もつさんの映画レビュー・感想・評価

もつ

もつ

映画(258)
ドラマ(0)

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

驚いた…ながら見しようとしたことを反省した。なんでこれまで避けてたのか…

ジョーカーの誰も手に負えない悪役感がものすごい。狂気とはまさにことのこと。俳優が撮影後になくなってるのも…

ゲイリーオール
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.4

意外と前作を見ておくべき映画で失敗した…

貧しい労働者に娯楽と希望を与えるディズニー。アニメーションと実写の融合がいい味出してる。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実話なのがすごい……
ただ電車に乗っちゃっただけでこんなに人生変わるなんて。
題名の意味が最後に分かるのも粋。

ただしかしお兄ちゃんショック過ぎるな……

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

どうしても前作と比較してしまう今作。「君の名は。」と物語の構成が似ているなど、ややう〜んというところもあったが、ちゃんとそれなりに面白い。

前作ではRADWIMPSの曲をうまくスタートダッシュ〜着地
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

これはもう完全に完結した。ウッディお疲れ様でした。

この大作を終わらせるには展開のあっさり感はあるものの、所々に重いテーマは散りばめられていてさすがのディズニーという感じ。

それにしても1分に1回
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドヤ顔のゴジラ

巨大生物たちの大乱闘スマッシュブラザーズと化していて、途中カオスだがそれなりに面白かった。
サントラもしっかり日本版のものが使われ、原作リスペクトはさらに強くなっている。

Godz
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.4

え、分からなすぎん……?謎解きなのにまったくスッキリせずもやもや…

「セレブ」「お金持ち」がハリウッドの山に閉じ込められるのは示唆的なものを感じた気がするけど、うん????

やたら臭がられるのはみ
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.7

ぼやっとするような暑い夏と人の死。

身内が亡くなって家族をつなげる。葬式って暗いはずなのになぜか明るいみたいなとこあるよね。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

あ〜〜〜あるよね〜〜〜という感想。
いろんな人がいるけど抱えているもなは意外と同じだったり
メンタルに少しでも自信のない人には共感の塊なのでは

ありふれた身近な人の日常を、綺麗な写真を通して覗いてい
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

映像の作り込みがすごい。マンガチックな表現もちゃんとアニメーションになっている。
いろんなテイストのキャラクターが出てくるんだけど、全体をあの感じで統一してるからこそ、それぞれが浮かないようにできてい
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.4

ええええぇぇえぇ……
重い……終わり方重い……

両極端な世界すぎて生きづらさしかないな。

結局何が言いたいの?恋愛なんて共通点がどうとか抜きにして(恋愛するしない含めて)自由にやろうよ!ってこと?

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

相変わらずのシンメトリーが終始美しいし、日本をテーマにここまで作り込んでくれる映画そうそうないのでは?日本人俳優出まくりなのもびっくり。

これはアカデミー賞取っちゃうなぁ

七人の侍オマージュがかな
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

IMAXという条件付きでこのスコア。ストーリーは噂通り暗いし平坦だし半ば鬱映画の様相。

だがしかし

IMAXのフルスクリーン、無音の静けさで息を飲む月面着陸のシーンがなんとも素晴らしい。無音が10
>>続きを読む

フミコの告白(2009年製作の映画)

3.6

かの有名な。衝撃のデビュー作、じゃない?

漫画にありそうな表現をキレイにアニメにする人だよね。ここから長編アニメ作れるようになるまでに10年かかるのか…

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

大人と子どもの成長の物語。

話の辻褄的にはわけわからんのに、後味切ない不思議なお話。結局お姉さんは何者とか考えちゃいけない。

エンディングの宇多田ヒカルまで作品て感じを出してきて後味より良し。あと
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

意外にリア充なレディバード。母娘のお話。
注意を払うことは愛というセリフにはっとさせられる。

些細なことで喧嘩もするけど、その関係をこの映画の観客みたいに客観的に見られるようになったとき、愛おしいも
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

2.6

天変地異のどさくさに紛れて、今彼が死んで元旦那とよりを戻したわけだけど、それでいいの????

