lastsamuraiさんの映画レビュー・感想・評価

lastsamurai

lastsamurai

映画(905)
ドラマ(0)

キャッツ(2019年製作の映画)

3.0

一生懸命理解しようとしましたが、受け止めることができなかったのは、これが自分の限界かと思いつつ終わったな!という実感です。
劇団四季でオペラ座の怪人や美女と野獣は感動しました。キャッツだけは観てなかっ
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.9

国家権力とメディアが組むと冤罪を作ることが容易であるという問題提起であるが、これが今よりSNSのないアメリカだから、益々怖い時代になつて行くとまでメッセージしているのではないだろうか。
ただ、今の日本
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

平日(水だから?)なのに満席で驚きました。
まさに韓国にある格差社会への問題提起だと思いますが、そのメッセージングのあり方が強烈なシナリオで完成されてます。
事前にネタは意識して手にしなかったから面白
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

こんな映画だったとは、、、!
題名からは想定できないですよねー。
レースに終始することのない展開があります。
また、男のロマンにはかなわない企業の論理の卑屈さも、改めてしらされます。
実話という後ろ盾
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.2

(観賞前)第1話が新入社員の1977年で、この作品が定年退職した年となった2019年。人生を共に過ごして来たSTARWARS!
第4作から6作までは家族で、7作からは妻と2人で。楽しみである。😌
いつ
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

-

今から楽しみ。やめないでダニエルクレイグ!
007シリーズの作品イメージを変えたのがダニエル!アストンマーティンが似合うのは貴方だけ!

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5


もうこのシリーズは限界だと思います。
1、2のレベルを超えることはない。
激しいシーンに驚きもなく、先々見える展開に終始した。

AIの問題提起なのかなー?
シュワちゃんのテキサス州の銃規制緩和への
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

数々繰り広げられるビートルズの名曲が心地よく響いてきます。
主人公の見てくれが、イマイチなんですが、それはビートルズが見てくれではなく、音楽の評価が高いからと言うメッセージなんだと理解しました。
やっ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.0

直木賞を受賞した、恩田陸の代表作が原作です。音楽を題材にした小説も難しいが、映画にするのもハードルが高いと思って観ました。
ピアニストの若手プロ登竜門のコンクールに挑む4人を中心に描いているわけですが
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.1

ストーリーの展開、R15描写のサスペンススリラー、やっぱり韓国で大ヒットしたリメイク版なんだと理解できる。
しかし、盲目の主人公役の吉岡里帆、彼女の演技力には驚いた。すっかりプロの役者に成長したと、感
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

「本物の悪は、人間の笑顔の中にある」
というSTORY。
気弱な男が、ジョーカーとして、少しづつ目覚めていきます。彼のその潜む狂気と笑顔の背景が、見終わった時、理解でき、共感できるのです。
英雄バット
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

アニメ映画でも、劇団四季でもすでに有名な作品ですが、とにかく実写レベルの表現力がすごすぎます。あまりにもリアルすぎて、本当の動物が英語でしゃべったり、歌っているようで、逆に違和感があって、受け入れるに>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.5

なんだ、めちゃ面白いではないですか!
迫力ある戦闘シーンから始まり、ラストシーンの大和の姿にいたるまでの表現力、そこに至るストーリーの展開に驚きました。
さすがの原作、そして山崎監督です!
個人的なこ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

「……小さな迷子」以来インド映画を観るようになって、この作品を推薦され、盆休み中に二巻(5時間(°_°) )観ました。
半分以上が、過去のいきさつを描く父親の話しでしたから少し驚きました。でも親子は
>>続きを読む

チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生(2013年製作の映画)

3.5

評判良いと知ってたんですが、ギリギリまで😓😓なんなん?という状況でしたが、なんとかなりました!
インド映画は長い!🤫
けど、女優さん美しい!には同感🤗
ダンスは素晴らしい!😬

天気の子(2019年製作の映画)

4.1

まったく事前にストーリーを知らなかったので、大変楽しめました。難解でもなく!
『君の名は』と比較したりしないで、メッセージングを受け止め、楽しく鑑賞するべきです。
しかし、こんなアニメーションがどうし
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

政治、マスコミに対する不信感で悶々としている我が身(わが世代)においては、ジャーナリズムの本質を問う日本の映画としては良い作品だと評価する。
映画はフィクションですが、原作はノンフィクション「新聞記者
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.3

僕らの「ゴジラ」とアメリカ生まれの「ガッジーラ」は、姿・体形が微妙に違いますが、やっぱり「ゴジラ」の映画はうれしいものです。前作からの続編、「髑髏島の巨神」とも関係付けられています。
ともかく、迫力の
>>続きを読む

武蔵-むさし-(2019年製作の映画)

3.4

武道をたしなんでいる以上使命感で観ました。まして、武蔵先生!

