ばるたんさんの映画レビュー・感想・評価

ばるたん

ばるたん

ホラー映画が好きで、ホラーとアニメ映画を主に見てます。

映画(777)
ドラマ(0)

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.6

若者グループがキャンプに来て、皆殺しになる話。

ただでさえ短い映画の前半40分以上はほぼ意味のない時間で、後半も盛り上がりに欠ける。
恐らくピークは冒頭の死体の映像シーン。
一人でキャンプに来ていた
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

ベンのお腹の災難。

ペニーワイズはちょっと眼差しがカッコ良すぎて、前作の不気味さは減少
しかし、映像技術などで怖さやグロさは大分向上したと思います。

この街にまともな大人は何故居ないのだろう。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

やはり恐竜モノ映画として圧倒的なクオリティを誇っています。

内容はあまりあって無い様な物で、いつも通り人災で酷い目に遭うといった程度。
しかし恐竜のクオリティは高く、緊迫した場面も結構ありシンプルに
>>続きを読む

ラブライブ!The School Idol Movie(2015年製作の映画)

3.5

ラブライブのアニメは中途半端にしか知らなかったものの、機会があり鑑賞。

特別大きく特筆すべき点はありませんが、キャラクターや関係性をある程度把握していればアニメを最後まで見ていなくとも一先ず問題なく
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

こういった戦争を描いた作品は火垂るの墓とはだしのゲン位しか知らなかったものの、内容を知らないまま鑑賞。

柔らかいタッチの絵とおっとりした雰囲気の主人公で、序盤は軽く子供時代や会った事も無い男性に嫁ぎ
>>続きを読む

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)

2.2

屋敷に引っ越した家族に色々起きるパターンのやつ。

主役の女性は美人ですし、雰囲気も悪くなさそうでしたが…ふたを開けてみると、恐怖感はほぼありませんでした。
…で?という感じの内容に加え、ラストもひょ
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.3

箱の中身はなんだろな?

可もなく不可もなく、王道といえば王道といった内容の作品。
恐怖度は今一つ低いものの、眼球がぐりぐり動いたり喉の奥から手が出てきたりと個人的には好きなシーンは結構ありました。
>>続きを読む

蛾人間モスマン(2010年製作の映画)

2.0

どこかで見たようなクリーチャーだなー…と思ったら、モンスター・オブ・レジェンドの監督…向こうは案山子でこっちは蛾なのにそっくり過ぎる…

タイトルからして期待していましたが、教科書通りの様なB級映画
>>続きを読む

カムラニの儀式(2015年製作の映画)

3.1

ストーリーは違うものの、精神世界の雰囲気はサイレントヒルの様でクリーチャー?等のデザインはそこそこ良かったです。
個人的には中盤までは良かったのですが、後半~ラストは今一つ意味が分かりませんでした。
>>続きを読む

X-コンタクト(2015年製作の映画)

2.5

海から引き揚げた物が大暴れ的な話

とりあえず初っ端遊星からの物体Xの様な感じの状況、クリーチャーが出現しますが、あちらと比較してしまうとどうしてもクリーチャーの造形等が劣ってしまうのが否めません。
>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

3.3

おじさん4人が友達の供養に山登りしたら、色々な苦難が降りかかる話。

後半に差し掛かるまではおじさんの4人旅が続くので、些か退屈に感じる人もいるかもしれませんが
風景がとても綺麗で不気味な雰囲気も出て
>>続きを読む

アンナチュラル(2015年製作の映画)

2.5

パッケージの通り、シロクマがはしゃぐ話

ところがこのクマ、シャイなのか殆ど画面に出てこない上に口も可動しない様に見える。
ひたすらアップや暗闇でしか出てこないので、如何にしょぼい着ぐるみで迫力を出そ
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

2.2

ホラー…ホラー?

