Zeroさんの映画レビュー・感想・評価

Zero

Zero

桃太郎の国の洋画を愛する22歳

映画(325)
ドラマ(0)

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.0

超大作しりーず。

ワイスピとはまた違う「ファミリー」の感じがいい。

失って一番傷つくもの、それがほんとに大切なものなんですよ、

“助け合うことは、いつの世にも利益につながる。人間的にも、金銭的に
>>続きを読む

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

3.9

インファナルアフェアシリーズ最高だった。
II、Ⅲは続きの話かと思ったら途中の伏線が描かれていた。

敵だと思っていた人が実わ味方で、味方だとおもっていた人が実わ敵だった。
極上のサスペンスとなんか悲
>>続きを読む

捜査官X(2011年製作の映画)

3.8

ドニーイェンの映画はアクションだけでなく、なんか心優しい雰囲気が含まれとる。

それもドニーイェンの人柄なんかな🤔

新少林寺/SHAOLIN(2011年製作の映画)

3.9

仏教の映画はほんとにわかりやすくて良い映画ばかり。

「金と泥どっちが大切だ?」
「そりゃ金です。」
「では種を植えるときには?」
「この世の中で必要ないものなんてないんだよ」

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.7

記憶無くなるってほんま恐ろしいよな。
隣におる人が自分が記憶無いなって原因の人やのにそれも分からず一緒に住む怖さ。

摩天楼はバラ色に(1986年製作の映画)

3.9

ある意味マイケルJフォックスがめちゃめちゃでかくみえた。

アビエイター(2004年製作の映画)

3.8

ヤるときめたことは最後までやりとげる。そんなメッセージがこめられた映画。

レオは精神疾患の役だったり、破天荒な役を演じることがとても多いけど、実際の生活でも薬とかやってそう、って思うぐらいどの役でも
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.9

全身麻痺で脳の働きは正常。閉じ込め症候群の人が瞬きだけで書き上げた実話。

主人公視点の映像が多かった分、患者の気持ちがすごいわかったような気がする。

42歳という若さで、しかもお酒もたばこも人並み
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

4.0

始まって10分以内で引き込まれた

こーゆー実際ありえんような話やけど、その中でも伝えたいことがしっかりしとる映画は最高。

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

3.8

この世には必要な悪も存在する

こんな事実を映画にして大丈夫だったんやろーか🤔

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

3.8

人間の生命力の大きさ。 いろんなものがこれに影響を与えていると思うけど、やっぱり愛の力が1番大きいんかな〜って思った。

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

3.5

医学と神の領域は紙一重ってことやな。

神はそれを知っとるけど、人間はそこの領域を試そうとする。それが医学の発展に繋がっとる部分もある思うけど、倫理のことも考えたら、やっていいこととやったらあかんこと
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

この先の人生がもし分かっているとしたらあなたはその選択を変えますか?

“時”を扱う映画はほんとにいろんなことを考えさせてくれる。

それにしても、シャン上将がルイーズから言われた説得の言葉が何か気に
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.9

「今日俺がみたのは、善と悪、そして愛と憎しみの戦いだ。”愛”こそがそれに戦い向かうための唯一の武器なんだ。」

>|