MikuOshikaさんの映画レビュー・感想・評価

MikuOshika

MikuOshika

毎日映画日和
好きな作品は何十回も観る習性

映画(493)
ドラマ(12)

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.5

MOM AND DAD
内容としてはわかりやすい。
原因なんかは解決しないんだけど
最後までの説明のないスピード感。
愛する我が子を襲う親。
とてつもなくクレイジー。
クレイジーなニコラスケイジ好きだ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.3

人間が小さくなれば
生きていくのコストも小さくなり
みんなが幸せになれる
はずだったのに。
小さくなっても
貧困層ができ、ストレス社会。
マット・デイモンだけが小さくなったことにより
勇気と愛と決断力
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

実話を実演するキャストの
ドキュメンタリー映画。
前半の友情や挫折を見た上での
ラストの勇敢な姿が素晴らしい。
テロはいつどこで起こるかわからない、
そしてあの瞬間あの列車にこの3人が乗っていたことが
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

ジャックジャックの可愛さが異常すぎたー!なにしても可愛い!
ちょっと大きくなったヴァイオレットの初恋キュート。
ダッシュのとまらぬヤンチャもキュート。
最初から最後まで
頭空っぽで楽しめるし
めちゃフ
>>続きを読む

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

3.0

Netflixにて。

ちょっと名の知れた有名人になりたいがための
度が過ぎた悪巧みイタズラ。
向かいに住んでるん独り暮らしのじいちゃんには何か隠されてると面白半分で実験を始める男の子たち。
ドントブ
>>続きを読む

白い帽子の女(2015年製作の映画)

3.2

アンジー流のおフランス映画。
Netflixにて。
公開当初、めちゃくちゃ観たいと思っていたのに
すっかり忘れていた作品。
うん…忘れていてもよかったかもしれない。
なんだろう夫婦間リアリティがすごす
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.5

Netflixにて。
超超豪華なキャストと最高のストーリーがめっちゃ好き!
切ないクリスマス、出会いのクリスマス、始まるクリスマス、別れのクリスマス
どんなクリスマスも人それぞれのストーリーがある。素
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.3

いい!!
めちゃめちゃいい!
みんながみんなキュートすぎる。
LGBT作品の中でも
ハッピーなストーリー構成で
家族や友達みんなの温かさがとーーっても詰まってた。
カミングアウトをしても
あなたはあな
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.4

今作もおふさげたっぷり満載。
めっちゃ好きやわデップー様。
お相手のケーブルもなかなかのキャラで渋い渋い。
今回もとてつもない程の小ネタとディスがちりばめられていて
ストーリー的にも映画愛溢れる小ネタ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

トーニャの救いようのない半生。
現地アメリカではこの映画に対する炎上がすごいらしいけど…。
スケーターとしての実力、能力がずば抜けてあるのに
周りを囲む環境で全てが台無し。
無知なだけに正直でまっすぐ
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.5

ショタとグロさと不気味さと。
Netflixにて。
この会話も説明もなにもない
ニコラ目線でこちら側の好奇心を掻き立てられた。
あの背中のイボイボも見ても触ってもわからん。
めちゃくちゃ画的にダークだ
>>続きを読む

デイ・オブ・ザ・デッド(2008年製作の映画)

3.4

ゾンビになっても
人間の時の知能や知識、菜食主義が抜けてなかったり
恋する気持ちも覚えていたり
なかなか新しいゾンビ映画という印象。
ストーリーはチープ中のチープってこともあり再見はなし。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

リーアムおいたん老けてきてもまだまだ現役…素晴らしい。
ストーリーはごく簡単。
わかりやすくって観ている側も探している人物をいっしょにハラハラ探ってしまう展開。
終着駅までのわずかな時間と10年乗り続
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.3

ソフィアコッポラ…優しい。
こんなハーレム状態であのコリンファレルをブチ混んだのだから
もうちょっと泥沼を観たかった…
にしても
美人さんばかり良く揃えたなぁ。
そして女の嫉妬心、汚い。

バスターの壊れた心(2016年製作の映画)

3.5

ラミマレックの存在感たるや。
謎に包まれた
そうなってしまった根拠や
どこから現実でどこから妄想や夢なんだとかが全く掴めずスラスラ〜っと、ラストまで進む。
ただ解消されないストーリーじゃなく、終わった
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.5

麻薬ディーラーになんて見えないほどの紳士的なちょい若ダニエルさん。
青い瞳が007シリーズより際立って美しい色にみえた。
そしてちょい役のトムハーディもまた素敵。
内容的にはちょっとキャスト多くて敵か
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

ヴェノムの魅力でお腹いっぱい。
まず全身ヴェノムハーディのCGもアクションも美しすぎる。
あとビビりハーディも可愛いのなんのって。
思っていた悪役ヴェノムじゃなくって驚きを隠せないものの
人間と共存す
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.8

