あおいさんの映画レビュー・感想・評価

あおい

あおい

  • List view
  • Grid view

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

3.6

妻よりも周りの人だったり友情とかを描いているので、テーマにしては重くはないし「良い話だね」ってなるんだと思う。
ただ、あくまで「良い友情」のひとつであって、私はデインの様に出来る自信はない。「ケアする
>>続きを読む

人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~(2020年製作の映画)

3.9

予告編を観て楽しみにしていた作品。
こういう女性の生き方的な作品が大好き。

乗るバスを間違えてもまた正しいバスに乗ればいい。だけどそれが大変なんだよね。現に変な復讐劇に巻き込まれちゃってるし。
作中
>>続きを読む

海辺の彼女たち(2020年製作の映画)

-

ずっと観たかったけど近場でやってなくて、やっと観れた作品。

同じ地球に産まれてきたはずなのに、
同じ時代に産まれて生きているはずなのに。
産まれてきた環境という自分のコントロール出来ない要因でこんな
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

観て良かったんだけど、長かったー!
150分の作品が難しかった私にそれより長い作品が観れるわけないのに…。
それでも観たくなるのだから007はすごい!
でもやっぱり集中力が切れてしまった。
あとサフィ
>>続きを読む

カラミティ(2020年製作の映画)

3.3

前情報はマーサ・ジェーンについてざっと調べた程度。

こういう時代があったのだろうという事を知るという意味では観て良かったとは思う。こんな昔から「女らしさ」を求められて生きてくのか…とか。
この作品が
>>続きを読む

ディナー・イン・アメリカ(2020年製作の映画)

3.7

下品だし目をそらした場面もあるけれど、ここまでぶっ飛んでると観ているこちらも割りきって観れるなとは思った。
ツッコミたい所もあるしクスクス笑ったり。
笑って観終わった作品は久しぶりじゃないかな。
ノリ
>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.8

こういう女性の人生というか生き方というか、そういう物を題材とした作品が大好きなので鑑賞を楽しみにしていた。
トーベ・ヤンソンについては鑑賞前にざっと調べた程度。

ムーミンとかよりも彼女に重点が置かれ
>>続きを読む

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

4.0

スパイの作品にハマってるのと、実話だと聞いて鑑賞。

鑑賞中ずっとドキドキしてた。
少し時代背景を調べてから観に行ったのだけど、文字だけよりも映像で観たら主人公が追いつめられていく感じとかが伝わってき
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.5

酒が認められてる年齢が16歳だろうが20歳だろうが関係なしに、そりゃそうなるよなあって思っちゃった。
そしたらもう駄目だったー。全然入れなくて苦笑い。

人生が楽しいのは良い事なんだろうし、それが酒で
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

3.2

奈緒さん目当てで鑑賞。
何かを期待して観たわけではないんだけど、全く刺さらなかった。

あれぐらいの年代の子に完璧を求めるつもりないけど、なぜこんなにも、特にホリガイに対して不快でもやもやした感情が残
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.5

ブッチャーが「もっと自分らしく生きろ」的な事をミリーに言っていて、もしかしたらミリーの代わりに復讐したのかなと錯覚してしまう位には楽しく観れた。

ベター・ウォッチ・アウト: クリスマスの侵略者(2016年製作の映画)

-

ホラーを観た気が全然しない。
ただ悪趣味で胸糞悪いし気持ち悪い作品なだけ。
ルークだけじゃなく両親にも中指立ててやりたいわ。
映画館で観なくて良かった。

あなたにふさわしい(2018年製作の映画)

3.3

内容も終わりかたも「???」しか残らなかった。何も考えずに観るなら良いかもしれないけどね。これ本当に5日間?私なら1日で帰るかもしれない。

自分が相手にふさわしいかなんて考える事は少なかったな。
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.9

これも上映期間に観に行けなかった作品。
ノア・シュナップ演じるエイブがいるから最後まで観れた。

あんなに家族の対立が多いなんてそりゃ家出したくなるわ。
宗教が絡んでるからなおさらやっかい。
産んだの
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

3.8

普通に良い作品だとは思う。
家族のシーンは少し辛いものがあったけど、そこに引っ張られる事なく観れた。
私もあの頃は映画ばかり観ていたな。
そして大久保さん!
もうお母さんみたいな安心感があった。

>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.3

上映期間中に観に行けなかった作品。名画座での上映まで待ちきれなくて観てしまった。

景色がきれいでご飯が美味しそうだし悪い人も出てこないし、めちゃくちゃ癒される。
食に関する台詞の度に「もう少し毎日を
>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

3.7

ニコスが自分の仕事に誇りを持っているのは伝わったよ。
ドレスを仕立てている姿を見てドレスや依頼人の人生だけを仕立てているのではない。
ニコス自身の人生も新しく仕立てているのだと思いながら観ていた。
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.8

奈緒さん目当てで鑑賞。
主題歌含め良い作品だった。

黒木華さんの佐和子が本当いい感じ。
手のひらで転がしてる感じがたまらない。言葉数は少ないけど淡々と復讐していく感じ。
それで、柄本佑の追いつめられ
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.5

