メッシさんの映画レビュー・感想・評価

メッシ

メッシ

映画(1193)
ドラマ(3)
アニメ(0)

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

3.9

少年たちがジャズバンドを組み、日本の最高峰の舞台に立つ話。

スポ根的音楽映画のマッチ度!
劇中に流れる音楽もいいんだろうな〜
躍動感がすごいよ

ちょいかけ足に感じれたので原作でじっくり読みたいかも
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

4.0

仕切り直しの新婚旅行先で囚われたひろしを救うため家族が立ち上がる話。

家族愛という絶対軸を添えて、インディージョーンズ的な楽しいアクションに加え、映画卒業やキングコングのスパイスが入りコッテリな味付
>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

3.6

信仰宗教信者3名の無人島生活

男2人、女1人やっぱりそうなるよね〜
というニヤけるエロ展開、コメディ。

ではあるがラストあたりのバタバタはやはり盲信の怖さがダイナミックに伝わった。

何でも演じる
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

3.7

水に性を感じる不思議な者たちの普通な話。

バラバラの話が最後につながりスッキリとはする。

バラバラの話なのに各々どこか魅力的でぐいぐい観れてしまう。変態チックだからだろうか。

最初のガッキーの淫
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.8

若い頃の生霊との恋愛模様。

生霊との三角?四角?関係とは良く考えたものだ。そのアイデアが面白い。

アニメーションの書き込み具合、秩父の風景、そして何よりあいみょんが歌うタイトル通りの主題歌の相性の
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

3.8

ある男の死をめぐる謎。

死んだ男は誰?というしっかりした軸にさまざまな人生譚が枝葉のように展開していく。

その一つ一つが出来の良い短編のようで見ていて飽きないし、死んだ男は誰?という興味も増してラ
>>続きを読む

恋する惑星 4Kレストア版(1994年製作の映画)

4.0

この映画の感性を感じ取れる当時の90年代の若者はなかなか素晴らしかったんではないか?
と自画自賛

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.0

孤独な清掃作業の日々を綴る。

何?と思うくらい日本のおじさんの哀愁のようなものを熟知している脚本に圧巻。

そしておじさんの哀愁を120%表現する役所広司に圧巻。

スタンダードサイズで昭和の名作の
>>続きを読む

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.1

黒柳徹子な幼少期の実話に基づく話。

こういう言い方は安直だけど、泣ける話。

ことさら戦争をダシに泣ける話に仕立てる訳ではなくて、トットちゃんの目線でこの世界が語られて心に染み入る。

それは大人が
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

4.5

いつ見ても面白い。主演がブスでタケシがクズって組み合わせで飯が何杯でも行ける。
今回見た気づきはファーストシーンがラストシーンでもあるのね

大河への道(2022年製作の映画)

3.6

伊能忠敬逝去後、日本地図を完成させた知られざる者達の物語。

この事実、知らなかった〜。
という意味で面白かった。

伊能忠敬の大河ドラマを作ろうって現代の話から、江戸時代に場面は変わる。ってベタっち
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

4.5

やはり何度見ても面白い!

たけし、チョロの最恐タッグもさることながら、今回のMVPは加瀬亮と小日向文世でしょ〜

何回か見返すとアウトレイジビヨンドまでは小日向文世が主役では?と思えてきた。

色々
>>続きを読む

裁かるゝジャンヌ(1928年製作の映画)

3.8

到底100年前とは思えぬ大迫力の映画。

ジャンヌダルクの裁判の記録から実録に落とし込むセンスや気迫が伝わりまくる。

ジャンヌの哀しみが伝わるのは何故だろうと考えたが、画角なのかなと思った。

ジャ
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.5

何度目かの鑑賞。

いつ観ても最高。

仁義なき戦いを踏襲しつつブラッシュアップ感が半端ない。

ヤクザに限らず社会、会社の縮図なエンタメに共感。

観た際の年齢にもよるが、今観た感想のMVPは椎名桔
>>続きを読む

夕方のおともだち(2022年製作の映画)

3.0

衝撃を受けたs嬢を忘れられないm男の話。

原作漫画はきっと面白いのだろう。山本直樹の間をそのまま映画に活かそうとしていて無理が来てる。映像だと間伸び気味。

そこまでこだわる理由もピンとこないし。
>>続きを読む

オットーという男(2022年製作の映画)

3.5

妻に先立たれ、定年退職した頑固者の訳を近隣住人と共に。

トムハンクスらしい役柄。
良いやつだが曲者という。
周りを取り巻く環境がかれに対してソフトで
徐々に心を開いていく、というステレオタイプな話で
>>続きを読む

日本暴行暗黒史 異常者の血(1967年製作の映画)

3.2

明治〜昭和にかけてのある性犯罪者の血脈を描く。

時系列順にそのまんまと言えばそのまま。
オチもまあ予想通り。

ただしバイオレンスシーンのしつこさはやはり若松孝二を感じる。

若松孝二の映画だ。

アントニオ猪木をさがして(2023年製作の映画)

3.0

昨年亡くなった猪木への鎮魂のドキュメンタリー、なのか?

インタビューの相手が薄口すぎる!
良かったのは伯山と藤原くらい。前田は?新間は?長州は?

