lemmonさんの映画レビュー・感想・評価

lemmon

lemmon

映画(2773)
ドラマ(86)
アニメ(0)

ザ・キッチン(2019年製作の映画)

3.4

マフィアの妻たち。
アイルランド系。
男たちの犯罪の影で静かに生活。

一転して夫たちが捕まり、生活のため、妻たちが裏組織の仕事に手を染める。


ジワーっと夫と妻たちの立場が逆転していく。皮肉にも狭
>>続きを読む

わが命つきるとも(1966年製作の映画)

4.5

初見は、オスカー作品賞受賞しているし、まあ観ておこうというくらい。コスチュームプレイだし、なんか頭使いそうだなあ😅と思っていた。

が、観てみると主演のポールスコフィールド演じるトーマスモアの頑なな信
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.7

ずっと観てみたかった作品。
凄いよなあ、、、
主演二人が最後までしっかり出会わない😳。

奇跡を信じてこその物語にはなっているが、しっかりグッと来てしまった🤗。

古典の名作「めぐり逢い」にインスパイ
>>続きを読む

大いなる西部(1958年製作の映画)

4.2

力強い超大作。

真ん中に主人公ペック様。
シモンズ、ベイカーのダブルヒロイン。
ライバルにはヘストン、コナーズ。
ベテランのアイヴスに、御贔屓ビッグフォードと、あ〜眺めているだけでニヤニヤしてしまう
>>続きを読む

O.G. オリジナル・ギャングスター(2018年製作の映画)

3.6

若い頃に、発砲により人を殺めてしまった男。
刑期60年から模範囚として徐々に期間が短くなり、あと数年と迫る。

主人公の男の前に、物理的にも精神的にも出所に向けて頭を抱える出来事が現れる。
その双方に
>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

1.1

ホアキンフェニックスってだけで足を運んでしまった。しまった「ミッドサマー」のアリアスター監督だった😅。

すんません、死ぬほどつまらなかった。
午前の部で観に行って睡眠十分なのに、睡魔とも闘うことに、
>>続きを読む

天空の結婚式(2018年製作の映画)

3.0

邦題、そういうことかいな!

とても映像風景の綺麗な作品だった。
凄いなあ、実際に見てみたい!


ゲイカップルが結婚のため、
片方の実家に帰省。
そのテンヤワンヤ。

前半でラブコメを盛り上げる要素
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

3.7

85年版を2〜3年前に観たはずなのに感想残し忘れたようだ💦。苦しくも鮮やかだった物語。正直なところミュージカルにすることで軽くならないか心配だったが、そんなの勝手なつまらない思い込みで、とても良かった>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.5

いつもの日常と思われる風景が流れていくと、少しずつ不穏な空気が、、、。
映画の構成は面白かった「街の風景」と同じ。

爆音、発狂、、、
威圧しているその人自身も相当怖がっているのだろう。それが切ない方
>>続きを読む

Firebird ファイアバード(2021年製作の映画)

3.4

恋愛が男女だけではないことはたくさんの映画から学ばせてもらっている。

本作は上官と二等兵。男同士。
そこに二等兵の親友である女性が、
上官と結婚。

わかりやすくメロドラマな展開。
ある意味新鮮だっ
>>続きを読む

ゴースト・ドッグ(1999年製作の映画)

4.0

めっちゃ楽しんでしまった😆。

武士道に傾倒する殺し屋が主人公。
彼なりの義理人情を忘れずに行動する姿は、どこかおかしくもカッコ良い。
殺し屋として目立ちすぎの鶴瓶ことウィテカー。
いや〜彼を眺めてい
>>続きを読む

マイ・ビューティフル・ランドレット(1985年製作の映画)

3.6

相性の良いスティーヴンフリアーズ監督の初期作品を手に取ってみた。

なかなか面白かった。
パキスタン人の青年が差別やら阻害もされながらコインランドリーの経営をすることに。

本作は主人公を手助けする幼
>>続きを読む

愛の狩人(1971年製作の映画)

