inabowさんの映画レビュー・感想・評価

inabow

inabow

身体中がビリビリ痺れるあの感覚を味わいたくて映画みてます!

映画(582)
ドラマ(1)

アバター(2009年製作の映画)

3.5

3Dブームの火付け役と言ってもいい『マトリックス』と並ぶ"映像革命"的作品。本作のおかげでたくさんの"珍"3D映画が世に産み落とされましたね。本作のように3Dが映える作品ならともかく『バトル・ロワイア>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.9

ただエイリアンと戦うだけでなく、引退しMIBの記憶を失った相棒Kとともに行動するという何ともワクワクする展開も組み込まれた見応え十分の物語に仕上がっています。

ヘンテコで胡散臭いエイリアンがたくさん
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

イルミネーションの作品は『怪盗グルーのミニオン大脱走』しか観たことがありません。ミニオン大脱走はそれなりに楽しめましたがディズニー/ピクサーの二番煎じな印象を受けました。ピクサーに喧嘩売ってるひどい描>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

4.0

"なぜ人は人を斬るのか"
人が人を殺める恐怖を描いた『野火』につながる物語。

鉄が打たれる音と焼ける音が大爆音で響き渡る冒頭の刀鍛冶シーンでもう既に圧巻。塚本作品としては初の時代劇となりますが、ど
>>続きを読む

富江 アンリミテッド(2011年製作の映画)

3.8

不死身の女・富江が姿かたちを変えながらどんどん増えていく話。

富江……絶世の美貌をもち、なおかつ妖艶さ、怖さ、気色悪さを兼ね備えていなければならない難しい役どころ。それを仲村みうという女は余裕でやっ
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.6

死の運命に付きまとわれる登場人物たち!残酷ピタゴラスイッチの応酬!ファイナルデスティネーションシリーズ第3作!

遊園地のアトラクションがまるで拷問器具のように映し出されるオープニングからして見事。遊
>>続きを読む

V/H/S シンドローム(2013年製作の映画)

3.2

何でもありPOVホラーオムニバスのVHSシリーズ第1弾。
シリーズ3作中いちばん影が薄い印象。しかし、全編Skype映像の話は必見。Jホラー的な演出が映えていて怖い上に笑いもあるというバランスの取れた
>>続きを読む

レック2(2009年製作の映画)

4.2

出口のないお化け屋敷をさまよってる感じ…怖い!でも楽しい!前作『REC』より断然良くなっております!

ドドドドドドド!…と足音が遠くからどんどん近づいてくる演出が素晴らしく怖い。近年だと『パラノーマ
>>続きを読む

真夜中の弥次さん喜多さん(2005年製作の映画)

3.8

宮藤官九郎の初の長編劇場用映画。
映画っていうか長編コントのよう。

ちょい役でいろんな役者が顔を出していて、結構贅沢してますね。

とにかくやりたいこといろいろ詰め込んだろ!という勢いが伝わってきて
>>続きを読む

ミヒャエル(2011年製作の映画)

3.5

自宅の地下室に少年を監禁している小児性愛者・ミヒャエルの話。

キャスティングディレクターとしてミヒャエル・ハネケのもとで働いていたマルクス・シュラインツァーがハネケに背中を押され撮った1作。やたらと
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.9

007シリーズ最高傑作との評価もよく聞く本作ですが、たしかにストーリー、ボンドガール、ヴィラン、オープニングテーマ、どれを取っても最上級ではないかと思います。

タイトルにもある「スカイフォール」とは
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.0

ゾッとするところも結構ありますが、印象としてはめっちゃ笑える楽しいホラー映画。

クライマックスが秀逸。おじいちゃんの繰り出す必殺技と、気が狂いだす弟に注目です!いやークソ笑ったー。

メメント(2000年製作の映画)

5.0

難解…っていうかそもそもこの物語を紐解くことが可能なのかもどうかも分からない。何度観てもスッキリしない。いろいろ考えてもスッキリした答えにたどりつけない。モヤモヤする。

…でもこれこそが映画の面白さ
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.2

"地獄"を舞台にした映画って最近なかなかないので嬉しいです。スタッフがせっせと地獄のセットを組み立ててるのを想像すると微笑ましいです。

クドカンよ…こういう作品でこそ三池崇史と組んでやってほしかった
>>続きを読む

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

3.4

原作未読ですが内藤監督ということで鑑賞。予備知識ありで観たほうがよかったか。そもそも"光クラブ"は何故ゼラが支配することになったのかが分からない。それゆえに何で皆がそこまでゼラを崇拝し恐怖するのかがよ>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

4.0

イーライ・ロスといえばコレ!

