おみさんの映画レビュー・感想・評価

おみ

おみ

3年前から洋画に目覚め1日1本は観ます。邦画も観ますがここは洋画専用に使ってます。
しっかり観てじっくり考えるのが大好きです!
映画って素晴らしい!

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

4.4

雨の日曜日
グレムリン観るしかないっしょー!!
ってことで、何度目かの。

やっぱり面白い。好きだなー。
いつまで好きって思えるかなー

無性に観たくなる時があるんですよね。

夏の夜は三たび微笑む(1955年製作の映画)

3.3

女って、、、男って、、、
な作品。
ひとつひとつのシーンが絵になるのはモノクロだからか。
それにしても笑えるシーンが多い愛憎劇。
あんなに可愛らしく旦那様を迎えられたらいいよなぁ。
ちょっと大袈裟過ぎ
>>続きを読む

浮き雲(1996年製作の映画)

4.4

弱った心にカウリスマキ。

いやはや、良かったー。どん底まで突き落とされて、静かに踏ん張り、耐え、でも心に情熱を持ち続けている。

それを押し付けがましくなく、描き、チャイコフスキーも、粋なジャズもな
>>続きを読む

ニューヨーク・ニューヨーク(1977年製作の映画)

4.2

なんでやねん、アホー!とかなりながらラストキューンとするけど、自業自得や!!と、心がかき乱される作品

ダメ男におちるのはわかる。
ダメ男ほど一番肝心な時のセリフや、行動が良いから。

でも、ダメだよ
>>続きを読む

ウィスキー(2004年製作の映画)

-

観るのは2回目。

すごーくたまに観たくなるこの感じ。

この映画にしかだせない空気

3人のアンヌ(2012年製作の映画)

-

なんか、私には新しい感じだった。同じキャストで色々話が何パターンかある感じ。
ちょっとかぶるシーンがあったりなかったり。

不思議

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.6

ゴズリンのをみはじめた頃、これがなくって、DVDとか。気になっていた作品が、K'sシネマでやるときいて即観に行きましたー!!

良い。
ララランドじゃないんです。このダメダメ感の役をやるのがゴズリンさ
>>続きを読む

恋にあこがれて in N.Y.(2001年製作の映画)

-

なんか観てもためにはならないけど、なーんか集中してみてしまうぞ、あれ?と思ったら恋人はゴーストと、マシューマコノヒーのあれの監督だ!あれ!エマストーンがゴーストのやつ。
どちらも好きな作品なので。

並木道(1960年製作の映画)

-

おセンチですな!!
なんか、色々面倒くさい男だけど、男なんてそんなものさ!・笑

雨の朝巴里に死す(1954年製作の映画)

3.0

お客様がDVDかしてくれた。

良いですね。昔の映画も。
美人姉妹!

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

良きかな。

とりあえず、マッチ箱は私も好き!
カップケーキも可愛い!

深いようで深くないようで深い、気がする!!!
あれ?タバコ吸うシーンあったっけ?!
もしやなかったのでは?!!?ジムジャームッ
>>続きを読む

私のように美しい娘(1972年製作の映画)

-

なんともすごいコメディー。

仕方ないさ、惚れたが負けよ

ガラスの墓標(1969年製作の映画)

-

日本の任侠映画、フランス版といった感じ。
とにかくふたりのイチャコラを見せつけられるぜ!
二人とも魅力的だけど、私はポールの座布団グルグルがすき。

兄貴は俺のもんだぜーってな・笑

真夜中の虹(1988年製作の映画)

-

良いです。
じわじわきます。
男の子ずっと顰めっ面だけど可愛いです

アイム・ヒア(2010年製作の映画)

5.0

すごいな。

って思った。

日本人的な気がする。
自己犠牲的な。

ハムレット・ゴーズ・ビジネス(1987年製作の映画)

3.4

いつものカウリスマキと違う。
お金持ってる側の人達を描いてるからかな。カウリスマキの中では纏まりがあって寓話的。
音楽がとにかく良い

フリー・ウィリー(1993年製作の映画)

4.5

キノイグルーさんの野外シネマにて。
本物の海をバックにみました。

自分にとって特別な思い入れのある映画で、実はタイトルだけで切なくなるので、洋画にハマり始めてからもなかなか手に取らなかった作品。
>>続きを読む

あの夏の子供たち(2009年製作の映画)

-

これこそ愛。

身勝手で色々問題をおいて死んじゃった旦那な後始末を文句を言わずがんばる妻。

旦那がまた憎めないキャラ。

ムースの隠遁(2009年製作の映画)

3.4

ラスト、予想通りでした。

オゾンを理解してきたのか、この頃のオゾンがまだ緩いのか。
スイミングプールをこえる衝撃はまだないです。

クール・ランニング(1993年製作の映画)

3.4

ゴールすればわかる。


ちょいちょい字幕付け方おもしろい。キャラが濃いからかな。

自分らしくやるってのが一番後悔しない方法だとは思います。
で!これこの映画の主題歌なのか!

これよくあるパターン
>>続きを読む

秘密は誰かに話すもの(2002年製作の映画)

3.7

これがまたあたりでして、開始10分でひきこまれて。
この色んな人の思い出何重にも重なり、過去未来シンクロする系好きです。

綺麗な顔立ちの方ばかり出ていた。

みんな誰かの愛しい人(2004年製作の映画)

4.0

ムッシュカステラの恋も良かった、こちらも良かったです。
誰も皆、好きな人に優しく接することができるとは限らないとおもう。好きな人にだからこそ甘えが出る。
逆に優しくし続けてくれる人が好きなのか?って問
>>続きを読む

マン・オン・ワイヤー(2008年製作の映画)

-

映画とあわせてみたんですが、私はドキュメンタリー派でした。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

-

よりわかるようにドキュメンタリーのマンオンワイヤーとあわせてみました。

アナとオットー(1998年製作の映画)

-

初フリオ

最後そうなるか!
なんか入り込めない自分がいたけど、また観てみよう。
景色は良い。

ムッシュ・カステラの恋(1999年製作の映画)

3.8

説明できない良さがある。
登場人物がみんな捨て駒になっていなくて、キャラがたってる。
あまりに映画的な映画ばかり見てる人がたまに観ると良いと思う。
良作。

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!(1999年製作の映画)

-

ナンシードリューの監督だからみてみた。やはりテンポ良い。
2人の衣装が可愛い

connie & carla(2004年製作の映画)

3.9

はちゃめちゃだけどよくできてる。
トニコレット大好き

>|