東京オリンピック(1965年製作の映画)

3.5

いだてんの影響で見てみた。

50年以上前の映像がこんなに綺麗にカラーで残っているのがすごい。寄りの映像も多くテレビ中継より臨場感あるかも。

ただコンディション良くないと途中眠くなる

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

見るか相当迷ったけど、前作よりかなり面白かった。相変わらずディズニーアニメのレベルが上がっている。

ラルフがラルフ自身と戦うなんとも哲学的な展開。トラブルに自分も加担しかねないネットの恐ろしさが違和
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.4

あまり理解できない描写が多々あった。(コンディション的に眠くて最初の方寝てしまった)

男の子が好きなのはよいのだけど、個人的には描写の仕方としていちゃいちゃしまくってるのをずっと見せられるとなんか違
>>続きを読む

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

3.6

楽しむには基礎知識が足りなかった。
階級社会だったイギリスだからこその60年代の爆発だったのだろうか。日本は基本的に海外の模倣で育ってきたけど、イギリスは文化の発信源だった国。レベルの違いを感じた。
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

思ったよりも面白かった。イギリスでもワークライフバランスが大切なんだなと思う反面、クリストファーロビンの帰宅時間が9時過ぎだったのにはまだホワイトみを感じてしまった(文化の違いはあると思うので一概には>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.0

重い重いかなりヘビーなスカッとジャパン。
かっこいい松たか子はやっぱりかっこいい。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.9

自分の絵が黙って展示されてたら嬉しいかな?それも何枚も。

面白シーンと真面目なシーンの落差が激しいし、なんなら面白シーンの方が多くて、???となってしまった。

渇き。(2013年製作の映画)

3.1

全部乗せ、大盛り。

時系列を無視していろんなものを差し込んでくるので結構集中してみる必要あり。
最後の展開はちょっと意外だったが、引っ張ってる印象は否めない。その割に一度では理解できない。オダギリジ
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.2

ゆる〜い。変化のないワンカットが長かったりしてゆるゆる。

ユリちゃんはやっぱりモンスターだなぁ。女性陣は自分で何とかやっていけそうなのに対して、みるめ君の弱さよ、、、。

何者(2016年製作の映画)

3.1

就活×演劇×「何者」という原作の妙。

とはいえ結局内容薄いな、、と感じざるを得なかった。ツイッターについて真顔で論じられても冷めてしまう。

烏丸ギンジは桐島君なんですね。

ピクセル(2015年製作の映画)

3.0

確かにこれは映画館で観なくてよかったなぁ〜
最後の山場も意外とあっけない。個人的にはシンゴジラみたいにもっとシリアスにすればよかっただろうにと思った。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.7

カッコいいCGとBGMでノリノリ見られる。CGすごいと思ったらやっぱりWOWの人入ってたか…音楽はサカナクションなのね。

山田孝之と新井浩文がカメレオンすぎてすごい。見た目が普通な小松菜奈にもはや違
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

予告だけ見て気になっていたが、予想の斜め上をいくサイコな展開に唖然。

黒人を集めてるのは力持ちとかの理由があるにしても、身内を乗り移らせる動機はよく分からなかった。結局元の人格を明確に発揮してるシー
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.8

ザ・三谷幸喜、ザ・(勢いのあった頃の)フジテレビ という感じ。
「カメラを止めるな」に近いのというのは確かに。ただ、完成形を見せてから舞台裏を明かすカメ止めの構成のすごさ面白さに逆に気づいた。
結果的
>>続きを読む

雲流るるはてに(1946年製作の映画)

-

字幕なしだったので、そこそこな理解でなんとか見切った。知ってる曲あるかと思って期待してたけど無かった。

最初舞台を映像化したものかと思ったら違ってちゃんと映画だった。タクシーの運ちゃんに語る話にして
>>続きを読む

>|