じょーさんの映画レビュー・感想・評価

じょー

じょー

バッフィ/ザ・バンパイア・キラー(1992年製作の映画)

2.9

女子高生がパンパイア退治に取り組む話。

ちょい!いや!絶対B級だって思って観たけど!アクション演出が残念すぎて戦慄した。その他ツッコミどころ、わんさか。B級だと腹をくくれば受け入れられる映画だった。
>>続きを読む

Be Water(原題)(2020年製作の映画)

3.7

ブルース・リーの生涯を振り返るドキュメンタリー作品。

奥さん、娘さん、関係者のコメントと、けっこうたぶん貴重な映像もたくさんあり、観応えがあった。60年代〜70年代のハリウッドと香港の熱気、活気を追
>>続きを読む

悪は存在しない(2023年製作の映画)

3.7

舞台は長野県の高原地帯。グランピング場開設の話が持ち上がり、地元民と東京の企業が対立する話。

丹念に自然の光景を捉えるカメラと、リアルな会話の息遣いに惹き込まれた。のだけど。着地点、というかこれは着
>>続きを読む

ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)

4.3

猿とゴジラが地底や地上で暴れる話。

こりゃ面白い。怪獣アクションのアイデア詰め込みセット。そんでもって世界各地に現れて思い切り破壊してくれちゃうのが楽しい。明らかに“ワル”な敵の猿が良い。ナイスアシ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.6

父の死をきっかけに再会し、インドを旅する3兄弟の話。

うむむ。何か、何だろ、面白みのあるシーンはたくさんあるけど、同時にすごく取り留めもなくて、ふわっふわしてるというか、狐につままれた感があるという
>>続きを読む

トロン:レガシー(2010年製作の映画)

3.6

20年前に行方不明になった父親とデジタル世界で再会する男の話。

前作にも感じたけど、話が若干大味で平たい、かな。デジタル世界の無機質さ故かもしれない。前作と比べたらCGは雲泥の差でそれは○だけど、前
>>続きを読む

ブルックリンでオペラを(2023年製作の映画)

4.0

スランプ中のオペラ作曲家とその周囲の人々の話。

ざっくり言うと2つの大恋愛を描いているのだけど、その描き方、各人のつながり方が先が読めなくて、「そっちに舵切るんかい」という箇所がいくつか。その予定調
>>続きを読む

トロン(1982年製作の映画)

3.6

ビデオゲームの開発者が、自分の権利を取り戻すために、そのゲームの世界に侵入する話。

話はかなり大味で、終盤の展開も物足りない…んだけど、ファミコン発売の1年前に、この鮮烈なデジタル世界を描写した点は
>>続きを読む

辰巳(2023年製作の映画)

4.5

『辰巳』を目撃。

死体処理を生業とする男と自動車整備を生業とする女の話。

これは…何というノワール映画…!血で血を洗うバイオレンス描写がすごい。登場人物皆の顔圧(がんあつ)がすごい。日本か!と言い
>>続きを読む

グレイテスト・ヒッツ(2024年製作の映画)

4.0

交通事故で彼氏を亡くした女性の話。

彼氏との思い出の曲を聴くと過去に飛べる(?)というSF設定が面白い。新しい出会いもあるけど、過去とどう向き合い、どう折り合いをつけていくか。SF要素を活かしつつ、
>>続きを読む

映画 ○月○日、区長になる女。(2024年製作の映画)

4.3

2022年の杉並区長選を追ったドキュメンタリー作品。

当時熱を持って見守っていたし、着地点はタイトルにもなっているので当然知っているけど、それでも終盤のアツさには泣いたし、選挙戦にまつわる諸々の大変
>>続きを読む

キラー・ナマケモノ(2023年製作の映画)

4.0

大学の女子寮でナマケモノが暴れる話。

ノーCG全編パペット!

ナマケモノってこんなに知能も身体能力も高いんすね(いや、多分ちがう)。

前半の女子寮リーダー決定投票も後半のオラオラ展開も、何か終始
>>続きを読む

異人たち(2023年製作の映画)

3.8

映画『異人たちとの夏』は昨日鑑賞。原作小説未読。

うおお、そう来たか。舞台が現代英国になった以外にも変更された設定があり、同じ麺でも蕎麦とマカロニパスタくらい違う…(具材もかなり違う感じ)。どちらも
>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.8

亡くなった両親にそっくりな男女に出会う、とある脚本家の話。

なるほど、“異人”。本人に見えてるだけ、ということでもなく、この世界の“異人”の扱いどうなってんだ、という疑問はありつつ、とはいえいい話、
>>続きを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年製作の映画)

3.6

変態仮面の活躍、その2。

まあ、もう、不適切&しょうもない、という点においては1と同様で。やられて、修行して、リベンジ、てな流れとか、味方だと思ったら敵、みたいな展開は、定番だけど好きっすね。アクシ
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.5

原作、ジャンプでふわっと既読。

女子のパンティーを頭に被って悪と戦うヒーローの話。

ハイ、不適切!いやあこれ、見事なまでに不適切だなあ。あと、ホントしょうもない。でも、しょうもなさが良い。今観る
>>続きを読む

東京暮色(1957年製作の映画)

4.0

銀行勤めの男とその2人の娘の話。

家族に言えない秘密があったり、些細なことで警察に保護されたり、母親かもしれない人に会ったり。140分の濃密なドラマだった。そして。嗚呼。そこに着地するのかい。ちょっ
>>続きを読む

チェリーについて(2012年製作の映画)

3.1

田舎からサンフランシスコに出てきて、ポルノ業界に足を踏み入れる少女の話。

うーむむむ。何か、色んなことが起きるは起きるけど、ドラマ薄めな感じで、ふぁさーっと進行しちゃったかな、という印象。監督役のヘ
>>続きを読む

オーメン/オーメン666(2006年製作の映画)