女目当てで旅行中の大学生たちが、ひょんなことから謎の組織に監禁され散々な目に遭う話。

ただのグログロ血みどろホラーで終わっていないところが好感を持てます。異国の地に取
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

3.9

イーライ・ロス製作の悲しいホラー😢
なかなかの良作でした。

息子の誕生日にサプライズでピエロの衣装に着替えたお父ちゃん。ところが、服も脱げないカツラも脱げない赤鼻も取れない…それどころか衣装がどんど
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

シリーズ第1作でありシリーズ最高傑作。当時初めてみたときの衝撃がずっと残ってるからでしょうなあ。『アズカバンの囚人』以降の作品を観ると、本作と『秘密の部屋』を観返したくなる。

コメディの鬼才クリス・
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.9

前作よりもいろんな意味で勢いが良すぎて笑えました。

エージェント大量発生のカオスな無双アクションシーン素晴らしい。
廊下でごった返すエージェント軍団がかわいくて素晴らしい。
ザイオンの超巨大工場のよ
>>続きを読む

の・ようなもの(1981年製作の映画)

3.7

最後まで特に何も大それたことは起こらない青春エロコメディ。

森田監督の傑作『黒い家』にチラッと出てきた給付金不正受給のムカつくデブオヤジが主演とは!若くてさわやかになってしまって…
でんでんも円楽も
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.9

最高の一言。2時間があっという間。
昔は金曜ロードショーとかでよく放映されていましたがあのピエロが怖くていつも序盤でギブアップしてたのが懐かしいです。

謎の企業CSRが提供する"ゲーム"に参加するこ
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

世間に「映像革命」とまで言わしめた伝説の名作!
…今となっては見慣れてしまったこともあり、アクションシーンにおけるVFXは昔と比べて見劣りしてしまうという悲しい現実。しかし!現実と思っていた世界が実は
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

4.0

暴力怖い…では終わらない、ヘタすりゃホラーとも取れる鬱映画。

ベイビーズのメイン3人が皆頭おかしい。それぞれが異なる狂気をはらんでいます。
主人公の力に魅了され狂喜乱舞する菅田将暉。
追いつめられた
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

2.4

怪作『Mr.タスク』にチラッと出てきた生意気コンビニ店員のスピンオフ的作品。ジョニー・デップの娘と本作の監督であるケヴィン・スミスの娘がW主演してます。

うーん微妙…(*_*)
同監督の『Mr.タス
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

3.8

注目すべきは何といっても大勢の女子高生が一斉に線路へ飛び込み、自殺を図るオープニングシーン。ビデオでみたとき、その画像の粗さも相まってとてつもない恐怖とショックを味わいました。近年の園作品でいうと『リ>>続きを読む

大日本人(2007年製作の映画)

3.2

松ちゃん映画の中で一番好きです。
特撮ヒーロー好きからすれば、ある程度ワクワクするような展開が割とありました。単純に、次はどんな敵が出てくるのだとか、誰が演じてるのだろうかとか、どのようにして戦うのか
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

4.0

逃げ道なしのホラー映画。
よく出来ていました。

"バイバイマン"
この名を知ると必ず死ぬ。
そもそもバイバイマンとは何者なのか。人を死に追いやる存在であることは確か。悪霊?悪魔?人の意識に巣食う化け
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

最も残虐な悪!…てな感じでもなかったです。殺伐とした内容かと思ってましたがどっちかというとコメディ寄りな印象。人間とエイリアンのバディムービーってな感じで、グロも抑えめでシンプルに笑って楽しめました。>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.9

何度観ても見応え十分のSFコメディ。

内臓をすべて食われ皮だけになる人間、大量のゴキブリ、飛び散るネッチョネチョの液体…汚ないけど強烈な印象として残る名シーンの数々。

ヴィンセント・ドノフリオの怪
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

2.6

斎藤工のゲス不倫現場のシーンがピークで、他は退屈でした。

滝藤賢一の役は出てきたときはクセのある嫌なやつで、物語にどう絡んでいくのかワクワクしてたんですが…うーん、空回りしてました😱

キラキラ輝い
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.0

レザーフェイス…なんて魅力的なキャラクター!不気味なマスクとデカい屈強な体、チェーンソー持てば無敵のレザーフェイス君。しかし、ドジ踏むと頭をかかえて焦り、ごめんなさいと言わんばかりの悲しげな声を出し、>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.1

敵も味方もアホばっかのユルユルアクションコメディ。
クライマックスのデタラメ具合とか、主演がローワン・アトキンソンじゃなかったら大スベリしていたでしょう。

よく喋るローワンは見ていて違和感が半端なか
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

個人的にジブリ最高傑作。
何回繰り返し観ても、最後まで画面に釘付け。壮大な世界観と音楽、鮮烈で容赦のない描写の数々に圧倒されっぱなし。

人間vs神という構図がまたグッとくるし、それぞれの立場が上手く
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.0

ある日突然、"心"を持ってしまったラブドールの物語。ラブドールがちょこちょこ歩き、言葉を喋り、恋をする…日常をそのまま切り取ったようなリアルなドラマが多い是枝作品の中でもひときわ異彩を放つファンタジー>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

言わずと知れた名作。
流行りましたねータイタニックポーズ。

これぞパニック映画の金字塔!ラブストーリーの印象はほぼありません。子供のときにテレビで観て恐怖と興奮を覚えました。さすがジェームズ・キャメ
>>続きを読む

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

3.8

極彩色の中島哲也ワールドが炸裂しております。

ある病院での話。1日しか記憶を保てない少女のために、嫌われ者の頑固ジジイの粋な計らいで、その少女が愛読している絵本の演劇を患者や医者を巻き込んで披露する
>>続きを読む

>|