MikuOshikaさんの映画レビュー・感想・評価

MikuOshika

MikuOshika

毎日映画日和
好きな作品は何十回も観る習性

映画(395)
ドラマ(12)

スリング・ブレイド(1996年製作の映画)

4.2

" You will Be happy "

Netflixにて。
ラスト手前ここ最近で1番感動したかもしれん作品。
カールの人の良さといい怪演っぷりも見事…。
友達のフランクとそのママさんの為に最後
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.0

シンドラーのリスト同様
ユダヤ人たちを助けたいという思いを命をかけて実行した実話。
動物たちも人たちも救いたいというアントニーナとヤンの行動は本当に英雄…感無量。
色んな痛みや虚しさ、それでも300人
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.6

やっと観れた。
すごい作品を観てしまった…。
監督やキャストから伝えてくるものじゃなく
観ている側の視点でどう考えるのか。現実に近い日常の作品だった。
キャストもみんな実名だし
ほんとに高校生だし
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

Netflixにて。
どうしても周りの評判が良すぎて踏み出せず観てなかった作品。
音楽ぜんぶ良かったわ。
ジャズるゴズリングめっちゃかっこよかったわ。
ただハードル上がりすぎてた割に
正直、うーん…。
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.9

ルイは世界一強い子。
9番目の人生で幸せに生きてほしいなぁとジーンとしてしまった。
なかなかスリリングでサスペンス的なファンタジー要素ありで面白かった!
サラ・ガドンの美貌とあの精神状態は異常なほどう
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

「 生 」
動物と人間の違いは
理性があるかないかだけで
カニバリズムのように
生理的欲望がとめられなくなるとこうなるんですね…カニバリズムすっごい…。
最後まで血生臭かった。
我慢すること、本能
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.5

めちゃめちゃ重たかった…。
イニャリトゥ監督は好きなんだけど時系列がバラバラになっていて
ストーリーの流れも難解。
生と死の軸があるだけに
ラストのラストまでずっと重い。
生が消え無くなる21gのゆく
>>続きを読む

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

3.7

サブウェイパニックリメイク。
正直内容(ラスト)は元の方が良い…。
けど、これは良きデンゼルさんと悪トラヴォルタ(おハゲ)を楽しむ作品。個人的に。
ふたりの無線での会話駆け引きはなかなか好き。
何回で
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.6

わかりやすくって楽しめるアクション映画。
マークウォールバーグとデンゼルさんのバディもなかなか良き。
ユーモアセンスたっぷりの二人良い!
ラストは思ってる倍見入ってしまうくらいの爽快ガンアクションでし
>>続きを読む

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

3.2

Netflixにて。
宗教が関係して戦争が起こり
汚染され廃墟と化した世界で
マッドマックス的世界観。
ストーリーの流れはやや退屈…
ゲイリーオールドマンの悪役っぷりとデンゼルワシントンの信心深い演技
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.7

ヴィクトールのパパさんがいい味だしてた。
12歳の初恋。いいなぁ。
好きな人のために何ができるのか。
こちとらそんな気持ち大人になるまで分からんかったわ。
「愛は目に表れる」「ウソのない愛は愛じゃない
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トム!
素敵よトム!
オーバー50とは思えないトム。
今作も息をのむほどのアクション、裏切らないストーリー
暖かい仲間たち。
トムの全力アクションには本当に惚れ惚れしちゃう。
ちょいちょいシュールな笑
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.0

Netflixにて。
映画製作の裏側をみたようななんとも苦い感情。
コーエン兄弟とジョージクルーニーの仲良し感がなんか伝わってくる映画でした笑
次々と豪華キャストが出てくるので
観ていて飽きてはこない
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.2

スウェーデンの街並みに家具や家々。丘に公園、桟橋、青々しい緑とポップなシーン。
めっちゃめちゃ好き!
初代彼女のムーミンピアスとか可愛すぎる。
スウェーデンならではの風景の色合いとかファッションカラー
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.8

友情思春期ロードムービー。
めちゃめちゃ可愛い!
いいなぁ〜この14歳の
子供大人な好奇心と発想力と行動力。
大人になってからじゃ味わえないワクワク感とか羨ましいわ。
親友と呼べるくらいの友達が出来た
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

心の傷も痛みも後悔も苦しみも
これからもずっと背負う人生。
その事実とどう向き合うか
これから向き合っていけるのか
解決策や心の溝は
やっぱり自分自身で受け入れて行くしかない。
ケイシーアフレック良か
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

Netflixにて。
ダメゴズリングのハマりっぷりったらない。しびぃ役柄よりもこういった三枚目的なコミカルゴズリングの方が好きかもしんない。
1970年代ってこともあり
タイトなスーツでオシャレ感もあ
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.8

生と死
臓器提供ドナー
両親の決断と新しい朝。
心臓を取り出す直前のシーン
なぜか涙が止まらなかった。
トマの気遣いとガールフレンドが選んだ美しい波の音。
母の移植手術を待つ息子たち。
いやぁ…なんと
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.0

