gdbsdtaさんの映画レビュー・感想・評価

gdbsdta

gdbsdta

ガールフッド(2014年製作の映画)

3.1

若い女性が女ヤンキー達と友達になり色々環境が変わっていく話。

なんだろうか難しい話では無いんだが要点が掴めないというかピンとこなかった。
環境が変わり馴染んでいく時は楽しめるが結局根本的な問題は解決
>>続きを読む

ニトラム/NITRAM(2021年製作の映画)

3.8

オーストラリアに両親と住む不器用で難ありな青年の話。

小さい頃面倒をおこしテレビなんかに出ちゃったり、馬鹿扱いされたり、蔑ろにさせれてきた人生。
親も彼の行いや言動に疲れて、怒ったりやめさせたりきつ
>>続きを読む

イニシェリン島の精霊(2022年製作の映画)

3.9

昔ながらの飲み友達から急に絶縁された話。

きられたほうはなんでかわからん。
昨日まで呑んでたよね。

きったほうはつもったものが急に溢れたのか悟ってしまったのかもうかかわりたくないので勘弁してくれ状
>>続きを読む

ユー・ピープル ~僕らはこんなに違うけど~(2023年製作の映画)

3.3

生き方や人種や宗教の違いにバタつくカップルとその面倒くさい家族達の話。

毒っ気と洒落っ気あってそこそこ笑えるしテンポよくベタな展開でも楽しませる。

さくっとみるのにちょうどいいやつでした。

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.1

好きなキャスト達集まってるんだけどなんかピントこない話で惹き込まれず。

サイコ野郎募集、サイコはそもそも人前に出ず集まってこないでしょう。

あんま好きなキャラいなかったけど、
クリストファーウォー
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

2.7

自分には合わなそうだなと思いずっとスルーしていたが、やっぱりそうだった。

空虚感ある若いギャルっぽい女がピアスやタトゥーだらけの男にあい影響をうける。
特に男の割れた下に興奮を覚え下ピアスやタトゥー
>>続きを読む

はい、泳げません(2022年製作の映画)

2.7

泳げないらしいおっちゃんが水泳教室に通う話。

なかなか面白ポイント探すのが難しい。
この方のコメディっぽいのなんか苦手。

濱家さんににてるなーっ、風呂やシャワーや顔洗うのはどうやって過ごしてきたん
>>続きを読む

靴ひも(2018年製作の映画)

3.5

別れた元妻の訃報を聞き葬儀へ行ったらサポートが必要な中年の子供の面倒を見る事になった話。

母の育て方が良かったのか愛情をもらいいきてきたであろう中年子供。
思考や行動がシンプルで可愛らしい人だが発達
>>続きを読む

画家と泥棒(2020年製作の映画)

3.6

スーパーリアリズムの女画家の描いた絵をパクった男ジャンキーは直ぐパクられて裁判。

男は捕まったが絵はきまりすぎてて何処へやったかさっぱり覚えてないと主張、
そっから何故か盗まれた女画家がタトゥーだら
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

3.8

日本に住む難民家族の話。

ちゃんと働いて仲間を大事にしながら協力しあい暮らしていたが、ある日難民申請が却下になり働けなくなったり色々生活するのが困難になった。
えっどうすんのこの子達。
解決の仕方に
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

2.9

監禁物でオカルトもあり。
あの妹のキャラは良かったけど、そんくらいかな印象に残ったのは。

結末はだいたい同じような感じでしょうし、どこらへんがみどころかわからない。

あのバンダナ君なら捕まえられて
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

3.0

漫画みたいな話だと思ってたらやはりそうみたい。

可愛らしい優しい話でした。

高校生と他人の婆さんとのBLを通した交流。

歳の離れた友達はいいですね。

違う価値観であっても共通の趣味があれば歳の
>>続きを読む

辻占恋慕(2020年製作の映画)

2.7

売れないミュージシャンとマネージャーの話。
気持ちはわかるけど俺はささんない。
流石に終盤のあれはない。
この映画のキモなんだろうけど。
歌のお姉さんもよくわからん。
何が良くて付き合ったのか謎。
>>続きを読む

キング・オブ・スタテンアイランド(2020年製作の映画)

3.4

母と妹が暮らす実家に住み、性格に難ありで仕事もせず仲間とウィード吸ってゲームしてだらだらと自堕落な生活を送る、ヒョロヒョロでタトゥーだらけ黒髪ケイスケホンダ似の若者の物語。

父は消防隊で勤務中亡くな
>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.0

小さい頃から一緒だった親友に突然死なれた女が喪失感を抱きながら目的を果たそうとするロードムービー。

マリコ役はいつも安定でいいけど、シーちゃん役がなんか嘘くさくて無理あってずっと気になった。

マキ
>>続きを読む

TAKING CHANCE/戦場のおくりびと(2009年製作の映画)

3.5

内勤の中佐が戦没した1人の一等兵の遺体を故郷へ送り届けるロードムービー。

しっかりと任務をこなす姿勢や、様々な人々の敬意をはらうシーンに静かな感動がある。

抑えた演出で淡々としていて厳かな雰囲気も
>>続きを読む

ホワイト・ノイズ(2022年製作の映画)

3.2

なんか終始ごちゃついてたけど最終的な着地とエンディングが良かったのでギリ結果オーライ。

あんま得意じゃない監督なのに毎回気になってみてしまう。
今回もアダムとグレタでてるからみたが、謎の展開とよくわ
>>続きを読む

神は見返りを求める(2022年製作の映画)

3.7

飲み会で酔い潰れてたしょーもないYouTuberの女の子を介抱したら、気があいYouTubeを手伝ってあげる事になったオッチャンの話。

立ち位置がコロコロ変わり興味深くみれた。

あんなに頼ってきた
>>続きを読む

バルド、偽りの記録と一握りの真実(2022年製作の映画)

