ももんがぁさんの映画レビュー・感想・評価

ももんがぁ

ももんがぁ

  • List view
  • Grid view

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.4

ガイリッチーなんに物足りなさが残念ね、

あとコリンファレルのくせに優秀すぎちゃう?

街の上で(2019年製作の映画)

3.6

中田青渚ちゃんとの宅飲みシーンだけでも小一時間は見てられる面白さ

処刑!血のしたたり(1988年製作の映画)

3.5

深夜のスーパーで巻き起こるスプラッタ祭り!
スーパーが舞台やからスライサーやプレス機で人体ゴアゴアしてくれんのはなかなか見ものやが犯人がイカレポンチ過ぎやしジャケで正体バレてんのが草

サムライミやブ
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.7

マイケル・アイアンサイドはちょい役で残念だったけどロイドじーちゃんが銃撃ちながら乱舞するだけで見たかいあるってもんよ

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.0

微妙オブ・ザ微妙

ガイリッチーとステイサムってだけで上げた期待裏切られるほど鼻くそほじって見るくらいにおもん無かった

正味復讐もまどろっこしいしパート分かれてんのもまどろっこしいし、悪もんおりすぎ
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

ゾンビワールドへようこそはめちゃハマったランドン監督だけどハッピーデスデイは個人的にハマらなくてどっち着かずの監督でしたけど今作は面白かった〜

青春×ホラー×コメディのバランスも良いし、設定も毎回凝
>>続きを読む

Skull: The Mask(原題)(2020年製作の映画)

3.5

昨年サイコゴアマンと共に強烈なビジュアルでホラーマニア達を歓喜させたブラジル産のゴアゴアスカルマスクホラー。


かつて闇の儀式で呪われた、古の厨二感溢れるスカルマスクが現代のサンパウロに蘇る!

>>続きを読む

健太郎さん(2019年製作の映画)

3.2

健太郎さんがいる食卓。ペッパー君的な世にも奇妙な物語かと思ったら違った。

最初のスパゲッティほうばる健太郎さんとラストのニチャァ〜顔が繋がるのが秀逸。

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.5

飯豊まりえにそんな魅力あるん?っていう説得力の無さね、
それ以外は割と好き

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.1

佐津川さんがわいそすぎて見てられません(。-∀-。)

不能犯(2018年製作の映画)

2.2

本当の不能犯は白石監督だったよね、
商業映画進出すると途端につまらんくなる

Cannibals and Carpet Fitters(原題)(2017年製作の映画)

3.4

食人一家vsカーペット屋さん

カーペット事業で成功を納めようとするキューピッドカーペットのポンコツカーペットフィッター達が仕事を任されたお家はなんと食人一家の住みかだった!

巨漢2人にボウガン放つ
>>続きを読む

とっととくたばれ(2018年製作の映画)

3.3

全然くたばらないタイトルが秀逸ね。


とりまエンディング曲めっちゃノリノリでカッケかった!ほぼfack youしか言って無いのにCD買いたくなるまでの中毒性あった(^o^)

The Angels' Melancholia(英題)(2009年製作の映画)

2.4

正真正銘のクソ映画。

クソ垂れ流しを見るにはもってこいのドイツジャーマンゴア界の異端児マリアン・ドーラの怪作。

屠殺、レイプ、アナル、オメコ切り刻み、死体にションベンぶっかけ、おっさんのちんポコ乱
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.5

今回もわんこ愛に満ち溢れてて◎

ラングじーちゃんの不死身っぷりは言わずもがなですけど前作の殺人鬼をヒーローにしちゃう展開はどうなんかな?

そもそも相手の方が巨悪だったという後付け感バリバリの設定持
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.1

なんというか期待値を大幅に下回るラストの煮え切らなさとラスボスのしょぼさよ。

ボンドが銃打ったら畳が下に下がるカラクリのシーンワロタ。
いや、絶対当たってるやろ。と

クレイグ版はキャンタマをしごか
>>続きを読む

The Curse of Doctor Wolffenstein(原題)(2015年製作の映画)

3.5

ジャーマンゴアの申し子マーク・ローンストック監督が久々の快作ぶち込んで来たよ〜

シーン・ドナヒューのアングラゴア映画以来久々にまざまざとオメコ見た気がすんよ。

画像検索してもとりあえずボカシオメコ
>>続きを読む

ANTIBODIES -アンチボディ- 死への駆け引き(2005年製作の映画)

3.8

セブンと羊たちの沈黙を足して割った様な内容やけど普通にラスト騙されたわぁ!
ミスリードうますぎやろ、

ドイツのCharaみたいな音楽とパンツに名前書いてあるところがツボ

ダニエル(2019年製作の映画)

3.2

シュワちゃんジュニアは腰の振りの速さも父親に負けてないことが証明されたよな。

ダニエルの作り出す歪んだ描写は顕著でしたけれど圧倒的にボディカウント数の少なさが欠点ですわなぁ

全く人が死なな過ぎて冷
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.3

コン・ユが西島秀俊にしか見えないと言う罠。
ほぼほぼクローン系の話としては過去作の踏襲というか良くも悪くも凡庸だけど飽きずに見れました。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.4

バカ映画が2時間半は長すぎるし出てきた東京が絶対東京じゃないのは最早言わずもがな。

渡る世間並みにしょぼそうなセットだったけどリスペクトかな?

てかハンが生きてんなら妻夫木聡も生きてるんちゃうん?

ホムンクルス(2021年製作の映画)

2.4

まぢでジャケの『俺は、何を見ているんだ?』状態。

>|