ランボーでありたいさんの映画レビュー・感想・評価

ランボーでありたい

ランボーでありたい

備忘録も兼ねた駄文を書きます。点数は個人的なものです。(どうやら星2.4あたりが好き嫌いのボーダーっぽい)ホラーは甘くなりがちかもしれません。

映画(303)
ドラマ(0)

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

真犯人は報道ス○ーションの富○キャスター。

この映画の伊藤英明すごくいい。真面目な時のマーク・ウォールバーグっぽいカッコよさ。

この監督デ・パルマ映画ホント好きだよなぁ。仲間ナカーマ。

*どうで
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『thank you jesus.』

色々納得。「ファウンテン」とか「ノア」よりの個人的に苦手な方のアロノフスキーだった。衝撃赤んぼ喰いのシーンからジェイローがボコスカぶん殴られるとこは爆笑。結構面
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

時期もいいので見返し。気付かず過ぎ行く至高の3日。あの超楽しそうな「Rapper's Delight」大合唱でやられた。マジでフルでやってくれと願ったぐらい。オールタイム級で大好き。

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

リバースですか・・。「ザ・リング」の出がらしで何とかお茶を濁した感じにしか見えないっす。”おからのハンバーグ”とか”野菜の皮でもう一品”的な貧乏くささ。(おからのハンバーグ等に恨みはない。おいしいです>>続きを読む

アウトロー 哀しき復讐(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「悪魔を見た」っぽい話かなとは思いつつも、わざわざ日本に入ってくるんだからそれなりに面白いんだろうと気楽に鑑賞。
うん。0点。どっかで見たことある画づらに無駄の多い演出(コインの表裏件とか薄ら寒い)。
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

『あっ・・オーメンだ。。』

見返してみたら”ご主人さま”がイ・ジョンジェだった。「新しき世界」大好きおじさんの僕には”イ・ジャソン”にしか見えずいろいろ大変だった。

*2、3回チ○コは立ちました。
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

会議萌え映画。ちびっ子のパンの売れ行きでハラハラさせられるとは思わなんだ。

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ヘンテコでカッチョいいガジェットと過剰な暴力で魔女を制圧であります。そこらのダークヒーローは3ぐらいの力でペシペシと敵倒して悦に入ってるようだが、コイツら兄弟はしっかり10の力でぶん殴った上、死体蹴り>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トニー・スコット生き返んね~かな~。多分このトンデモ設定、トンデモ脚本で面白く撮れるのはトニー・スコットとデ・パルマぐらい。超絶技巧の職人じゃなきゃ手におえないはず。『過去と現在のカーチェイスシーンと>>続きを読む

エンカウンター 地球外侵略者(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

『未来人よ!連れ去って記憶消してあげるのはいいが、人選を間違っちゃいないか?もっと苦しんでる奴ごまんといるだろ・・。そいつらの記憶で試せよ・・。個々人でちょっと頑張れば耐えれる奴でやったらあんま意味な>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ダメだ。何度見ても受け付けない・・。ライアン・ジョンソンへの怨み節だらけになりそうなのでルークの生者状態での霊体飛ばしについてだけにします。呆れながら真っ先に思い出したのは川尻善昭大先生のアニメ版「魔>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

よからぬ臭いしかせず敬遠していたがやっぱり・・。
なぜ「キャビンフィーバー」を選んだ??個人的に仕切りなおしの必要性を全く感じていなかったのだが??金儲けリブート??

・元の”無駄毛処理からの皮剥け
>>続きを読む

ドント・ハングアップ(2016年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

そこまで面白くないがローガンポールが大炎上してる今、結構タイムリーな作品だった。やっぱハードコアないたずら、度を越したおふざけは気心しれた仲間内だけでやるべきだわ。赤の他人を巻き込むとろくな事がないし>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

歴代バットマンはもちろんの事、リック・アストリーからダーレクまでなんだかやりたい邦題。ギャグが大渋滞している。
『いっぱい詰め込むからどれかで笑えやこの野郎!』って具合のやけっぱち感がこのシリーズの魅
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

3>>>>1>2。

アナキンとオビワンの最後の掛け合い台詞と死ぬほど泣けるラスト10分。正味20分ほどかもしれないがこれのためにプリクエル3本を見る価値がある。つーかタトゥイーンの2つの太陽を眺める
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・ダース・モールについて・・。
ep1はやっぱダース・モール。コイツに尽きる。赤黒のタトゥーフェイスにダブルブレードのライトセーバー。少林寺っぽいキレッキレの体捌き。フード被って突っ立ってるだけでもカ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

EP2のアナキン嫌い。序盤のコルサントで見せるストーカー気味の変態スマイルとかホント嫌い。あのクリクリ坊やが拗らせてあんな邪悪な目になるなんて・・。あ~ダークサイドは怖い怖い。ナブーの草原でのイチャコ>>続きを読む

パッセージ 牙剥く森(2015年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

オーストラリアの都市伝説をテーマにしたホラー(ホントにそんな噂があるのかは知らん)

