yoruichiさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

yoruichi

yoruichi

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

自己啓発本とかセミナーとかマルチとか。胡散臭いのに無くならないのが不思議。バイオレンス少なめで普通にいい話しで終了。ハマってしまった元友人数名を思い出した。疎遠になれたので 再会しない事を願うばかり。

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.3

いきなりの豪華キャスト。なんでこんな拗れた人間を生み出せるのか笑。絶対どっかにいそうな感じが絶妙だ。なんだか丑嶋くんが真っ当に見えてきて ヤバイ😓駄菓子屋の前でのシャボン玉、あれは結構楽しい。

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.0

牛島かと思っていたら 丑嶋だった。いろんなエリアの怖い人が山盛り出てくる。会話で理解し合える人達じゃないのが怖い。瞬きは大切。

デリカテッセン(1991年製作の映画)

3.4

核戦争から15年後のパリ。一軒だけある精肉店。食糧難でみんな飢えているのに 売ってる肉とは…。テンポの良いブラックコメディ。色彩と小物のセンスが良く グロさも無い。精肉店の上には 拗れた住人達が済む賃>>続きを読む

ココシリ(2004年製作の映画)

4.0

チベットの山岳地帯に生息するレイヨウというカモシカ。その毛皮が高額で取引されるので 密猟が横行。カモシカを守る為の警備隊が作られるが 全て無給のボランティア。彼らが密猟者達を追う実話。人間も怖いが 山>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

前編が派手でバカ騒ぎしまくりだったため こちらの後編も要素はあるのに 地味に思えた笑。前編が息子のバーフバリが中心だったが 後編は父親のバーフバリが中心で戦闘場面が多い。マジで ありえないでしょ笑笑笑>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.0

救われない映画と知りつつ観賞したのに。救われる場面が映し出される事ばかり気にしてしまっていた。よって虚しさが大量発生。捨てたくても捨てられない家族。親の嫌なとこは 嫌でも似る。三兄弟がそれぞれ違った親>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

このままシリーズが続いたら スコアレベルが足りない笑。何も知らずに観る幸せ、豪華な出演者にビックリ‼️ちゃっかりファミリーに参加してたり 可愛い天使が登場したり。ドムが 13日の金曜日のジェイソン君を>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

車に乗ってさえいれば 何が起きても怪我くらいで済み、絶対に死ぬ事もなく、意外と飛べる事を知る笑。更にスキンヘッド率を上げていたが これはもう ワザとやってるようにしか思えない。ドウェイン・ジョンソンが>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.7

もうミッションになってるんか笑。滑走路長過ぎ、ドム飛び過ぎ、いろいろやり過ぎ。残念ながら 敵陣に華が無い。そして毎回 東京行くぞって 東京バージョンへの気の使い方、めんどくさい笑。ジゼルは 何処に?

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.6

何かが吹っ切れたような大騒ぎにどハマり。ちょっと前まで 悪い子達が公道でレースをしていたのに笑。スケールのデカさと無理矢理な感じに一瞬引いたが そんな事はどうでもよくなり 前のめりで やっちまえ〜と声>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

3.5

95分 飽きさせない。いつもは 応援したくなるジェイソン・ステイサムが悪人、なので今回だけは やっちまえ!と憎くなる笑。こいつに勝てるのがいるのか?とハラハラドキドキ。一本の通話からラストまでの展開も>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.4

やっと大人っぽくなって めちゃ楽しい!メキシコの砂地を走るカーチェイス場面、MAD MAX好きには テンション上がる。やっぱり恨み辛みを晴らすのは 本人の手で完了しないとスッキリしない。ここから先が楽>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.5

あらら、華が無い笑。日本が狭いんでドリフト使ってみよーって発想は良いけど。ルーカス君のおデコがフランケンシュタインぽくて 気になって仕方なく、路線がおかしいのか設定がおかしいのか…。ラストに登場したあ>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.3

ヴィンさん待ちしてたら 出なかった笑。レースだけじゃなくストーリーがあったので楽しめた。相変わらず 騒々しくて 車壊れちゃうぞ〜ムチウチになっちゃうぞ〜と老婆心出まくる。ポール・ウォーカーがなぁ…どう>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.0

ワイスピシリーズ ずっと食指が動かず。食わず嫌いせずに観よと四面楚歌となり 初観賞。一先ず 可もなく不可もなし笑。ファンの皆様 ごめんなさい。目標 シリーズ制覇。

完全なる報復(2009年製作の映画)

2.8

家族を殺され 司法取引により減刑されと胸糞悪さは ずっと残るので復讐には異論なし。ラストもイラッとするので復讐には異論なし。しかし 前半過ぎてからの後半、迷い過ぎて残念。この映画、一体私を何処に連れて>>続きを読む

ザ・ドア 交差する世界(2009年製作の映画)

3.2

ドアを開けてトンネルを通ったら 5年前に戻っていた。そして 生活を改めるが 都合良くはいかなかった。そりゃ そうだわ笑。トンネルが一方通行じゃないのが 自分勝手な大人の心根みたいでチクチク刺さる。そも>>続きを読む

イーグル・アイ(2008年製作の映画)