4.0

シリーズ666作目。ではなくて、1のリメイク。

ダミアン少年の周囲で不審死が続く話。まあそりゃだいたい1と同じなんだけど、ビビらせ演出うまいのと雨のシーンが効果的なのが良かった。三輪車はキックボード
>>続きを読む

貴公子(2023年製作の映画)

4.1

謎の男が巻き起こす、金と暴力と陰謀に塗れた話。

こ、これは、紛れもなく韓国ノワール…。

金持ち側の真の目的が中盤手前で判明した時に、ゾワッとした。車と銃のアクションが、針振り切れてる。そこからどう
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.0

ある男の転落死。事故か、自殺か、他殺か。という話。

嫌疑をかけられた奥さん(人気作家)、ほぼ視力をなくした息子との関係が徐々に顕わになっていく。

いやあ、これは面白い。地味だけどアツい法廷劇。情報
>>続きを読む

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

4.0

NYで幼馴染と再会する男女の話 with 女性の旦那さん。

2人は12歳の時はお互いに好きでおそらくお互い初恋の相手。そこからの展開、本作は寓話的要素とリアル要素のバランスが良かった。終始、画がきれ
>>続きを読む

オーメン4(1991年製作の映画)

3.0

“悪魔の子”ディーリアとその周辺の人たちの話。

むむむ。ディーリア、1、2あたりのダミアンと比べると、何か物足りない。。あと、3とタメはるくらいに展開がのっぺりで恐怖演出少ない。。終盤明かされるディ
>>続きを読む

アイアンクロー(2023年製作の映画)

4.0

アイアンクローの名手フリッツ・フォン・エリックとその家族を描く実録映画。

エリックのことはぼんやり知っていたけど、こんな痛ましいことが起きていたとは知らなかった。父の期待に応えたい息子たちがプレッシ
>>続きを読む

オーメンIII 最後の闘争(1981年製作の映画)

3.0

ダミアン、32歳。ダミアンが悪魔の子だと気づいた教会の刺客が、ダミアン暗殺を計画する。

ってちょっと!刺客の皆さん、弱すぎないか?あと、尺を確保したいのか犬が走るシーンとか謎に長くて、もっさりゆった
>>続きを読む

オーメン2/ダミアン(1978年製作の映画)

3.6

ダミアン、6歳から13歳へ成長。

悪魔の力、たぶん増してるな。真相に近づこうとする人たちが悉く不審な死を遂げる。不敵な笑みを浮かべるダミアンが怖ろしい…。何だか全体的に地味なんだけど、要所要所のスリ
>>続きを読む

オーメン(1976年製作の映画)

4.0

20数年ぶり。

“ザ・ファースト”観たあとだと、そうつながるか!という見所があるが、“犬”に関する設定で若干の齟齬があり、疑問が残る。いやしかし、ダミアン少年こええ、ってのは、存分に味わった。あの乳
>>続きを読む

オーメン:ザ・ファースト(2024年製作の映画)

3.8

『オーメン:ザ・ファースト』を鑑賞。

1だけかなり昔に鑑賞済。

ダミアンが産まれるまでの話。

まあまあ淡々と進行するのだけど、途中で、おおぉ、そう来たか、つって、グッとギアが入る展開があって、終
>>続きを読む

ブリングリング(2013年製作の映画)

3.5

セレブの家に空き巣に入る若き窃盗団の話。

何でバレねえんだ→やっぱバレたか、という展開が、実話ベースだから致し方なしではあるけど、パンチが足りない、と思ってしまった。ドキュメンタリー寄りでもなくサス
>>続きを読む

スーパー!(2010年製作の映画)

4.0

家を出た奥さんとやり直したい男の話。

男は神の啓示(?)を受けて手作りヒーローとして活動を始めるけど、世間の評価は“変装したやつの暴行”…。そんなところも含めて全編ビターなテイストで進行。銃殺や爆殺
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.7

映画の撮影現場で不穏なことが起きる話。

有名な“足”のシーンだけ知ってて、確かにそのシーンは強烈。その他「ぎぃゃぁ」となるシーンがいくつかあり、あとは淡々と進行。次は何が来るんだ…と構えて観ちゃう。
>>続きを読む

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー(2024年製作の映画)

3.3

過去作も前作も好きだけど、本作は、うーん…。

中盤までは気の抜けたコーラみたいな物足りなさあり。中盤から後半にかけて面白くなりそうになるけど、ラスト、腑に落ちなさとツッコミどころが…。前作同様、フィ
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

4.0

神の啓示を受けて悪党を処刑する、二卵性双生児の兄弟の話。

2人を追跡する刑事役のW・デフォー祭り!という側面もあったけど、主人公2人のキャラも立ってるし、他の皆さんもキャラ濃くて、アクションの激しさ
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024年製作の映画)

4.5

原作未読。東京の上空に巨大なUFOが停泊している世界の話。

何だこりゃ。圧倒的に面白い!UFOは非現実的だけど、会話や情景がめちゃリアル。ヒリヒリびりびりする先の読めない展開がサイコー!かなりコーフ
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.0

原爆を作った男の話。

壮絶な180分。構成が複雑で情報量が多くて感情も煽ってくるので、頭も心も体もめちゃくちゃ疲れた。そんでもって日本人としてどう受け止めるか、というフィルターもあるもんだから大変で
>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

4.3

犬と仲が良い男の話。

こりゃ面白い!ピカレスクロマン、かな。や、しかし、いろんな要素盛り盛りで全編濃いめの味付け。助演犬優賞ものな犬たちが素晴らしい(あれ…もしかしてCGだろうか)。そしてラストシー
>>続きを読む

>|