3.7

おっさんのてくてくロードムービー。
ロスからメキシコへの帰郷。

2日続けてみてみた。
ちょっとわからない固有名詞出てきたり、シーンの繋ぎ目が自然すぎるが気がついたら変なとこに連れていかれたり、話の組
>>続きを読む

英雄の証明(2021年製作の映画)

3.2

落とし物拾った男がとった行動がなぜか世に評価され話題になった話。

どうみていいかわからなかった。
もう少し難しい話だと思ってたらシンプルな話だったみたい。勘違いしてた。

この主人公が苦手だ。
結局
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

3.5

映画館で観ないですいませんでした。

これぞアメリカ映画という王道直球で前作を大きく超えてくる優秀さ。

あれからすっかり時も経過しおじさん扱いや、過去の人感も漂うマーヴェリック。
しかし乗ると前回同
>>続きを読む

おやすみ オポチュニティ(2022年製作の映画)

3.3

火星に送られた探査ロボ二台と、それらを地球から送ったNASA側とのドラマ。

乾いた砂の星を太陽光パネルを羽のように広げゆっくりと動き写真を撮ったり岩石などの調査を地球へデータを届ける優秀なロボット。
>>続きを読む

親愛なる同志たちへ(2020年製作の映画)

3.2

何かが起こりそうな緊張感があり、事は起こり、娘がいなくなり、母が探しに行く。

当時の状況下もわからないし、主人公の勝手な行動もイライラするし、登場人物の関係性もいまいちわかりにくいし、見方が難しい映
>>続きを読む

劇場版 荒野に希望の灯をともす(2022年製作の映画)

3.8

この方の事は知らなかったのですが、凄い人でした。

第一部の行動でもすごいのに、第二部の動きはさらに凄い。
素人がやる事にしては規模が半端ない。

自身にも辛い思いをして、あるいみ復讐ではないがやり遂
>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.0

なんとなく予想の範囲内でしたが、ある人にスポットがあたっていて、そこに深みをあたえるような内容でした。

アニメ版は昔見た事一度あるくらいで、なんか違うなと感じあまり好きじゃなかったからそこからは見て
>>続きを読む

パリ13区(2021年製作の映画)

3.5

パリに住む男女4人の群像劇。
性が軸になってはいるが、いやらしく感じない。
口の悪さと正直さが仇にもなるが魅力的な中国系の子、なんでかモテる教師の黒人、
少し人と角度の違う場所にいる子、大胆で様々な人
>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.2

タイトルが思い出せない。

平屋の貸家に住む癖の強い人々の話。
個人的に苦手な俳優2人がメイン、自分が嫌いな胡瓜を美味そうに食う、好きな塩辛の作る過程が気持ち悪い、隣人の距離のとり方が苦手、笑えそうで
>>続きを読む

僕の村は戦場だった(1962年製作の映画)

3.3

戦争程無意味な物はない。
小さい頃から戦争状態だったのだろう、まだ幼いのに大人顔負けの態度、でもまだ非力な存在、周りがサポートしてあげようとするが、少年はズンズンと進んでいく。

タルコフスキーらしく
>>続きを読む

スタッツ:人生を好転させるツール(2022年製作の映画)

3.3

ジョナヒルが患者として深く関係性のある人物との対談。

皆に彼の頭の中身を伝えたいと、映画を撮った。
ジョークも交えながら楽しそうに会話をしていて、ジョナヒルの目が輝いている。役でこういう目をしている
>>続きを読む

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

3.6

良き人のためのソナタの監督がリヒターを題材に撮ったやつ。長さはそこまで感じなかった。
アブストラクトな絵のたどりつきかたとか
みてみたかったが、その手前までの話なのかな。
幼少期から中年あたりまでの話
>>続きを読む

聖なる証(2022年製作の映画)

3.1

四か月も食べていないらしい少女を観察しに行かされた看護師の話。

医者や村長みたいなのや牧師さんなどその村の偉い人達の会議で、余計な事はしなくていいから、その娘を観察して、我々に状況を説明して、みたい
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.5

久々にみた、リコリスピザちょっとだけテイスト似てるかも。
昔見た時よりは楽しめたかな。
当時はよくみかたがわからなくて戸惑った記憶が。

今観ても展開はやっぱ独特、ちょっとした毒っ気は昔から変わらずで
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

4.1

PTAの中で1番好きかも。
人間味溢れ輝いてる。
あらためてみるとこのジャケいい。
2軸の展開、勝ち気な二十代アラナねえさんと、おませな十代チェリーゲーリー君のやりとりが楽しい。
珍しい関係性で新鮮、
>>続きを読む

C.R.A.Z.Y.(2005年製作の映画)

3.7

ケベックだったのね、アメリカっぽい雰囲気だけど何喋ってるか最初わからなかった。

60'sのケベックに住む男5人兄弟を育てる家族の話。
軸はクリスマス生まれの四男。
やけにこの子は両親に可愛がられた。
>>続きを読む

三姉妹(2020年製作の映画)

3.3

三姉妹を軸に描いた家族の話。

本人に問題があるのか、周りのせいなのかわからないが、それぞれの姉妹達は精神的にいっぱいいっぱいの生活をしている。

病や子供や旦那や仕事やアルコールなどそれぞれの悩みは
>>続きを読む

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

3.8

こういった家族との描き方もあるのか。
あり得ないとは言い切れ無い気もするし、こんな体験が出来たらどれだけ素晴らしい事かと。

祖母が亡くなりお別れを言えなく落ち込み、祖母の家の片付けをしていると、もっ
>>続きを読む

>|