mappiiさんの映画レビュー・感想・評価

mappii

mappii

ニセものバズがやって来た(2011年製作の映画)

-

ハッピーセットのおもちゃの話!
クレジットまで好き!

バズってどうしてこんなにいじられるんだろうってくらいキャラ濃いというか、いろんな種類のバズがいるけど、1番好きなのはスペイン語モードのバズだよ!

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

現代版「ロミオとジュリエット」

映画史史上、最も美しいバッドエンド。
(映画史を語れるほど映画観てへんから知らんけど)

運命はどうしてこんなにも残酷で悲しいものなのか。
本当に哀れな恋の物語だった
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

5.0

『アントマン』観てから1ヶ月以上経っちゃったけど、ようやくフェーズ3突入!!
そして、やっと折り返したー!

久々のマーベルだったけど、今回は、敵と戦う正義のヒーローというよりも、アベンジャーズの仲間
>>続きを読む

奇傑ゾロ(1920年製作の映画)

-

元祖スーパーヒーロー!元祖パルクール!!

ドンディエゴが絶妙にマヌケでいっぱい笑った!
これも活弁が付いたからかな〜。声がほんまにとぼけてたんだもんな。
“Have you seen like th
>>続きを読む

バス停留所(2014年製作の映画)

-

98%あり得ん話やからこそきゅんきゅんしちゃった〜!

よきショートフィルム!

これがロシヤだ/カメラを持った男(1929年製作の映画)

-

授業で見たけど、1920年代に作られたものとは思えない実験的な攻めた映画だった。

2つのフィルムを重ねて画面を2分割にしたり、スローモーションや早送りを使ってみたり、
高速でショットを切り替えたり、
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.9

うわぁ、ばりばりファンタジーやけど、めちゃくちゃロマンチックで、最高にきゅんきゅんした!!!

しかも、ポールダノとゾーイカザン、リアルに付き合って、結婚して、子どもも産まれた事実知って、きゅんきゅん
>>続きを読む

フィールズ・グッド・マン(2020年製作の映画)

-

映画館で予告観てからずっと気になってたドキュメンタリー。

ネット社会になった今、誰にでも起こりうるような話で、アメリカ社会を等身大に写したような作品だった。

カエルのぺぺなんて、そんなキャラクター
>>続きを読む

ライオン・キング2 シンバズ・プライド(1999年製作の映画)

-

これは傑作続編!!!

ライオンキング版ディセンダントみたいな感じやと思ったけど、前作との対比や繋がりも多くて、ほんまに上手い続編の作り方だなと思う。
特に、前はシンバは王様になることを楽しみにしてた
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

-

とってもロマンチックで、
とってもドラマチックで、
ちょっと切ない恋愛ものなんだけど、
所詮不倫映画なんだよな〜〜!!!

午前十時セレクトだから、ほぼ当たりは確約されてるようなもんなんだけど、これは
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

-

ほーん、なるほどね。
前半、ただの薬ミステリーで1.5倍速ぐらいで観たくなるしょーもなさやったけど、後半にかけて結構面白くなってきた気がする。

別に全然怖くないけど、娘への愛情重すぎて、何回もキモっ
>>続きを読む

チャップリンのニューヨークの王様(1957年製作の映画)

-

チャップリンって老けたらめっちゃ普通のおじいちゃんじゃん。
最初どれがチャップリンか分からんかった!

チャップリンの最後の方の作品ってこともあってもうトーキーにも慣れて、普通にドラマ仕立てになってる
>>続きを読む

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

4.3

なんて美しい話!!!

正直フロロー目的で観たけど、普通にめちゃくちゃ美しい。

『クルエラ』のキャッチコピー、「ディズニー史上最も悪名高い」に疑問抱いて、誰が1番悪名高いかヴィランズ一覧作り始めたん
>>続きを読む

22番VS人間の世界(2021年製作の映画)

-

自分の“好き”がどこで見つかるかなんて分からないよね〜。

22番、ひねくれてるけど、愛おしい。
もう一度『ソウルフルワールド』観たくなった!

そんで、ショートフィルムまでこんなに素敵やのに、ピクサ
>>続きを読む

キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ〜(2020年製作の映画)

-

絵見る感性なんてほぼないけど、現代アートのアーティストのドキュメンタリーってやっぱり面白いな!って最近すごく思う!

誰もが知ってるあのストリートアートの作者、キースヘリングの半生に迫った作品。

>>続きを読む

スクールズ・アウト(2018年製作の映画)

-

かなりカルト的なホラー?スリラー?ではあるけど、現代社会への強いメッセージの込められた作品だった。

あの6人組が劇中98%笑わないし、ガン飛ばしてくるし、何に対しても冷めてるしで、かなり怖かった。
>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

-

前観た時は最後のオチに腹立ちすぎて、そんなにディセンダント2に良い印象抱いてなかったんだけど、改めて観たらめっちゃいい曲の宝庫じゃん!!!!
…って思ったのに、やっぱあのオチはチープすぎて一気にダメに
>>続きを読む

代理教師(2007年製作の映画)

