emediaさんの映画レビュー・感想・評価

emedia

emedia

劇場で観る楽しみは自分にとっての贅沢のひとつ・・

はじめて劇場で観た作品は
親に連れていってもらった「スヌーピーの大冒険」

はじめて友達と観た作品は
中学生のくせに「もう頬づえはつかない」

映画に詳しいわけではありませんが
映画を劇場で観ることが大好きです

重要なのは大きなスクリーンで観ること

人生の9割が勢いとノリで生きています

映画(647)
ドラマ(0)

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.8

男も女も己に都合のいい相手を捜し求めて
不都合なものは記憶からも消したい
特に女性は顕著であって綺麗な部分のみ記憶に置きたいものである
なぜなら嫉妬を超えるものは更なる嫉妬だから
ここでいう不都合なも
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.9

幾つかの幾つものサムシング・ブルーがある
大切に想うが故に告げられない気持ち
青い空に青い海
ここに青い心が加われば流されるように足掻くだけ
不確かを確かめる二人は
「本当のことは言えない」が答え
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

華麗なる「トゥーサン」強奪の裏側にある超ゴージャスなおまけ✨
「女」という魅力ある武器に勝るものはないね
ここ!というときには尻ごみする男を手玉に取って
運び屋や死角になって頂けるのは非常にありがたい
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.9

このクラスにはダウドの人生では感じ得なかったものがある
教室を覗きこむのはバイオリンの旋律に惹かれるアーノルド
純粋で努力家で泣き虫な男の子は
いつの間にかクラスの中心となって皆をまとめていく

合同
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.8

失敬で滑稽で傲慢な男達に盛大なる失笑を捧ぐ!
スターリンの跡目を継ぐのは?この国を揺るがす局面に誰もが乱心する
大規模な椅子取りゲームの椅子は壊れやすい

日本のどこかでも同じような責任の押しつけ合い
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

ベンジー(サイモン・ペッグ)が最強に絶妙に役に立つ?!
「絶好調だったのに」と言われたって・・
なぜ?回っている?2Dに振り回されても

あのトイレの男性は何とも強すぎるヨ

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.9

どうして人は死ぬの?病気になると血が出るの?痛いの?死ぬ時に何を言ったの?
フリダの中で抑えた悲しみが
なぜ?どうして?と問いかけになって
ひとつひとつを教えられては覚えていく
だから知りたいことがあ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

自然と口ずさみ頭が肩が足が体が反応する作品✨
立ち上がっていいなら!踊っていいなら!叫んでいいなら!
・・と浮き上がる腰を抑える114分は?あっという間!

個人的に
アンディ・ガルシア
コリン・ファ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.8

虫酸が走る怒りと哀しみに追い立てられる二人
意図に沿わない証は払い除け罪へと導かれる
固執するものは果たして正義の上にあるのか?
逃れようとする人間が突きつめる終末の声に
誰も手を差し出せずに向こう岸
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.8

誰もが幸せを感じられたなら本当にハッピーウェデング✨
ウェディングプランナーからの引退も考えていたところに
古城での豪華絢爛な結婚式を任されるマックス
我儘勝手なスタッフに振り回され思い通りには運ばな
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

充分に堪能✨
ばんっ!
びゅんっ!
ぼんっ!
だっ!
ぎゃっ!
げげっ!
ほぼ擬音と効果音で
だってデップだからいいの✨

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

ありったけの遠慮のない言葉を投げるという純真
本音を隠さずに接することで傷つき傷つけて
ここで何が問題なのか?を考えさせるのが大人の役目
強い心と優しい心を育てるために学校があると思いたい
オギーが怒
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.9

衝動的に発したと思われる言葉が深い意味を甦らせる
哀しみも憎しみも抑えた二人の人生とは?
ここはレバノン・ベイルート
トニーとヤーセルの些細?な口論が国をも揺るがす裁判に・・

和解するようにと説得す
>>続きを読む

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

3.4

自然とは人間ごときの力ではコントロールできないもの
時には尾根が両手を拡げるかのように誘い迎えいれ
ある時は険しい頂が拒むように悠然と立ちはだかる
人の心を惹きつけて止まない魅惑的な山々
空からの映像
>>続きを読む

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(2017年製作の映画)

3.8

毎日1ミリずつ失われていくものを感じる人生
恵まれたとは言えない環境に秘めた才能が生まれ
この才能を輝かせたいと願うのは道半ばで堕ちた男
鼻っ柱の強いユリアと恵まれた環境のカリーナ
二人のプリマへの夢
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

全てを受けいれることが本当にできるのか?
コリーとジェーンが白銀の闇に銃口を向ける
わたしは何を語るべきなのだろう?
いまは衝撃で心臓が痛い
迂闊なことは何も言えない
ただ・・いまは鷲掴みにされた心臓
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

3.8

このエヴァを悪女と呼ぶのなら世の中は悪の巣窟になる
なぜに惹かれるのか?抑えられない欲望に嘘を重ねていく軽薄な男

盗作でのしあがったものの2作目の筆が進む筈もないベルトラン
裕福な恋人や出資者からの
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.4

