inabowさんの映画レビュー・感想・評価

inabow

inabow

身体中がビリビリ痺れるあの感覚を味わいたくて映画みてます!

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.2

完全にノーマークでしたが、結構楽しめました!
1作目みてませんが問題ないです!

爆走する機関車でのクライマックスはなかなか盛り上がりました。さらに、りんご飴、はしご、ヨガなどなど前半のちょっとした小
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

4.0

「薬物、ダメ。ゼッタイ。」では終わらない…
登場人物たちが薬物に手を染めるも、一生懸命になって夢を追うものだからたちが悪い。余計に感情移入をしてしまい、物語の展開やラストがより生々しいものになってます
>>続きを読む

(2006年製作の映画)

4.0

普通のきれいな女優をどうしてあんなに怖く撮れるのか!?これぞ黒沢清監督の職人技!!『岸辺の旅』の感想でも同じようなこと書いてますが、やっぱり凄いですよこの監督は。
特殊メイクをするわけでもなく、
長い
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

2.0

新鮮味も衝撃も特になく…普通~な印象です。
良かったのはデッドプールスーツのデザインぐらいですかね。
ダークヒーロー枠ではあるみたいですが、かといってメチャクチャ悪いわけでもなくゲスいわけでもなく、全
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

3.0

内容はアホだけど作り手の意欲がビリビリ伝わってきます。

iPhoneで撮影してるためかチープ感が半端ないんですが、それがまたこの理不尽で汚ない世界観にマッチしてて企画としては大成功だと思います。
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.5

吉田監督最新作ということでハードル上げて鑑賞。超良かったです\(^^)/

ニッチェ江上の主演映画か!?と思うぐらい存在感、演技、迫力が凄まじい。キャスティングが絶妙です!何か賞をあげないとですね!
>>続きを読む

タイム・オブ・ザ・ウルフ(2003年製作の映画)

3.5

サバイバルムービー!になるんでょうか……

映画が始まったかと思いきや怒濤のイジワル展開で、主人公家族は冒頭から窮地に立たされてしまいます。一体この世界で何が起こっているのか知る由もなく淡々と話は進ん
>>続きを読む

ベラ bella(2015年製作の映画)

2.8

ちょっと大人しすぎた印象。
下ネタ全開のゲスコメディかと思いきや、若干盛り上がりに欠ける普通のラブストーリーでした。

ベラが人形である意味が特にない…
人間でも全然成立するストーリー。
あと人形と人
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.0

矢口作品で一番好きです。
特に大きなドラマも起こることなく、
主人公とヒロインも特に絡むことなく、
それでもここまで夢中で見入ってしまうコメディ映画に仕上げる監督の手腕!素晴らしい!

菅原大吉のクレ
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.8

安定した面白さ。
広いホテルの中で登場人物たちが右往左往する様は観ていて楽しかったです。
役所広司の存在が大きい!良いホテルマンでした。さすがコメディ、ホラー、サスペンス、アクション、順応力100%の
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.5

『ルイの9番目の人生』を観て、アレクサンドル・アジャの作風の幅に驚き、改めて本作ピラニアを観返したくなりました。
やっぱり、とても同じ監督が撮ってるとは思えない…

若者たちのけしからんエロビキニ祭り
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.5

決していい気持ちになれる作品ではなかったです😱嫌な現実にファンタジーっぽく色づけしただけ…重いです…
というかここ最近観た映画の中でもかなり残酷に感じました。

アレクサンドル・アジャといえば『ピラニ
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

関西のお昼のテレビで流れてそうなコッテコテな浪花ムービー。
テレビドラマでええやん…とは思いましたが、たまにはいいもんです。

中井貴一、佐々木蔵之介をはじめとして良い顔したベテランオヤジ(とジジイ)
>>続きを読む

クーキー(2010年製作の映画)

2.9

『クボ 二本の弦の秘密』のときと同様、鑑賞後にメイキングが超見たくなる作品です。こちらはコマ撮りではなくちゃんと人形を動かしています。
とてもよくできてるのですが、いかんせんガチの人形劇なので盛り上が
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.2

『リング』『呪怨』で例の怖いおばさまたちに散々恐怖させられた世代です。イメージ崩壊を恐れて『貞子3D』シリーズとか呪怨最新作とかからは距離を置いていました。
その二人が対決するということを聞いて、ええ
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

設定が素晴らしい。
ちゃんと怖かったですが、それ以上に怪現象はすべてつながっているという感動の方が大きかったです。もっと掘り下げて描いてほしかった!

