アキラナウェイさんの映画レビュー・感想・評価

アキラナウェイ

アキラナウェイ

切腹(1962年製作の映画)

4.6

古き良き邦画の世界を少しずつ開拓しているけど、橋下忍の脚本って毎度唸る程面白い。

「羅生門」も「七人の侍」も「白い巨塔」も「日本のいちばん長い日」も「砂の器」も「八つ墓村」も、ぜーんぶ橋本忍。日本映
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.4

す、SU、スゲェェヱぇえエエ!!

何だコレは!!

新感覚過ぎるだろ!!

97分、
ひたすら踊れ!!
ひたすら狂え!!
ひたすら叫べ!!
ひたすら堕ちろ!!

これが初めてお目にかかるギャスパー・
>>続きを読む

鬼畜(1978年製作の映画)

4.1

鑑賞後、何を思ったかって?

「鬼畜」。

この言葉以外に思い浮かばない。
鬼畜生の大人達が子供達の命を蔑ろにする。この遣る瀬無い現実に、頭が朦朧とする程のショックを覚える問題作。

印刷屋を営む宗吉
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

2.9

前作よりもパワーアップしてカムバックを果たしたマチェーテ!!

…と言いたい所だけど、パワーアップの方向間違えていない??SFテイストはどうやっても合わないでしょ、マチェーテに。

入国・税関取締局の
>>続きを読む

ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-(2020年製作の映画)

3.9

"人は3種類に分けられる。
善と悪、そして中立のターミネーター。
アスタ・ラ・ビスタ、ベイビー"

「T2」が好きで、100回は観たと豪語するおばあちゃんがファンキーで最高。

オハイオ州南部出身の元
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.3

エヴァ・グリーン、めっちゃ脱ぐやん!!

映画好きには堪らない。
特にクラシック映画の小ネタが満載。

1968年、五月革命前夜のパリ。アメリカ人留学生マシュー(マイケル・ピット)は、映画フリークのデ
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

さようなら。
全てのエヴァンゲリオン。

四半世紀に渡り、僕の心も、多くのアニメファンの心も掻き乱して無茶苦茶にしてきたエヴァンゲリオンが終わった。

実は最初に観た時、何か引っ掛かるものがあって、諸
>>続きを読む

マダムと奇人と殺人と(2004年製作の映画)

3.3

借りぐらしのアキラッティ。
フィルマのお友達にお借りしましたよっと。

フランスでカルト的な人気を博すナディーヌ・モンフィスという女性作家さんが、自らメガホンを取ったそうな。主人公のレオン警視は、小説
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.9

「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」に備えて再鑑賞。

2012年当時、個人的にはエヴァシリーズ初の劇場鑑賞作。

もう、「ぽかーん」である。

何が、どうなっているんだよおぉ、
ミサトさあぁん!!
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.5

「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」に備えて再鑑賞。

TV版をトレースしていた前作とは違い、
エヴァの世界線は新たな道を辿る。

冒頭、エヴァンゲリオン仮設5号機にて使徒を殲滅する新キャラ、真希波・マ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.6

「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」に備えて再鑑賞。

本作「序」をいつ観たのかの記録が残っておらず、「破」は公開から2年も経ってからDVDで観ている事から考えると、当時個人的にはそれ程注目していなかっ
>>続きを読む

Uターン(1997年製作の映画)

3.8

借りぐらしのアキラッティ。
フィルマのお友達に借りましたよっと。

監督はオリヴァー・ストーン。
社会派作品が多い印象だけど、彼が描き出すのはただひたすらにあまりにツイていない男の話。

マフィアから
>>続きを読む

俺たちは天使じゃない(1955年製作の映画)

4.1

借りぐらしのアキラッティ。←久し振り。
フィルマのお友達からお借りしましたよっと。

ロバート・デ・ニーロとショーン・ペンのリメイク版も好きだったけど、こちらもまた好きだなぁ〜!!

(フランス領ギア
>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

3.3

ウッソォー!
私がやくざの組長!?

もう、この「ウッソォー!」が花の80年代だね。昭和だね。

敬愛するフィルマのお友達、あかねちゃんリコメンド。赤川次郎の同名小説を原作とした相米監督作品。

父を
>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.7

潜水艦モノにハズレなし!!

…これは多くの方の賛同を得られる筈。
でも気付いちゃったんだよね。

潜入捜査モノもそこそこハズレなし!!

…なんではないだろうか!?

バレたら殺される。
そのギリギ
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.4

おおっと!!

これは…!?

全部歌うタイプのミュージカル!?

「どうしたの〜?♪」とか
台詞なのにメロディ付けちゃうやつ〜♪

演っている人達皆んな真面目な顔をしているけど。ごめん、何だか笑っち
>>続きを読む

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014年製作の映画)

3.2

油断していたら火傷した。
やっぱりこの監督は変態かも知れない。
鬼才デヴィッド・クローネンバーグめ〜。

LAを訪れた、顔と腕に火傷の痕が残る少女アガサ(ミア・ワシコウスカ)は、落ち目の女優ハヴァナ(
>>続きを読む

英国総督 最後の家(2017年製作の映画)

3.7

1947年、第二次世界大戦で疲弊したイギリスは300年間支配してきたインドの主権移譲を決定。独立を円滑に行う使命を帯びたルイス・マウントバッテンが最後のインド総督として着任する様子を描いた作品。

>>続きを読む

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

3.8

あらすじ。

1932年にアイルランド・ダブリンで22人兄弟の10番目に生まれたクリスティ・ブラウンは…。


……

ちょっと待てーぃ!!