結論づけるには
いかに証明が大切か。
あの学生の時に授業でならった証明の数式。
かれは最後の最期まで諦めず研究を成し遂げる。
いや、これはほんとに凄い。
若くして天才数学者とし、そして世紀の偉業を成し
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.6

リュックベッソン監督のヴィジュアルの世界観と壮大さが凄い。
SFアクション意識で鑑賞したけど
SFラブストーリーなのね。
とはいえ
やっぱアクションのスピード感と臨場感をつくるのうまいなぁ…
また観よ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

DOLBY ATMOSでの鑑賞!
もうスコア5以上(個人的に)
スタート10秒あたりからもう涙が出そうでたまらなかった。
フレディマーキュリーという生き様が熱い。
もう色々書きたいけど
気持ちが高ぶり
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.6

なんだこれは…。
ずっしりくるなぁコレ。
父と母、娘と息子の愛情の偏りの気持ち悪さから
音、カメラワーク全てが不気味。
ロブスターとはまた違う不気味さ。
そしてこの映画により不気味さをだしてくるマーテ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.8

Netflixにて。
クロエちゃんリメイクよりも遥かにこっちのが好き。
色の構成の美しさとスウェーデンの静かで透明感のある美しさ、そして真っ赤な血が映える白い雪。
オスカーとエリの真っ白い肌もまた良い
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

登場シーンからシビれる。
ストーリー的には前作のほうが好みだったけど
もうね。
洒落た社交的かつ実用的なスリムスーツで滅多撃ちの滅多刺しの血まみれアクション。
前回同様キアヌのガンフーキマりすぎてもう
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.8

ラストはともあれ…。
ルーニーマーラの美しさと可愛さの両立された輝かしさが凄い。
そしてマイケル役のジャックレイナー抜群に好きすぎる。
シングストリートの時もそう。すっごい包容力と紳士さがたまらない。
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.1

壊れた心の修理ってどうするんだろう?
そのやり場のない気持ちが義父の言葉ひとつでスイッチが入ってしまったギレンホール。
またしても名演技です。
もぬけの殻そのもの。
この邦題。
最後の最後にジワっと効
>>続きを読む

プレーンズ(2013年製作の映画)

3.6

夢は大きく!
自分を信じる力や周りの力と絆、夢への一歩は努力と勇気。
甥っ子と一緒に鑑賞しましたが
スキッパーに興奮してましたね笑

カーズのほうがそれはそれはピクサー発信ですから
作り込みと面白さは
>>続きを読む

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

3.8

Netflixにて。
ダーーークな青春ムービー。
イケてない地味な男の子たちの隠蔽事件。
そこから始まる破壊と恐怖。
ザックとジョシュの二人の表情もすごいリアルで観てる側まで不安な気持ちになる。
そし
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.9

原作コミックとは違いかなーりマイルドです。
ただやっぱり内容が内容なだけに
ずっと重たい。
障害があるからという事よりも
もっと周りと向き合って、いろいろなものを形とし
勇気を出して話してみるのも大切
>>続きを読む

ミルク(2008年製作の映画)

4.0

熱きショーンペン。熱演ですよ。
もうそれはそれは本人かって程の
心の奥底からのスピーチ。
希望がなければ諦めるしかない
希望だけでは生きてはいけない
でも
希望がなければ生きている価値がない。
その希
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.0

ほっこり。
かといって観なければいけない映画ほどでもないストーリー。
運転手ガイドヒーローの兄ちゃんが好きだわ。

マーキュリー・ライジング(1998年製作の映画)

3.0

Netflixにて。
安定のブルースウィルス。
そして安定すぎて流し観作品。
ラストのシーンはすごく好き。
しかしブルースウィルスの
薄めカラーデニム、ヨレヨレのTシャツ、古臭い(いい意味で)レザージ
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.5

ジュリアロバーツほんまにほんまに女優!素晴らしい。
イキイキしていたあの事件の日まで。
正気を失ったあの事件から。
ラストのなんとも言えない衝撃は鳥肌モノ。
イジョフォーさんの眼力はどの作品観ても迫力
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

LGBT作品=白人俳優女優
っていうイメージを完全になくしたっていう衝撃の作品。
ってことで、少しスコアを盛りました。
シャロンを演じた3人。
別人だけど
みんなちゃんとシャロン。凄い。
そして青の色
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

4.0

本当はTOHO朝10時の映画祭で観たかったのに
終わってしもうた作品。
いやぁ〜子供の純粋さ溢れる映画だった。
みな誰かと出会い成長していく

愛犬シッカンがいなくなった悲しみと、変わった大人たち、変
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

3.8

あ か ん や つ や 。

ドラッグに堕ちていく人達が題材なだけに
心理的に観ている側までドラッグに染まっていく感覚の作品。
誰も救われないし
幸せな瞬間はホントにドラッグをキメてる瞬間
>>続きを読む

>|