Zeroさんの映画レビュー・感想・評価

Zero

Zero

桃太郎の国の洋画を愛する22歳

映画(364)
ドラマ(0)

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

4.0

歴代で最も尊敬できる人の1人

まさに狂気、天才、クレイジー、変態、この全ての言葉が当てはまる
言い換えたら、この四つはイコール関係で結ばれるゆーことやね

この四つの単語の共通点は確実に「周りとは違
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.9

久しぶりの極上サスペンス。

途中自分の中で、「この人犯人やろなー」って考えてみるけど、結局犯人は全く的外れ🤷🏼‍♂️

結局サスペンスは自分の推理が当たらんけん、その頭の中での思考のズレがまた快感な
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.8

法律事務所で弁護士として働くパパ(ジムキャリー)。しかし息子が誕生日の願い事で「パパが1日だけでも嘘をつけなくなりますように」とお願いしたことでパパは1日嘘をつけなくなります。嘘をつけないことで、全て>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

4.0

アルツハイマー病、怖いねー🤔

ただ、時間の許す限り今の恋人を愛したいと思った

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

フライト・ゲームのほーがよかったかな〜

でもアクションシーンはいつになっても衰えてないのがすごい🤷🏼‍♂️🤷🏼‍♂️

チェイサー(2008年製作の映画)

3.9

とりあいず恐い
シャワールーム入って圏外だったときのあの絶望感はやばいと思う🤷🏼‍♂️

あの時無理やり出勤させてなかったら・・
あの時電話にでとったら・・・
あの時犯人のタバコがなくなってなかったら
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.7

アンハサウェイの肌が透き通りすぎて綺麗すぎる

みんな悪者やなくて良い人でよかった🤔

ハードコア(2015年製作の映画)

3.9

新感覚POV映画

自分が主人公になったように感じる。
さらに主人公は声が出ない設定になっとるおかげでよけいに主観的に感じる

他のPOV映画も観てみたい👏

ただ、確実に二日酔いの時に観るのはおスス
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

わたしたはダニエルブレイク。
1人の市民だ。
それ以上でも以下でもない。

世の中、困っとる人にはとことんまで困らせるようになっとるな。

今の生活に満足できてない人、一回この映画みて自分の生活がどれ
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.9

「晴れた日」

結局裏切るんかー思ったけど、なるほどね🤔

いつか言った言葉が、場面によっては違う意味で同じ言葉ででてくる。深いね〜〜

ベン・アフレックかっこえーー

リービング・ラスベガス(1995年製作の映画)

4.0

今まででいちばん落ち着いて観れる映画かも

とりあいずBGMが全部最高

アル中と娼婦の恋物語。表上はアル中と娼婦やけど、どちらもその裏側に上品さを兼ね備えている。その上品さにお互いが惹かれあっていく
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

3.8

名作

待ちに待った最期の名シーン
「シェーン、カムバック!」

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

カトリック地区における協会の強さが滲み出た一本。

神父らによる小児性的虐待という事実をカトリック地区で公にすることはとてもリスクが高いと知りながらも、被害者の為と信じ続けたグローブ社の信念がすごい。
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.0

何もかもを賭けてただ一つの事だけを夢見るおじいちゃんがとりあいずかっこええ

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

周囲に家がない郊外の別荘には必ず何かおかしな雰囲気が漂っとる。

あの黒人のメイドさんがめちゃめちゃえー雰囲気だしてくれとる

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.6

夏やのに海行くの嫌になってしもたや

そろそろサメでてくるかなー
.......出てこんのかい
いや、出てくるんかい!

終始スリル満点の映画でした🕊🕊🕊

あの小鳥だけは食われずおって欲しかったけど
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

スケールのでかさがやばい

島やなくて街に恐竜放ったらさすがにやばいやろ🤷🏼‍♂️

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ファイトクラブに匹敵するエドワードノートンの極上サスペンス劇場。

途中二重人格のところでひっくり返されて、最後の場面に再びひっくり返された。

ベナブル検事をベイルが利用して、そのベイルをロイが利用
>>続きを読む

アモーレス・ペロス(1999年製作の映画)

3.8

3つのストーリーの中で、犬を闘わす者、犬を愛する者、犬を従わせる者、と犬を題材にいろんなストーリーが絡み合っている。

この監督だったら21gのほーが好きかな🙇‍♂️

海を飛ぶ夢(2004年製作の映画)

4.0

これが実話ということに驚き。

テーマ「尊厳死」「四肢麻痺」
このテーマに関してはいろんな意見がでてくると思う。
よく「自殺する人はどうかしている。ほんとに生きたくても生きれない人もいるのに」という言
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.7

抑圧からの解放

めっちゃ笑えるし、下ネタだらけやけど感動するし、社会的問題をとりあげとる良い作品🍻

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

クールの中に秘めたバイオレンス

これが一番怖い

>|