フジタジュンコさんの映画レビュー・感想・評価

フジタジュンコ

フジタジュンコ

伝染歌(2007年製作の映画)

1.2

クソホラーの金字塔「ホラーハウス」1&2(皆さんは絶対に見ないでください)を視聴したせいで、U-NEXTが私にクソJホラーしかリコメンドしなくなりました…つらい…嬉しいけど……つらい………

秋元康氏
>>続きを読む

ニート・オブ・ザ・デッド(2014年製作の映画)

3.0

おばあちゃんの遺言で、筒井真理子様が出ている作品にはスコア3.0以上をつけることになっているので……

そういえばレビューを書いてなかったなと思いだして再視聴。40分程度なのでサクッと見られます。タイ
>>続きを読む

フォー・ハンズ(2017年製作の映画)

2.0

うーん、すんごい面白そうだったんですが…退屈だった……

もはや「解離性同一性障害」なんて映画的には「よくある話」になっているので、叙述トリックだったというネタバラシも特に衝撃がないんですよね。ジャケ
>>続きを読む

えっ?サメ男(2012年製作の映画)

4.5

ペラッペラのはんぺん状のサメたんがチェーンソーを振り回したり、布でできた内臓をもむもむしてみたり、テントで寝ているカップルを襲撃したり、水着美女と素敵なコテージでお食事したりと、ほっこり楽しいクソバカ>>続きを読む

バチアタリ暴力人間(2010年製作の映画)

3.8

丹下先生大好きです!!丹下先生大好きです!!

あの「カルト」「オカルト」の白石監督が自身の初期作品をリメイク。もはやタイトルですべてが把握できてしまう作品なんですが、もう、むちゃくちゃすぎる。下劣す
>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

3.8

見たら必ず後悔すること請け合いのサメ映画(サメ…映画…なのかな…?)「デビルシャーク」、何回見てもやはり「なんで見てしまったのか」と後悔します。

サメ映画っていうかゲロ映画かな? ゲロが苦手なかた(
>>続きを読む

JAWS IN JAPAN ジョーズ・イン・ジャパン(2009年製作の映画)

1.0

これだけは見るな!!!!!!絶対にだ!!!!!!

でも見始めたら最後まで見てください。苦行だけど…苦行っていっていいのかわからないくらい辛いけど……

水着のチャンネーを見るための70分として受け止
>>続きを読む

ジュラシック・シャーク(2012年製作の映画)

1.5

衝撃?のEDまで見て、「そういえばこれ前に見たことあったわ!」と気づいたくらい有象無象の何の面白みもなく印象にも残らないZ級クソサメ映画です。ただ、吹き替えがあるので、流し見にはちょうどいいのではない>>続きを読む

グッド・シリアルキラー(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

これは良くない方のブラムハウス。
あらすじ(とジャケット)が期待感を持てそうだったのに、結局ただのシリアルキラーで面白みに欠ける。学校の先生が、子どもたちの毒親を殺しまくるってそれだけだとめっちゃ面白
>>続きを読む

ホラーハウス Vol.2(2021年製作の映画)

1.0

[私信] ヤンさん……あたい、見たよ………日本で2番目(?)に……見たよ………

「1」につづいて、こんなものを見るくらいならコンビニでアイスクリームを2個買ったほうがいいと思わせるクソクオリティは健
>>続きを読む

監幽(2018年製作の映画)

1.2

・冒頭のオッサンがオッサンを犯すシーン、OK
・高橋しょう子さんを犯すためにゾンビ?たちがきっちり整列してるシーン、OK(爆笑)
・ラストのスクリーモ的テーマソング、OK

あたいは………………なんで
>>続きを読む

縁切り村 〜デッドエンドサバイバル〜(2011年製作の映画)

1.2

さて、本日のクソ映画視聴用ワインはセレステ・クリアンサ。「キング・オブ・スペイン」と名高いスペインの名門ワイナリー、トーレスの赤ワインです。標高900mの山頂から臨む、美しい星空を描いたエチケットも大>>続きを読む

人肉村(2020年製作の映画)

2.4

逆さに吊られた女性がまっぷたつに裂かれてもニコニコ見守れるほどにゴア描写に耐性のあるわたくしも、ゲロ表現だけはもらいゲロしてしまいます。今回もネーチャンのゲロシーンでうえっとなってしまいました。嘔吐シ>>続きを読む

ビッグフットvsゾンビ(2016年製作の映画)

4.0

なんだこのバカ映画! こういうのでいいんだよ、B級映画は! 大好き!!(歓喜)

雑なメイクのゾンビと着ぐるみのビッグフットの対決に終始笑っていられるほっこり作品です。YouTubeでよく聞くフリー音
>>続きを読む

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.0

「ホラーハウス」と「処刑島」のダメージをry

完結編は、ちょっと失速したというか、「漫画ならではの表現」に映像の方が耐えきれなかった感はあるが、それでも面白かった。寄生獣すごいわ。ミギーの消失には涙
>>続きを読む

寄生獣(2014年製作の映画)

3.0

「ホラーハウス」と「処刑島」のダメージを引きずりながら社会復帰のために視聴。原作は大好きなので、あえて地雷を踏むこともあるまい…と見ていなかったが、思ったよりちゃんと作られていてよかった。
原作がとに
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

2.8

「ホラーハウス」( https://filmarks.com/movies/95575 )「処刑島」( https://filmarks.com/movies/82734 )の後遺症で映画鑑賞にトラウ>>続きを読む

処刑島(2015年製作の映画)

