Yorukishiラッパーさんの映画レビュー・感想・評価

Yorukishiラッパー

Yorukishiラッパー

映画(200)
ドラマ(0)

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

一つの作品として素晴らしい出来。

ダークなテーマだけど、鬱エンドとかではなく
ちゃんと集大成としての物語になっている

素晴らしいデザインや世界観は必見

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

2.4

ラストだけで十分
ドキュメンタリーとしての出来はいいです
でも正直、設定がいらない。

ヒトラーがタイムスリップしてどーこーの
ストーリーはよかったけど
ちゃんと活かしてない。

一番ひどいと思ったの
>>続きを読む

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

2.3

死亡シーンが少し良かった。それだけ

中盤以降ストーリーはつまらないし、
最初の3分で騙されたと思うくらい。
方向性がおかしくなっていく。

ドラマの1話並みに薄っぺらい映画だった

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.1

コンセプトは好きです。
ジャッキーチェンの老いぼれ具合がマッチして
ピアース・ブロスナンが進行役に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも問題が、伝えたい魅力が無いこと。
悪役を深く掘り下げ
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.4

面白いけど、思い出に残らない作品
子供から大人までが楽しめるのが、
アニメーション映画の一つでもある。

だからほとんどのアニメーション映画は、
後世まで語り継がれます。
正直ミニオンズはテーマ性が薄
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.3

とても盛り上がるわけではないけど
セクシーな音楽と共に、
主人公の日常、荒れた地域、そして決意
中身はとても凄まじく熱かった

特に主人公の魅力が凄まじく、
観終わった後は主人公に感激した。

ジョー
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

アクションに関しては一番よかった
ハル・ベリー演じるソフィアも
なかなかいいアクションだし、
忍者役の人もとても個性あふれていた

でもストーリーが壮大過ぎるし
キャラクターがたくさん出過ぎてて
あま
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.7

シャイニングのオマージュもあり、
怖くないのを怖く観せず、楽しい展開がある

ちゃんと辻褄の合う脚本だし、
シャイニングでよくわからなかった部分も
わかりやすく説明してくれた

でも正直、一度観ただけ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

前作よりも好きです
前作なダメな部分だったところは
パターンが同じなのにスローペースなところで
今作はテンポが速めで飽きることがなかった

ラストの締め方もいい感じ
今作はコメディ寄りだったから、
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

素晴らしいコンセプトとキャラクターで
ハラハラする展開な作品だけど
いろいろと惜しい。

20分くらい縮めてもよかった。
終盤の盛り上がりでなんとかなったけれども

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.7

よくわからない始まりだけど、
中盤から伏線を拾っていく。

その伏線というものがかなり飛ばしていて、
暗めの映画だけど、中身は面白かった。
それにとてもエロティックなのも良い。
気持ち悪くてイガイガす
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

死んだらまた朝に戻る。

シンプルなコンセプトなのがよかった。
話をどう面白くするか心配だったけれども
人物像を掘り下げており、非常に面白い

ぶっ飛んだ展開もあり、ザ ・娯楽もあった

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.1

監督の前の作品を観ましたが、やはり…
ずっと魅力のない説明でしたね。
キャラクターも結構バカでイライラしました

CGや世界観はよかった。
でも魅力を伝え切れていない。
ハリソンフォードは何をするかと
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

2.7

「メッセージ」
どのような世界観になるのかと思ったら
世界観はそっちのけでつまらない説明を聞く

マトリックス リローデッドの方がまだ楽しい
SFで一番大切なのは世界観や設定でしょ

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

2.7

強敵を1人に絞ることはできなかったのかな
ゴチャゴチャしてて魅力がない

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

2.8

スパイダーマン3は敵を出しすぎて失敗した
アメイジング2はまたやらかした


悪役に全く魅力を感じないし、
なぜヒロインが出しゃばるような展開に

ネタバレできないけど、きっとそれに繋げる
ためにやっ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.4

サム・ライミは原作と違う設定にしても
魅力は伝わるし、何より応援できる

こっちの方は設定は原作に忠実だけど
キャラがあまり魅力的じゃない。
どこにでもいるようなキャラだからかな。

なろう小説みたい
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.4

ただ人が死ぬ映画なのかと思ったら
意外とストーリーがしっかりしている

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

こんな面白い作品になるとは思わなかったw
意外とサービス精神な映画で、
ストーリーはオリジナルって感じがあって
目新しさがあった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

時系列が全然違うと評論家から賛否を受けてる
でも俺は好きです。確かに調べたら
かなり違う部分がありましたが、クイーンの曲
を好きになるだけでも全然いいのでは

でも正直、クイーンの曲は好きになるけど、
>>続きを読む

>|