている
どれだけ祈れば届くのか
無宗教の多い日本
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.7

果たしてこれは“最悪”なのか。
自分探しを追求し続けるのはいい事
煮詰まってきたとき、新しいものが見つかったとき、いまのかんじょうを上手くコントロール出来なくなったとき
自分自身の人生だから
決定権は
>>続きを読む

プロミス/戦慄の約束(2017年製作の映画)

3.5

タイホラー。結構好きかも。
なんかジメッとした暗さが
どことなくJホラーに近いからかな。

思春期のころの出来事で
生きているのも辛いというあの感情
キャストの演技力がひかっていて良き。
そしてあの二
>>続きを読む

シック・オブ・マイセルフ(2022年製作の映画)

3.5

承認欲求の行く末
史上最強のかまってちゃん
ここまでくると痛々しい。
事あるごとに
注目を浴びたいがために
ちっさい嘘をつく。完全にビョーキ。
でもなんかこんな子いたよなぁクラスに
とか思った。
自分
>>続きを読む

トゥー・ラバーズ(2008年製作の映画)

3.5

自身の「女性像」に溺れる男。
メンヘラに寄ってくるダメ男なのか
男の方がとんでもないメンヘラなのか
恋人が出来れば愛し尽くし
別れを切り出され自殺未遂を繰り返すとんでもないホアキンが痛い。
妻がいる男
>>続きを読む