フクイヒロシさんの映画レビュー・感想・評価

フクイヒロシ

フクイヒロシ

映画(672)
ドラマ(2)

ファスビンダーのケレル(1982年製作の映画)

4.0

アマゾンプライムに『ケレル』が!
と興奮と冷や汗混じりにTwitterが盛り上がっていまして、
全然知らなかったので、とりあえず再生。

まさか最後まで観れるとは思いませんでした。。

でもずっと画面
>>続きを読む

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019年製作の映画)

4.0

乃木坂の中でもスター選手たちをフィーチャーしたドキュメンタリー。

乃木坂のキャラクターもあるけど、グロテスクだったり、ホラーだったり、サスペンスだったりする描写はないですね。

斎藤飛鳥が中学の同窓
>>続きを読む

一分間タイムマシン(2014年製作の映画)

3.5

6分の短編映画。

3分の短編映画『とっくんでカンペキ』の監督作です。

演じているのが大人の俳優2人なので、だいぶ見れます。

**


一分前にしか戻れないタイムマシンっていう設定が活かされていた
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

4.5

外出自粛の3月29日。
映画見まくり。


**


コメディとのバランスがいいですね。
予告編も作りやすそう(笑)。

主役のミゲル・アンヘル・ソラさんが素晴らしい。

顔が怖いし優しいしかわいい。
>>続きを読む

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

4.0

『フレンチアルプスで起きたこと』感がありますね。
日常が崩れていくサスペンスコメディ。

もっとシャープにして欲しかったかなぁ。
なんか散漫な印象。。


グレン・クローズの顔芸は面白いし、見ものだし
>>続きを読む

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.0

上映時間3分しかないのに
同じシーンの再生が多い。。

たった3分なのに無駄を感じさせてしまうのはどうなの。。


ムダなとっくんを積んで男の子(女の子も)は成長するんだよ、っていう示唆なのかしらん。

サーミの血(2016年製作の映画)

5.0

バーカバーカバーカ!
おれのバーカ!
なんでこれを公開当時映画館で観なかったんだ!
愚かな我よ!

必見!傑作!びっくり!素晴らしい!


**


アナ雪にも登場したサーミ族。

昨日見た『クロース
>>続きを読む

クロース(2019年製作の映画)

4.0

新しいお伽話ですね。
なかなか素晴らしい映画ですよ。


サンタクロースが生まれた秘密。

どうして巨体の髭おじさんがこどもたちに大量のプレゼントを配り始めたのか。


***


舞台は、二つの氏族
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.0

だいぶ面白いじゃないですか!


ユニディ戦がいいですね。
でもせっかく
「ユニディ何でもあるな!」ってセリフがあったんだから、もっといろんなアイテムで戦って欲しかったなぁ。


延長コードガラガラ回
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.0

最高!永久に最高!地球が滅んだ後でも最高!ブラックホールが蒸発しても最高!

ただ、、、、一点どうしても気になるとこがあって。。。。。。
これ気にしすぎな気もするし。。
でも気にしすぎかどうかを判断す
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

3.5

手首から切断された手が
保管所から抜け出して逃亡。

この手には視覚も聴覚もある。

知能も記憶もあり
何かに触れると以前の記憶を思い出す。


***


何処かへ向かおうとする手と
記憶の中の自分
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

4.0

あんま邦題に文句言うのは避けてますけど、
これはちょっとなぁ。。

セクハラをスキャンダラスに報じること自体に問題があるってのに。。



原題は『Bombshell』。

爆弾,
砲弾,
(通例不快
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.5

予想もし得ないことが起こった!びっくり!
という映画ではないですね。

フラグ立ちまくりで「えぇ、絶対この後こうなるじゃん。。」って思ってるとこうなる。
「こんなことしちゃってコイツ絶対ああなるじゃん
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.5

照明弾のシーンは素っっっっっっっっ晴らしいですね。

闇の中で、照らされることの恐怖。
強烈な光に晒される恐怖。

影がグォーっと大きく動いて、映っているもの全部が悪魔のように見える。

このシーンだ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

今も北朝鮮と韓国は「休戦状態」。
何の戦争かというと1950年に勃発した朝鮮戦争(1953年に休戦)。

この映画の舞台は、1951年のコジェ捕虜収容所。
最大17万千人を収容した大規模な収容所でした
>>続きを読む

さよならテレビ(2019年製作の映画)

4.0

東海テレビで放映されたテレビ版はもっと短かった。

のを、映画っつーことでシーンを追加して1時間49分に。


***


全体の構成はきれいなんです。
さすがテレビマンと思うのです。

テンポよく起
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.5

痛快!すぐに観に行って下さい!

