emediaさんの映画レビュー・感想・評価

emedia

emedia

劇場で観る楽しみは自分にとっての贅沢のひとつ・・

はじめて劇場で観た作品は
親に連れていってもらった「スヌーピーの大冒険」

はじめて友達と観た作品は
中学生のくせに「もう頬づえはつかない」

映画に詳しいわけではありませんが
映画を劇場で観ることが大好きです

重要なのは大きなスクリーンで観ること

人生の9割が勢いとノリで生きています

映画(671)
ドラマ(0)

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.9

たったひとつの失敗で全滅するような100%の生き方は難しいのヨ

IQをひけらかすキャリーに悪意はない
だって本物の天才なのだから・・ね
でも薄々は気づいているのヨ
何か違うのは誰のせいでもないって・
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

まともではないという完全性を味わう
NGはnonsense goodであれば気味がいい

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.8

グリムか?イソップか?アンデルセンか?と問われたなら「おとなのアンデルセン」と答えるだろう

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.8

母親が正気を失っていく日々は移ろいでいるのに
暖かな陽射しだけが同じように家族を包んでいる
人は老いていく中でもゆずれないものがある
わが子の命は永遠だと信じていたい
自分のあとに生きていくものだと思
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.8

心の闇は奥深いところに潜んでいるもの
ぶっ飛んでいるバーバラには寄りつく友達もいない
「巨人」という魔物を迎え撃つ気が満々のバーバラ
いったい何が「巨人」を怒らせているのか?
向かい合った「巨人」の意
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.9

真実が浮かび上がるたびに沈めようとする「悪」がある
ほんの海の向こう岸で30年前にあった哀しみ
国を分かつとは?どういうことだろう?
対立する民族・思想が互いを排除するために
あらゆる手を使い命をも奪
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.4

銃弾(タマ)は大切に使うって教えてもらった
ボーリング(タマ)は役に立つって教えてもらった
狙うなら止め(タマ)を刺せって教えてもらった
ブルース・ウィリス先生ありがとうございます✨

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.8

息子の戦死を告げるメッセンジャーに失神する母親
茫然と立ち尽くす父親の姿を綿密に伝えようとするのか?
足元と頭上からのカメラワークに何とも言えない不安感を煽られる
家族に哀しみが広まりつつある中で
>>続きを読む

アジア三面鏡2016 リフレクションズ(2016年製作の映画)

3.4

『SHINIUMA Dead Horse』
監督:ブリランテ・メンドーサ

マニラから日本へ出稼ぎ30年
強制送還で祖国の地を踏むが
妻子を棄てたと言われる男に
もう戻る家はない
馬と共に生きてきた男
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.9

十代の遠慮のない素直な気持ちが絶妙な描写となっている
友達との関係も踏みこみすぎないところがいいね
貧富の差っていうのは露骨なくらいが救われる
拒絶する勇気も抗う建て前も綺麗ごとではないから
余計に正
>>続きを読む

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

3.9

リアムがナタリーと出逢うレコード店のシーンがいいね✨
大好きな「blur」のレコードを選んでいる女の子?もう気になって仕方がない!
リアムの猛アピールに引き気味のナタリーも
アーティストとしての夢を語
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.8

瞳は光を失ない光を取り戻し光を閉じこめる
この愛を独り占めするには赦されない闇があり
全ては抑えきれない嫉妬が邪魔をする
ジェームズにとって自分だけを求めるジーナでなければならない
光を取り戻し誰にも
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.4

かつての同士が守り抜いた闇は終わっていない
藩の不正を暴き国を追われた新兵衛が
亡き妻の願いを叶えるために
深い情念を再び沸き立たせる

四天王のみがつかう剣の技
この切り口から疑いは4人の男に
ただ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

「きのう」は手が届かないと思っていた「あした」は「きょう」は素敵な日になっている
赤い風船があると幸せなんだ!君は違う?
違わないヨ!プー!君の言う通りだヨ!!

エンドロールで涙を拭ったヨ

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

果たして「終わり」はくるのだろうか?
得体の知れない何かに狙われるという恐怖に
ただ脅えているだけでは生き延びることは難しい
終始において手話も交えたトークに息をのむ
母が子に伝えるのは成長する意味
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.8

異端どころか!音楽を纏った華麗なる悪魔だった!
冒頭のメッセージが観るもの聴くものへの
強烈な挑戦状のようだと構えていると
本当は華麗なる旋律への招待状だとわかる
音楽は体全体で受け止めるもの
だから
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.9

この結果を知っている筈なのに息が詰まって苦しい
死闘のタイブレークでは二人の精神状態にも迫る想い

紳士・超人・クール・マシン・王者・レジェンドと呼ばれるボルグ
反抗者・粗暴・悪童・馬鹿息子・赤ん坊・
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