とりあえずパッケージやあらすじ、タイトルでは予想できない内容でした。
ほぼ全編モノクロのレトロ調で進行。
内容と映像などの雰囲気はマッチしているとは思いますが、個人的には好みでは無
>>続きを読む

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

2.2

設定は悪くないけど、内容は今一つな映画。

ただでさえ舞台が荒野なのに、時代に合わせた画面効果で目が疲れてきます。
序盤の辺りはコメディっぽい感じを出したり、よくわからない回想シーンを入れますが、そこ
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.1

邦題からして期待していませんでしたが、中身は割としっかりした感じでした。

ウィルスの一つで崩壊するシステムはどうかと思いますが、そうでないと話が進まないから仕方がない。
予想を裏切る展開は無いものの
>>続きを読む

テラーハウス(2012年製作の映画)

1.7

お化け屋敷のオープンの準備をしている所で色々起きる?話

とりあえずこれは映画と呼べる代物ではありません。
ストーリー性なんて何のその、ホラー映像としても微妙。
垂れ流してたまにチラッと眺める程度でも
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.3

綺麗な映像に加え、変異している動物や植物の造形もとても良かったです。
終盤に明らかになる内容も良いのですが、事の発端は説明されているようなされていないような…
全体として悪くはなかったのですが、若干緩
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.5

ホークの容姿や設定が若干雑過ぎる気はするものの、雰囲気等は良
後半が思ってたよりも断面など若干グロめだったので、苦手な方は注意

五右衛門の左腕死んでないのかな

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(2009年製作の映画)

1.4

想像を遥かに上回る迫力シーンの無さ、CGのショボさ、中年同士の無意味な恋愛ドラマ!
ハッピーエンドな事すら腹立たしく思えてしまう辺り、メガでジャイアントな部分に期待してしまっていたのかもしれません…
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

2.6

捻りの無い話、ラスト20分が全て。

設定は悪くないのに尺の関係上説明が全くなされないまま事が起こり、そのままエンディングという作品は良くありますが
設定も微妙な上、長時間意味のない話を延々とした挙句
>>続きを読む

サイレント・ハウス(2011年製作の映画)

2.8

雰囲気は悪くないものの、おびえ続けるシーンを延々と見続ける退屈と言わざるを得ない内容。
後半になると段々オチが判るような演出になって来て、やっぱりそうかーとなったまま終了。

登場人物は3,4人居ます
>>続きを読む

ディアボリカル(2014年製作の映画)

2.6

設定は悪くないものの、説明不足な点が多すぎたり見せ場ともいえる様な衝撃の事実がサラッと発表され、サラッと受け入れられるので肩透かしを食らってしまいます。

最初にやってきた連中と最後に来た奴の見た目の
>>続きを読む

ロスト・フューチャー(2010年製作の映画)

2.2

文明が滅びた未来の話。

世界観の設定等は悪くなかったものの、ストーリーのスケールがやけに小さかったり山場と言う程の山場も無く、設定を活かせないまま終わってしまった感じが否めません。

ケモノから隠れ
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.1

コメディホラーと銘打ってありますが、序盤以外全体的にコメディ感は弱めだと思いました。
ピークはイライジャ・ウッドをホビット呼ばわりした所。

子供のゾンビだけしか出ない設定は悪くなかったのですが、オチ
>>続きを読む

ドント・ノック・トワイス(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気は出てるけど恐怖度合いが些か弱く、謎も色々残る。

悪魔の手下?になっている人が二人居るっぽいけど
解放される方法は、自殺と他人に凶行を取らせる方法として
お婆さんの方は自殺して解放されたとする
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.6

極悪だけど何処か憎めない連中相手に立ち回るハードなホームアローン
最も向こうは実力で撃退するものの、こっちは運と偶然な面が大きい。
監督がチャーリーズエンジェルの人と聞いて、なるほどといった感じのテン
>>続きを読む

TOWER タワー(2012年製作の映画)

2.6

頭の悪い若者達が入ってはいけない所に入って殺されていくありがちな話。
魅力的なキャラが居ない上、暗くてキャラの区別がつかない事も多く、内容的にも今一つでした。

殺人鬼は殺人鬼で無意味な行動が多く
>>続きを読む

>|