彼岸島 デラックス(2016年製作の映画)

2.5

栗原類がハマってる!カッコいい!
そして姫の圧倒的ビジュアル!
素晴らしい!!ですが…
すべて予告編で見れちゃいます。
予告編以上のワクワクは残念ながら得られませんでした。
ストーリーはいまいちでもい
>>続きを読む

スーパー!(2010年製作の映画)

4.5

予備知識なしで鑑賞しましたが、よくあるコスプレヒーロー映画の中でも群を抜いて良い!
かわいいオープニングアニメーションから始まり、内容はかなりグロくて『キック・アス』的なノリかなと思いノホホンと観てま
>>続きを読む

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

4.2

1作目『ザ・レイド』の、痛い!危ない!な強烈アクションをしっかり引き継いでいます。

ギャレス・エヴァンス監督は本作の前に傑作POVホラー『V/H/Sネクストレベル』の一編「SAFE HEAVEN」を
>>続きを読む

ザ・レイド(2011年製作の映画)

4.0

ギャングマンションでSWAT部隊が大暴れ!
すごい痛そうだけど爽快なアクションシーンの連続!
超楽しいです!

スプリット(2017年製作の映画)

2.0

ジェームズ・マカヴォイの怪演と顔面に惹き付けられていましたが、時間経つにつれ飽きが来たというか、多重人格者に見えなくなってしまいました。そもそも23人格はやりすぎ。5人格以上いくとさすがに無理が出てき>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

後味悪すぎのラストで有名ですが、クリーチャー映画として十分に楽しめます。序盤、深い霧に町が飲み込まれるところで鳥肌全開…何が襲ってくるか分からない恐怖…よくできてました。

SHINOBI(2005年製作の映画)

3.8

昔テレビ放映されていたのをみました。原作は未読です。
伊賀と甲賀で殺し合えと徳川に命じられ、その殺し合いに駆り出される忍者たちの名前を頭領が読み上げるシーンがあるのですが、このシーン、ワクワクが止まり
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.2

3Dでも4DXでもないですが、しっかり"体感"するアトラクション映画でした!映画館で小刻みに体が動いてしまったのを覚えています。ラストのラストでガクンっとくるあの衝撃が素晴らしい。

娘の話とか暗~い
>>続きを読む

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

3.0

そりゃ堤真一にあんな格好させてあんなことやこんなことさせたら面白いに決まってる。堤真一頼りになっちゃった印象。

主人公シズオの父親役に石橋蓮司をキャスティングしたのはナイス!
シズオ「俺、漫画家にな
>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

3.5

『冷たい熱帯魚』に続くエロ犯罪映画。神楽坂恵のダイナマイトボディがまたもや炸裂しています。
実際にあった事件が元になっていますが、ほとんどコメディになっちゃってます。

役者たちの濃い演技が一番印象に
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.2

上映時間の長さを感じさせない傑作。
序盤のバイク爆走シーンでテンション⤴️⤴️
ブレードランナー感満載のネオ東京の街並み!壮絶にグロくて悲しいクライマックス!狂った宗教団体大行進から、チャッキーもビッ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8

猛スピードで何でもありのやりたい放題の限りを尽くす!目が離せない。
湯浅作品には毎回度肝を抜かれます。
あのどカオスなアニメーションは癖になりますね。
『マインドゲーム』や『夜明け告げるルーのうた』と
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.2

内容からして途中寝てしまうだろうと思ってましたが、89分と上映時間が絶妙だったので鑑賞しました。たまにはこういう映画もいいもんですね。
まずオープニングのクレジットの斬新さに驚きました。そんな凝ってる
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

4.2

クローネンバーグが超能力者たちの対決を描くとこうなった!『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』など定番の超能力映画とは雰囲気がまったく異なり、終始不気味かつ淡々としています。
使用する超能力も
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.8

ライブハウスのグリーンルーム(楽屋)を拠点に敵と攻防を繰り広げながら脱出を試みる。
終盤に主演二人の容姿が変化するのは楽屋ならではという感じでなかなか面白かったです。
暗くてどこが出入口でどこから敵が
>>続きを読む

中国の鳥人(1998年製作の映画)

3.0

雲南の山々が壮大で美しい。
商社マン&ヤクザ&通訳じいさんの雲南珍道中。結局は金目当てのはずであった旅が、ある村の人々と出会ったことで目的は全然違う方向へ。変な映画ですけど良い話です。

たしか石橋蓮
>>続きを読む

邪願霊(1988年製作の映画)

3.6

海外でも量産中のフェイクドキュメンタリーですが、やはり心霊ホラーとなると日本が一番だなと実感できる作品です。
いかにも80年代を思わせるあの低画質が恐怖をより倍増させていました。
規制が緩い時代の日本
>>続きを読む

血を吸う宇宙(2001年製作の映画)

3.5

『発狂する唇』に続く発狂シリーズ第二弾!

宇宙人、霊媒、FBI、カンフー、エロ、インディアン、ミュージカル、阿部寛…何でもありなところは『発狂する唇』と何ら変わってないどころかほとんどコピーやん!と
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

1.3

ポスターとキャッチコピーにまんまと騙された!
こんなん性転換マニアのイカれ女博士VS女体化殺し屋のトンでもブラックコメディアクションと思うじゃないですか!
フタ開けてみたら皆マジメな顔して説明→ドンパ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

1.5

2018年最初の劇場鑑賞になりました。
キングスマン!1作目大好きです!
しかしちょっと今回、、マシュー・ヴォーン監督、、やりすぎちゃってますね。。

アクションは凄いアガるんです!ポップで爽快な音楽
>>続きを読む

>|