gdbsdtaさんの映画レビュー・感想・評価

gdbsdta

gdbsdta

映画(927)
ドラマ(53)

失くした体(2019年製作の映画)

3.3

意思?を持った手があるとこへ向かい動きまわる、繊細で少しダークな不思議なフランスアニメ。
見終わった後に、えっ?なんだったんだよ、となって終わったんだけど、少し時間おいてから、じわじわきた。



 
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

クソ野郎が起こした事件を、多方面から追う実話に基づいた話。
ボストンストロングでは把握しきれなかった部分をみせてくれたんだけど、こんな壮絶な逮捕劇があったとは。
痛ましい映像も多く、涙無しには見れなか
>>続きを読む

ブリタニー・ランズ・ア・マラソン(2019年製作の映画)

2.6

自信を持てない女性が走る事をきっかけに変わろうとする話。
アイフィールプリティは内面だったりするが、こっちはわかりやすく外見が変わっていく。
ランニングマシンで走りながら見るには丁度いいかなと思ってみ
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.7

このビジュアルが最後まで違和感あってどうにもならなかった。
皿に関してはやりすぎてないかい、きたねー男も喋りすぎてはいないかい、そこをのぞくと静かで繊細な霊の映画。
ホラーみたいに怖いとか、霊の話だけ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.6

1人息子がいる夫婦が離婚する話。
とにかく会話量が多く時間も長めだし、字幕追うのがなかなか疲れた、その分最後のシーンが効いてくるんだけども。
監督らしさみたいなのは今回も継続で、あまりリアルに感じられ
>>続きを読む

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014年製作の映画)

3.4

スノーロワイヤルが気になってたので、元ネタらしきこれを先に。
家族を奪われた男の復讐劇。
バカでかい除雪車を操るダディが、ギャング達に挑む。
次から次と十字架が立つ。
イコライザーやジョン・ウィックほ
>>続きを読む

マーゴット・ウェディング(2007年製作の映画)

3.3

めんどくせえ姉ちゃんが主人公、
疎遠だった妹が結婚式を実家の庭でやるっていうんで、息子だけを連れて出向く。
妹は一応あねにも招待状はだしてはいるが、まさか来るとは思ってもいなくて動揺。ギクシャクした関
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

2.9

昨日みたアイフィールプリティが楽しかったので、関連してるこれももしかしたらと思ったが、散らかりすぎな群像劇でいまいち楽しめず。
スカヨハのプールのインパクトしか印象にない。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.7

朝から笑った笑った。ブリジットジョーンズみたいな、笑って楽しくさせてくれるラブコメ。
むちむちだし特別綺麗でもないコンプレックスのある女性が、ある事をきっかけに何故か自分の見た目が美人でセクシーな女性
>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

3.3

つぶれかけたレコード屋を営む父、シングルファザーの彼の娘は医師を目指す音楽好きな娘。その親子の音楽を通して触れ合う物語。
あまりこういう設定の映画は見たことなかったので新鮮だったけど、トータルで音楽が
>>続きを読む

モンキー・ビジネス(1952年製作の映画)

3.4

利口なチンパンジー爺さんが、近くにいた博士が薬を調合してるのを見ていて、見様見真似でまさかの若返りの薬を作り、その辺にあった給水器にそれをぶっこむ。
水だと思いそれを飲んだ博士が若返りをして、普段では
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.5

邦題からゴールドラッシュの映画なのかと思ってたけど、わりとそこに重点置いてなくて、話の途中まではなんの映画なのか良くわからなかった。
夜の闇の絵が多く、焚き火のシーンが眠気を誘い、序盤は退屈に感じた、
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

友人達に一曲歌ってみてと言われ、イエスタデイを歌ったら、今までにない反応が得られた。なんて素晴らしい曲なんだ、いったいどうしちゃったのと。
いやいやこれ、ビートルズじゃん。
えっ?昆虫?変な名前のバン
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

4.0

最強のふたりが好きだったのでみたけどこれも良かったです。
古城で結婚式をあげる話なんだけど、主役は新郎新婦ではなくウェディングプランナー。
由緒あるお城で結婚式なんて、なんて洒落てるんだろうと思いきや
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.2

2年近く前から楽しみにしていた映画は自分の中ではそうそう無い。
先週配信やるもんだと思っていたら、急遽すかされてやっと配信、待ちました。
待ったかいありました。

面子も豪華だし、特殊映像も素晴らしく
>>続きを読む

夜が明けるまで(2017年製作の映画)

2.9

近所に住む老いた独り身同士の恋物語。

夜が寝られないんで一緒に寝てくれない?

