食パンさんの映画レビュー・感想・評価

食パン

食パン

演劇人崩れ。大学生。メモ用。
4.0以上はもっかい観たい映画。

映画(345)
ドラマ(33)

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.5

映画に出てくる小道具、美術、衣装、街並、映画を観るクロエの表情、でっかいものから小さいものまで、あらゆるものがいちいち可愛くて愛おしい。

原作児童文学の、少年少女の冒険物語らしからぬ、謎が謎を呼ぶ展
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

完全にオープニングがクライマックスだった。

謎解き少し難解だったし、爆発し過ぎでおいおいと思ったけど、そんなことは服部平次がカッコ良ければどうだっていいんだ。

シェーン(1953年製作の映画)

2.0

これは『遙かなる山の呼び声』とどうしても比べてしまうのだけど『遙かなる』の方が、断然生活感とかリアリティー感じて人物の心理描写もしっくり来たのは、僕が日本人なのと先に観たせいかな。ドラゴンボール読んで>>続きを読む

ジャッキー・コーガン(2012年製作の映画)

2.5

評価低かったり高かったりマチマチな印象だけど、カッコ良くて好き。

この映画の桐本琢也の安原義人感すごい。

容疑者(2002年製作の映画)

2.0

昔観ましたねえ。
デ・ニーロはマッチョでもないのに、なんでいつもあんなに強そうなんでしょうねえ。顔ですねえ。演技力ですねえ。

フォーカス(2015年製作の映画)

3.0

やっぱマーゴットロビー可愛すぎか。前半のスリシーンがよく出来たコンテンポラリーダンスみたいだし、ドア開けたらウィルスミスが壁に手をついてカッコ良く立ってる姿が安物のポルノみたいで、笑いどころも豊富!>>続きを読む

ザ・ファン(1996年製作の映画)

2.0

やっぱりウェズリー・スナイプスの顔は良いですねえ。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

2.0

この映画は絶対にもう一度観ないと気がすまない。とりあえずPTAの新作観に行くことは決定した。ダニエル・デイ=ルイスが引退すると聞いて悲しくなって堪らず借りて来たのだが、もう凄まじい演技。カメラさえ回っ>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

2.0

滅びの言葉はジュマーーンジ!!!!

新作公開するので観たくなって久々に鑑賞。子供の頃でさえ全く楽しめなかったので、大人になってから観たら悲惨だった。笑いどころがないし今となっては物語に何も新鮮みもな
>>続きを読む

釣りバカ日誌2(1989年製作の映画)

3.6

チャップリンか平田オリザかが、乞食が転んでも笑わないが貴族が転べば笑うだろう、とか言っていた。成程、すーさんは社長だからおかしいのね。

それに、ここでの笑いは、展開や言い回しの面白さなどではなく、ま
>>続きを読む

愛しのロクサーヌ(1987年製作の映画)

3.5

仕事ができて人望もあるが、自身の長っ鼻がコンプレックスで、好きな女の子に中々告白できない純情おもしろおじさんの恋物語。田舎独特のほのぼの感やこの街の雰囲気めっちゃ好き。

この映画には、純情しか出てこ
>>続きを読む

RONIN(1998年製作の映画)

2.5

デ・ニーロ、ジャン・レノ、ステラン・スカルスガルド、ジョナサン・プライス、がフランスで大暴れな映画。あとショーン・ビーンは小暴れ。それだけの映画。でもそれがいいよね。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

2.0

コメディらしいけど、ハチャメチャなだけで笑いどころが分からない。演出が特に残念。古田新太が面白かった。

ひとつひとつのお話が嘘っぽいし安っぽい。下手なドラマ観せられてる感。どうして邦画は安っぽい小綺
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.0

この映画をテレ朝でいつか新録してくれると5年間叶わぬ夢を持ち続けてるのは、わたしだけではないはず!!!

四月物語(1998年製作の映画)

1.5

ほんとに岩井俊二苦手だ。

音楽がなければ観てられないが、音楽がやかましいので観てられない。美しいシーンでも何でもないのに綺麗な音楽流して、気持ち悪い。でもラストのシークエンスは良かった。67分という
>>続きを読む

さよならゲーム(1988年製作の映画)

3.8

これめっちゃ好き。隠れた名作。だと思っていたのに評価低いとは意外!!