せめて往年の名シーンをバキバキした編集で観たかった
>>続きを読む

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

3.8

スピルバーグの映画製作に関わるまでの時期の家族の話。

映画の話というよりは、知られざるスピルバーグと家族の歴史を赤裸々に語っていて、わりとえげつなかった。

大好きな母が不倫してしまうという不安定さ
>>続きを読む

渇水(2023年製作の映画)

3.0

水不足の為、給水制限がかかる町でのネグレクトなどの社会問題。

原作があるのでなんとも言えないが渇水というネタには惹かれた。

渇水の中、矛盾を生きる小市民を描きたかったのだろうけど、演出や画が想定を
>>続きを読む

太陽の墓場(1960年製作の映画)

3.8

戦後の西成区におけるドヤ街の壮絶な話。

実際に撮絵当時の西成の風景が見れる貴重な映像に感嘆する。

その壮絶なロケーションに癖のある名俳優達がこれでもかと投入されていて、面白くないわけがない。

>>続きを読む

SAND LAND(2023年製作の映画)

3.6

渇水した砂漠の国で水源を求めて村長と悪魔達が冒険する話。

優しいマッドマックスのような世界観とアニメーションがバッチリ。

作画も良くて見ていて楽しい。

魔物や人間や様々な種族がいて、誤解などから
>>続きを読む

福田村事件(2023年製作の映画)

4.5

関東大震災直後の千葉県福田村で起きた集団殺人事件をベースにした話。

森達也、初の劇映画監督にして森達也監督最高傑作になりそうなくらい素晴らしかった。

常々監督がテーマとしている集団の暴走、被差別部
>>続きを読む

春に散る(2023年製作の映画)

3.6

ボクシングで再起を果たす為にトレーナーと組む話。

映画とボクシングの相性は変わらず良い。
ボクシング映画ってエンディングでは必ず一定のカタルシスを得られるから不思議。

この映画は再起を果たすという
>>続きを読む

解放区(2014年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー監督志望の若手の生き方。

監督、主演でここまで嫌悪感を与えられているので、そこに相当な覚悟を感じる。

あいりん地区の近況が見て取れるが、YouTubeなどに比べると若干弱いしさほど
>>続きを読む

ブルー・ジェイ(2016年製作の映画)

3.7

高校時代の恋人に偶然会ったカップルの一夜。

モノクロでノスタルジーなアクセル全開で台詞も若干恥ずかしくもあるけど、最後までなんだかノンストップで見れる。

だろうな〜という互いの反応。
推定もう40
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.8

完璧な世界観の砂漠の街に住む妻が、その完璧さを疑い始める物語。

不思議ワールド、ちょっとネジのズレた世界に紛れ込むフローレンスピュー。

といえばミッドサマー。
ミッドサマーに刺激を受けたような構成
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

13歳で新しい街で独立をする魔女の話。

圧倒的な作画で街並みが描き込まれているので、映画の世界観に厚みと説得力を与えている。

魔法が使えるファンタジーと思いきや、箒で飛ぶ事しか出来ない不器用な少女
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.8

不遇の時代の飛行艇乗りの生き様、但し一人だけ豚。

飛行機じゃなくて艇ってのがマニアックで興味をそそる。

戦時下で我を通しながら漢を競うという宮崎駿にしては熱い話。

恋愛もやや大人向けなクールなも
>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.0

土方歳三と新撰組の始まりから終わりの話。

新撰組の成り立ちから終焉までのダイジェスト版といった趣きなので、どうしても薄味に。

各エピソードを満遍なくではなくて何か軸となるものが欲しかった。
土方が
>>続きを読む

トキワ荘の青春 デジタルリマスター版(1995年製作の映画)

3.9

トキワ荘に集まった漫画家達の悲哀。

寺田ヒロオを軸にする事で、表現者として認められる、認められないが残酷に表出されて苦しくなる。

苦しくなるが、売れた者の葛藤も同時に表出されていて、その双方の苦味
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

3.9

冴えない女子高生と老人のBL漫画を通じた友情。

なんてことない事で深く傷ついたり、自暴自棄になったり、冴えないが大多数が共感できる人物像を芦田愛菜が好演している。

ちょっと優等生より劣等感の塊のよ
>>続きを読む

シン・仮面ライダー(2023年製作の映画)

3.7

仮面ライダー1号2号のエピソード。

現行の仮面ライダーっぽいCGと懐かしい仮面ライダーのノリとが融合していて楽しい。

いつもの仮面ライダーを有名俳優達が演じていてこれも良い化学変化が生じていたと感
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.8

宮崎駿新作。
ネタバレ厳禁なので感想は少なめになりますが面白かったです。

世界観はややミニマムですがしっかりエンタメになっていて、アニメーションならではの目に楽しい作品でありました。

テーマも比較
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.5

不良時代にタイムリープして現在を救おうとする男の話。

普遍的な不良の話と普遍的なタイムリープの話をクロスさせたら新しい面白味が滲み出た。

不良漫画、映画ならではの友情カタルシスとタイムリープを活か
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.3

高校からの同級生の30年愛。

一人の人を想い続けて、すれ違ってどうなる?どうなる?ってパターンは擦り切れる程映画や物語になっているけど、やっぱり人を惹きつける何かがある。
そういう意味では最後までの
>>続きを読む

>|