1.1

無理だった、、、。













気色悪っ。

何の意義がある作品かわからんかった。
笑えもしない。

存在意義のない人間が主人公。

何か良いオチでもあるかと最後まで我慢するが、大したこ
>>続きを読む

エルヴェとの晩餐 ある映画スターの数奇な人生(2018年製作の映画)

3.5

身長が低い特長を持つディンクレイジ。
同じような特長を持ち1970年台に活躍したエルヴィヴィルシェーズを演じる。

いつもの低音セクシーボイスを封印。
エルヴィについて知らないが、恐らく彼の個性的な声
>>続きを読む

真実への旅路(2010年製作の映画)

4.0

実話かあ。

冤罪。
調書からずさんな捜査であることはあきらか。捕まった男の家族と偶然触れ合い、弁護を引き受けることになった弁護士が主人公。

先日観た作品が良かったジュリアオーモンドを観たく手に取る
>>続きを読む

タミー Tammy(2014年製作の映画)

3.0

冒頭から主人公のタミーがろくでもないやつなのがわかる。メリッサマッカーシーがわがままボディーを目一杯動かして頑張る。が、この冒頭で本作が楽しいのかが心配になる。
とにかくテンポが悪い。マッカーシーがヒ
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

4.0

「知れた」ことがとてもありがたい。「知らなかった」ことを恥じる。のほほんと生きる自分。せめてできるであろう無神経な言葉だけは発しないようにしたい。

主演の娘っ子がとても素晴らしかった。
その存在にの
>>続きを読む

素直な悪女(1956年製作の映画)

3.0

映像が程よい彩度。
その真ん中にべべさんが👩‍🦱。
映像がとても豊かで目に優しい。
繰り広げられるドラマは
言葉で並べると大胆さはありつつも、
どこか淡白で胸に迫るものはなかった。

クルトユルンゲス
>>続きを読む

ジェフリー!(1995年製作の映画)

3.2

AIDSが世間一般にも徐々に公になりはじめた90年代初期。感染を恐れたゲイの主人公がセックス断ちを決意、、、。

ってそんなん、こんなヤリチンが無理だろ😅って冒頭から見てわかるも、展開はポップにラブコ
>>続きを読む

テキサスから来た男(1950年製作の映画)

3.5

若くして亡くなった伝説の悪童ビリーザキッドを題材にした西部劇。

主演はオーディマーフィ。
小柄ながら堂々と淡々とした感じがクールでなかなかカッコ良い。変に熱演せず妙な落ち着きがある小生意気な感じも若
>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

3.4

ノリノリなモモアさんを観ているだけで楽しい。冒頭からまさかの、、、。王様、とうちゃん大変です。かあちゃんあんまりいないやんけ。クライマックス焦るくらいなら普段もっと一緒にいておやり😂。

全編ほんのり
>>続きを読む

エターナル・ドーター(2022年製作の映画)

3.4

ティルダスウィントン主演作が配信されてる〜と、何も考えずに鑑賞開始、、、。
げっ、ホラー?😨。

と思っていたら、母娘の物語。
とくに娘の吐露にはやられるなあ。
ほぼスウィントンだけで成り立つ作品で、
>>続きを読む

その男ゾルバ(1964年製作の映画)

4.0

粗野かもしれないが懐のでかい豪快な男。
本好きで繊細な男。

女性に対しても対照的。
なぜか気のあった2人。
個性がぶつかるからこそ生まれる詩が心地良い。

2人の女性のエピソードはかなり胸の痛くなる
>>続きを読む

シークレット・サマー 忘れられない夏(2016年製作の映画)

3.1

ベタ映画選手権があったら優勝🏆。

男女の出会い。🕺💥💃。📚。
疎遠の兄弟の絆再生。
(理由くだらん🤣)
始めは嫌がっていた子供たちが叔父さんと田舎に夢中に。
閉鎖寸前の図書館がまさかまさかの(いや、
>>続きを読む

