kamekichi313さんの映画レビュー・感想・評価

kamekichi313

kamekichi313

俺の過ち(2023年製作の映画)

2.5

⭐︎完結しない複雑な恋愛ストーリーで、起こる事件も大きいが、今一つ主題のない話だった。
⭐︎主人公たちが、色気のある美男美女で、恋愛の駆け引きがとにかく絵になる。
⭐︎カーアクションをやや無理やりねじ
>>続きを読む

20歳のソウル(2022年製作の映画)

2.0

⭐︎青春音楽の映画かと思いきや、予想以上に病気が主題になっていて、ベタな展開にちょっと期待外れ。肝心の作曲の深い内的な欲求、その瞬間の思考の高まりがほとんど描かれておらず残念。
⭐︎月日があっという間
>>続きを読む

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

-

⭐︎少女の歪んだ友情と愛情が、ティーンエイジャーたちの日常と欲望の狭間で揺れ動く。
⭐︎隠さない生々しい描写が多く、特にゴミを貪り食べるシーンは吐き気がする。
⭐︎やたらと子供たちの着替えのシーンが多
>>続きを読む

ボブ・マーリー:ONE LOVE(2024年製作の映画)

2.5

⭐︎ボブマーリーという、世界的音楽スターの内的世界にそっと迫っていく。父親の不在と内戦という危機的状況で心に深く負った傷を、創造的音楽表現を続けていくことで自身が人間的に成長してゆき、空白の解を見つけ>>続きを読む

1秒先の彼(2023年製作の映画)

3.5

⭐︎夏の強い光と影、日焼けした肌、夕方の一瞬の静けさ、そして一方通行の愛情の行方を描いたファンタジーは切ない。
⭐︎京都のはんなり風情ある雰囲気やセリフの感じが心地よい。子どもっぽい優しいナレーション
>>続きを読む

墨東綺譚(1992年製作の映画)

4.0

⭐︎永井荷風の奔放な生涯と孤独な晩年を描いた、芸術性の高い映画。
⭐︎大正モダンな着物のコーディネートや男性のスーツ姿にパジャマ姿など、上質で洗練されたデザインの服装が美しい。次々と綺麗な着物や帯が出
>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

2.5

⭐︎ブリティッシュシニアたちが、人生の様々な困難にもがきながら、生きる喜びを謳歌する映画。
⭐︎中華料理店のシーンでアジア人ヘイトのジョークががっつりセリフとしてあって不愉快。
⭐︎ブリティッシュらし
>>続きを読む

アップグレード:どん底女子の幸せ探し(2024年製作の映画)

2.5

⭐︎現代版のシンデレラの童話設定のラブコメ。
⭐︎アート業界のニューヨーカーのイケイケな雰囲気がモードで洗練されていてカッコいい。
⭐︎モノトーンのスーツやセットアップの着こなしはシンプルなのに個性が
>>続きを読む

アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~(2024年製作の映画)

3.0

⭐︎世界的ボーイズグループの男の子とシングルマザーの恋愛設定は、非現実的ではあるが、現代らしさ満載。
⭐︎母役でもバンビ系のキュートさ満載のアンハサウェイが可愛い。ロング前髪ありスタイルも似合っている
>>続きを読む

ヘイティング・ゲーム 恋とキャリアの必勝法(2021年製作の映画)

2.0

⭐︎アメリカのドキュメンタリーバラエティ番組テイストのサクサクとポップでクールな雰囲気のオフィスラブコメ。
⭐︎主演2人は対照的な設定だが、どちらもキュートで可愛い。
⭐︎NYらしさよりもフレンチブリ
>>続きを読む

やがて海へと届く(2022年製作の映画)

3.5

⭐︎人がいなくなることのありえない近さに葛藤するテーマ。少女から大人になる狭間の、友情と愛情のせめぎ合いもリアルに丁寧に描かれている作品。孤独と癒やされない傷について考えさせる。
⭐︎特に事件が起こる
>>続きを読む

MISS ミス・フランスになりたい!(2020年製作の映画)

