フクイヒロシさんの映画レビュー・感想・評価

フクイヒロシ

フクイヒロシ

イラストレーターやっとります。‪ https://filmaga.filmarks.com/writers/137
ノルウェー映画『ハロルドが笑う その日まで』のポスターとチラシのイラスト担当しました。
よろしくお願いします。
フィルマガ映画コラム連載https://filmaga.filmarks.com/writers/137

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

4.5

舞台はチリ。主人公はマリーナという女性。
恋人のオルランドから誕生日会を開いてもらった夜、オルランドは突然死んでしまう。

マリーナがトランスジェンダーの女性であったことで、あらぬ疑いをかけられて警察
>>続きを読む

かぞくへ(2016年製作の映画)

4.0

主演の松浦慎一郎さんの実体験を元した物語ということで、かなりリアルに肌がヒリヒリするような感覚があります。
物語がミニマムであればあるだけ逆に普遍性を持って多くの人に共感させられるというのがこの映画で
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

映画館で観たらもっと面白かったかも。
とにかく石油掘削施設の爆発の炎と破壊が凄かった。。

英雄的な夫の帰りを家でやきもきしながら待つ妻の役でもケイト・ハドソンがやるとインパクトがありますね。

**
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白いっ!
アウシュビッツものってことで心の準備に時間がかかって観るのが遅くなったけど、これはタイムリーに観たらどれほど良かったか。

アウシュビッツで自分の家族を皆殺しにしたあるドイツ人
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.5

勝手にマイケル・ペーニャが主役かと思ってたら違った。
ペーニャは主役を支える小太りのモテないオタク役でした。
喧嘩は強いけど。


映画はなかなか面白かったです。
アリの大群は最初は結構気持ち悪くて、
>>続きを読む

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

3.0

なんか妙にいろんな人種が登場してかなりその辺りも強調されてて、あたかも人種問題に切り込んだ映画ですみたいな空気出してるけど、深みはなく。

哲学者の言葉とかを喋り始めて、あたかもIQ高めの映画ですみた
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

2017年公開。2017年は今作の題材である〝デトロイト暴動〟からちょうど50年。

南部から北部(デトロイト)へ逃げてきた黒人がやっとここで幸せに暮らせると思ったらここでもひどい人種差別に遭い、溜ま
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

4.0

スイス生まれの監督がフランスでナチス映画を撮ったっていい。
ナチスにパリを占領されたフランスなんだし、ヨーロッパ各国はもちろん世界中がナチスとは無関係ではない。
誰が撮ってもいいし、ドイツ人以外が撮る
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

4.0

小林勇貴初体験しました。

ロケハンに力入ってますね。
資産家の家なんか最っ高だし、夜中の工事現場っぽいとこでは後ろに(ガスの採掘場の?)炎が出てたり、謎の丸く点滅するサインがあったり、カラオケ店も雰
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

ダメなのはわかってるけど、前半の歌と踊りのシーンを全曲三3分の1にしたい……!長いよ…。
2でもこれがあるのかと思うと心配。。

以下、褒め言葉。

壮大、圧倒的、迷いがない、馬鹿馬鹿しい、カッコいい
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

妄想と物語の差ってなんだろうと思いながら鑑賞。

第1話
なんか怖かった。。このホラー感なんなんだろ。
相手のこと考えてるフリしてずっと自分のことで精一杯で、結局、人との繋がりが持てない人の話。
ま、
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

松岡茉優がもの凄く上手い!
この集中力、表現力。美人のくせにちょっとブス(失礼)にもなれるのがずるい。

ほとんど松岡茉優が映ってるけど、飽きないしコメディエンヌとして最高。
これでまだ22歳って。。
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.0

僕はイラストレーターをやっているので視覚障害のある方に対しては自分は全くの無力である、というのがちょっとだけ辛いのです。
いくら頑張って描いてもまったく届かないんだな、と。


でも、音声ガイドによっ
>>続きを読む

静かなる復讐(2016年製作の映画)

3.5

すみません、これは、、、まったくなにが良いのかわからず。。。


殺し方がなかなか面白かった(コメント欄に)けど、ゴヤ賞作品賞とったのがなんで?って感じ。。

ゴヤ賞は日本でも人気だけど。。

初監督
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

僕的には『ゾディアック』の湖畔でカップルが●●されるシーンが映画史上1番怖いシーンなんですが、この映画のテキサス州での出来事はそれに匹敵するくらい怖い。。


観ている最中は難しい話だな、、と思ってた
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

意外と映画的な楽しみに満ちた映画でした。
よくこんな地味な題材でここまでのエンタメにできたな、と。
しかも厭らしさもなく。

その理由の一つは役者が素晴らしいこと。
レイチェル・ワイズ、トム・ウィルキ
>>続きを読む

クリスマスのその夜に(2010年製作の映画)

5.0

5だよ!5!
しょうがないじゃん、好きなんだもん!