緑色の髪の少年(1948年製作の映画)

3.9

三度目くらい。
本作、大好きと言えるほど魅力は語れないが、何故か心に残っている。最初はロージー監督作とかも意識してなかったなあ。

うん、やはり興味深い。
戦争孤児。
親戚たらい回し。
学校での無垢な
>>続きを読む

ショーイング・アップ(2023年製作の映画)

2.0

以前観たミシェル✖️ライカート作品が2作品ともハマったので観てみたが、、、。

いや〜面白さがわからず🙇‍♂️💦。
心躍ったのはお久しぶりにOutcastのアンドレが出てきた時くらい。

ヒロインの鳩
>>続きを読む

あるメイドの密かな欲望(2015年製作の映画)

3.5

トロンとした目がミステリアスなレアセドゥがメイド。それもただ黙っていない小生意気なメイド。髪型も衣装も素晴らしい。
何かありそう、、、😏。

やってきた屋敷は、
横暴なババアと見境なくセクハラに勤しむ
>>続きを読む

復讐の谷(1951年製作の映画)

3.4

バートランカスターとロバートウォーカーが血のつながらない兄弟。拾い子である兄は実子である弟を支えるよう父から言われ素直に成長。過保護に育てられたか弟は好き放題に生きる。

なんと婚約者がいながらこの弟
>>続きを読む

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

3.9

テンポ良く、スタイリッシュ。
起きた犯罪の裏側を描く。

机上の空論。
絡むは読めるはずのない人間の心理動向。
その日、その時、
移ろいやすく、計算ではいかないのだな。

エリシャクックとマリーウィン
>>続きを読む

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

3.3

西海岸は似合わないなあウィリス🤣。
「ダイハード」とはまた違って体を張ってる。
尊敬🫡。

探偵を営む。
新人のひょろっとした若者と2人。
いざこざから麻薬ディーラーに愛犬を誘拐され、取り戻すために奮
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.4

本気ですか?
こんなくだらないこと真剣に?
ってな内容を
凄い真正面から奇抜に描く。

無垢の兵器が、
現実社会(と言ってもファンタジーな世界観)にメスを。心身が成長すると快楽が食欲から性欲へ。低俗だ
>>続きを読む

ワイルド・ブレイブ(2018年製作の映画)

3.4

新作アクアマン前にモモアさんを観る。

前作のアクアマンと同年の作品。
体が仕上がってるよ👍。


アクションものと思って眺めていると前半はドラマが展開され、どうなることかと思ったら、きちんと前半のあ
>>続きを読む

ゴッズ・クリーチャー(2022年製作の映画)

2.5

演者たちは的確なのだろうが、
なかなかしんどい作品だった。

母の愛情が軸になっている展開ってのがまたなあ。楽しくないというより何かこうぼやかしている感じ。受け入れるも、突き放すもってことなのだろう。
>>続きを読む

ハイヒールを履いた女(2012年製作の映画)

3.0

大人になれば、自然と落ち着いて、しっかりして、、、なーんてなことはなかったなあと思って何年経っただろうかあ。

いい大人になろうが、心が壊れることはある。
そんなことはわかっているし、昨今はそれも当た
>>続きを読む

しあわせの百貨店へようこそ(2018年製作の映画)

3.9

邦題通り😊。
完璧過ぎる世界観。
1960年くらいだろうか。
オードリーヘプバーンの「尼僧物語」の時代。
女性たちのファッション、髪型も楽しい。

オーストラリア。
他国からの人たちの流れがあった時代
>>続きを読む

終身犯(1962年製作の映画)

4.3

暴力的だった男が、独房で一羽の雀を何気なく救ったことから、少しずつ人生観が変わる。
っと言った暖かいストーリーを思い描くととんでもない。全編詩的な様相はありつつも、ジワジワと身の毛もよだつエピソードが
>>続きを読む

>|