inabowさんの映画レビュー・感想・評価

inabow

inabow

映画(823)
ドラマ(3)

実録・安藤昇侠道(アウトロー)伝 烈火(2002年製作の映画)

4.2

いや~笑った!
まさかAmazonプライムで観れるとは!
カッチョいいオープニングが明けたと思ったら、「と、取れた…(驚)」って…何じゃそのセリフ笑。三池ワールド炸裂すんの早っ!(何が取れたかは観ての
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.5

逆立ち死体見たさに鑑賞。一歩間違えればギャグになってしまいそうな描写だけど心底不気味で怖かった。「面白いことしてるわねぇ…」のセリフも効いた!
あと坂口良子が可愛すぎてビックリした。

クリスティーン(1983年製作の映画)

4.0

1ヶ月ぶりの映画鑑賞はめでたくジョン・カーペンター大監督の傑作で!

意思を持った殺人車のお話ですが、一歩間違えればコメディもしくはB級モンスタームービー(『マングラー』が良い例ですね!)になってしま
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

3.9

この作品で伊藤沙莉に完全にはまった!学生、ヤンキー、ギャバ嬢、カルト教員、何を演じても芯が通っていて彼女の健気さが伝わってきました。浅草氏で知って少年声の女の印象しかなく、正直顔がそんなに好きではなか>>続きを読む

コリアタウン殺人事件(2020年製作の映画)

3.0

好物のフェイクドキュメンタリーがAmazonに転がってると聴いてウキウキで鑑賞。

それなりに不気味でまあまあ面白かったです。79分というのも丁度良い。
"ある事件"に深入りするととんでもないところに
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.6

ハビエル・バルデム!マジこえー!
ただでさえ淡々とテンポよく進む物語に、この男の存在によってただならぬ緊張感がプラスされて、もう2時間があっという間!
あの奇妙な話術が怖い。催眠術ともとれる売店での店
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

2.8

のっけからマンガみたいなグロ大炸裂でイヤ~な気分。

部屋の色は特に関係ないんかい!

終盤にある人物の"能力"が明らかになるけど、、都合良すぎね??←これにはかなりガッカリ。どうやってこのピンチを切
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

愉快かつ爽快!
スプラッターホラーコメディ調で物語は進行し、クライマックスでしっかりポリスアクション炸裂!やりたいコトを詰め込みまくった意欲作。コルネット3部作で一番好き。
ティモシー・ダルトンの圧倒
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.2

ほぼ1ヶ月ぶりに映画みたこともあってか、のっけから神BGMデンデンデンデンデンデンでテンション爆アガリ‼️🦈

さすが名作、面白いなー。
ラスト50分はずっと小さな船の上。サメとの攻防、小休止、また攻
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年製作の映画)

4.3

名作。のっけからスピーディーなスパイアクション!銃撃戦!スカイダイビング!何度見ても無駄のない素晴らしいオープニングですね。
有名なトイレのシーンは、そのくだらなさに笑わされると同時に野原夫妻の息子へ
>>続きを読む

DOOR III(1996年製作の映画)

3.4

あ、そこにいる…
得体の知れないものが遠くの方に佇んでいるのに、登場人物はそれに見向きもしない上に、それにカメラがズームすることもなくシーンが終わる。自分の見間違い?通行人?それとも、本物…?と不安な
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

4.7

大卒ニートのグータラ女、タマ子が人生の一歩を踏み出すまでの日常を描く。日常風景を切り取って、ましてや"人生"を描いた映画なんて大概長尺ですけど、本作はそれを78分という僅かな時間に上手~く凝縮していま>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

1.9

麻生久美子はかわいいけど…
ウザい、ウザすぎる。。やたらとギャーギャー喚くんじゃないよ!

コメディと言いながら、残念ながら笑ったところはほぼ無し。蛇口のくだりはくだらなすぎて微笑ましかったですけど。
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.4

家出少年ふたりが盗んだパトカーで走り出す。
アメリカの静かな大平原をパトカーがちチョロチョロ走り回る光景はシュールかつかわいい。
いろいろと説明不足な点がありましたが、ケヴィン・ベーコン演じる保安官が
>>続きを読む

地球防衛未亡人(2014年製作の映画)

2.4

特撮エロ茶番劇!
河崎節炸裂。いい感じにしょうもない。
壇蜜のセクシーショットが中途半端(腹回りばっか笑)で、あれではファンも興ざめでは?

都知事「良純ってのは何であんな気持ち悪い顔してんだ?親譲り
>>続きを読む

グレイトフルデッド(2013年製作の映画)

3.4

戦争だぁぁぁぁぁぁ!!!💢
笹野高史、咆哮!!

