フクイヒロシさんの映画レビュー・感想・評価

フクイヒロシ

フクイヒロシ

イラストレーターやっとります。‪ https://filmaga.filmarks.com/writers/137
ノルウェー映画『ハロルドが笑う その日まで』のポスターとチラシのイラスト担当しました。
よろしくお願いします。
フィルマガ映画コラム連載https://filmaga.filmarks.com/writers/137
映画である時点ですでに「3」という採点方式です。

映画(398)
ドラマ(0)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.5

冒頭と終盤はかなり面白い。

リンを演じたチュティモン・ジョンジャルーンスックジンはかなり魅力的でこの人はずっと見てられる。
腕と足がスラッと長くて気合の入った顔。
緊迫感を出す演技もうまかったです。
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.5

素晴らしい!×8京!

アイデアの洪水!
ドンドコドンドコ次から次へと「なるほど!そうくるか!」「なるほど!そうくるか!」の応酬。

***

観客よりも登場人物の方がこの状況について詳しいので、
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.0

実話ベースで、ものすごく面白い話なのに、なかなかつまらない映画。。

なんかテレビドラマみたいなカメラワーク、演出、演技、セリフ。
必死で映画のフリしようとしてるのに届いてない感じ。

日本ではDVD
>>続きを読む

愛と法(2017年製作の映画)

4.5

ドキュメンタリーなんですが、映画として絶対に面白い。
褒め言葉にならないのかも知れないけど「普通に映画として面白」かったんです。

電車内のアナウンスや街で聞こえてくる声の一つ一つにも意味が託されてい
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

5.0

はい、来た傑作。俺はこの人生のうちでこの映画をあと何度見返すのだろうか!

***

アメリカの学校の新学期は9月から。
中学を卒業して高校1年生になるまでには大きな大きな夏休みがある。

『エブリバ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

2014年に製作され、世界興収約2億ドルの大ヒットを記録したデンゼル・ワシントン主演映画『イコライザー』。

普段はホームセンターで働いていて、同僚にも慕われ穏やかな毎日を送る初老のマッコールさんです
>>続きを読む

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

4.5

死霊館(アナベル)シリーズの中で一番面白いし、映画としても面白いし、好き。
物語が面白い。

主人公夫妻はやっぱ素敵だし、演技も良い。

ただいくら旦那役の俳優(パトリック・ウィルソン)がトニー賞候補
>>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

3.0

たしかにリングサイドストーリー。

売れない役者でかなりのクズ男(瑛太)と
真面目だけど周りに流されてばかりの女(佐藤江梨子)。

恋人同士なわけだけど、両方ともイマイチってとこが珍しいですね。

>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

4.0

大ヒットホラーシリーズの一作目ですね。

ヴェラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンが演じる超常現象研究家夫妻が素敵なんですよ。
演技も素晴らしいし、この2人が決してオカルトで金儲けしてやろうっていう
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

死霊館シリーズの5作目で、時系列的には一番最初。1952年のルーマニアの話。

『死霊館のシスター』
   ↓
『アナベル 死霊人形の誕生』
   ↓
『アナベル 死霊館の人形』
   ↓
『死霊館』
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

5.0

今年の3月30日劇場公開だったのが、もうDVD/ブルーレイ出るんだ!
このスピード感もまさにこの映画の特質を表してますね。


****


『レディ・プレイヤー1』の製作中の2017年5月30日に『
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

謎が謎を呼んだ傑作ホラーの『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェルがいよいよ自信満々で作った新作。
『アンダー・ザ・シルバーレイク』。


これはやられました。。
ものすごく映像もキレ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

神話のように描いてますね。

メルギブ得意のゴア描写で戦場をちゃんと地獄として描いてるんだけど、
英雄ドスの英雄行為についてはまったく堂々と英雄行為として華やかに描く。

前半の説明臭さが僕は好みでは
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

興行収入38億円! 2017年邦画興行収入ランキング第3位! 日本を代表する人気スター総出演で、続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』も大ヒット公開中! 福田雄一監督作では2作目のランクイン!

大仰
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.5

1984年製作の『ゴーストバスターズ』のリブート作品。主人公4人を全て女性に変更したという意欲作。

主人公の女優は全てアメリカのコメディバラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」出身者。冒頭からエロ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

「スター・ウォーズ」シリーズの実写映画本編の8作目で、レイが主人公の新3部作第2章。

本気で笑わそうとしているのか疑わしいほど微妙なギャグが特に前半多く見られます。「ギャグ寒いし!」と、不満な点を挙
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

マーベル・コミック「ドクター・ストレンジ」の実写映画化。ベネディクト・カンバーバッチ主演。

ジョーク好きの主人公から繰り出されるギャグや、マントさんとのコントを「寒い」と感じてしまった人が多い模様。
>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.5

福田雄一監督作。普通の女子5人が戦隊“女子ーズ”になって活躍する。

個人的には好きなテイストですが、若手女優さんたちのコメディエンヌとしての技量がちょっと追いついていないかと……(それも可愛いんです
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.5

