ムーミーコロコロさんの映画レビュー・感想・評価

ムーミーコロコロ

ムーミーコロコロ

映画(1025)
ドラマ(12)
アニメ(0)

REBEL MOON ー パート2: 傷跡を刻む者(2024年製作の映画)

3.5

1に比べこちらの方がアクション多めで面白かった。
何より村を守るために、みんなが力を合わせて戦うってところがよかった。

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.9

ロビン・ウィリアムズの女装、ほんとによく似合ってる。
妻から一方的に離婚を告げられ、子どもたちと無理やり引き裂かれたダニエル。そこで、彼は1つのアイデアを実行。
父と子の繋がりを感じる。

ロビン・ウ
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.8

家族にすすめられて見ました。
過去から未来へ、未来から過去へ。なかなかよく考えられていると思った。
途中ピートがどうかなってしまったかと、そこが一番心配だったけど、ちゃんと元気でいてくれてよかった。あ
>>続きを読む

ワイルド・リベンジ(2022年製作の映画)

3.0

デ・ニーロ目当ての鑑賞。
恋人を殺された怒りは分かるが、復讐劇があっさりし過ぎ。
ひねりがないまままっすぐ核心まで行っちゃった(笑)
デ・ニーロが勿体ない。

日の名残り(1993年製作の映画)

4.0

しみじみと心に染み込んでくるような作品。決して派手さはないが、余韻が大きい。
スティーブンスは、執事の鏡のよう。周りがどんな状況にあっても、冷静に常に中立の立場で用をこなす。でも、その生き方が身につい
>>続きを読む

セーヌ川の水面の下に(2024年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

色々作戦立てたけど、結局何も解決できなかったって話?
あの市長は終わってる。金のことしか頭にない。そして、自分の名誉欲。いや、こういう政治家は日本にも山ほどいるけど。

自然保護団体。考えには共感する
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.6

クリストファー・ノーラン作品ということで、嫌でも肩に力が入ってしまう。
それでも、完璧に分かったかというと…。
はぁ~、もう一回見ないとな〜。

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.8

妻に先立たれてから生きる意味を失ってしまった男、モンテ。毎日酒ばかり飲んでいる。
そんな彼がお隣さんと心を通わせ、次第に生きる力を取り戻していく。
モーガン・フリーマンの口から出る言葉が次第に変わって
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.8

成田凌の普通じゃない演技、ごく自然で、この人、常からこんなんじゃないかと思えるくらい。
でも、普通ってなんだろう。みんな普通に生活してるのに不満を抱えて。普通じゃないと思われてる大野センセのほうがスト
>>続きを読む

ダウントン・アビー/新たなる時代へ(2022年製作の映画)

4.0

ドラマは見てないけど、映画の1作目に続き、鑑賞。
貴族の上品さ、硬さなどがうまく表されている。そんな中で映画のロケに屋敷を貸すことで、映画界の人たちと触れ合うことに。新しい空気が入ることで生じる摩擦、
>>続きを読む

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド(2001年製作の映画)

3.8

1だけ見て、次見るのを忘れてた!
見始めて、1のストーリーを思い出したわ。
息子のアレックスがなんとも可愛らしい。本当は怖いだろうに、うまく言葉でかわして相手に負けないようにしてる。
ドウェイン・ジョ
>>続きを読む

アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス(2015年製作の映画)

3.7

自分の周りから大切な人たちがいなくなることは、本当に辛い。ましてや、年齢が高くなってからは身につまされると思う。
そんな悲しさや切なさがよく表れている。でも、そこには必ず支えてくれる友人がいる。
そし
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.0

よかった!
どうしようもない悪ガキたちが集まる三流高校に呼び戻され教師として子どもたちの指導に当たるデロリス。音楽の楽しさを子どもたちに教える。
子どもたちがあっさりと音楽に傾倒していくには少し調子よ
>>続きを読む

アトラス(2024年製作の映画)

3.8

人間嫌い、AI嫌いのアトラスには、今まで誰にも言えなかった過去の秘密が…。
アトラスが次第にSmithを信じるようになる過程がいい。
人間とAIは本当に信頼関係を結べるようになるか。映画を見て考えさせ
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.3

ずっと見たかった作品。
全体を通じてポップな感じがとてもいい。
歌声を聞いていると、自然に元気になり、こんな自分でも何かできそうな気がしてくる。

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.5

花びらだと思ってたのに…。

それにしてもマインドコントロールって怖い。知らず知らずのうちに思い通りに動かされてるんだから。
拘留されていながら人を動かすってどうなん?
見ている私も、榛村のことをちょ
>>続きを読む

ザ・ビーチ(2000年製作の映画)

3.0

なんだか疲れた。
結局、監督は何を伝えたかったのだろう。そこが見えてこないので、ものすごく疲れた。

アウトフィット(2022年製作の映画)

3.9

前から気になってたのだけど、ようやく見た。
ギャングが出入りする洋服店。それだけでも不思議な感じがした。
ギャングが出てくるけど、派手なドンパチはなし。仕立て屋の主人は終始冷静で静かに話す。瞬間の機転
>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

4.0

一言でいうと、じわじわと迫ってくる気持ち悪さ。
友達もいない大学生。知り合った金持ちの息子と友達に。家に招待されてから、その家が破滅に向かっていく。
いやぁ、こんな男に気に入られたら、どうしようもなく
>>続きを読む