1.0

うわああああん!あたしの!あたしの400円!!!400円あったら「たべる牧場」が2個買えるよぉ………

ファミマ限定の 赤城「食べる牧場」、とってもおいしいので、皆さん見かけたら食べてみてくださいね。
>>続きを読む

ホラーハウス(2021年製作の映画)

1.0

もう何も…何も言うべきことがない……こんな、作品として成立しないものを…堂々と…配信…2につづくだと…? 正気か? 大丈夫か? この作品が制作されること自体がホラーだぞ? ねえ、400円返してよ!!!>>続きを読む

幽鬼(2015年製作の映画)

1.1

私の敬愛するレビュアーさんが全力で勧めていなかったので見ました。
クソ映画好きとしては避けて通れない道だと思ったのです。見終わった感想は……避けて通ればよかった…!! 限りある人生における80分、もし
>>続きを読む

めがみさま(2017年製作の映画)

1.5

先祖代々の掟で、筒井真理子さまの出ている作品には5.0をつけねばならないのですが、真理子さまに5.0、脚本と演出を加味すると結果的に1.5になりました。

「恐怖人形」で、宮岡監督、様々な意味でやべえ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.6

<!-- ここからクレしんへの個人的な思い入れ -->
もうこの30年近く、クレヨンしんちゃんとともに生きてきました。1992年のアニメ放送時から大ファンです。矢島晶子さんがあの声を出す前からしんちゃ
>>続きを読む

恐怖人形(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

「チコちゃんに殺される」で草

ホラーではなくコントだと思って見ると楽しめます。でもおすすめはしません。私のようにクソホラーがお好きなかたはぜひ。なんで私はこういうクソホラーばっかり見ちゃうんだ……こ
>>続きを読む

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

4.5

びっくりするくらい面白い。なんだこれ。
一個だけ苦言を呈させてもらえば、虫が…虫が出てくるので嫌いな人は要注意ね……(演出としては大成功ですが)

主人公と隣人である騒音おばさんとのベランダ越しの戦い
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

後半に出てくる野犬がかわいいです!(見どころそれのみ)

いろんな要素が混ざりまくっていて、とっちらかっていて、演者と演出が噛み合っていないのでいつまで経っても物語に没入できませんでした。主演の三吉彩
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.3

事前情報がほとんどない状態で見たので、ダラダラとクソどうでもいい日常に飽きつつ、ユカちゃんのビッチぶりに引きつつ(女友達があんな子しかいないんだろうな…)、いつ本編が始まるんだろうなと思いながら見てい>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.8

本当に大好きな作品で、何回見ても飽きない、素晴らしい作品。ゾンビ映画で面白い作品は?と聞かれたら、私はこれを真っ先に挙げる。

続編の『新感染半島 ファイナル・ステージ』の復習に、と、10回目くらいの
>>続きを読む

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

バンパイア母ちゃん大暴れの巻!

ハイジャックによるパニックものかと思ったら母ちゃんがバンパイアで髪の毛がごそっと抜けて正気を失って人間どもを襲いまくり、人間としての理性とバンパイアとしての衝動の間で
>>続きを読む

100日間生きたワニ(2021年製作の映画)

1.0

感想を簡単に言えば、苦痛・苦行・苦悩、からの、虚無。

原作はTwitterでRTなどで流れてくるのをたまに見た記憶がある程度。監督、キャスト、音楽はじめ製作陣の誰ひとりも好きじゃない。要するに何の興
>>続きを読む

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

2.8

おまいら栃木バカにすんな!! 餃子食ってレモン牛乳飲め!!!!

栃木のブルワリーのかたに教わったんですが、栃木って日本のビール大麦の生産量1位なんですって。毎日飲んでるこのビールの麦は栃木で作られた
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.8

これ完全にクソホラーやん!と思って見たらちゃんと面白い映画だった…最近クソ映画認知能力が鈍ってきたような気がする…鍛えねば…(どうやって

有名ホラー作品のパロディ・オマージュ満載、映画の世界に飲み込
>>続きを読む

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~(2021年製作の映画)

3.5

ヒロインは高岡早紀でも内田理央でもなく、市原隼人でしたね。

世の中にはクソ映画やクソドラマを好んで見る性癖の人々が存在しますが、「リカ」はそういう人々に向けた映画ですので、一般の人が1800円とか払
>>続きを読む

殺人ワークショップ(2012年製作の映画)

3.5

刺して抜く!刺して抜く!!(癖になる)

「オカルト」で全世界の女子たちの心を萌え萌えきゅんきゅんさせた江野祥平きゅんが、何の因果かふたたび地上に最後の天使として舞い降り、恨みをもった一般ピープルたち
>>続きを読む

テケテケ(2009年製作の映画)

2.0

日曜は白石晃士監督祭りで。

「テケテケ」って語感は可愛らしいのに造形と成立したエピソードがなかなかエグい。
wikiを見たら踏切で切断された女子学生の都市伝説は記憶にあったが、「テケテケ」という名称
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

3.2

怖くはないが、面白い。低予算モキュメンタリーながらも若かりし松本まりかの演技が今と変わらず憑依スタイルなのが見ていて面白い。

白石監督作品はどうしても「カルト」が頭にあるので、レビューも甘くなってし
>>続きを読む

ドアロック(2018年製作の映画)

2.8

韓国映画を見ていて思うが、女同士の友情がわりと固いよね。今回もヒロインの友達がとてもいい子で「この子だけは幸せになってくれ…」と祈りながら見ていた。
ストーリーとしてはお約束通りで目新しさも特にないが
>>続きを読む

>|