4.0

⭐︎トランスジェンダーの男性がミスフランスになるために頑張るシンデレラストーリー。
⭐︎理解ある仲間ばかりでも、最後まで孤独が漂う少し悲しげな雰囲気は、余韻が残る。
⭐︎主人公が本当に美しい。ナチュラ
>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

3.0

⭐︎脱出ゲーム要素が強く、すぐに入り込める。バラエティ番組の企画を見ているよう。
⭐︎主役を張るキャストが勢揃いで、俳優陣が豪華。
⭐︎映画の中で、芝居を演じる役者が芝居の設定の中で生きて、殺人が行わ
>>続きを読む

湯道(2023年製作の映画)

3.0

⭐︎銭湯をテーマにした珍しいほのぼの映画。
⭐︎撮影の構図が面白い。シーンの切り替えがきれいに繋がっていき、色んなモチーフが使われていて、芸術的。
⭐︎重厚な外観に木目調の内装、レトロな雰囲気をそのま
>>続きを読む

愛なのに(2021年製作の映画)

3.5

⭐︎愛に真っ直ぐな主人公と高校生と、浮気心で遊ぶ不真面目な大人たちとの対比が効果的だった。
⭐︎大人の恋愛のドロドロ模様は、人間のいやらしいしたたかな感情が溢れていて、なかなかリアル。
⭐︎終盤の浮気
>>続きを読む

ドーナツもり(2022年製作の映画)

4.0

⭐︎主人公の穴を通して見た、変わったお客さんたちが次々と登場して、40分の短い時間が濃密であっという間。
⭐︎ドーナツもりのショップは、古民家改造のナチュラルインテリアで雰囲気があって可愛い。カラフル
>>続きを読む

大河への道(2022年製作の映画)

4.0

⭐︎日本で初めて地図を作った伊能忠敬をテーマにした設定はこれまでない斬新な視点で、伊能忠敬が本当に地図を作ったのかという疑惑とその真相を解く要素もあるので終始忠敬の話題でもどんどん入り込める。
⭐︎現
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

3.5

⭐︎密かな愛の世界から、一気に転落していき悲惨な現実と想像とが交錯する世界へと変わる中での、一生の後悔がテーマ。戦争の描写は悲惨で、それと重なるように過去の過ちを悔やみ続ける人物描写が際立つ。死に方も>>続きを読む

太陽の下の18才(1962年製作の映画)

3.0

⭐︎とにかくファッションが良いに尽きる。今見ても新鮮なフレンチリゾートスタイルの女性が次々と登場して、その彩りや上質さやコーディネートはファッションショーを見ているかのよう。キュートで品があって、帽子>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.5

⭐︎真っ白な色合いの映像と強い自然光が差す光の加減が、透明感抜群で綺麗。
⭐︎立場を超えた運命的な出会いと恋愛、豊かな愛情をたっぷり感じられるストーリー。春に観るのがぴったり。
⭐︎広瀬すずのあどけな
>>続きを読む

もうひとつのことば(2021年製作の映画)

4.0

⭐︎魅力溢れる主人公2人の、少し変わったラブストーリーが、リアリティがあって心ときめく素敵な演出の映画。
⭐︎オープニングのマスクを取る何気ない瞬間の出会いから、ざわざわさせる会話や仕草の要素が次々と
>>続きを読む

銀座カンカン娘(1949年製作の映画)

4.0

⭐︎昭和のレコード時代に大ヒットした、銀座カンカン娘がテーマ曲の明るいミュージカル調の日本の銀幕映画。
⭐︎フラットな癖になる歌い方と、次々と流れるキャッチーなフレーズのメロディが良い。カンカン娘のバ
>>続きを読む

恋のチャンスは5回まで(2024年製作の映画)

2.0

⭐︎シドニーに住む中国系のヒロインが、ひょんなことから恋人探しをする、いたって普通なラブコメディ。
⭐︎アメリカナイズドされた中国、東洋の雰囲気がふんだんに取り入れられていて、モードな雰囲気と相まって
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