前から気になってた作品で、先日観た『アカルイミライ』での笹野高史の怪演をみて本作を観たくなりました。サイコパスお姉さんにあんなことやこんなことまでされ
>>続きを読む

極道黒社会 RAINY DOG(1997年製作の映画)

3.6

三池監督らしい、男臭~い作品。
黒社会シリーズ2作目。このシリーズは三池流悪趣味演出が比較的少ないですが、本作はほぼ皆無(トモロヲの放尿シーンぐらいか。。)な上にストーリーも分かりやすくてとても観やす
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

2.3

突っ込みどころ満載。
登場人物たちの行動に納得いかないことがたくさんありました。
特に終盤、トムがティム・ロビンスの家に隠れてからがひでぇ。あんな危険な場所に娘を一人置き去りにすな!しかも目隠しまでさ
>>続きを読む

アカルイミライ(2002年製作の映画)

4.0

アカルイミライ…
キラキラした青春映画かと思いきや、黒沢監督なのだからもちろんそうとはいかず、終始黒みがかった暗い世界観で物語は進行します。希望とも絶望とも取れるラストカットが印象的。アカルクなってほ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.3

評判が良いのでウキウキで鑑賞。
ポップなループもの映画。
怖くは、、なかったかなー。

序盤はめっちゃ嫌いだった主人公の女がループするうちにどんどん勇ましくなってきて印象がガラッと変わります。『ゾンビ
>>続きを読む

牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-(2018年製作の映画)

3.4

くっきーのホラーっぷりを堪能したく鑑賞。
アクション頑張ってましたね。
まさか「ごまっごまっ♪」が聴けるとは笑。

牙狼作品はテレビシリーズ第1弾~第2弾、劇場版第1弾のみ鑑賞済みという、シリーズ全体
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

4.0

男女が集まる序盤のあの絶妙な気まずさがたまらん!
男女が入り混じった空間で、女子だけで話が弾んで男子そっちのけ状態になったり、その空気に耐えかねた男子のとる行動とか、見ているこっちも超気まずい!このイ
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

1.9

めっっっっちゃ期待はずれでした!
"移動型都市"、"都市が都市を喰う"とか言われたらそりゃ胸踊りますよ。もうストレートに大大大好きな題材。こんな題材なら、巨大都市同士がぶつかり合って車や電車がポンポン
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.4

家族からも会社からものけ者にされてる可哀想なオヤジが宇宙人(?)にキャトルミューティレーション(?)されてハイテク版鉄男みたいになる話。

監督は名作『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。その作品群は当た
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

4.0

松田龍平がとにかくヤバい…
男を惹き付ける、あの妖艶さたるや…
当時16歳、正直セリフ回しがぎこちなかったりするのですが、そんなのどうでもよくなるぐらい、その存在に惹き付けられてしまった。。危ねえ俺…
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

マクドナルドにこんなえげつない歴史があったとは。

マクドナルド創業者であるマクドナルド兄弟が野心家セールスマンにボコボコにされる話。セールスマン、レイ・クロック役のマイケル・キートンのいけ好かない演
>>続きを読む

マザー(2014年製作の映画)

2.9

Amazonプライムサーフィン中に片岡愛之助の鋭い眼光にノックアウトされ、ついつい鑑賞。

なんと!楳図かずおの初監督作品!
代表作「漂流教室」で幼い日の僕に多大なトラウマを植え付けた最恐漫画家がつい
>>続きを読む

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

4.8

「ええケツしとるの~う♥️」
山守親分の第一声が胸に響いた笑。もうこのエロ親父のエロ名言が聴けるのも本作で最後になってしまうのか…

社会のヤクザ非難が激しくなる時代に入り、このままではいかんと武田親
>>続きを読む

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

4.9

面白い~。久々のこのシリーズ。前作の代理戦争を観たのがほぼ1年前という…こんな面白いシリーズをほったらかしにしてたことが悔やまれる。本作では前回までのあらすじをオープニングで分かりやすーく追ってくれる>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

2.8

ダンボールパイプ、ダンボールツインカッター、ダンボール歯車…
美術や小道具は最高!

でも話は面白くない!
テンポも悪すぎ!
ギャグがまっっったく笑えない!
もったいない!

こんなに長くする必要はま
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.8

面白い!
良い意味で裏切られるラストが最高!←映画冒頭の松坂慶子のナレーションが伏線としてよく効いてて上手い!

平田満も風間杜夫もぶっ飛んでますね。前半、平田演じるヤスが次々とスタントの仕事をこなし
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.0

アレハンドロ・ホドロフスキーの自伝映画。いやー、強烈。ていうか男どもが皆ポンポン脱ぎすぎモザイクかかりすぎですごい萎えた。この監督の作品は『エル・トポ』と『ホーリー・マウンテン』(寝落ちして記憶なし)>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

4.8

すごい久しぶりに観ましたが、こりゃ泣きますわ。。
…これの前作が大名作『オトナ帝国の逆襲』て…今考えてもすごい並びですね。10年に一度出会えるか級の名作が立て続けに公開されてたこの頃に戻りたい…なんて
>>続きを読む

HAZE ヘイズ(2005年製作の映画)

3.2

嫌な描写満載の体感映画。

鉄と歯のギリギリ音とかマジ勘弁。鉄の味が口いっぱいに広がるよう。『鉄男』の序盤にも鉄を咥えてギリギリやるシーンありましたが、塚本監督は本当に鉄が好物なようで。
ハンマーも地
>>続きを読む

六月の蛇(2002年製作の映画)

3.9

自慰行為を男に激写されたりん子は、写真をばらまくと脅され、男のエロ注文に仕方なく応えていく。

最初の方は退屈でしたが、りん子の夫が絡んできてからジワジワと面白くなっていきます。塚本晋也の下半身から伸
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

2.9

いい話でしたが、ありきたりな感じもしました。こういう内容の作品は男泣きするためにみるもんですが、泣くことはなかった…

問題アリなジジイと隣人の交流を描いた男泣き映画といえばなんといっても『グラン・ト
>>続きを読む

>|