SpaceMonkeyさんの映画レビュー・感想・評価

SpaceMonkey

SpaceMonkey

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.4

地上波を見たが面白くない。

映画公開時のCMで、「6冊のノートが人間界に放たれた。ノート所有者同士の熾烈な奪い合い殺し合い。」みたいな感じで最低4人くらいでハイレベルな思考の争奪戦をやるのかと思った
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.5

是非とも字幕で見るべき。
吹替え3.0 字幕4.5
洋楽から感じ取れる様々なテクニックとパワー。意思を歌詞にした時の絶妙な言葉の表現。映画のストーリーと相まって充実した映画でした。
吹替えと原音声とを
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.5

アメリカの大学特有の華やかな生活と青春。クールな洋楽がミックスされた映画。キャラクターの個性が輝き、笑いの耐えない、でもドキドキしました。決勝でのgive me everythingは原曲以上にカッコ>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.4

見ない方が良いと耳にする率No.1の映画。
vs怪物が2、vs人間が8の割合。
突如として現れた異次元の怪物から逃げ惑う人間たち。極限状態でコミュニティを作ると、やっぱり出てくる人間の悪い部分。途中ま
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

純粋で、極めて歪んだ性格。賢くカリスマ性を持つも、仲間に裏切られ過去の悪事のしっぺ返しを最大の形で返される悲しい主人公。
ブッ飛んだ映像と音楽表現が脳裏に焼き付くほど印象的な映画。
イカれた登場人物達
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

時代感とテンポは好きだけど、各ストーリーのエンディングが強烈なのにあまり良い印象ではなかった。
「タランティーノらしい」「好き嫌いが別れる作品」と聞いていたが、自分には合わない作品だったんだと思います
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

悪知恵がよく働く少年が、父の事業の失敗や両親の離婚を気に家をとびだす。その後小切手の偽装など様々なテクニックでパイロットや医者など成功者の仮面を被ってゆく。しかし、中身は少年ゆえに、孤独に耐えられない>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.5

嵐に守られ未踏の島を見つけたアメリカの学者。ベトナム戦争後のアメリカは他国にこの島の未知の資源を取られまいと急いで調査に向かう。
でもそこにいたのは巨大生物達。コングは敵か味方かって話。
非常に満足で
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

2.5

僕らのウォーゲームの劣化版
内容はほぼ同じ
なんでこんなに超人が同じ家に集まるんだよ
超人家族なの??
数学の天才
プログラミングの天才
ゲームの天才
昔の友達が日本を動かしてて、そのほとんどに影響力
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

2.0

見ない方がいい。不満足。
やること無くなって次から次へと最強を出してきただけ。
不満点ランキングは
1 過去作との事実の統一性を持たせないアメコミ特有の無理矢理感。
2 フェニックスに頼ったラスト。
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

4.0

2016年版ゴーストバスターズはとても面白い。
各キャラクターが魅力的でアクション良し。展開良し。コメディ要素良し。
過去作品のオマージュとリスペクト良し。
ジョークが光るいい映画でした。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.0

期待せず観たら、その通りの映画。
クレイジー感が中途半端。
ジョーカーも中途半端。
ドキドキさせたいのか感動させたいのか。
ハーレイとエンドロールの21が良かったので3。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.5

理想の自分があって、理想の能力があって、一度は脚光を浴びた過去を引きずりながら子どものようにもがく役者。
観客を沸かせる方法がわからない。
自分より若い生意気な後輩役者は天才的な才能があってどんどん注
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

社会で普通に生活していて、何の害も無い良い人だと思っていても、どんな思想や計画を練っているかわからない。
のうのうと日常生活を送る事に恐怖を感じる、ハイパースリラーでした。
めっちゃ怖い。
ホラーじゃ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.5

とても面白いゾンビ映画。
アイドル的なシーンも無いので、長澤まさみの演技以外はノンストレスで楽しめる映画です。
あと、最後の有村架純の一言は本当に不要。言わなくてもわかる。
それ以外は、現代社会に生き
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.5

狂気的なほどに厳しいバンドのボスと、ドラムで高みを目指す若者。
精神的にボコボコにされて、仕返しするもハメられる。
とにかくサディスティック。
主人公は奈落に落ちてゆく。
最後のセッションは興奮しまし
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