合唱とか彼女達の姿よりも、ヤングケアラーについて考えて頭がいっぱいになって、そっちで泣けてしまった。
あとは色んな息苦しさと難しさ。
ピアノが弾けないと彼女の価値はないのか。メッセージの消去もね…。
>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

3.8

原作未読、前情報なし。
上白石萌歌の演技目当で鑑賞。

もじくんの事を忘れてたから、もじくんとの恋愛は必要ある?って感じてしまった。あらすじにも書いてあったのに忘れてた(苦笑)

あと家族のあり方は様
>>続きを読む

恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜(2020年製作の映画)

4.5

もう本当に観て良かった。
なかなか行けないし、気になるけど恋愛が絡む作品はどうも苦手で合わないからレンタルまで待とうかなって思ったけど、観て正解◎

「そんなに簡単に潔癖症は治らないのでは?」「盗み癖
>>続きを読む

劇場版 アーヤと魔女(2020年製作の映画)

2.0

うーん…わざわざ映画にしなくても良かったのでは?と思ってしまう。
「私のどこが、ダメですか?」って全部だよ!!って感じ。

絵が微妙だなと思ったけど、それは私が3Dとかが苦手なだけなので仕方ない。
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.2

自分からはあまり観ないジャンルだけど食わず嫌いはもったいないと思って観たのだけど…

苦手な描写(主に危害を加えるナイフのおじさん)が多くて思わず「謎解きじゃないの?」って思っちゃった。
終盤のビーチ
>>続きを読む

岬のマヨイガ(2021年製作の映画)

3.4

原作未読。
芦田愛菜ちゃんだからっていう理由で鑑賞。

家族だったり人との交わりについて考えさせられた。
原作も読んでなくて前情報なしに観たので妖怪が出てきてびっくり。
ジャンルはファンタジーってこと
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

3.0

原作未読。
ミステリーなのかホラーなのか、それ以外のジャンルなのかも分からず。
話もどう解釈していいか分からず。

うみべの女の子(2021年製作の映画)

3.3

原作未読。
13(ドラマ)から気になってる石川瑠華さん目当てで鑑賞。あと中田青渚さん。
小梅フロートも飲みたかったし。

猿楽町もだし今回の作品も石川さんの役が痛々しくて苦しい。自分を満たすために自傷
>>続きを読む

僕たちは変わらない朝を迎える(2021年製作の映画)

3.3

静かな雰囲気で好きな感じだったのにな。鑑賞した自分の感情が動いたという点では観て良かったけど。

言いたい事があるのに言えないのは自分もだから分かる。あとは謎でしかないし
寧々みたいな女性の事は全然分
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

3.6

自分も考える事をやめてしまったら作品の中の人達のようになってしまうのだろうか。

色々思うし書きたい事もある。
だけど、ただただ恐ろしい。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.4

うーん…観るの楽しみだったけど、ちょっと自分の中で期待値をあげすぎてしまったのかな。

そこまで他人の青春とかに感化されなくても良くない?って思いが強く残ってしまった。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.8

何度も観たからか分からないけど、16分と短いけどそれ以上の物を観た気がする。
心臓がバクバクして止まらない…。

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

様々な要素(SFや恋愛など)が入ってるみたいだけど、やっぱり青春映画として観るのが一番しっくりきた。
恋愛映画撮るチームもキラキラしてたけど、ハダシ達も充分キラキラしていたよ~!完全に敵対しなかったの
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.0

クレヨンしんちゃんの映画を観るの初めてだけど、予想以上にすごい面白かった。子ども向けって思っていたけどまさかここまで笑いを堪えることになるとは!
笑いだけでなく、ジーンとくる場面もあって、自分の心にス
>>続きを読む

親愛なる君へ(2020年製作の映画)

3.5

「自分が女性だったら同じ事を聞くのか」
この台詞で自分の中にある偏見を突きつけられた。自分もどこかで主人公を否定的に見ていた事に気づく。
大事な人を守るってどういう事だろう。
どういう事をして、どうい
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.5

原作は以前実況動画を見た事があるけど
白色テロ時代についてなど再度頭に入れて鑑賞。

原作を初めて見た時の事を思い出した。
ホラーは怖いから苦手だけど(この作品にホラー映画としての怖さがあるかは分から
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

3.7

覚悟して観に行ったけど、鑑賞中は過去に受けた自分の傷と重なってしまって、苦しくて時々涙目になりながら観てた。でも自分がもう今はその場にいないだけで、受験戦争やいじめなどは今現在もどこかであるんだよね。>>続きを読む

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

4.3

女性達がそれぞれの持ち味を活かして奔走しているのを観て、「あれだけ女性がいれば足の引っ張りあいとかありそうだ」と思った自分が恥ずかしい…。

女性の立場というか扱われ方は私たちのすぐ身近にもあるし他人
>>続きを読む

>|