gurikomonakaさんの映画レビュー・感想・評価

gurikomonaka

gurikomonaka

~☆2くらい  おもしろくない
☆3くらい   そこそこおもしろい
☆4くらい  かなりおもしろい
☆5くらい  かなりおもしろいし、個人的に思い入れが強い
結構勢いで評価してます

基本的に洋画中心で邦画はアニメ以外はあまり触手が伸びないかも

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

人の恋愛を笑うな(あと笑われてると思うな

新年初劇場鑑賞作品
恋愛に疎い人はハッとさせられる一本だった(館内カップルばっかだったけどww)
いろいろこじらせちゃったサブカル女とアプローチの仕方がまる
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

生かすも殺すも金次第

デビルマンcrybabyと本作みたさについにネットフリックス契約
いやーネットフリックス本当に侮れない・・・

こんなにコミカルで皮肉的に資本主義を描いた作品はなかなかないだろ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

守破離の破(ちょっと粗削りだけど)

観客のスターウォーズフレームワークをめちゃめちゃにぶち壊す一本だった
見る前からすでに古参ファンほど受け入れられないという話を聞いていたがなるほど、この作品はこう
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.9

秘密が明らかにならないもどかしさ

完全に序章でした、はい
おもしろくなるかどうかは今後に期待するとして、この一作だけでは個人的に満足できなかった

話があまり展開しない上に物語の核心部分もほとんど明
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

3.8

映画失格なのに面白い

タイトル通りの一作
本編47分で物語に区切りがついていないというOVAだとしても結構きわどい作りなのに面白いのが憎い・・・
相変わらず新キャラなのに一瞬で特徴覚えられるし、TV
>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

恐怖を理解せよ、先入観をぶちやぶれ

KUBOがよかったので、前々から見ようと思ってた本作をようやく鑑賞

中盤まではギャグにちょっとクスっときたくらいでそんなにかなーと思っていたが、終盤にかけてテー
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.9

「それ」が見えても面白くない

自分はやっぱりホラーには向かない
そう再確認した一本(去年のドントブリーズ以来)

他のスティーブン・キング原作作品よろしくホラーとミステリ、ヒューマンドラマ、青春要素
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

ノブレス・オブリージュ(と親の怨念)の呪い

映画の日だしちょっとだけ気になった作品を適当にみてみるかーということで見てみてみた本作
見たときは知らなかったけど500日のサマーの監督作品だったのね・・
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.1

やばすぎアニメーション

前日に見たKUBOも大概なアニメーションだったがこれはそれを軽く上回るやばすぎアニメーションだった・・・
全編油絵のロトスコープとかもう尋常ではないでしょ・・・
でもそれをし
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.9

※ほんのちょっとだけネタバレしているかも・・・?過敏な人は見ない方が良いかも

もののあわれなあにめいしょん

こんな言葉は古典の授業でならったっきりで終わるのかと思っていたが、まさか海外アニメーショ
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.8

今年暫定最高バトル映画

ほんとにufotableの戦闘作画レベルには度肝を抜かれっぱなしだ
アクション一つ一つの緩急や間のとり方が神がかっている
CGも絶妙な塩梅で挿入されているため、CGとほとんど
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.1

ドクター・ストレンジ(吉良吉影)

バイツァダストを実写化するとこうなるんだなぁ
ジョジョ実写がこんな感じだったら良かったのになぁ・・・
実写版見てないけどもw
Huluの吹替版だと小野大輔も出ている
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

人間による猿のための映画

今まで以上に猿の映画だった・・・
中盤までほとんど猿しか出てないっていうねw
恐怖や憎しみに支配される人間の脆さ弱さってのが本シリーズのテーマだと思うけど、猿さえも結局そう
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

4.0

やっぱりコードギアスは最高だぜ!

総集編なのに続きが気になるってどういうレベルなんだ・・・ww

冒頭があのシーンになっているのは、初見の人にとってルルの行動原理をわかりやすくするためのものだろうが
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.1

※そこそこネタバレあるので、鑑賞後見てね!

愛の境界線

いや~すごい!
一作目のさりげない設定(レイチェルは特別製のレプリカント)をこのように広げることで、「愛」という物の不確かさに切り込んでくる
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

久しぶりに見たらおもしろかった

始めてみたのは3,4年前だったと思うが、そのときは音楽の時代を先取りしてる感じとルトガー・ハウアーの超絶演技以外あまり心には残らなかった

ただ今見返してみると「寿命
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

最高の実験音楽たち

自分は映画音楽を聞くために映画を見ていると言っても過言ではない
その音楽を聞くために映画音楽のコンサートも何回も行った
そんな自分がこの映画の存在を知ったらそれはもう見に行くしか
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