オリーブキットリッジとか、アフターライフとか、この手の話のドラマ見て好きだったのでこれも期待したが、思ってたよりあっさ
>>続きを読む

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物(2003年製作の映画)

3.2

しっかりとしたストライクゾーンを持った、長年のレコードコレクター爺さんのドキュメンタリー。
かなり古そうな音をききながら、びしびしと音にのり、葉巻を燻らす彼の楽しそうな様子から始まる。
レア盤どころで
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.0

学校では自身無いけど、何か表現はしたい。動画サイトへ家で自撮りした、ちょっとお恥ずかしい動画をアップする日々を過ごす、若い女の子の話。
可愛い顔してるけど、肌荒れの顔とちょいポチャな見た目もあり、理想
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.1

また毛色の違うぶつかり合いな家族物。
父、母、兄、弟、妹の三兄弟が住む家。
ある日両親が一夜で姿を消す。
そこから十数年後の話。

そこまで泣かせにきてる訳ではないが、泣けてくるシーンが多い。
監督ら
>>続きを読む

ウエスト・コースト(2016年製作の映画)

3.0

似た趣味を持つポンコツ中坊4人組のロードムービー。
チャリンコ乗りながらラップする4人がヘタクソでかわいくて笑える。

スタンドバイミーとかストレンジャーシングスとか、若き四人組は鉄板物だとおもいこれ
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.8

一夜たってもなんだか言葉が浮かばないが、面白かった。
淡々としているし、そこまで音数もないので、途中眠気きましたが、中盤以降は独特の緊張感があって、食い入るように観てました。
タクシードライバーに通じ
>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.8

メリル・ストリープってやっぱ凄いなって思えた。アカデミー主演女優賞これでとってたのは納得。

南部からブルックリンに越してきた男と、アパートの上の階に住む危なけながらも魅力的なカップルとの、三人の交流
>>続きを読む

ファーザー・フィギュア(2017年製作の映画)

3.3

死んだはずの父親が生きているということを大人になって知り、父に会いに似てない双子が向かう話。

笑いありちょっとした感動ありの、アメリカらしいドタバタロードムービー。

ちょい役だが色々な人達出ていて
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

なかなかヘビーだった。
最後はですよね、それしかないと納得。
そりゃあぼやけますよ。

サムライ魂を持った女性が、クソで理不尽な事にあい、立ち向かう話。

裁判での被害の様子を語られるシーンがエゲツな
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.4

自分の容姿に無頓着なデカイ中年男フーシ。母と暮らし少し変わった趣味をもち、まじめに働いてこれまでやってきた、女性との接点は持たずに。
胡散臭い母の彼氏に、家で遊んでないで踊りのスクールでもいってこいよ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.8

なかなか減らないマイリストの1つだったこれ。同監督の別離が重かったので、これもそんな感じかと、みるタイミングを測ってた。
やはり見終わった後はなんとも言えない気持ちになる作品でした。

カップルが新し
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.5

やっとこの家族に免疫ついてきたのか、シリーズの中では1番面白く感じた。
今回は長男の嫁、頑張り屋さんのおねえさんにスポットがあたっていて、笑いあり、感動ありで、べたながらもバランスよくまとまっていて楽
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

1.8

青春ロードムービー。
バカバカしく感じてしまったり、こんな展開ないでしょうと、思ってしまった時点でもう入っていけませんでした。
ヤンキーアイドルの叫びもしんどかった。

あの彼はいい感じで唄うんだなと
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.4

アイネ、愛が、とも雰囲気が異なるが、群像劇であるのは共通でした。
しかし難解ってわけではないが不思議な映画だったな。
コメディ要素もあって笑えたり、怖くなったり、点と点の結びつきに感心したり、謎が多か
>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

1.6

脚本この人だったのね。
ネットフリックスはもう少し作品の情報だしてほしいものだ。演者と監督名だけじゃわからないよ。

やばい所いっぱいあるが、1番印象的なのは田んぼ道で雨追い越すシーン。狙いがわからな
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.3

はるです、れおです、はるれおです。
2人の女ミュージシャンはるれおと、補助係の男しまがツアーで地方をまわるロードムービー。

つなぎ着ててもさまになる2人、見た目もいいし実際こんな子達いたら人気でるん
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.3

飲んだくれおっさんが、酒や不自由になってしまった事に向き合う話。
全体としては好きな役者もいて面子もいいし、題材や彼の風刺画も良くて好きなかんじだったんだけど、少しだらっとして退屈な印象もあった。最近
>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

3.0

呼び方の違いね、髪型も違うし兄弟かと思った。
ティモシー君演じる若きイングランド王の話。
確執、裏切り、葛藤、闘い、死と出会い。
よくある昔の話で、特別新鮮味はありませんでした。
グチャグチャの泥んこ
>>続きを読む

風を待って(2013年製作の映画)

1.5

中国の女性が不本意ながらネパールに出張する事になった話。
無駄が多く何も残らない、ネパールって綺麗な国ですねっていう映画。

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

3.2

序盤がとくに良くて、靴磨きのシーンは楽しくて最高。
中盤の夜2人だけで踊るシーンもララランドみたいで素敵だった。
後半がなんだか失速気味で、無難な着地だったのがもったいない。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.1

実際にあった出来事で、やらかした本人達も登場。
似てない配役が気になりつつも、こんなもんなんだろうな、なオロオロな展開が笑える。エレベーターのくだりとかベタでいい。

ただ実際に哀しんでる彼等の家族達
>>続きを読む

>|