やっっっっっさしい映画ですね。。。
耐えられないほど優しい。。


****


5、6個の(数えろよ)エピソードから成っててそれぞれが関係してい
>>続きを読む

ジミー、野を駆ける伝説(2014年製作の映画)

4.0

「障害はいつでも地主と聖職者ね」

ケン・ローチはやっぱすごいなぁ。。

大げさな演出などなく、社会の底辺で懸命に生きる人たちへの視線が優しい。

権力を振りかざす悪役すらも暖かく包んでいる気がする。
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.5

よくできた作品!
この監督、よくもまぁこんなことをのうのうと最初から最後までできたもんだ。
情報量がとてつもなく多くて、笑えるしハラハラするし、マジでハラハラするし…。


以下、思いつくままに。
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

実話なんですね〜。。信じられない。。
ご本人はサリヤ・カハヴァッテという方で、現在はビジネスコーチとして働いているとのこと。

実話なので、キレイキレイな感動ストーリーに収まっていないところがすごくい
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

4.0

1回目の東京大地震で大火災が起きて、「消火弾を載せた自衛隊ヘリを東京に集めろ!」と指示を出すけど、「すでに被害のある神奈川地域に出動してます!」と返答されて、役人たちは顔を見合わせて何も決断できず。。>>続きを読む

王の涙 イ・サンの決断(2014年製作の映画)

4.0

設定が難しくて。。
後半でやっと誰が誰で何してんのかわかってきた。。

勝手に「そうだったのかぁ!」と途中で謎が解けたのは、「祖母上様」って呼ばれてる人が誰のことなのかと思ってたら、当時32歳のハン・
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)

3.5

1974年のヤツ。

犯人は三谷幸喜版の「オリエント急行殺人事件 」で知っておりました。
※今やってるケネス・ブラナー版は未見です。


こういう状態で観ると、魅力を感じにくいですかね。。
豪華列車で
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

BGMのピアノの曲がうるさい。
し、いい曲だとは思えなかった。

エンディングの秦基博の歌(大江千里作詞作曲)が強すぎて、この歌の印象しか残らない。

背景は一生懸命描いてあって完成度も高いし個性的だ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

最っっっ高!何から褒めますか。

パディントンが可愛い!!!!!!!
パート1ではペルーの森から来たばかりで野性味がちょっと残っていたり、見比べるとCGの動きがぎこちなかったりしてましたが、パート2は
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

パート2を先に観ました。
パート2が良すぎた(泣けた…)のでちょっとこちらは残念。。

パディントンもちょっと野生性が残ってるんですよね。。
まぁペルーの森から来て間もないので仕方ないですが。

画面
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

3.5

うむむむむ。。

原爆投下後のあのキノコ雲や荒廃した広島の町の映像を流したし、
エミリー・ワトソンの「1つの都市が消えたのよ」というセリフはあったけれど、

少年(リトルボーイ)が「やったー!戦争終わ
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.5

ミシェル・ロドリゲス(女優)のチ●コが見れる、という話題作。

男臭いアクション映画を得意とする御歳の75歳のウォルター・ヒル監督が40数年間ずっと温めてきた企画がついに映画化!

映画内で突然コミッ
>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

3.0

ディズニーチャンネルで放映されたテレビ映画。
前作があまりに評判良くて作られた続編です。


続編ってなんか力入って「前作よりスケールアップ!」してキャスト増えたり敵がものすごく強くなったりするけど、
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

新型ヒロインですね。
この話って別に女性である必要はなかった。
主人公のバックグラウンドや過去など全然紹介されないしそのまま男に変えても支障はない(エズメとの恋愛が起こっただろうけど)。

それでいて
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.0

北川景子がとにかくかわいい。
北川景子がとにかくかわいい(2回目)。

このシリーズで初めてヒロインが可愛かったですね。
役柄としては1番最悪ではあるんですが、ほんとにかわいい(3回目)。

主人公2
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

奥田民生(大好き)が主題歌歌うってことでおっさん映画であることは知ってたけど、ここまでのおっさん映画だとは思わなかった!


「辞めどきは自分で決めるのかな」
「いいや、若者が決めるんだ」


おいお
>>続きを読む

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

5.0

物理的には密室じゃないけど、「内戦」や「難民」「貧困」「暴力」という自らの力では逃れられない状況に閉じ込められた人たちの話。

登場人物とカメラとの近さが『サウルの息子』と同様の恐怖を煽る。


疑似
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.5

『籠の中の乙女』『ロブスター』のヨルゴス・ランティモスの新作。再びコリン・ファレルを主演に据えて、さらに妖艶な妻役にはニコール・キッドマン、家族を恐怖に陥れる謎の少年にはなんと『ダンケルク』のバリー・>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.5

原作読んでないおじさんです。


●アル(甲冑)のCGは絶対に凄い!実在のものにしか見えない。日本よ、やればできるんじゃん。

●それぞれの立場の正義が入り乱れて複雑な話な割にわかりやすかった。もっと
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

僕は何がそんなにいいのかわからず。。。
オスカーノミネートって。。
ラストにご本人登場してそこではグッと来ましたが、それならドキュメンタリーやインタビューを見た方が良かったかな。

子供サルーは可愛い
>>続きを読む

>|