「恐怖は心の中にだけある」と唱えても悪霊には遠慮がない
阿片まみれのドクター(エリック)が鑑定する相手はサラ
老舗の銃メーカーの大株主であってウィンチェスター家の当主
莫大な資産で屋敷の増改築を延々と
>>続きを読む

母という名の女(2017年製作の映画)

3.8

このときアヴリルに目覚めた心(体)の疼きが極める
本能は時に母性をもぶった切るのに執着心は燃え続ける
いまの自分に満たされていないと思わぬ方向に視線は動くもの
要は・・誰もが自分にとって「心地のいい」
>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.8

扉一枚の向こう側では男たちが激しい争いを繰り反す
こちら側には戦争の中に暮らしている女たちがいる
クリスティンの美容室に集まった女性の吐息が聞こえる

結婚式を控えた母娘
臨月の妊婦
信仰心の強い女性
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

とにかくジニーの片頭痛との闘いにだけは共感するヨ
ここに登場する我関せずの拗らせた救いのない3世代の男たち
酒浸りの夫(ハンプティ)に女好きの男(ミッキー)に火遊び問題児の連れ子(リッチー)
まあ・・
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

ブリグズビー・ベアと共に育ったジェームスの飽くなき挑戦!!
誘拐?監禁?虐待?被害者?と言われてもジェームスの時間はブリグズビー・ベア・ワールドで動いているのヨ
テレビも映画も酒もドラッグもキスも携帯
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

3.8

何から何まで端から端まで全てが可愛らしい
オンネリ&アンネリが愛をいっぱい運んでくるヨ✨

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.8

ドクが戦友のサルとミューラーを探した理由とは?
妻の病死に続き息子の戦死という哀しみ
ドクは息子の亡骸を自分の手で運ぼうとする
戦地で死ぬということは軍の英雄である
けれど家族が知りたいのは死の理由
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.8

ひたひたと毒ある親しみが
デルフィーヌに忍び寄る
不穏で狂暴で美しいエル(彼女)が微笑み
あなたは執筆に集中するべき
・・と囁く
周囲との連絡をも絶たれ
デルフィーヌは
白いページにのみこまれていく
>>続きを読む

祝福~オラとニコデムの家~(2016年製作の映画)

3.2

強靭な心は信仰がもたらすものなのか?
違う・・
オラは信仰をも疑って止まない
この生活は神が与えたものではないと知っている
ただ・・
弟の初聖式が家族を戻すと信じたい
オラは願いを叶えるために
初聖式
>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

2.8

「舞台」で沙織(人間)と良男(猫)が互いに?妄想する
劇団四季のキャッツ?めいた猫ミーティングがあり
なぜか突然にアニメーションが流れたりと
何かと不意打ちをくらわせるシーンが多いが
もっとも衝撃的な
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

夢はある!でも努力は控えめで成りゆき任せ?
だけど夢はある!!プライドも隠せない!!
クリスティンの自分勝手な生き方は潔い✨
円滑な家庭って稀なもので
躓きやハードルを越えては
終わり善ければ全て○で
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

夜空に花火の音を仰ぐ6人家族の顔が月灯りに照らされる

支える程ではない力で
寄り添っている「家族」
この6人が何とも
温かみを感じさせるのは
各々に弱みを持って
息しているからなのか?
他人を気にす
>>続きを読む

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

3.4

遠い想い出に浸るマックスには夢の続きを・・
昔の恋人(レベッカ)のいまも
いまの恋人(クララ)の暮らしも
マックスにとっては差し障りのない「幸せ」なのだろう
ありのままの男性であるから
女性の目線では
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.9

愛する故に・・この時をも奪いたいという衝動
待たせる男への仕打ちとしては極めすぎている

確たる拘りを持ち妥協のないレイノルズ
動きの多い粗野とも言えるアルマ
二人の越えられない隔たりは
あの音であっ
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

失なうべきものを捜すかのように生きていても
この手から失なうことへの怯えは止められない
もう何も失なうものはないのか?
自らを傷つけながら逝こうとする姿が凄まじい
ジョーとニーナの視線が交差することは
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

もう✨腹が立つくらいに✨もふもふキュートではないの✨
ピーター達と共存する画家のビアは天然女子
隣家のマグレガー老人が急死して
甥が家を売却するために登場しても
穏やかに暮らせるものと望んでいるが・・
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

娘の前では困窮した日々もパステルカラーに煌めきたい
ハリーとムーニーはマジック・キャッスル(モーテル)に宿泊している
衣・食・住の全てが成りゆき任せ
稼ぎは盗品やコピー商品の転売で賄っている
何も知ら
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

理性を失なう男達を毅然と諭すように宥めるモリー
けれども男の嫉妬とはおぞましいもので
金と欲がプライドをかなぐり捨てモリーに背を向ける

もう既に気づいていたのだろうか?
自分の前に立ちはだかる父親と
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

フィギュアスケートとは自らとの格闘技なのだろうか?
エレガントでもある競技は恨み妬みに溢れている
トーニャは暴力と罵詈雑言の中で育てられる
母は深い愛をもってトーニャの闘争心に火をつける
いわゆる誉め
>>続きを読む

>|