hoktさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

hokt

hokt

映画(868)
ドラマ(51)
アニメ(0)

成れの果て(2021年製作の映画)

4.5

演技に引き込まれる。

全員凄いってくらい良かった。

まともな人間でできませんけどw

葬儀屋の秘密(2020年製作の映画)

2.5

トイレから出ると思わずバレエを踊りだしたくなるときってありますよね!

の映画

明日の食卓(2021年製作の映画)

5.0

崩壊と再生

重すぎるしショッキングだけど、故にリアル。

多かれ少なかれ、おおよそ幸過ぎる家庭で育った人以外ならかなり共感できるはず。

リアルでは再生されないことのほうが多いんだろうけど

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.7

どうにもならないこと、

どうにかしないといけないこと、

理想と現実。優しさ

少女たちの羅針盤(2010年製作の映画)

4.0

作り上げていく過程が妙にリアル

謎解き要素は特になくてもいいかな。

あなたをつかんでるのは私達じゃない!は名台詞ですわ

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.5

あの広さの体育館で市村さんは一撃で気づくと思ふ

しかし、バトンと直接的な比喩は失礼な気がしなくもない

電気カーペットのシーンが一番好きかな

ロックダウン 非常事態(2019年製作の映画)

2.5

親切なじいさんを無視する性悪娘。

同世代の使えそうな男を脱出する手段として利用する性悪娘。

世界は性格の悪い人が生き残れるようになってるんですね。いい教訓になりました。

レリック ー遺物ー(2020年製作の映画)

3.0

荒くれババアリフォーム娘鉄パイプぶん殴り皮むき母親物語

貞子DX(2022年製作の映画)

3.5

不意打ちで感動させられるシーンがあったのは良かったかな。

回転したら駄目だ!のセリフは笑ってしまいました。

しかし、うるさいのと面白くないノリとかやめて欲しいです。

もっと静かにしてくれればもっ
>>続きを読む

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

3.5

オチで泣きそうになる。

ガッツリ本編のキャラクターのつながりのある話は面白いですね。

単発でよくわからないキャラが出てきても2時間じゃ薄すぎますからねえ

“それ”がいる森(2022年製作の映画)

3.7

帝王切開ヌルヌル親子

むちゃくちゃいいデブの扱いよ。

グロテスク控えたらむちゃくちゃいい子ども向けホラー映画になる。

海外の結局何だったの?っていう見てモヤモヤする感じはなく、

しっかり出てく
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

前半鳥肌立ちまくり

問題解決話、じゃなくシンプルにディーバとしての物語も見てみたいなあ

ロックンロールミシン(2002年製作の映画)

3.5

エンドロールの入り方最高

解散の仕方が残酷な気もしますが、

両翼の完成とともにメンバーは各々の世界へ飛び出したって明るいエンドでホッとしました

トールマン(2012年製作の映画)

3.2

クイズ、本当のお母さんは誰?


車に追いつく脚力、犬にガッツリ噛まれても後ろから男を羽交い締めにするガッツ、怖すぎましたw

スケアクロウ トウモロコシ畑の獲物(2017年製作の映画)

2.5

オシリ出てるガール、浮気、大麻

フェンスを越えるときに無駄に大怪我するボーイ


おっさんの息子はとりあえず良いやつだなってそこだけがこの映画の良いところ

劇場(2020年製作の映画)

4.0

数年前に読んだ小説。

頭の中で描いた世界そのもので、全く違和感がなかった、

読んだすぐ後だったら違和感あったかもですけど。

夜の自転車のシーンがいいんですよね

隠していた本当の気持ちをぶちまけ
>>続きを読む

ラッキー(2020年製作の映画)

2.5

独学で無双になる女著者

そういうもの。で片付ける雑さ

藍に響け(2021年製作の映画)

3.5

夜のところが最高ですね、

言葉じゃなくて魂のぶつけ合いですわ

ラブ・エクスペリメント(2018年製作の映画)

2.7

靭帯切る、すぐ治る、思い出す、すぐやる、歩けなくなる

記憶思い出しプレイ

野良人間 獣に育てられた子どもたち(2018年製作の映画)

2.5

実はお兄ちゃんがとか知らんがな

伏線回収驚きましたか?みたいなやってるけど。

そこまで謎も散りばめられてないし。

ただただ子育てができないオッサンの奇行見せられただけな気が。

普通の子供相手で
>>続きを読む

ステイ・ホーム(2019年製作の映画)

3.0

女の子かわいい

3回の改造で言いなりに、1回目は具合が悪くなるだけって、すぐに普段通りに戻ってるし、、、

大人のおばさんの見分けがつかなくて何がなんだかのシーンが多かった

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

救われて堕とされて救われる

エレファントマンが見た目が普通だったときの人としてどういう性格かはわからないけど、

それ以前の人として見られたいということのみに思考が支配されてるのがシンプルに辛かった
>>続きを読む

ショコラ 君がいて、僕がいる(2015年製作の映画)

3.7

ショコラの老け方が周りに比べて早すぎる。

天国と地獄、繁栄と衰退、憎悪と愛情

表裏一体

あなたにふさわしい(2018年製作の映画)

3.5

なんだこの女?っていう怒りの感情が

オチで浄化される、

途中の鬱陶しい感じも全てはこのラストのためにと思うとすごい作品だと思う

シライサン(2020年製作の映画)

4.7

逃げも隠れもしません、しっかり出てきます。

ルールもわかるけど怖いものは怖い

途中、恋愛映画観てると錯覚させられてまた引き戻される。


何がすごいって、怖い造型大喜利を数十年ホラー映画はやり続け
>>続きを読む

愛の新世界(1994年製作の映画)

3.2

裸が過ぎる

丁度全部ダサい時代なのがいいですよね

(2020年製作の映画)

3.2

サビオ

子供の頃から女の子と交流があって美人と結婚して、天使のような子供ができて、美人と再婚する話。

羨ましいだけですなあ

斎藤工がどうしてあそこまでお金に執着しているのかのサイドストーリーを描
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

4.5

圧縮布団大好き坊や

この世界観すごすぎませんか?

隙がないというか完璧というか、

ありえない状況なのに当たり前の世界のように見えて、主人公はこっち側の人間だから見てる側の普通の感覚も引っ張ってく
>>続きを読む