ゴヤの名画と優しい泥棒(2020年製作の映画)

3.8

正義感溢れ、とても優しいお爺さん。おおきいものを相手にしても怯むことなく向かっていく姿勢がGood👍
問題を世間に広めるためにはこういう方法もあり…か。
裁判所の傍聴席が熱かった。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.8

胸糞映画だと聞いてたけど、一言で言えば気持ち悪い。
村の伝統的な風習だというけれど、それが常識になっているから人を殺すことに全く罪悪感がない。
結局あの友だちはすべてを知りながら、ある目的のために仲間
>>続きを読む

FALL/フォール(2022年製作の映画)

3.5

高所恐怖症の私としては、自分がそこにいなくても恐ろしかった。
鉄塔を上るときから、結末が想像できてしまうシチュエーション多し。
ほれ、やっぱり言わんこっちゃない。立入禁止のところに行くからでしょって、
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.7

北海道らしく雪のシーンが多いな。
西田敏行は、出番が少ないけどとてもいい役。これは美味しい。

この話を見てると、探偵って大変だなと思った。体が強くなくっちゃできそうにない。歩くサンドバッグみたい。
>>続きを読む

リアル・スティール(2011年製作の映画)

4.2

最新のロボットを使っても勝てなかったのに、あんなに古いロボットが…。顔を見たって、哀愁を伴ってるし。でも、それを強くしたのは確実にマックス!さすが現代っ子。コンピューターの使い方に慣れてる。いや、それ>>続きを読む

フォトグラフ ~あなたが私を見つけた日~(2019年製作の映画)

3.3

彼も彼女も感情を押し殺すことが日常になっている。
彼は生活を支えるために、彼女は親の言いなりになって、自分が何を好きにもわからない状態になっている。
そんな2人がひょんなことから出会う。2人とも自分の
>>続きを読む

ミックステープ 伝えられずにいたこと(2021年製作の映画)

3.5

ミックステープって、その人の想いが入ってるよね。ママのテープが残っててよかった。正確には、プレイリストだけだったけど。
「リンダリンダ」が入っててビックリ。選曲のセンスを感じる。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.9

大泉洋が出ているものは大概ハズレないな。こちらも面白かった。
出版社が舞台というのも、とても興味をそそられた。部数が出ないと休刊に持ち込まれるのは必至。そう思うと、守りの体制ばかりじゃ無理。速水のよう
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.0

長いので、なかなか見る踏ん切りがつけられなかったけど、今回配信終了らしいので、慌てて視聴。
見てよかった!
アル・パチーノ、こういう役をさせたら存在感あり過ぎ。本当にコカインしてるんじゃないかと思えて
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.9

間もなく配信終了ってことで上がってきたので鑑賞。私みたいな映画オンチでも知ってる作品。
モノクロだとは知らなんだ。それがよけいに怖さを引き出してる。あのホテルが何か怪しいとは思ってたけど、まさかそうな
>>続きを読む

CODE 8/コード・エイト Part II(2024年製作の映画)

3.6

評価は低いけど、私は楽しめた。
超能力者の悲哀というか、苦難がよく表されている。そして、同じ超能力者でありながら、それを隠していい思いをしている奴。それらのぶつかり合いは、派手さはないが見ごたえがある
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

ずっと見たかった作品。しらないうちに配信されてた!
妻をなくして、悲しみがわかない。何も感じない。そんなとき、やっぱり破壊かな。現状を壊したい。そんな気持ちが出てくるな。
壊して壊して壊し尽くした先に
>>続きを読む

CODE8/コード・エイト(2019年製作の映画)

3.8

超能力が使えることを羨ましく思ったりするが、それが元で迫害されてしまうのはあまりにも辛い。
職にはつけないは、母は病気だはとなると、残る選択肢は…。

全体を通して、暗さを感じる。その暗さは彼の宿命か
>>続きを読む

ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年製作の映画)

4.2

あれから5年の月日がたち、子どもたちも高校生に。
でも、相変わらずみんな人間くさい。
今回は、六子のロマンスと茶川先生の一大決心に焦点が当たる。
それにしても、茶川先生、やっぱり髪の毛ボサボサだな。そ
>>続きを読む

ALWAYS続・三丁目の夕日(2007年製作の映画)

4.0

まだ時間がゆっくり過ぎていた頃の話。まだ人のつながりが熱かった頃の話。

自分のことじゃないのに必死になって、泣いたり笑ったり怒ったり。

みんな人間らしか〜。

見ていて胸が熱くなるシーンがたびたび
>>続きを読む

林檎とポラロイド(2020年製作の映画)

3.8

バスの中で目覚めたら記憶を失っていた男。突然記憶を失うといった病気が流行っていたらしい。
そんな彼は、「過去を捨て、新しい人生を作り出す」プログラムを始める。プログラムは一つ一つがユニーク。でも、それ
>>続きを読む

エンドロールのつづき(2021年製作の映画)

3.8

映画好きの少年が、光に魅せられ、そこから映画を作ることを夢見るようになる。
サマイの芯の強さに驚く。倒れてもただでは起きない。

廃墟で映画の上映会。手作りの効果音。最高!これぞ映画の原点っていう気が
>>続きを読む