22人兄弟ってマジすか!?
劇中、22人もいなかったけ
>>続きを読む

オールウェイズ(1989年製作の映画)

4.4

「死んでも好き!!」って、つまりこういう事。

スティーヴン・スピルバーグの隠れた名作。

あまり積極的に観ない恋愛モノだけど、スピルバーグらしいファンタジックな空気感と軽快なタッチが心地良くて、好き
>>続きを読む

失われた週末(1945年製作の映画)

3.7

あっぶねー!!
また寝堕ちして、せっかくの週末をスヤスヤ寝過ごしてしまうとこだったゼ!!

アルコール依存症の恐ろしさを描いたビリー・ワイルダー監督のアカデミー受賞作。

…をワイン片手にレビューする
>>続きを読む

フェリチタ!(2020年製作の映画)

3.6

本日時点でFilmarksには表記されていないけど、アマプラ無料配信もあり〼。

Felicita=幸福

♪ 幸せ〜って何だっけ〜、何だっけ?
と明石家さんまの声で脳内再生される方は昭和生まれ。
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.6

「パリ、テキサス」のヴィム・ヴェンダース監督作品。

これ、好きだなぁ。

人が普段とりとめもなく頭の中で呟いている事、夢や願望、不平や不満。そんな彼らにそっと寄り添って、その言葉に耳を傾けている者達
>>続きを読む

時の面影(2021年製作の映画)

4.0

邦題が珍しく原題を超えてきた。

原題は、"The Dig"。
そういやdig(掘る)という単語はファミコンの「ディグダグ」で覚えたっけ。

第二次世界大戦が迫るイギリス。夫に先立たれたプリティ(キャ
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

3.8

月曜日からエンスト起こして、89分の映画を観ていたのに寝堕ちを何度もぶっかまして、AM1:00からのレビュー。行ってみよー!

デヴィッド・クローネンバーグ監督
     ×
スティーヴン・キング原作
>>続きを読む

あの日、欲望の大地で(2008年製作の映画)

3.4

「21グラム」、「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガの、長編映画監督デビュー作。

鑑賞前に、1つ知っておくと良い事。

これ、時系列バラバラだよー。

その事を知った上で観たので、まだ何とかついて
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.4

目の前に敷かれたレールを一歩踏み外すと、なかなか元に戻れないのが世の常。

本作のように、ヤクザ者がカタギに戻る事も、非正規雇用の方が正規雇用に登用される事も、引きこもりや不登校の方が会社や学校に戻る
>>続きを読む

ハンバーガー・ヒル(1987年製作の映画)

3.4

Welcome to HAMBURGER HILL.

1969年5月10日、アメリカ軍 第101空挺師団は、南ベトナムのエイショウ・バレー、937高地において「アパッチ・スノー作戦」を開始した。だが
>>続きを読む

ノクターン(2020年製作の映画)

3.0

Amazon Studiosの始まり方が好き。
本が開いて、パタパタと街が出来上がって、最後にドーンと映画館が現れるやつ。

ジャケのセンスと90分という短尺に惹かれて鑑賞。仕事が忙しいから短い作品ば
>>続きを読む

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.4

本作の製作中にディズニーが20世紀FOXを買収した事に加え、コロナ禍による劇場閉鎖で本国では公開延期を繰り返し、日本ではビデオスルー。

散々な目に遭った「X-MEN」シリーズ13作目。

一応、劇場
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

2.3

87分という短尺はありがたいけど、それで面白くもなければ得るものもないっていうのは、勘弁して欲しい。

キアヌも好きだし、ウィノナも好きだけど、この2人は好きじゃない。

イケメンだけど屁理屈ばかりの
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

4.4

色情狂ジョー(シャルロット・ゲンズブール)の"性"の回顧録を描いた第二巻。

ジョーはジェローム・モリス(シャイア・ラブーフ)と結婚し、一児の母となるが、度重なる性行為の果てに突如不感症となってしまう
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

4.2

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督・脚本の二部作、第一巻。

生々しく切り取られる"性"の回顧録。

こういう作品を何の躊躇もなく観れるって、一人暮らしの特権だなぁと、ふと思
>>続きを読む

散歩する惑星(2000年製作の映画)

3.7

「ホモ・サピエンスの涙」で一目惚れした、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督作品。

うんうん、これこれ、この感じ。

シュール。
とてつもなくシュール。

構想に20年、撮影に4年を費やしたって
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

少女は同胞を捨て、スウェーデンでの暮らしを夢見た。

自由に生きる為に—— 。

1930年代のスウェーデン。先住民族であるサーミ人は、色彩豊かな民族衣装に身を包み、トナカイの狩猟を生業(なりわい)と
>>続きを読む

マルコム&マリー(2021年製作の映画)

4.1

コロナ禍における"制約"を作品の"魅力"へと昇華した稀有な作品。

2020年6月〜7月にかけて撮影されたという本作は、一軒の邸宅を舞台にした2人だけの会話劇。大規模な撮影を避け、ミニマムな撮影規模で
>>続きを読む

>|