ここにいれば平穏だけど未知の旅へ踏み出すユマの不安と抑えきれない希望の表情はまさにエルサでした!!
その表情に泣けて泣けて。。


「生まれた時に37秒呼吸が止まった
>>続きを読む

ミッドナイト・エクスプレス(1978年製作の映画)

4.5

「どんな社会にでも必要なのは慈悲の心であり、
公平の精神と正義だ」

「悪い機械は自分が悪いことに気づかない」


40年以上前のトルコの話だけど
この言葉2020年のどっかの国の首相にも聞かせたい。
>>続きを読む

ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語(2018年製作の映画)

4.0

まずはもうビジュアルが素晴らしい。
ずっと素晴らしい。

どこよ、あの村。
アゼルバイジャンの山間の村らしいですよ。


ものすごいのさ。

ほとんどつるっぱげの茶色い山々に
雪解け水程度の美しい川が
>>続きを読む

オペレーション・フィナーレ(2018年製作の映画)

3.5

「私の歯車に過ぎなかった。
私の任務は簡単だ。
祖国を破壊から守ること。
君たちと同じだ」

ホロコーストを淡々と遂行したアイヒマンがユダヤ人に言った言葉。


****


1960年。
イスラエル
>>続きを読む

グレイス -消えゆく幸せ-(2020年製作の映画)

3.5

まぁ、
本当はどう言う事件なのかわかっていない被害者と弁護人の話ですから
トンチンカンなことを延々と話したり
明後日の方向に弁護したりするのは仕方ないわな。。

知らないんだもんね。。
ずっと何にやっ
>>続きを読む

ラ(ブ)(2015年製作の映画)

3.5

インド映画なんですね。
病みBLというジャンルかな。

格差問題もありますね。

自主映画っぽい風合い。
意味ありげな構図も不安定で
スマホで撮ったかのようなデジタル感とボカシ感。

比較的長回しのシ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.0

『グラン・トリノ』もそんなに好きではなかったけど
こちらもあまり。。。


「家族のことを顧みず仕事に打ち込んできたことを反省してる俺」感がうっとおしい。

退役軍人の哀しみ、と言われてしまうと何も言
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

5.0

戦争映画いっぱい観てきたし、戦場のシーンもたくさん観た。
『沖縄決戦』も『野火』も『ハクソー・リッジ』も『プライベートライアン』も観ましたよ。
どれも地獄でしたよ。


しかし、この映画に映っているも
>>続きを読む

ダンボ(1941年製作の映画)

3.5

さて、1941年版ダンボはどんな話ですかね。
ラストまで書きますよ。


****


イントロでびっくり。

コウノトリの大群が赤ちゃんを運んでいますよ。
いろんな動物の赤ちゃんを、適齢期っぽい動物
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.5

勝手な話を長々と。。。

ゾウが空飛べることもすごいけど
人間がペラペラ喋ってることをサラッと理解できることがすごい。

悪役のマイケル・キートンが明確に悪いやつだから
他が良い人たちに映るけど
動物
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

音が凄い。

車が走る時の音がブーンッなんていう単純な音じゃない。

「車は1万個の部品でできている」とのことで
走行中はその部品の全てが振動して音を発している。


タイヤが回る音、地面を擦る音、滑
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

まぁ、すごいですよ。。。

全体的にはコメディ。
前半のちょっと無理のある設定作りの過程はコメディの強みでガンガン突き進みます。

後半から新たな視点が加わって、恐ろしい展開になっていきます。


>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

面白いじゃん。
これも格差社会を描いた映画ですね。


イカ臭い玉はダメでしょう(笑)。

こんなに面白いなら映画館でみんなで笑いながら観たかったなぁ。


ラストの埼玉VS千葉も笑ったもんなぁ。。
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.5

冒頭からして「マンガ(的な映画)ですからね」と教えてくれる展開なのがまず良い。

『LUCK-KEY ラッキー』も素晴らしかったけど、
もう韓国映画ってコメディでもこの高水準なわけね。。


もうほん
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

勉強になる。
この映画でのネット内の世界のイラストや、
『インサイド・ヘッド』での喜怒哀楽のイメージなど
本当に勉強になるし、感動すらする。

さすがトップ・オブ・ザ・ワールドのピクサー!


***
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.5

アシタカが現代日本に生まれてたらアオヤマ君みたいな男子なんだろうな。


***


結構重苦しいBGMの中、
小学生の男女がケンカ。

「アオヤマ君はおっぱいが好きだからお姉さんのことが好きなんでし
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

面白い。

名跡松本白鸚の娘である松たか子がこの役を演じている説得力が凄い。

予告編などではあのキャッツアイみたいなファッションが似合ってないように見えていたけど
本物を観ると死ぬほどカッコいい。
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.5

名作『ビフォア・ミッドナイト』の口喧嘩シーン再来ですね。

歯止めが効かなくなって言葉で相手を殺すかのような口喧嘩。

あまりに滑稽で笑っちゃったりもするけど
見てるうちに泣けてくる。。。

憎しみが
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

3.0

カトリック信者は減少しているし、イメージアップしなきゃね。


※**


カメラワークが好きじゃない。。。。。
手ブレが本当に鬱陶しい。。。

この手ブレとデジタルカメラの「リアル」な映像で
神のよ
>>続きを読む

ゴーストマスター(2018年製作の映画)

4.0

クリスマスに。ゴーストマスター。
僕は何か間違っていますか。


ここまでやりきってる映画を劇場で観られたのは幸せなことです。



***


ヤング・ポール監督の長編デビュー作。

どういう流れで
>>続きを読む

>|