さすがの天才ドラン。
映画に対する愛情が彼を創り出していて
彼が創り出すイメージやファッション、ミュージック演出が全て映画になる。

50分じゃ物足りない!
もっとドランを知りたくなる。
そして彼の作
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.5

出された警告、選択をことごとく裏目に裏目に、さらには欲を出し
「まさか自分は大丈夫でしょ〜」
という軽はずみの気持ちが
主人公をドンの底へと叩き落す。
哲学的なセリフとリドリースコットらしい演出が素敵
>>続きを読む

幸せのバランス(2012年製作の映画)

3.2

幸せと不幸は紙一重…。
パパのどん底へ向かって行く先の
無の境地がすさまじい。
ママの傷ついた心情もまた悲しいけどすごくわかる。
物心のついた娘のポジションもまた、みていていたたまれなくなって
もうコ
>>続きを読む

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

3.5

ミアの美しさたまらん。
ファスベンダー氏ほんとにくいなぁ〜いい意味で。
身分を超えた愛をこんなに美しく魅せられ
終わったあとの幸せな余韻。
やっぱり2時間の尺では色々と掘り下げれない。

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

3.7

ジェイミーベルみたさに鑑賞。
と思い見始めたら
主人公アバターやった。
なんか二度美味しい感を味わえてラッキー!
ストーリーあらすじだけで観ましたが
この手のラストへ向かう展開めちゃめちゃ好きやわ。
>>続きを読む

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

3.7

人は見かけによらない。
外見と中身、偏見(差別)なんてあっちいけポーイ。です。
ゾーイクラヴィッツが美人すぎ、キュートすぎ。
ストーリー的には前半と後半の雰囲気がガラっと変わり
色々散らかりっぱなしだ
>>続きを読む

プロヴァンスの休日(2014年製作の映画)

3.8

プロヴァンスの休日。
最高に癒されるホッコリ。
末っ子の聴覚障害をもつテオの可愛さとジャンレノおいたんのペアがなんとも微笑ましい。
もう溢れんばかりの幸せ。
夏が終わる前にもっかい観ようかな。
始まり
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

リアリティ溢れすぎて
精神的にくる作品。
ハートロッカーと同様、カメラワークでやや疲れがきてしまう勿体無い。
ストーリーは実話に基づいてるだけあってカナリ重たい。
そう昔の事件じゃないだけあって色々と
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.9

愛でした。
誰を愛そうがいいじゃない。
そこになんの偽りの感情がないんだから。それこそ愛と平和。
マリオン・コティヤールの美しさとブラピの渋イケメン具合素敵。
ロバートゼメキス監督の作品は
心に残るシ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

恐ろしいほどのカルト臭。
エルファニングのキュートさは抜群。
うっわぁ…すっごいものを観てしまった…
という感覚。
パンクな部分すごく好き
キャストの全てのファッションすごく好き。
カラフルでポップな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

これはこれは凄い。凄すぎる。
敢えて(話題にはなっていたけど)特に情報を得ずに観ました。
観たよーっていう友達の感想も聞いてこなかっただけに
良作!超良作!
スリービルボードを巡って母と警官の争いが繰
>>続きを読む

ぼくたちのチーム(2016年製作の映画)

3.6

めちゃめちゃポップ!
LGBT題材だけど
それだけじゃなく人間の本質をついてくる。
自分自身が"自分"であることの大切さや、それを自分で受け入れる事、第三者に受け入れてもらう事を恥じず隠さず偽らないこ
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.0

もう何回も何回も鑑賞してる。
本日久々のダンサーインザダークのターンがきて鑑賞。
知ってるねん。
ラストで全精神持ってかれるのを。
ラストで全感情がマイナスへ至るのを。
だけどいつもいつも観たくなる。
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

ジュマンジ続編と考えないほうが◎
映画館でちゃんと観ればよかったなと…残念。
ドウェインジョンソンの可愛さが異常。
でもやっぱりジュマンジはロビンウィリアムズが最高!

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

疑問から背かず立ち向かう勇気。
彼はまぎれもなく
犯罪者ではなく英雄だ。
専門用語がでてくるで"?"はあったけれど引き込まれた。
色んな人たちの命を背負うという過酷な思いがすごい伝わった…。
すごいで
>>続きを読む

マッチポイント(2005年製作の映画)

3.7

ウッディアレン。
ラストのラスト、ウッディアレン色が出ててめっちゃ好き。
どんどん泥沼におちていく感じ、、、
最高のハッピーバッドエンド。
これはまた観よう。

ヴァン・ヘルシング(2004年製作の映画)

3.5

これ観たことあったかなと思い改めて鑑賞。結果、観てた。
ヒュージャックマンだと知らずに観てた。
時代背景や世界観のダークな感じがすごく好き。
分かり易すぎるCGも好き笑
ただアクションも凄いしキャスト
>>続きを読む

リバティーン(2004年製作の映画)

3.6

"どうか私を好きにならないでくれ"
"私のようになるな"
と語っていた姿が印象的。
自由奔放に人生の娯楽、酒女、詩や芸術に全てを費やし
落ちぶれていく様。
この化け方は異常なほど素晴らしい。
何事にも
>>続きを読む

>|