キサクナさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

キサクナ

キサクナ

SF映画なら
どんなのだって
みるのです

デザスターや
デストピアも好きです

映画に
星なんて
つけられないのです

いつか
ユートピアに行きたい

※鑑賞メーターのログを1日2〜3本ぐらい移行中です

映画(1105)
ドラマ(3)

バトル・オブ・ロサンゼルス(2011年製作の映画)

-

やった!
アサイラム作品!
大好物!

突っ込みどころが
多ければ
多いほど
楽しい系

しかし
キャプテン・アメリカな
あの人が
叫び出した時は
鳥肌が立った!
ここは
五億点
ツボにはまった!
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

-

2014/01/03

ジャック・リーチャーかっこいい!
射撃場の店主との会話がいいねえ
店主が弾を耳栓代わりにしてるのも良かった
カーアクションとかいらないから

2017/10/15

2作目の
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

-

脳の覚醒により
超能力や
死後の世界が解明!
と思いきや
そっちに行っちゃったかぁ

犬はどこへいった?

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2016年製作の映画)

-

特に派手な出来事もなく
淡々と進んで行くけど
引き込まれるのは
アナ・デ・アルマスの
美しさか

それだけに
せつない

せつない

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

-

プロレスの決め技みたいな
タイトルに期待感ゼロだった
ところが
ドンピシャにはまった!
登場人物のキャラが秀逸
特に
NSAのポール・セビエのキャスティングに
五億点!

ザ・マシーン(2014年製作の映画)

-

昨今の人工知能事情の解釈が秀逸
個人的には自我を持つ人工知能はできないと思うけど
どうなんだろう

ダーク・グラビティ(2013年製作の映画)

-

ヒッグス粒子とか
バタフライ・エフェクトとか
ワクワクドキドキ



「THE END」のテロップを
ひさびさに
見たので
よしとするか

新エイリアン 最終繁殖(2015年製作の映画)

-

この手のは 退場順を予想するのが 楽しいのだけれど ことごとく ハズレて ある意味 新鮮

戸塚ハイキングクラブ

スペクトル(2016年製作の映画)

-

素材は最高なのに・・・
ひとつ ひとつの味が うすい感じ