「トランスフォーマー」の実写映画5作目。ラジー賞常連シリーズ。

「トランスフォーマー」シリーズのギャグといえば、1作目(07)の名作ギャグ「ハッピータイム」があるわけですが、今作では記憶に残るような
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

広瀬すず主演。普通の女子高生チアリーダー部が、本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝を果たした実話の映画化。

変顔やギャグのあとのチーン♪とかポヨヨ〜ン♪という効果音がかなりの冷気を吹かせてくれま
>>続きを読む

Zアイランド(2015年製作の映画)

3.0

品川ヒロシ監督長編4作目。哀川翔の芸能生活30周年記念作品でもある。

前半の会話が寒いという評が多かったです。変顔したり大声出しているわけでもないのに全体的にずっとスベってる印象が……。笑わすという
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

5.0

1823年のアメリカ北西部の極寒地帯。熊に襲われて動けなくなった主人公は、足手まといだいうことで仲間によって冬山に生きたまま埋められ、しかも息子も殺されてしまう。復讐のため瀕死の状態で300kmの過酷>>続きを読む

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

3.5

飛行機がアラスカの山中に墜落。なんとか生き残った男たちのサバイバルが始まるが、墜落したところは狼の縄張りだった。狼たちは人食い獣と化して容赦無く彼らを襲う。

飛行機が墜落しても無傷のリーアム・ソンに
>>続きを読む

南極日誌(2005年製作の映画)

3.5

南極の到達不能極に世界最初の無補給で挑む韓国の探検隊。途中で80年前に遭難したイギリス探検隊の日誌を掘り起こしてから、彼らに不可解な出来事が起こり始める。名優ソン・ガンホが狂人と化した隊長を演じている>>続きを読む

世にも奇妙な物語 映画の特別編(2000年製作の映画)

4.0

『雪山』矢田亜希子主演

飛行機が雪山に不時着し、生き残ったのは美佐を含む男女5人。足を怪我して動けない美佐の親友である麻里を生きたまま残して4人は山小屋へ避難する。そこには食料も毛布もあり安堵する4
>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

4.0

劇場公開時のタイトルは『エベレスト3D』。
現在は『エベレスト』。


1996年に実際に起きたエベレスト大量遭難事故の映画化。登山の商業化が進み、十分に訓練を受けていない登山者(客)を頂上へ連れて行
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

4.5

若者3人がスキー場のリフトに取り残されてしまう。スキー場の営業は終了し、再開は一週間後。飛び降りることもできない高さで、寒さと飢えと絶望が彼らを襲う。

これはナメてたけど怖かった……。リアリティーあ
>>続きを読む

運命を分けたザイル(2003年製作の映画)

5.0

実際に遭難を経験したクライマー2人がインタビュー出演し、そのサバイバルを俳優が再現する。本人による生々しい証言とアカデミー賞受賞監督による美しくも恐ろしい映像が他の遭難映画と大きく差を作っている。>>続きを読む

アイガー北壁(2008年製作の映画)

4.5

ナチス政権下のドイツ。前人未到のアルプスの難所アイガーの北壁への初登頂に挑んだクライマーたちの実話を基に描かれる。当時の最低限の装備での過酷な登頂の様子が映されるが、それは同時にショーでもあった。山の>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

5.0

‪ 実話を基にした映画。アメリカでは、先住民であるネイティブアメリカンを彼らにとって何の所縁もない“保留地”へと移動させた。この映画では、実際に起きている多数のネイティブアメリカン女性行方不明事件を告>>続きを読む

ブッシュウィック-武装都市-(2017年製作の映画)

4.0

ある女子大生が地下鉄の駅に降りたら、そこは戦場になっていた。

全く状況がわからず戦闘に巻き込まれ、目の前ではバンバン知人も他人も死んでいき、自分も結構容赦のない怪我を負うことに。。

***

四コ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

すみません、間違って順番守らず突然『マイティソー バトルロイヤル』を観てしまいました。。

コメディだとは聞いてましたが、ホントですね。
ビックリするほど。

監督さんがコメディ畑の方なんですね。
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.0

土屋太鳳演じる主人公がオタクをずっと見下してるのが不快。

オタク部員が20人くらいいるけど全員が書き割りのように同じキャラなのもどうか。

****


土屋太鳳と間宮祥太朗がずっと大声で漫才をやら
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

4.0

ジャックジャックにそっくりな小籠包くんの物語。

不思議。
ほんとにこんな数分のことなのに泣けて泣けて。。

あの質感あの動き。
そして反抗期。。。

これから小籠包食いにくくなるわ。。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

ヒーロー的な夫が外で活躍しているのを
家で待ってる妻。

妻は家族を置いて活躍する夫に対して
「自分の家族とどっちが大事なの!?」と詰め寄る。
夫は
「世界を守れねぇヤツには家族も守れねぇだろ」的な捨
>>続きを読む

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

4.5

ナチス占領下のポーランドには6つの強制収容所がありました。
有名なのはアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所ですが、今回の映画の舞台はソビボル強制収容所。

「強制収容所」という言葉だと強制的に収容さ
>>続きを読む

>|