野球を通じた男女の恋、男同士の友情物語。女と寝れば連勝が止まる、だから寝るな、とケヴィン・コスナー捕手。分かったよ、とまじめに練
>>続きを読む

ディレクターズ・カット JFK/特別編集版(1991年製作の映画)

3.0

大学の講義きいてるみたいな映画だった。抑えた演出だけども編集のリズムが緊迫感煽るし、最後の演説シーンは不覚にもうるっと来た名作。クレジット観てこの映画は後世に残すべしと強く思ったのは、権力によって隠蔽>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

2.0

期待せずに観たら結構楽しめたー笑。

ぼくはもう大人になっちまったからこれじゃ物足りないけど、子どもの時分ならしんちゃんとシリリがケンカしたり仲良くしたりするだけで十分楽しかったんだろうな。そんなやさ
>>続きを読む

ファンタジア2000(1999年製作の映画)

1.7

ディズニーのアニメーターが新たな?解釈で、アニメーションと古典音楽を融合させる。モチーフは、社会の風刺や人形の冒険、それから有名な 『魔法使いの弟子』まで様々。

テーマも内容も薄っぺらいのだけど、
>>続きを読む

マイ・ハート、マイ・ラブ(1999年製作の映画)

3.0

ロスを舞台に11人の男女の恋愛、人生模様を描く群像劇。吹替が信じられないくらい豪華。彼らのうち誰かひとりの物語をずっと観てるのは退屈だけど、これくらい次々に色んな人間模様見られるのは、なんだか得した気>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

3.3

会話シーンのバックにはヒップホップが流れててチャラいわ、カーチェイスのカメラワークが酔う程ぐるぐる回って気分悪いわで、とにかくイケイケの映画じゃー。

前作のティア・レオーニが好き過ぎて、今作のヒロイ
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

3.5

こんなん日本でリメイクしてほしいやん。名作やん。
テレビスペシャルでいいから観てみたい願望。権利って高いのかな。

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.5

冒頭8分間の路上ダンスで速攻引き込まれる。街行く人が急に踊り出すこれぞミュージカルって感じ。日本でやったら合わないけど、フランスの街並みの美しさとマッチしててベリーグー。

ただ、恋だの運命の人だの少
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.0

古臭い映画かと思っていたら、ハイテンションなミュージカルから始まって面食らう。大事に育てられたひとり娘が、恋した男と結婚したいと願うが、許さぬ母。兵役など様々な障害乗り越え、彼女は幸せになれるのかな。>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

2.5

ディズニー感強い。つまらんつまらんと思いつつ何でか観ちゃうのは、ティム・バートンの呪い。めちゃくちゃカラフルで漫画かお伽話みたいな町に、ピュアなシザーハンズとコメディタッチの醜い人間。奇抜&カラフルで>>続きを読む

遥かなる山の呼び声(1980年製作の映画)

3.5

このシリーズ観ていて勇気出るのは、登場する人物みな冬の寒さにも夏の暑さにも負けず逞しく生きているのが分かるから。画面から溢れ出す生命力。ドラマは所詮虚業だけど人物の気持ちや空気感が、ありありと画面越し>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

1.5

ほんとに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の監督なの?ほんとにジョニー・デップなの?あ、ジョニー・デップだ。本当にあの監督だ。良かった。でもつまんないわ。アクションはかっこいい気がするけどキャラに馴染め>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.0

氷河期の地球、生き残ったのは列車に乗る人々だけ。列車は世界。部品は人類。壊れた部品は取り替えればいい。増え過ぎた人類は殺せばいい。列車のリーダーは乗員の数を調節するため最下層の人間から殺していく。何と>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

2.6

尖った劇作家が初監督したみたいな、センスの塊みたいな映画。

嫌いじゃないしどちらかといえば好きだけど、まだ映画としては洗練されてない感じ。『マグノリア』は最高だったのに何故かね。PTAは観客が置いて
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

3.8

たぶん3回しか観てないけど、20回観たくらい馴染み深い。シンギュラリティより『ターミネーター』の審判の日の方がみんなの共通言語。

ブレイクアウト(2011年製作の映画)

1.5

ニコラス&キッドマン夫婦の家にベンメンデルゾーン扮する強盗が入るサイコスリラー。

『フォーン・ブース』は良かったのに、コメディとスリラーの間みたいな緊迫感と脚本のつまらなさで、90分が5時間に感じた
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.7

この映画のロバート・ダウニー・Jr観てたら、ジャック・スパロウ思い出したわ。台本に書かれた台詞やト書きをここまで魅力的な人物として体現できるロバート・ダウニー・Jrもジョニー・デップも、どちらもエキセ>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

ラストの衝撃。

バッドエンド好きな友達がこの映画は素晴らしいって言ってた。

故郷(1972年製作の映画)

3.8

ぼくらのおじいちゃんおばあちゃん、みんなこうして、生きてきたんだな。

Tempalayが楽曲『革命前夜』で、70年代というのは時代の転換期で、大阪万博やら高度経済成長やら人々に影響与える大きな出来事
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.5

ディック・ヴァン・ダイクみたいなお兄さんになりたい。ダンスも歌も達者で面白くて明るくて楽しくて優しくて、山ちゃんの吹替もすんばらしい。リメイク版は映画館で観ようかな。

>|