中盤までの不気味さはなかなか。「デスロード 鮮血」とか「レス/less」を思い出した。あの辺の『いったい何事?』な
>>続きを読む

ホーンテッド・サイト(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

よくある幽霊屋敷ものではありませんので注意。
怪奇小説っぽいつーかすげーラヴクラフト風なお話。楽しく見れました。

*衣装や女優さんのメイクのせいもあるだろうが、『この映画の時代背景はいつって設定なん
>>続きを読む

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

いきなベッキンセールが発狂しだしてビビる。元の脚本からないのか、はたまた長くなるから撮影したのをカットしたの・・・。あの辺のシーンの違和感がすべてをぶち壊している。あれじゃあただのヒスババアやぞ・・。>>続きを読む

CUTIE HONEY TEARS(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「キューティーハニー」の実写化は庵野のヤツで充分ですって。サトエリのヤツでもうお腹いっぱいなんですよ。片桐はいりのアホ面が画面いっぱいに広がるぐらいの仕上がりが丁度いいんすよ・・。なんで「ブレードラン>>続きを読む

デアボリカ(1973年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

「ローズマリーの赤ちゃん」と「エクソシスト」の要素を間違って調合した謎ハイブリット。OPの悪夢シーンとポルターガイストのシーンは好きなんだけど、全体を見ると面白いんだか面白くないんだかよく分からない仕>>続きを読む

ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり(1985年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ラヴクラフトの連作短編「死体蘇生者ハーバート・ウエスト」を超絶アレンジ。シリーズ1作目。

原作の基本的な流れは十数年にも及んだ狂気の探求。ハーバート・ウエストによる”蘇生薬”精製中のトライ&エラーを
>>続きを読む

HATCHET After Days/ハチェット アフターデイズ(2010年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「ハチェット」のその後。亡霊殺人鬼ビクターVSド田舎ゴースト・バスターズ(物理)ってな具合の頭の悪いお話。1で死んだ人気キャラを『双子です!』という屁理屈で再登場させるという暴挙に出たシリーズ2作目。>>続きを読む

エイリアン パンデミック(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

低予算モンスターパニック映画。今見ると俳優も豪華。

エイリアン(宇宙人)ってわけじゃなくて遺伝子操作によって生まれた”なにか”。(むき出しの骨が確かにエイリアンっぽいけど・・この邦題は・・)ずさんな
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

元気がでる。これでGotGチームとの合流もスムーズそう。
とりあえず例のバトルをゴールドブラムとトムヒと一緒に観戦したい。ワイプでずっとあいつらのシーンあってもいいくらい好き。

DAGON(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴードン先生のラヴクラフト関連映画。『窓に!窓に!』ってよりは「インスマウスの影」要素がメイン。大半が薄気味悪い漁村で『おっぱいのペラペラソース』達に追われてます。

ビジュアルならこれ。満点に近い「
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

3つの短編も鑑賞済み。ファイナルカット大好き派。

見て良かったような、見ないほうが良かったようななんとも言えない複雑な気分。ムカつきこそしなかったが・・。ちょっと褒めたくないのは何故かをしばらく考え
>>続きを読む

殺人遊園地(2006年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

OPクレジットから既に「ファンハウス」をやる気満々で大丈夫か?と思ったが案の定・・・。これは比べちゃダメなやつや。
テンポの悪いスラッシャーほど見ていて退屈なものはない。ゴア描写に頼れば許されるもんで
>>続きを読む

パニック・ゲーム(2006年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

こう見えて実は○○○映画。

ある用語をいうと一瞬でつまらなくなるのでぜひ見て確かめていただきたい。もう逆にあらすじ等も一切見ず、パッケージの画だけ見て「パニックルーム」のパチモンか?とか”監禁ホラー
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ホワイトゴレイヌとブラックゴレイヌを引き連れて塹壕を闊歩するシーザーさんでテンション爆上げ。見た目は猿でも主役は主役。やっぱかっこいい。
ストーリーはちょい狙いすぎなきらいがあってむず痒かったんだけど
>>続きを読む

リクイッド・ウッズ 樹海(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人智の域を超えた超宇宙的存在の片鱗に触れ発狂

どーも点数を見るに嫌われているようだが大好きな作品。
原題である「yellowbrickroad」等の「オズの魔法使い」用語に引っ張られるから混乱するの
>>続きを読む

サウスバウンド(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ド田舎南部のロードサイドを舞台にしたホラーアンソロジー。
「V/H/S」シリーズではファウンドフッテージ形式という難しい制約があったが、こっちは結構かっちりした作り。全体のトーンも一緒で正直見やすいの
>>続きを読む

モーガン プロトタイプ L-9(2016年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

見よ!これが、”偉大な親父と同じ土俵で戦って盛大にぶっ滑る”の図だ。
宮崎さん家の吾朗さんとダブるぜぇ~~。へいへい!!

ケイト・マーラの体術披露あたりで『まさかそんな安直な事しないよな・・』と不安
>>続きを読む

HATCHET/ハチェット(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

”スラッシャー映画の復活”や”超絶ブルータルな殺人鬼”ってあたりがフューチャーされがちだが、個人的には”平場すらもめっちゃ笑える”ってのが新しかった。茂みがガサゴソしててみんなビビって見に行かないとこ>>続きを読む

ローンウルフ 真夜中の死闘/レイト・フェイズ(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

盲目退役軍人VS人狼。

「ヒューマン・キャッチャー」にしろこれにしろ、どうやら僕は”来たるその日に向けて準備に余念が無いオヤジ”に弱いみたい。ましてやそのオヤジがニック・ダミチなら尚の事。

ラスト
>>続きを読む

>|