ゆらゆらした3人が各々に悩みながら寄り添う生活
確かに人間関係って糸が絡むように複雑で
誰かが早々に結び目をほどかないと
最終的には切ることにもなる
「誠実」って思われると信用されるけど
本当は息苦し
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

3.8

ままならぬ想いの突破口は自分で切り開く勢いのみ!
何もかもが中途半端で思うようにいかない
うだうだ言っても家族だから許せるって?
違う!家族だから苛っとさせられる!
だから正直に言えばいいのに
我慢だ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

あからさまに本能に生きることを卑しいとでも凄まじいとでも責めたいが
実に申し訳ないくらいに「安定」と「危険」の間で宣う朝子を放免したい気分になる
二人の親友が放つ言葉は両極端にも思えるが
実のところ女
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.8

いつも通りの一日を飛びこえても届けたい原稿がある
大好きな「スター・トレック」脚本応募の締切を控え
姉(オードリー)からの言葉にショックを受けるウェンディ
もう締切に間に合う手は「持っていく」のみ
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.8

「息する」ことが「生かされる」ことから「活きる」ことまでに・・
この日々をロビンが笑顔で訴えている

ひと息ごとに楽しい日々がめぐり
ひと息ごとに美しい明日が待っている

お嬢さま育ちのダイアナに正に
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

人間には逃避する勇気と逃げ場が必要なのである
何でも達成することが美徳という生き方には弊害が伴うもの
マーロがタリーを受けいれるまでに時間が掛からなかったのは?

自分を知ってほしい気持ちを堪えると
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.8

男も女も己に都合のいい相手を捜し求めて
不都合なものは記憶からも消したい
特に女性は顕著であって綺麗な部分のみ記憶に置きたいものである
なぜなら嫉妬を超えるものは更なる嫉妬だから
ここでいう不都合なも
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.8

幾つかの幾つものサムシング・ブルーがある
大切に想うが故に告げられない気持ち
青い空に青い海
ここに青い心が加われば流されるように足掻くだけ
不確かを確かめる二人は
「本当のことは言えない」が答え
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

華麗なる「トゥーサン」強奪の裏側にある超ゴージャスなおまけ✨
「女」という魅力ある武器に勝るものはないね
ここ!というときには尻ごみする男を手玉に取って
運び屋や死角になって頂けるのは非常にありがたい
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.8

このクラスにはダウドの人生では感じ得なかったものがある
教室を覗きこむのはバイオリンの旋律に惹かれるアーノルド
純粋で努力家で泣き虫な男の子は
いつの間にかクラスの中心となって皆をまとめていく

合同
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.8

失敬で滑稽で傲慢な男達に盛大なる失笑を捧ぐ!
スターリンの跡目を継ぐのは?この国を揺るがす局面に誰もが乱心する
大規模な椅子取りゲームの椅子は壊れやすい

日本のどこかでも同じような責任の押しつけ合い
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

ベンジー(サイモン・ペッグ)が最強に絶妙に役に立つ?!
「絶好調だったのに」と言われたって・・
なぜ?回っている?2Dに振り回されても

あのトイレの男性は何とも強すぎるヨ

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.9

どうして人は死ぬの?病気になると血が出るの?痛いの?死ぬ時に何を言ったの?
フリダの中で抑えた悲しみが
なぜ?どうして?と問いかけになって
ひとつひとつを教えられては覚えていく
だから知りたいことがあ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

自然と口ずさみ頭が肩が足が体が反応する作品✨
立ち上がっていいなら!踊っていいなら!叫んでいいなら!
・・と浮き上がる腰を抑える114分は?あっという間!

個人的に
アンディ・ガルシア
コリン・ファ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.8

虫酸が走る怒りと哀しみに追い立てられる二人
意図に沿わない証は払い除け罪へと導かれる
固執するものは果たして正義の上にあるのか?
逃れようとする人間が突きつめる終末の声に
誰も手を差し出せずに向こう岸
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.8

誰もが幸せを感じられたなら本当にハッピーウェデング✨
ウェディングプランナーからの引退も考えていたところに
古城での豪華絢爛な結婚式を任されるマックス
我儘勝手なスタッフに振り回され思い通りには運ばな
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

充分に堪能✨
ばんっ!
びゅんっ!
ぼんっ!
だっ!
ぎゃっ!
げげっ!
ほぼ擬音と効果音で
だってデップだからいいの✨

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

ありったけの遠慮のない言葉を投げるという純真
本音を隠さずに接することで傷つき傷つけて
ここで何が問題なのか?を考えさせるのが大人の役目
強い心と優しい心を育てるために学校があると思いたい
オギーが怒
>>続きを読む

>|