ハリーポッターシリーズで、ただのスピンオフだろうなぁ。って思って観たら面白かった。
映像美、キャラクターの心の美しさ、
スリル、どれを取っても素晴らしい映画でした。
1920年が舞台だったはずだけど、
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.5

愛する人と最良の人生を送るため、過去を振り返る話。
最高でした。
観終わったあとに、汗が噴き出ました。
過去を振り返る度に、結末がどんどん悪いものになってゆく。
2時間の映画の中で、何度も感じるスリル
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.0

面白いけど、決めシーンや主人公をカッコよく見れせたり、感動させようって押し付けが単純に表現されている所が多いから、「またか…このシーン無くても、過去のシーンを連想させるキーワード言えばそれで済むのに…>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.5

確かにポール・ウォーカーを思うスタッフの想いがラストシーンに詰まっていて、ラストシーンを観るだけでも映画館に行く価値はあった。
なにせシリーズ通して10年も映画製作に携わった仲間が亡くなったから、スタ
>>続きを読む

BECK(2010年製作の映画)

2.0

キャラクターひとりひとりの個性が光るが、ずっと低空飛行。
なぜ歌わない?
現代のアーティストでは再現できないほど、素晴らしい曲、歌詞、歌声なのか
ならなぜ映画化した
結果、話題だけ
案の定、ラストも歌
>>続きを読む

傷物語I 鉄血篇(2016年製作の映画)

4.0

とてもキレイなアニメーション
アニメを見て作品の世界に入りたいと初めて思った美しさでした

物語シリーズの劇場版ですが
独特の言葉遊びは少なく、キャラクター同士の繋がり、感情を描くことに重点を置かれて
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.0

リアルヤクザの世界は知らないけど、男らしいカッコよさとカッコ悪さが面白い。

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

4.5

グロさとブラックジョークが最高。
他のヒーロー映画に対して、「悪と戦うのに、お前らのリスクは中途半端で生半可だね(笑)」って言ってるように思えます。
人を殺すんだからグロくて当たり前。

オブラートで
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

一人一人の個性が美しい。卓球に人生をかけてる。男らしくてカッコいい。

アントマン(2015年製作の映画)

2.5

作中人物の雰囲気もミニマム感が強い。やる気がない感じ。
めっちゃ眠くなった。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

自分が過去に送っていた学生生活は、桐島の取り巻き側のような、とても無意味なものだったと思い出した映画。
衝撃的でした。
最後の神木と東出の会話シーンに全てが凝縮されてますね。
たった一人のイケてるクラ
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

4.5

ヒットガールとビッグダディの親子愛がCOOLです。普通の家庭とはかけ離れているが、ヒットガールが強く成長できたのはビッグダディのおかげ。気取った奴らを傷めつける様は、爽快。
下品すぎる言葉が、彼ら親子
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

4.0

ブラックジョークのセンスがいいですね。
ただ、字幕が日本文化に合わせてるので、違和感が強い。
小学生じゃないんだから、洋画見るときくらい、日本文化との相違点があることは承知の上でしょ。その点は日本のス
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.5

人がいかに上辺だけで生活しているか、考えさせられました。
不幸に甘えてたり、言い訳ばかりしているとタイラーに乗っ取られちゃいますね。

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

小さな世界で生きてきた主人公が、世界中を旅して、心をふさぎ込みがちな自分を変えていく話。
映像も音楽も壮大で、引き込まれてしまいました。
今まで、何かに挑戦する時に、無意味に怖気づいていた自分を思い出
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

一瞬も目が離せない、最高の映画でした。
正直、難しい映画だと思います。考えることを前提に観ないと、最終的に置いていかれます。
内容は宇宙規模で繰り広げられる、人間の愛情についての物語。
登場人物の感情
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.5

戦争、時代に翻弄される中で、より良い飛行機を作ることを自らの使命と信じ、強く生きる堀越二郎。それを支える妻と仲間たち。現代では容易に治る病が当時は死の病だったこと。堀越自身、魂を注いだ飛行機が戦争の道>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.8

純粋に興奮を求めるとき是非観たい映画。
荒廃した世界で、水とガソリンと女を支配するジョー。ジョーの子どもを産むためだけに生かされる生活から逃げ出す美女達。それを手助けするジョーの部下ヒュリオサ。血液目
>>続きを読む

>|