那須妙子さんの映画レビュー・感想・評価

那須妙子

那須妙子

もの思へば沢の蛍も我が身よりあくがれ出づる魂かとぞ見ゆ

映画(320)
ドラマ(0)

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

-

体型よりも清潔感と性的に相手を見ないことが、女性から愛される近道だと改めて感じた。ジャケ借りして良かった。フーシ、うちにも来てほしいな〜。あたしはごはん作るよ!

じっとしてる。

終わりはどっちとも
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

-

エイリアンの出てき方はゴキブリと似ている。猫がキーになるところも…‼︎怖くて泣いた。泣けるゴキブリ映画。
シガニー・ウィーバーのパンツがたまらない。

万引き家族(2018年製作の映画)

-

今を生きよう。
人生はサバイバル。
超共感した。今がずっと続くと思ってる人、そんなの続くわけねーよ。そして、安藤サクラは今一番の女優だと思った。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

-

グッサグサ刺してくる激痛映画だった。途中ほんとにきつかった。こういう、フランシス状態の時、あるよ。分かる。フランシスもソフィーも大好き!もう一回死んでるから、また生き返ることができるよ。大好きなディー>>続きを読む

神経衰弱ぎりぎりの女たち(1987年製作の映画)

-

あ、悲しい酒のスペイン版か…と思ってスタート。で、ガスパチョ〜!あはははは!!
ラストが素敵。自分の中で終わりになれば、全部終わり。アルモドバル分かってるなー。ストーリー、色、ファッション、音楽全部い
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

号泣。
メッセージはだいたいいつも同じだし、今回はそうくるのね、と分かっていて、号泣。
メキシコ行きたいなー。
日本の死者の日、お盆はちゃんとやんなきゃなと。今年の抱負。

セブン(1995年製作の映画)

-

見ちゃった。あー、うまい。ラストは、ほかのオチなかったのかな。ケビン・スペイシー、このときはどの男の子に手を出したんだろう。物語より、現実の方がこわい。

デカメロン(1970年製作の映画)

-

悪ノリとセックス。
だけかと、思いきやラスト。
わたしたちはなぜ美を求めるのか。彼のこたえを聞いた気がした。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

正義なんてなくて。みんなゴミ。同じゴミなら、どんな風にいきたいのか。そんなことを思った。
いきすだま。
正月からデル・トロというトロ。
追悼レイア姫。
カイロ・レンは顔が好みすぎてくるしい…。きゅんき
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

善悪の彼岸。
寝たいか寝たくないか。
こういうホリデー映画もいい。
女性は分かる!の連続だと思う。
イザベル・ユペール万歳。

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

-

イディオット!くだらない!
一周回って、この感じがオシャレになってて世の中笑えないなぁと思った。

ジョン・カーペンターの 要塞警察(1976年製作の映画)

-

最初は怖いけど、おっぱじまったら最高。署に居合わせたメンバーがかっこよすぎる…。このドキドキは西部劇なんだよ。私の大好きな西部劇。時間がないときは、見つめ合うの!おまけの監督インタビューも最高だった。>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

-

すんごい面白かった。突っ込みつつ、すげー…と言葉を失う。セリフがクール。女の人のツッコミもナイス。見てよかったナァ。お金がなくてもなんとかなるし、鍵がなくてもなんとかなる。あとここで!脱ぐ?!みたいな>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

-

不思議やっぱりこの人と付き合うんだ、で、恋人が出来るのに同感。ふたりもお父さんもお母さんも素敵。パーティが全部ドキドキする。出てくる人みんな好き。暗いか変わった人向け。お父さんの彼氏がまた泣かせる。音>>続きを読む

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)

-

親友の勧めで鑑賞。泣いた。母親とうまくいかない、昔うまくいかなかった人はみた方がいい。お母さんとうまく行ってる女性と年齢問わず男性は見る必要ない。原題は勇気。誰にとっての勇気なんだろう。それにしても、>>続きを読む

キラー・エリート(2011年製作の映画)

-

これ面白かった!フサインマクマホン協定やっちゃう国だから、やっぱりイギリスって賢い悪い。そこは日本も学ばないと。良かった。ほんとに悪いことする時は、地味〜にやるんだね。ステイサムはいつもの調子だけど。>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

-

すごいなぁ、と頭全然使わずに楽しめる。アクション最高。ただ、戦闘シーンで脱ぐのが減って残念。スケールがでかくなり過ぎて我にかえるとハッとする。なんかおかしいぞ、と。あと、ステイサムを舐めるとジョリジョ>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

-

怖い。曲も効果音も怖い。しょっぱなから、スティービーの迷信!!!見始めたら、そーだよなな展開なんだけど、ブジュ…ギャー!!不安は魂を食い尽くす。ラストがいい。カート・ラッセルは不安だけど勇気ある兄貴。>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

