ばるたんさんの映画レビュー・感想・評価

ばるたん

ばるたん

ホラー映画が好きで、ホラーとアニメ映画を主に見てます。

映画(798)
ドラマ(0)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

ファンタスティックビーストの2作目

全体的に前作を上回る戦闘シーン描写と、戦闘以外でも多彩な魔法を使うシーンが個人的に魅力的でした。
5連作故に、その作だけ完結する具体的なボスが居ないのが欠点かなと
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

この世界の魔法使いは戦闘よりも修復に特化している。

ハリーポッターシリーズの外伝作品
同じ世界観でメインシリーズとは全く違うキャラクター、ストーリーなのでファンにはとても楽しめる作品だとは思います
>>続きを読む

トレマーズ2(1996年製作の映画)

3.5

何気に初視聴のトレマーズの続編。

今作は最初から相手の正体がわかっていたので、緩いテンションで始まり
途中進化は挟みつつも基本的に緊迫感のあるシーンは殆ど無く緩いテンションで終わります。
地上を歩き
>>続きを読む

リトルデビル(2017年製作の映画)

3.5

結婚相手の連れ子に振り回される話。

全体的に緩めの雰囲気で、恐怖を感じるような場面は殆どありません。
コメディ寄りでありグロいシーンなども無いので、家族向けのコメディホラーという感じだと思います。
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

発見された身元不明の女性の遺体を検死しようとして出来なかった話。

身元不明の人間をジョン・ドウと言うのは知っていましたが、まさか女性はジェーン・ドゥとは
内容としては、傷一つない状態で発見された遺体
>>続きを読む

DEBUG ディバグ(2014年製作の映画)

2.2

AIが支配する船の中でAIと戦うハッカー達の話。

と言えば、中々サイバーな戦いを繰り広げてくれるかと思いきや
ハッカー(囚人)達6人は殆どハッカー感が無いまま、ウルヴァリンに殺されていきます
後半は
>>続きを読む

インビジブル・エネミー(2015年製作の映画)

2.0

雰囲気のある映画を作ろうとして、雰囲気以外は何も作れなかった映画。
映像はまだ綺麗で音楽も悪くないが、ストーリーは0点。

随所に出てくるオレンジ色の粉と最後に出てくる防護服を着た連中から推測できると
>>続きを読む

ステイク・ランド 戦いの果て(2016年製作の映画)

2.9

ステイク・ランド 戦いの旅路の続編。

前作を見ているはずが殆ど記憶にない程平坦だったが、今作も基本的には平坦なストーリー。
時間が短いのもあるが、山場と言う程の盛り上がりも無くすんなり敵を倒して終わ
>>続きを読む

死霊のえじき -ブラッドライン-(2018年製作の映画)

3.0

良くは無い、良くは無いけど悪いって程ではない。
死霊のえじきのリメイク?作

バブポジションが可愛げが無くなっているというか、主人公のサイコストーカーかつ抗体持ち?というご都合に愛された存在。
司令官
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.5

ショートフィルムを元に作られた映画?
調べてはいないものの、何年か前にそういったものを見た事があるので恐らくそれがベース

基本的にゾンビと闘うというタイプの映画ではなく、静かに荒廃した世界を彷徨い切
>>続きを読む

リーサル・ゲーム(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の撮影の為に集まった面々がデスゲームに巻き込まれる話。

主人公っぽい雰囲気の人がまさかの初っ端退場
BGMがちょこちょこ緩く雰囲気も凄く緩い。
コメディと言う程でもないけど、ひたすら緩く全くと言
>>続きを読む

DOOM ドゥーム(2005年製作の映画)

3.2

ドウェイン・ジョンソンを楽しむ映画。

ゲームを原作としている作品で、火星の研究所で発生した問題を解決しに海兵隊特殊部隊が送り込まれ、クリーチャーと闘います。
クリーチャーの造形は割とちゃんとしている
>>続きを読む

ナイトウォッチメン(2017年製作の映画)

3.2

警備員+1VS吸血鬼?ゾンビ?な話。

コメディ調のホラーで、怖くは微塵もない。
緊迫感も無くかといって凄く笑えるわけでもなく、始終クスッとする程度。
事の起こりまでのテンポはダラダラしてなくて良いも
>>続きを読む

6TRAP 6トラップ(2012年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

例によって馬鹿な高校生?達が痛い目に遭う話

今まで見た中でも指折りの馬鹿さ加減に、死んでも全く悲しくない仕様
なんだったらスカッとさえしかねないレベル。
毎回思うのは酒ドラッグセックスするのは構わな
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.4

