キサクナさんの映画レビュー・感想・評価

キサクナ

キサクナ

SF映画なら
どんなのだって
みるのです

デザスターや
デストピアも好きです

映画に
星なんて
つけられないのです

いつか
ユートピアに行きたい

※鑑賞メーターのログを1日2〜3本ぐらい移行中です

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

バード・ストライク恐るべし
鳥の方もたまったもんじゃないけどね

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

宇宙船かっこいい
螺旋とか
シールドとか

バーテンもグッド

ジェニローの
ファッションショーも
たのしめます

でも
ジェニローが
出てるのわかってたら
ネタバレなんじゃないの
なんてね

ギャラクシー・スクワッド(2014年製作の映画)

-

自虐のオージー・ジョークの応酬に
耐えられたらオッケーよ

大げさに喋る 真っ赤な唇に
ついつい 目がいってしまう

トライアングル(2009年製作の映画)

-

バミューダの
トライアングル的なことなのかな

思い出すのは
火の鳥の山の中の尼僧編

白いTシャツに
釘づけ

ずるい

EXO <エクソ:地球外侵略者>(2016年製作の映画)

-

目が白いのは
地底人だからなのか
主人公が
ミュージシャンの
誰かに似てるんだけど
思い出せない

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

-

漢字Talk

アプリケーションは
ひとつしか起動できない

プリンターも
スキャナーも作ってたよね

スタイラスペンだったから
没ってホントなのかな

たしかに
ハローは大事だよね

誕生日おめでと
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

IMAX 3D
浦和のオレの席で
この席は没入感5億点

作品は百億点
美術最高!
スモーク最高!
雪最高!
プジョー最高!
ビーチク最高!
実はオレもレプリカント最高!
飲酒犬も最高!

ラブリー!

VR ミッション:25(2015年製作の映画)

-

掴みは最高!
スーツが格好いい!

リアルに死んじゃうVRなんて
勘弁してくださいな

リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー!?(2016年製作の映画)

-

原題はスペイン語で
ゴッドファーザーの意味だとか

愛すべきはオタクなギーク

400デイズ(2015年製作の映画)

-

地下での密室劇

訓練か
現実か
大いなる
緊迫感

なのに
のめり込めないのは
セットのチープさか
蝶番丸見え
そんなの初めて見たかな

エンディングは
クルーと一緒に
キョトンとしたが

一晩置い
>>続きを読む

A.E. アポカリプス・アース(2013年製作の映画)

-

冒頭の
アサイラムの表示に
血中糖度が
上がりまくる!!!!!!!

今回はどんな茶番を見せてくれるのか!

タイトルで落ちバレしてるし!

アバター
プレデター
猿の惑星
その他
SF金字塔のエッセ
>>続きを読む

首都消失(1987年製作の映画)

-

監督の名前が読めない
調べる
「ます」なのか

30年前に公開されたのか

ザ・ぼんち・おさむ!

原作は新聞連載だったとか
wikipediaが面白かった

あとは
まあ
名取裕子

サイレント・ランニング(1972年製作の映画)

-

かなり昔に見ている
記憶に残っているのは
悲しきドームと植物

そして再見

いろんなものに
影響を与えてるとか

ドローンが可愛すぎる
もちろん
リスも🐿

サイボーグ(1989年製作の映画)

-

実は
ヴァンダムさんの作品は
初めてかも

ヴァンダムさん
美しいですね

リセット(2010年製作の映画)

-

ローズマリーの赤ちゃんが マーニー

掴みはオッケー
5億点!

バトル・オブ・ロサンゼルス(2011年製作の映画)

-

やった!
アサイラム作品!
大好物!

突っ込みどころが
多ければ
多いほど
楽しい系

しかし
キャプテン・アメリカな
あの人が
叫び出した時は
鳥肌が立った!
ここは
五億点
ツボにはまった!
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

-

2014/01/03

ジャック・リーチャーかっこいい!
射撃場の店主との会話がいいねえ
店主が弾を耳栓代わりにしてるのも良かった
カーアクションとかいらないから

2017/10/15

2作目の
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

-

脳の覚醒により
超能力や
死後の世界が解明!
と思いきや
そっちに行っちゃったかぁ

犬はどこへいった?

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2016年製作の映画)

-

特に派手な出来事もなく
淡々と進んで行くけど
引き込まれるのは
アナ・デ・アルマスの
美しさか

それだけに
せつない

せつない

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

-

プロレスの決め技みたいな
タイトルに期待感ゼロだった
ところが
ドンピシャにはまった!
登場人物のキャラが秀逸
特に
NSAのポール・セビエのキャスティングに
五億点!

ザ・マシーン(2014年製作の映画)

-

昨今の人工知能事情の解釈が秀逸
個人的には自我を持つ人工知能はできないと思うけど
どうなんだろう

ダーク・グラビティ(2013年製作の映画)

-

ヒッグス粒子とか
バタフライ・エフェクトとか
ワクワクドキドキ



「THE END」のテロップを
ひさびさに
見たので
よしとするか

>|