-

”行動することに悩む全ての人に贈る“か〜

偏見強めのサイコ先生。

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

4.0

『ヒトラーに盗られたうさぎ』の方が見逃してた感強かったけど、こっちの方が良作だった!(2本立てあるある)

ナチスに追われたユダヤ人の話は何度か観たことあるけど、ドイツ軍兵士の話は初めてかも。
歴史的
>>続きを読む

ヒトラーに盗られたうさぎ(2019年製作の映画)

-

ナチ党政権誕生寸前から亡命を続けたユダヤ人家族の話。

ユダヤ人迫害政策を受けて、一家亡命を繰り返してた女性の自伝が原作ってこともあるんだと思うけど、これまで見てきたユダヤ人迫害、ナチスに関する映画と
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.0

チャップリン、映画館で観れるなんて感激!!!

受験生現役のとき、第一志望落ちて、初めて個人的な挫折を味わったときに、恩師である副校長先生がSmileの歌詞を送ってくれて救われた思い出。
Smileの
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.7

めちゃめちゃめちゃいい青春映画!!!!
そして、めちゃくちゃ映画愛に溢れた映画!!!

最初、高校のグループを国に見立ててみてるとこからめちゃくちゃ好きやった!!
そんで、日常にチャプターを付けてるあ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト(1968年製作の映画)

-

国内最終上映だというので、いわゆる“西部劇”初鑑賞!

絶対西部劇への入り間違えたよなぁ…
マカロニウエスタン的なやつから入った方が絶対楽しめたじゃんね。(そりゃそうか…)

行間読むの難しくて、話の
>>続きを読む

ゾルタン★星人(2000年製作の映画)

-

アシュトンカッチャーのためのB級おバカコメディ!

B級映画ってなんでこんなにしょーもなくて、馬鹿げてるのに、見ちゃうんやろ。
なんか好きやねんけど、このクセになるしょーもなさ!!!
しょーもないのに
>>続きを読む

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと(2003年製作の映画)

-

13歳ってやっぱり世界共通で荒れる時期なんかな〜。思春期の始まり、周りからの目が気になり始めるお年頃。
正直、急に非行に走りすぎやし、トレイシーとイーヴィの叫び声が耳につきまくってイラッとしかけたけど
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

アカデミー賞主演男優賞で番狂わせして話題だった本作。

認知症体験ができる映画とは聞いてて、映画で認知症体験???っていまいちよく分からなかったけど、見てみたらそれはそれは納得。
だって、事実だと思っ
>>続きを読む

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

-

過去の恋愛に未練しかないロブが、なぜ自分の恋愛が上手くいかないのかを、過去の女性を訪ねて振り返る話。

いや、普通に考えたらおじさんのくせして未練しか無さすぎて引いちゃいそうなのに、
ロブのなんとも言
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

-

とにかく気持ち悪い…。
帰ってからもとにかくため息が止まらない。
こんなに体を硬直させて、息詰まらせて、唇噛んで観た映画は初めて。身動き取ることもできないくらい気持ち悪い。

そして、どんな怖いホラー
>>続きを読む

ミークス・カットオフ(2010年製作の映画)

-

愛読書のひとつ『U.S.ムービーホットサンド』でケリーライカート監督の存在知ったけど、上映全然してなくてやっと観れた!!!

ちゃんとした西部劇って見たこと無くて、なんとなくカウボーイが馬に乗ってピス
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

4.3

日本史の授業では、韓国併合、創氏改名、日本語を強要すること…と事柄としてしか習わなかったけど、その事柄の内情、実情がこんなに過酷なものだったなんて。

高校の授業で習ったときは、日本語を強要することの
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

-

高校で必死に覚えた日本史の知識はすっかり遥か彼方に行ってしまって、もやっとした知識が何度も蘇ったから、復習してから観ればよかったと後悔…。帰って速攻、高校の時の日本史の教科書とノート見返した。(ほんま>>続きを読む

青春の殺人者(1976年製作の映画)

-

え、どないしよ…
全然何が面白いか分からなかったんだけど…
というか、この時代の演技とかに慣れてなさすぎて絶対観るの早かったよね…

アマプラの紹介文とヘッダー的に面白そうと思ったのに。

でも、そん
>>続きを読む

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

-

いや、割といい感じに収まるのに邦題がほんまに残念…と思ったら、おバカな展開が次々と待ってるので、ある意味これは妥当な邦題でございました(笑)

家族思いすぎるパパ主催の家族旅行。
これだけ書くとハート
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.7

ブリジットジョーンズもプリティウーマンも大して刺さらんかったから、ここにきてラブコメ?って思ってたけど、めちゃくちゃ良質なラブコメだった!!!!!

程よく爆笑して、程よくきゅんきゅんしてまさにラブコ
>>続きを読む

ベルリン・アレクサンダープラッツ(2020年製作の映画)

-

ドイツの底辺社会に生きる移民フランシスと、
青年期から悪事を辞めることなく生きてきたラインホルト、
そして、同じように底辺社会を生き抜く人々を描いた社会派スリラー。

ただ善人になりたいだけなのに。
>>続きを読む

>|