4.5

⭐︎バックグラウンドに重荷を背負って、非難されながら生きる人間、運命に翻弄される人々の葛藤と偶然の繋がりという繊細なテーマを、ミステリー調に仕上げていて、ドキドキさせながら何かを投げかけるような構成が>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

3.5

⭐︎ティーン向けのラブコメかと思いきや、恋についての哲学を若者が直球勝負で考察する設定で、大人こそ楽しめる内容なのが他になく斬新。
⭐︎台詞の語尾や文法的形が個性的で面白い。全員大学生なのに、昭和的な
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

4.0

⭐︎スラム街のアメリカ移民2世の青年たちそれぞれの「生き残るための戦い」、その複雑な関係性や葛藤や焦り、青年らしい真っ直ぐさや未熟さが力強く描かれている。
⭐︎スラム街完全再現した豪華なセットもファッ
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

4.5

⭐︎ミュージカルの枠を超える、ブラックミュージックの圧倒的歌声に2時間半ずっと魂が揺さぶられる、心洗われる。黒人文化がこれからのミュージカルを席巻していく未来を感じた作品。
⭐︎20世紀初めから中盤ま
>>続きを読む

宇宙人のあいつ(2023年製作の映画)

2.0

⭐︎ハリウッドで撮られたかのようなデコラティブでゴテゴテの日本的装飾が面白い、宇宙人テーマの映画。
⭐︎焼肉屋さんやホテル、真田家など色々なロケーションは、日本伝統文化・江戸〜昭和・英語・南国何でもご
>>続きを読む

ハロー、グッドバイ。(2016年製作の映画)

3.5

⭐︎台北メトロシリーズ最終章
⭐︎小動物のようなあどけない2人の、真っ直ぐで純粋で爽やかなストーリーが心地よい。
⭐︎背中合わせで初めてお互いの正体を語るシーンは、綺麗でときめく。
⭐︎母を亡くしたヒ
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.0

⭐︎世界的に有名なメトロポリタン美術館の中の服飾部門という、普段注目をされない美術としての衣装に焦点を当てた、記録映像としても価値の高いドキュメンタリー映画。
⭐︎ファッション好きでも知らないヒストリ
>>続きを読む

二つの光(2017年製作の映画)

4.0

⭐︎視覚障害者の美しい男女が恋に落ちる短編ラブストーリー。
⭐︎タイトル通り、光の使い方が際立って美しい。映像を観ているというより、光を鑑賞しているのかと錯覚するほど。そして、彼らにとって命と同じくら
>>続きを読む

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく(2023年製作の映画)

2.0

⭐︎クラスのはみ出しものが、科学変化を起こして恋愛をする、青春ベタティーンズ映画。
⭐︎日の光がキーポイントになっているからか、一番に映像の影と光のバランスが芸術的で、その綺麗さに引き込まれた。
⭐︎
>>続きを読む

魅せられて(1996年製作の映画)

2.0

⭐︎イタリアトスカーナの広大な草原の田舎を舞台に、年頃の女の子のはじめての恋愛を描いた作品。
⭐︎他にない芸術的雰囲気がクセになる。ステイ先の家の主人が芸術家という設定で、広い庭の土地に点在する木彫り
>>続きを読む

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け(2022年製作の映画)

4.0

⭐︎ここ数年アメリカだけでなく世界中で、デモや報道が過熱している女性への性加害についての始まりとなった事件の、社会派な報道ドラマ。
⭐︎開始1分の、映画撮影の煌びやかなシーンから変わって泣きながら逃げ
>>続きを読む

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ(1989年製作の映画)

4.5

⭐︎生き物みんなリーゼント、棺桶、変な食べ物、おかしなものを融合した世界観が飛び抜けているカルト的映画。ブルースブラザーズをパワーアップさせたような感じ。一周回って、モードなセンスが感じられる。
⭐︎
>>続きを読む

土曜は貴女に(1950年製作の映画)

3.0

⭐︎劇中劇が中心で、次から次へと曲が演奏されて、踊りもたっぷりあり、エンターテイメントとしての見応えがすごい。楽曲数が凄い。
⭐︎フレッドアステアとヴェラエレンのペアダンスの競演が豪華で素敵。どちらも
>>続きを読む