a2y6aさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

a2y6a

a2y6a

意外にたくさん映画観てたけど、もっともっとたくさん観たい(〃ω〃)

映画(749)
ドラマ(3)

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

時間的に吹き替えで観たけど、安定のディズニーは流石です。
面白かったし、テーマも、落ちどころも良かった。
エンドの最後にもひと笑いも忘れてなかったし、何より音楽と歌は良かったな。
次は字幕で観よう。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなく。
脚本や演出は良かったけど
編集で大事なところ切りすぎ。
編集が脚本読めてないのかな?
菅田くんと松坂くんの配分も計算できてない。
歌のところも口があってないし、
感情を高められて
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

頑張ってる日本語は置いといて、構成、見せ方、全てがチャレンジしていて面白かった。
やっぱり韓国映画はハズレがないと思いました。

愚行録(2017年製作の映画)

2.8

最近の特徴。
原作ありきで、原作以下にしかならない。
原作読んで結末知ってる人でも引き込むような作り方をしてほしい。

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.0

映像美とCGは圧巻だったけど内容が追いついてない感じ。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どうしてもLGBTの映画の疑似家族ものはチョコレートドーナッツと比べてしまう。
まぁ日本版と言う意味では良かったけど途中に黒味で誤魔化すのはやめていただきたかった。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりの正統派イケメンのブラピを堪能できました。
全体的に話の入り方や中盤までは良かったけど最後に説明的に喋らせるのは無しにしてほしかったかな。

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.5

女性参政権運動の話で、事実なんだろうけど、最後の着地地点が大きな事故で死んで主張したからみたいに見えるのが腑に落ちなかった。しかも主人公との関わりが映画でそんなに描かれてないから余計に。女性はこんなに>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.8

いつものインド映画と違った‼︎
こんなインド映画もあるのかと思わぬ嬉しい発見。
インドのお弁当と日常と日常から外れたイレギュラーの巡り合わせは言葉にするのは難しいほど切ない物語だったな。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

アメコミだね😅
CGは凄かったかな。
内容はMARVELだった(笑)
結局、続編とコラージュありきで作られてるよね〜。
面白かったけど。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

映画ほど歴史の教科書としていいものはないと感じれる作品。
アメリカの根強い人種差別を知る上での良い参考書だと思った。

シリアの花嫁(2004年製作の映画)

3.8

国際情勢を考えるのに最適な映画。世界には色々な国があり、社会や宗教や制度も違う。当たり前のことなのに改めて事実を突きつけられた感じ。結婚=幸せが結びつかない土地もあることを考えていかなければと思わせる>>続きを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなく。
佐々木さんが好きだから観に行ったって感じ。
日本映画はこんなもんだよな。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

久しぶりにティムバートンのやりたい放題の世界が観れて良かった。色で演出する手法は流石で、シザーハンズの色味を思い出したよ。同じ一日を生きる子どもたちが、どうしてもネバーランド彷彿とさせるけど、ピーター>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.3

こんな映画好き。
派手さはないけど、淡々と日常が変わっていくところはいいな。
日本がだんだん無くしているコミュニティの存在と隣人との交流の在り方や他にもいろんなメッセージがこもった映画。
CGとか凝っ
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.3

衣装、小物が可愛くて素敵だった。内容はあらすじと少し違うかなと感じたがダメ男に引っかかったらあとは流れに任せるしかないのかなと…。

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち(2016年製作の映画)

3.5

韓国映画はやっぱり面白い。
配給で厳選してるとはいえ外れがない。
勧善?懲悪みたいな感じで観てて面白かった。
シウミンが菅田将暉に似てた。

疾風ロンド(2016年製作の映画)

3.0

原作は未読です。
話が転がるのは分かるけど、
転がりすぎて着地点とテーマがいまいち伝わりづらかった。
阿部さんがおもしろかった。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

原作にない続きがあって、監督の解釈を分かりやすくストレートに伝えていたと思う。音楽があまりなく虫の声などを効果的に使って、沈黙とサイレンスを演出してたのは凄い。塚本晋也さんが良かった。

地獄堂霊界通信(1996年製作の映画)

3.5

香月日輪さんの原作が大好きだった。映画もそこそこ楽しかった記憶はある。もう一回観たいな。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.0

短編はテーマが凝縮されて主張が強いので観やすいな。
下に潜るほどに人生を走馬灯のように邂逅するお爺さんに切なさが募ります。
それにしても宮崎駿監督といい、アニメ監督は水に沈んだ街が好きなのかな?

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.7

重い映画ばっかり続いてたから、ザ・エンターテイメントのこの映画は楽しめた。女王もどこか抜けてて、ヤッターマンのドロンジョ様みたいな可愛らしさがあって面白かった。何より衣装がステキすぎて1度でいいからあ>>続きを読む

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)

3.5

狙いなのか客観的すぎてハンナに感情移入できるきっかけがなかったなぁ。

天使にショパンの歌声を(2015年製作の映画)

3.0

エピソードを盛りすぎてて何に焦点が当たってるのか分からなかった。情景と音楽は素晴らしかったので残念。また、この手の話はどうしても天使にラブソングを連想するのでもう少し工夫して欲しかった。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

リミットを設けて、そこにあらゆる角度から次々に難問を突きつけていく構成はとても良かった。
実際に起こっている現状を問題提起している視点では今の情勢ならではの映画。

人魚伝説(1984年製作の映画)

4.7

隠れた名作として評価が高かったけど、本当にその通りだった。
リトルマーメイドのような可愛らしい人魚ではなくセイレーンのような美しく、狂気に満ちた感じがすごかった。海の中のシーンの撮影は圧巻でとても美し
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

記録。
可もなく不可もなく。
テレビドラマのような映画。
撮影のスケールが映画だった映画。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

ラブストーリーかと思いきや、SF要素があってすれ違い系の新しい感じが面白かった。ただ、すれ違いは原作のアイディア賞であるので、発想をもう少し生かして演出と構成を頑張ればもう少し面白くなったのでは。