おみさんの映画レビュー・感想・評価

おみ

おみ

4年前から洋画に目覚め1日1本は観ます。邦画も観ますがここは洋画専用に使ってます。
しっかり観てじっくり考えるのが大好きです!
映画って素晴らしい!

映画(979)
ドラマ(0)

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

3.3

読んでた冊子で、たまたまこの作品が初めて映画でジャズを流した作品、と書かれていて、そこ意識してなかったーーと思い再度観てみた。
ジャズがうんぬんより、やっぱり25歳でこれを撮った監督に脱帽&マイルスデ
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.7

お洒落なダイアンキートン観るための映画です。

しかし、最後はほろっとする。

シネスイッチ銀座にて。銀座のマダム達と共に。
この監督ってキャスティングで勝ってる気がする。

パレルモ・シューティング(2008年製作の映画)

3.1

ヴィムヴェンダースやっぱり良いなぁ。
デニスホッパーの遺作。
遺作であの役って、、、

君のいないサマーデイズ(2010年製作の映画)

3.4

どはまり過ぎる音楽を持ってきている事で、キャラがおかしすぎるこの登場人物達の演技に逆にばっちりハマる。

君のいないサマーデイズのわりに、あまり「君」は尊重されずにながれていく。

全然今のところ褒め
>>続きを読む

ミヒャエル(2011年製作の映画)

-

すごい、淡々と非日常が、日常としてえがかれていて、不穏な空気をなるべく出さないようにしてる、そんなところが不穏。

ラストは、、、普通なら希望をかんじたいけど、どちらにもとれるけど、きっと絶望な気がす
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

tohoシネマズシャンテにて。

私ハマらなかったー

けど最後のお父さんのありがたーいお話的なところはすんごく良くて、あのセリフを紙に書いて持ち歩いておきたいくらい。

今まで観た映画のお父さんで、
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

ユジク阿佐ヶ谷で。

オリジナルの「白い肌の異常な夜」も観たくなった。
ソフィアコッポラの待望の最新作、映像綺麗。話は怖い。
女って、こわい。
ラストが呆気なさすぎて、ビックリ、そして、エンドロール前
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.1

ユジク阿佐ヶ谷で、エルファニング特集で。

いやー!なんじゃこの新感覚!そしてシュール!だけどこれぞパンク!んでもシュール!!
新しすぎるラブストーリー。

マッチ工場の少女(1990年製作の映画)

3.9

観たい人はみなさいよ、というカウリスマキ節が好きだ。
現実と非現実的なハプニングが融合したら人は判断をあやまるのだろうか。


物語としてはわかりやすく、すごく心を揺さぶるシーンとかいつもないのに、な
>>続きを読む

罪と罰(1983年製作の映画)

3.4

罪と罰、カウリスマキが撮るとこうなるのか。26歳でこれを作った監督のその才能にひれふす。
今また撮ったらどう変わるのかがみたいけど、そんな事は邪道か。

モロッコ(1930年製作の映画)

3.0

お客様から借りて。若い時のゲイリークーパーは、この役は北村一輝に似てた。
昔の話のわりには、ラストはちょっと希望あり、、、いや、やっぱ絶望なのかな。
古い映画は戦争を絡めない方が難しいのかな。

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

-

実はまだこの監督のをこれしかみてないけれども、全部興味はある。
ポンヌフ橋の近くについ最近行ったので再度鑑賞

フォロー・ミー(1972年製作の映画)

3.1

なるほど、これはおもしろい切口の作品。
ミアファローは相変わらず個性的な役が似合う。最後も丸く収まって、安心。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.9

映画の日、2本目。
レディプレイヤー1に書き忘れたけど音楽も最高!
で、これ、次々とBill Evans、Simon & Garfunkel、Bob Dylanなどの名曲がながれる。
ジェフブリッジス
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

昨日、映画デーに新宿ピカデリーで。朝一から観てきました。

一言で言ってスピルバーグありがとう!!観た後スピルバーグの歳を確認してしまった。
映画とか、サブカル好きなもののための映画です。サブカルによ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

今のところ、今年の1位は確定した。

ラストシーンは私の映画史にのこる。
スコア5以上

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

-

ちょっとだけイライラしちゃった。

先生、よくやってるよー!お疲れ様!という感じ。

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.4

吉祥寺に新しくできた手作り感満載の映画館で。やっとみれました。

社会問題ともっと絡めてくるかと思いきや意外に普通に猫映画です・笑


可愛い💛

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男(2014年製作の映画)

4.1

あー、ふつうにやっぱすばらしいな、と思い、観た作品はもう一度観たくなり、観てない物を今すぐ観たくなる。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.8

不器用な、とても不器用な芸術家の切なさをヴァンサンカッセルが見事に。

音楽も良い。

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

3.3

なんともいえない空気。
微妙なほんとに微妙な心の動きたち。
男と女
女と女。

なぜだろうね、性別をわけたのは。

ラッキー(2017年製作の映画)

3.1

たぶん、ハリーディーンスタントンにしかこの空気はだせないし、誰がやるかによって、つまんない作品にもなりそう。

ずっと観続けている好きな俳優さんが、お爺さんになってから演じたらグッときちゃいそう。
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

-

この視点からアウシュビッツを描いたのにうなった。

辛かった。
スコアはつけられない

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

4.4

やっぱヒッチコック好き。
なんだろ、最初に犯人わかってるミステリーを面白くするのって大変だとおもうんだよね。それ以外の人物を魅力的にしなきゃ。

ピクニック(1955年製作の映画)

3.9

大げさ過ぎる演技がかなり面白い、話はわかりやすく、妹が良いかんじ!

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.1

ギンレイオールナイトで。

とにかくジーナが凄い演技

ハリーの災難(1955年製作の映画)

4.5

ヒッチコックおもしれーー

色々つっこみながら見れるのが良いわぁ

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

なぜだろう。
完璧なキャスティングなのは。
キャストの顔のしわ一つでも違えば、つまらない映画だったかも。
表情が素晴らしい。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

4.4

大好きで、DVD持ってるんですが、しばらく映画全然観てなくて(って言っても5日間)帰ってきてすぐに、ほんとにすぐに観たのがこれ。
やっぱ好きです。
ちなみに作風はちがいますが、フライトナイト恐怖の夜も
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

TOHOシネマズ新宿にて。
1番前の席で。
クリントイーストウッドは全作品「観たいー」ってなるわけではないので。自分がピンときたのしか観てない。
けど、たぶんみた方が良さそう。
思った映画と違う事が多
>>続きを読む

皆さま、ごきげんよう(2015年製作の映画)

3.7

なんというか、この監督のは、ずーっとつけとけるよ。
エンドレスでながしておいて、シーン、シーンをたまに観て、、みたいな小洒落た事がしたい。

んー映画というか、音楽っぽいというか、

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

4.8

はぁ(о´∀`о)
ほんとに最高なの。
サムロックウェル。
最高なの。

音楽も良い。

>|