アナベル死霊館の人形の前日譚

正直な所、死霊館の人形を見ていると正体は元からわかっているので恐怖は薄いです。
全体的な雰囲気や美術などのクオリティは相変わらず高いですし、おさえる所はおさえてるので良
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.2

名前を言ってはいけないあの人を超えた、名前を知ってはいけないあの人
設定は面白いけど…そろそろ怖がらせてくれるのかな?と思いながら気が付いていたら終わっていた、そんなのどに刺さった骨が取れない様な今一
>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ようやく見終えた完結作。
最早シリーズをさっぱり覚えてませんでしたが、色々謎だった部分も明かされ一応はちゃんと完結していて安心。

細かい事を言えば
ローラを含めた生存者たちがほぼ役に立たず、名前も出
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

ずっと楽しみにしていたヴェノム主人公の映画
ヴェノムの造形はスパイダーマン3よりも原作に忠実で(模様は無いけど)、ノリがとても良くかわいらしさすら感じさせる

気になった点は
原作での職を失い妻(婚約
>>続きを読む

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.6

若者グループがキャンプに来て、皆殺しになる話。

ただでさえ短い映画の前半40分以上はほぼ意味のない時間で、後半も盛り上がりに欠ける。
恐らくピークは冒頭の死体の映像シーン。
一人でキャンプに来ていた
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

ベンのお腹の災難。

ペニーワイズはちょっと眼差しがカッコ良すぎて、前作の不気味さは減少
しかし、映像技術などで怖さやグロさは大分向上したと思います。

この街にまともな大人は何故居ないのだろう。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

やはり恐竜モノ映画として圧倒的なクオリティを誇っています。

内容はあまりあって無い様な物で、いつも通り人災で酷い目に遭うといった程度。
しかし恐竜のクオリティは高く、緊迫した場面も結構ありシンプルに
>>続きを読む

ラブライブ!The School Idol Movie(2015年製作の映画)

3.5

ラブライブのアニメは中途半端にしか知らなかったものの、機会があり鑑賞。

特別大きく特筆すべき点はありませんが、キャラクターや関係性をある程度把握していればアニメを最後まで見ていなくとも一先ず問題なく
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

こういった戦争を描いた作品は火垂るの墓とはだしのゲン位しか知らなかったものの、内容を知らないまま鑑賞。

柔らかいタッチの絵とおっとりした雰囲気の主人公で、序盤は軽く子供時代や会った事も無い男性に嫁ぎ
>>続きを読む

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)

2.2

屋敷に引っ越した家族に色々起きるパターンのやつ。

主役の女性は美人ですし、雰囲気も悪くなさそうでしたが…ふたを開けてみると、恐怖感はほぼありませんでした。
…で?という感じの内容に加え、ラストもひょ
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.3

箱の中身はなんだろな?

可もなく不可もなく、王道といえば王道といった内容の作品。
恐怖度は今一つ低いものの、眼球がぐりぐり動いたり喉の奥から手が出てきたりと個人的には好きなシーンは結構ありました。
>>続きを読む

蛾人間モスマン(2010年製作の映画)

2.0

どこかで見たようなクリーチャーだなー…と思ったら、モンスター・オブ・レジェンドの監督…向こうは案山子でこっちは蛾なのにそっくり過ぎる…

タイトルからして期待していましたが、教科書通りの様なB級映画
>>続きを読む

カムラニの儀式(2015年製作の映画)

3.1

ストーリーは違うものの、精神世界の雰囲気はサイレントヒルの様でクリーチャー?等のデザインはそこそこ良かったです。
個人的には中盤までは良かったのですが、後半~ラストは今一つ意味が分かりませんでした。
>>続きを読む

X-コンタクト(2015年製作の映画)

2.5

海から引き揚げた物が大暴れ的な話

とりあえず初っ端遊星からの物体Xの様な感じの状況、クリーチャーが出現しますが、あちらと比較してしまうとどうしてもクリーチャーの造形等が劣ってしまうのが否めません。
>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

3.3

おじさん4人が友達の供養に山登りしたら、色々な苦難が降りかかる話。

後半に差し掛かるまではおじさんの4人旅が続くので、些か退屈に感じる人もいるかもしれませんが
風景がとても綺麗で不気味な雰囲気も出て
>>続きを読む

>|