3.2

人工知能に振り回されるお話し。慣れ親しんでいる安定感は 否めない笑。それでも スピード感も緊張感もあって楽しめた。最後に仕留める武器、皮肉のつもりなのかなんなのか、ツッコミ入れたくなる。

ニード・フォー・スピード(2014年製作の映画)

3.3

期待せずに観たら 面白かった。お高い車を気持ちいいくらい雑に扱う気分の良さ。公道でレースするバカさ具合も良い。その場にいたら ムカついて石でも投げるだろうけど。シェルビーが900馬力あるって台詞が出た>>続きを読む

エージェント・マロリー(2011年製作の映画)

3.0

ジーナ・カラーノ強い!カッコいい!登場する役者も豪華!内容が残念!笑。スパイ物でジーナが罠にハマり お仕置きしに回るのだが ちょこっと解りにくい。途中ですったもんだに巻き込まれる男もどっか行っちゃった>>続きを読む

プール(2009年製作の映画)

2.8

雰囲気の良い映画。他は特記する事象も起きず。タイのゲストハウスが舞台。そこでの日常が お洒落。やりたい事があると娘を祖母に預けて タイに来た母と数年ぶり再会した娘の話が中心なのだが 釈然としない。

神様のくれた赤ん坊(1979年製作の映画)

2.7

突然 貴方の子供ですと預けられた。赤ん坊では無かったが笑。父親かもしれない男が他にもいる事で 早速父親探しの旅に出る。昭和のゆったりとした映画。映画というより 2時間ドラマ的な要素が多め。

最後の命(2014年製作の映画)

2.3

暗くて重いストーリー。小学生の頃にある事件を目撃し トラウマを抱えてしまった男2人。高校生の頃に2人と出会い 多分 親の過干渉で病んでしまった女1人。疎遠になっていたのに 再会してまったことから起こる>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

宇宙の無限に広がるシーンとした暗闇が苦手であんまりSF物が好きじゃなく。避けて来たところ 何故かポチった。面白いじゃないかぁ〜笑。インテリアのセンスは 大好き。わざと訳解らなくしてる意地悪さも嫌いじゃ>>続きを読む

15ミニッツ(2001年製作の映画)

3.1

刑事だけど マフィアにしか見えないデニーロとベン・アフレックにしか見えいエドワード・バーンズ笑。ゴミなマスメディアと似非サイコパス野郎のサスペンス。15分だろうとテレビに晒されなくはない。ちらっと出て>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.3

子は鎹にならず 釘抜きとなってしまった。愛するあまりに 悲劇となるキツイお話し。一括りに育児ノイローゼには したくない。みんなが子を思う親心で行動しただけ。冒頭から男と女の主導権バトルで始まり それぞ>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

2.7

ニコラス・ホルト観たさで観賞。車とカーチェイスを観る映画。内容の方は…へ?は?マジ?なんで?となる。アンソニー・ホプキンス、ベン・キングズレーのおかげで持ちこたえてる感 多々あり。まぁ 愛のお話しだっ>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.6

クズの負け犬なミュージシャン。誘いの話があっても 自分を曲げないプライドを持つ。自分の部屋も無い程 金欠なのに。彼の何も起こらず 何も変わらない一週間ほど話。カラーなのにモノクロな雰囲気とレコードを聴>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.2

悪デンゼル イカしてる。諜報員の機密ファイルを売ったとか盗んだとか。裏切ったとか騙したとか。面白い。年末、仕事が忙しくヘロヘロ。特に脳みそが耳から流れ出しそうなくらいトロトロ。普段でも ロクなレビュー>>続きを読む

メニルモンタン 2つの秋と3つの冬(2013年製作の映画)

2.8

登場人物が カメラ目線で状況説明をしたり 細かい章で分かれていたりと ちょっと面倒。特に何も起こらないので 90分程が長く感じる。オシャレな文系の人達が いろいろ悩みながら 時間が過ぎる緩めの映画。

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

3.3

メンヘラ女とチンピラトラック野郎がどうなるのかと思ったら。切なくてあったかくて良かった。白馬ならぬ4tトラックに乗った王子様現る。本来 ドン引きされて放り出されるだろうところを 優しく包む男気に感心し>>続きを読む

マイ・ビューティフル・ランドレット(1985年製作の映画)

3.4

移民、失業、同性愛をベースにした南ロンドンでの話。パキスタン系だが イギリス生まれのため 祖国知らないオマル、オマルと5歳からの親友だったが 大人になるに連れ 移民排斥ネオナチとなり オマルと疎遠にな>>続きを読む

ナインハーフ(1985年製作の映画)

1.9

当時 騒がれていたが なんとなく観賞する気が起きず 初観賞。リズのチャレンジャー精神に感心した。現実の世界だったら 殺されてそうな場面多々有り笑。どこで殺人が起こるのか ヒヤヒヤして観賞してたが 無事>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

2.5

潔癖症でチックのニコラス、演技が素晴らしいのだが 観てて疲れる笑。しかも 1/3過ぎた辺りで オチに気づいてしまい…。終了までが長く辛い道のりに笑。役者は いいんだけど バレバレな演出過ぎた。

ザ・セル2(2008年製作の映画)

-

八代亜紀を若くしたような姐さんが 潜在意識に入って 犯人探しするようなしないような。テレビのサスペンス劇場の酷いやつ。これ、観ちゃいけないやつだった涙。