明るい実力主義

NASAという機関が、人種を超えた完全なる実力主義になるまでを描いた話だった

重いテーマではあるが、終始明るいテンポで物語が進むので誰にとっても見やすい作りになっているのが良い
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

4.0

吹奏楽版シングストリート

アニメの2期のときはまだシングストリートを見ていなかったのであまり思わなかったが、これって実の姉と部活の時のある意味での姉の二人との決別を描いたシングストリートだよなあ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

トゥーフェイス

何度も登場人物の顔が光と影で二分された構図がでてくるため、ダークナイトのトゥーフェイスことハービー・デントを思い出してしまった
そういえばどっちも司法の話でもあるし、結構通じるものが
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

3.2

ララァ(CV:早見沙織)

本作はこれに一番驚いた

展開はかなり駆け足だったので、ラストバトル以外が薄めになってしまっているのが惜しい
そう考えると3は素晴らしかったなあ
強いて良い点があるとすれば
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.6

人間賛歌のゾンビ物にはずれなし

流石ツイッター映画クラスタ界隈で今一番勢いのある作品だけあった
去年見たアイアムアヒーローを思い出すレベルの完成度の高さ
そんでもってアイアムアヒーローよりも人間賛歌
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.7

実写版特有のほろ苦さ

ほろ苦さでいったら断然こちらの実写版の方が上だった
確かにこれはコアなファンがたくさんいそうだ
なずなの大人っぽさや色っぽさも絶妙な塩梅
子ども達演技も目を見張る良いシーンもあ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

民衆たちの物語

極限状態に置かれた時、お前たちはどうする?
歴代ノーラン作品の中でも、最も見ている観客にこのメッセージを投げかけてくる作品だった

作品に出てくるたくさんの兵士や一般人が1人の人間と
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

DC映画最高傑作(あとスパッド君だいすき)

うん!これは良い!
間違いなく現時点でDCエクステンデッドユニバースの最高傑作

閉鎖環境で育った人間のシンプルな善悪感で外の世界に解き放たれた時、それが
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

4.0

中学生が織りなす四畳半神話大系

ターゲット層を間違えてしまうとここまで映画は酷評されてしまうのかと驚く
酷評の嵐だったため見るのを悩んだが、本当に新房監督×シャフトを信じてよかった

この作品は、渡
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.4

ふつうに良い(けど後にあまり残らない?)

米林監督に対する自分の印象は一つ
「見た当初は悪くないどころか結構好きなのに、半年ほど経つとほとんど内容を覚えていない」という点に尽きる
まぁ他のジブリ作品
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

今年最高の音ハメ映画

とりあえず映画に音楽を求める全映画人に見てほしい
今年最高の音楽映画は夜明け告げるルーのうただと思っていたがこれも相当キテた
まず序盤の強盗シーンで完全に持っていかれること間違
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

2.6

素直に意味不明

すいません
自分の理解力じゃ解説無しではほとんど意図した内容を汲み取れませんでした・・・
自分の好きな作品は、初見で見てもおもしろいが回を重ねるうちにどんどん深読みができてより深く楽
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

モンスターアクション全振り

こういうのでいいんだよこういうので!(孤独のグルメ
ジュラシックワールドもそうだが、モンスターアクションに全振りしてその他の要素は薄めにするのが個人的には良いと思う
本作
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.2

俺TUEE映画

ラノベ的な俺TUEEものを求めているのは世界共通なんだなぁという印象の一本

ツッコミどころを勢いで何とかする感じの映画でしたw
でもアクションシーンは良いのでおすすめ
それにしても
>>続きを読む

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(2017年製作の映画)

3.5

生まれ変わりの物語

AIの進化の過程が丁寧に描かれてるだとか弱者が盤面をかき乱す話が熱いとかもあるが、一番個人的に良かったのは輪廻転生ということををごく自然に描いてくれたことだった
前世で深い関係だ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

歴史は繰り返す

歴史の教科書を見ると、誰それが悪政をしたとか虐殺をしたとか書いてあるけれど民主主義においてはそれを選んだ国民こそが悪と呼ばれるべきなのかもしれない
民主主義ってある意味無責任だよなと
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

嘘つくロボット

前からずっと見たかった作品だったがようやくアマゾンプライムビデオで鑑賞
プライム会員っていいね!(関係ない

話も見せ方も(ついでに監督の性癖も?)私が生きる肌にめちゃくちゃ似ていて
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

沈黙への答え

数ヶ月前に上映した沈黙で宣教師として日本に来るも、棄教させられてしまったアンドリュー・ガーフィールドくん
そんな彼が転生(違う)し再び自らの信仰を試しに日本に赴くという、メタ的な要素か
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワートお疲れ様

ヒーリングファクターがほとんどなくなっているウルヴァリン、意識が朦朧としているプロフェサーX
自分が知っている二人の面影は全くなくなっていると
>>続きを読む

>|