エマちゃんは本当に美しい。映画館で観れてよかった…正統派の役を飽きるまでやってほしい。
知ってるストーリーではあるけど、ラストはおいおい泣いた。CGがすごいのはいつもだけど、最初と最後で野獣の顔が変わ
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

-

面白かった。何も考えずにニースが爆発するのが見れて貴重。こいつ殺すってところで、一瞬笑うシーンが怖い。さすが元兵士。No War .こういうのは映画だけでいい。脱ぎまくるステイサム見て、プロレス行きた>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

-

インディペンデントな空気を漂わせといて、全部バトル。ボッコボコ。面白かった。長髪ステイサムの落武者メタルロッカーぶりもすごかった。それにしても、喋らない男性っていいね。料理も味じゃなくて、食えることを>>続きを読む

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

何も考えないクンフーかと思ってたら、フィルムノワールだった。あちゃー…。とにかく私刑。なんかこう、最後の判断は司法に…とか全く無理な話。香港でこれなんだから、日本もそうなのだろうって思った。
こういう
>>続きを読む

コナン・ザ・グレート(1982年製作の映画)

-

普段足さないものが足されていた。たぶんローマくらいの英雄、だけど時代考証は雑、プロレス、メタル、おばけ、亀仙人、EW&F…。突っ込むところとヌードが多くて、誰向けか分からない。原作読んでみようかな…

ロング・キス・グッドナイト(1996年製作の映画)

-

女性がスカッとする映画が観たくなり、観た。ワアワア騒いでいい気分。余計なもんがなく、ただただサムがかっこいい。だっさい田舎のお母さんだったのに〜!勿論、ミッチもいい。
生きるとは、痛みに耐えること。
>>続きを読む

娘よ(2014年製作の映画)

-

「これまで」を拒んだお母さん。お母さんってみんな偉大。既存が通用しなくなったら、世界はどう変化するんだろう。考え出すと止まらない。面白かった。ロードムービーで、人も風景も美しい。爽やかな風も吹く。観光>>続きを読む

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記(2007年製作の映画)

-

びしょ濡れで髪の毛がペタってなってるところで爆笑した。サングラスもなんか変。全然集中できてないね、ニコラスごめん。

トリコロール/白の愛(1994年製作の映画)

-

オヤ、記憶していたオチと違う。記憶は書き換え可能。あれ観たことあるわよ、なーんてドヤ顔で言えないね。エニウェイ、とっても良かった。年取ったからゲラゲラ笑える、大人の艶話。真っ白になるところと、ラスト。>>続きを読む

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

-

若い頃に観たときはつまんない、と思ったんだけど大人の女になって再会したら涙止まらなかった。大人の女性、みんなみて!!!当たり前ですが、美しい映像。青青青。人が再生するには一度死ななくてはならない、そし>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

良かったよぉ。お父さんおばあちゃん、おいおい泣いた。なんかヒロインの感じ飽きたな。真面目な子だよね…えぇ、ウワーン(泣)の連続。絵は本当に素晴らしい。アーティストのマジックに抱きしめられた気分。全ての>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

-

スネークかっこいい…これアメリカと日本だね。いよっ、監督!予言者!ってもてはやそうよ。メキシコのギャングですって言われても「あ〜、そっかぁ」みたいな既視感。いよっ、予言者!
ディストピア映画より、20
>>続きを読む

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

-

ドキドキ!!分かっててもドキドキ!!スネーク超かっこいい…。近未来ものは現代のウェスタンか。好きな俳優いっぱいでハッピー、アイザック・ヘイズもクール。ラストも最高。プロレス好きは面倒くさいけどいい奴多>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

ムーンはポール・ヘイメンだ。次はこの劇場から革命を起こして欲しい。ECWみたいに。これは夢でしかない、つまんない、嘘っぱち、ムーンもクズって言う人、ECW見ろ。ポール・ヘイメンもクズだけど、革命起こし>>続きを読む

ザ・ガーデン(1990年製作の映画)

-

全然入ってこなかった。たぶんサプライズが無いからだと思う。海にベッドがあるシーンが美しい、あれやってみたい。

パーティ(1968年製作の映画)

-

腹を抱えて笑いました。涙も出ました。こういう来るぞ来るぞで来た!!アハハハハ!!ってのが最高に好き。
60sファッションも最高。最後までキュート。

ラスト・オブ・イングランド(1987年製作の映画)

-

ひとりディスコで踊ってふと我に返ると、カウンターに綺麗な男の子がいて。その子が連れの男の子とキスしてるのをぼんやり眺めているような気分。突然美しいものが現れる。男性の映し方が格段にいい。感動も物語もな>>続きを読む

>|