史実に基づいたシナリオになっています。
だから、『へーそんなんだ、こーだったんだろーな^_^』と思うところがあります。
おばばもお通さん
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.8

期待していたものの、ネット評価がかなり低くかったのですが、自分で判断する為に観に行きました。
突っ込みどころはありますが、それを無視できる作品だと思います。
日本を取り巻く安全保障、憲法九条の改正、自
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.2

名作を今頃観ました。映画ファンとして情け無い限り、お許しください😵
時代を感じさせない作品でした。

あの子が、アミダラ姫なんですねー🤔
なんとなく妖艶さと可愛らしさが繋がっています。

HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品(2019年製作の映画)

4.0

ビヨンセのライブは、言葉では表現できないくらいのステージだわな(^^)
ヒールでダンス、あの体力ずば抜けてます!
今回のバッグステージも相当な練習を積まないとあんなに揃わない、必見のライブステージでし
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

ようやくウォッチリストから『みた』に昇格しました。
やられた!という一言です。
それ以上コメント出来ないくらい気持ちの高まりを抑えられず、しばらく余韻を大切にさせていただきます😔😔
ラストシーン正面か
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

初日9時に、観て来ました。(いい歳こいて、会社休んで(^^)11連休)

満席、若者が9割、最後に会場に拍手がわき起こりましたー😛
ファンが多いんですねー。
後ろの方が、泣いてました😭
マーベル映画を
>>続きを読む

こどもしょくどう(2017年製作の映画)

2.4


ネットでの評価を尊重して鑑賞したのですが、「うーーんこれが?」という評価です。
子役たちの演技のがんばりは理解できるのですが、貧困の子供たちを取り巻く現実の厳しさは大変重く、
それをどう展開させてい
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.2

潜水艦の映画は、『Uボート』『眼下の敵』『レッドオクトーバーを追え』と数々の名作がありますが、
とにかく密閉された艦内で重々しいシーンが続きます。(閉所恐怖症の方はつらいのではないでしょうか)
魚雷、
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5


こんなに素晴らしい作品とは想像していませんでした。
家族愛がメッセージなのでしょうが、ストーリーに意外な展開があることも驚かされました。
心が温まる、洗われる結果になってしまい、観る前に過小評価して
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

『アベンジャーズ』の壮大なストーリーのはじまりの位置づけになります。
本作品に続いて、4月26日にはマーベル最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されます。
前作『インフィニティ・ウォー』の後、
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.0

これが真実なのかと驚きます。
また真実ゆえに、この脱出シーンの展開には吸い込まれてしまうように見入ってしまいました。

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

90歳の運び屋の主人公の役柄を、イーストウッドが主演&監督を務めるというのが驚きです!
この映画実話なので、粛々と運び屋のシーンが続くのですが、何故か先がよめない緊張感が続きます。観終わると、『お金よ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

人種差別へのメッセージは真正面から発信しつつ、映画っていいなぁと見終わって感じる作品でした。
まず実話という重み、明るくするjazzyな音楽にあふれて、シーン一つ一つに意味することが埋め込まれています
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

なるほど、「バトル・エンジェル」という意味が、映画の途中で分かってきました。
確かに、バトルシーンの映像はすごく迫力とスピード感があります。
主役の女の子がサイボーグなので、少し表情には違和感を感じま
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

「ジャスティス・リーグ」内で初めて知った「アクアマン」がようやく理解できました
「ワイルドスピードSKYMISSION」の監督なんで、退屈しませんでした。
理屈抜きでおもしろかったし、それで良い映画だ
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.0

ようやく、レンタルチャージがスタートして観ました。
正義感、強い、感情のスイッチOFF(大坂ナオミの第三セット)の第1作目同様の展開ですね。
なんかあの強さ、冷静さ憧れるわー!

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.7

感動の二時間半!
国や宗教が違っていても、紛争の過去があっても、愛はそれを乗り越えてしまいます。
そんなメッセージを受けました。
基本的に人間は優しく描かれています。
当然、ラストは泣きます!

子役
>>続きを読む

>|