ともさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

とも

とも

映画(650)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.3

これ、結構この手の映画では傑作に近いと思います。
ジョーカーやタクシードライバーに似てる部分もありますが、ここまである意味変な人を自然に演じられるロバートデニーロがすごい。勘違いの才能の塊り。
最後は
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

キムタクがこのような役をやるのは意外。まぁ、最後うまくいかない役だったら、引き受けてないだろうけど。
ジャニオタはキムタクとニノが見れて嬉しいだろうね。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

いつでも言えるけど、すれ違って中々言えずにうまくいかないよね。
小さい時からずっと一緒にいる人の方が本当に運命と思うし、安心感はある。
リリーコリンズはかわいい。

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

悪くはないですが、何もなさすぎてある意味斬新です。
ただ、こういう日々の積み重ねが良いよねーっていう趣旨なら良い映画と思います。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

これは趣味の悪い映画ですね。
まぁ観ていて多少引き込まれるけど。
しかも監督がこの人って、やっぱり趣味悪いなー笑。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

まぁスクールオブロックと似た感じがあるけど、冴えない子達が段々とセンスが磨かれていって歌もいい感じのものがたくさんあるのがよい。
お兄ちゃんの全力で応援する姿もいいね。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.7

クリスチャンベールは鈴木亮平みたいで、役作りがすごい。
ずっと画面暗いし、天気も悪く、セブンみたいな雰囲気。
最後は結局、ただ普通のオチで終わってしまったけど、ファイトクラブに似た感じも少しあるかも。

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.6

やっぱりこういう映画は面白くはなくても観てしまう。
実話で、5年も刑務所に入れられるのは辛い。その間に尋問したおじさんもやられるし。

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

これは予想外で何という結末!
ミスト以来の衝撃かも。
真田さんも頑張ってるけど、ライアンレイノルズは無駄遣いですわ。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.8

この会社には絶対に入りたくない 笑。
狂いすぎだけど、こういうのが楽しい人達も一定数いるからなぁ。
レオ様は華があるね。
テンポは良く、最後まで飽きはこずに楽しめました。

ハスラー2(1986年製作の映画)

3.4

トムが若すぎてあまりイケメンに見えない。
ビリヤードの話だけど、そこまで響かない映画かな。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

WW IIの沖縄の激戦を舞台に描かれたハクソーリッジ。対日本ですが、名作に近いと言えるでしょう。
このような衛生兵が実在したのも知らなかったし、良心的兵役拒否者という概念も初めて知った。
もう二度とこ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

これは面白いけど、胸糞悪い映画。
マクドナルドのフランチャイズ化はこうやって生まれたんだ。
レイクロックは日本で言ったら豊臣秀吉みたい。それにしても50歳越えてからやってのけるのは凄い事だ。
確かにい
>>続きを読む

ルーキー・ハウス・ガール(2011年製作の映画)

3.4

フェシリティージョーンズがちょっと若いなぁって言うぐらい。
内容としてはほとんど残らない。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

やっぱりケビンスペイシーは怪しいと思わなければならない。
作り話にしても即興で辻褄合わせてよく作ることができるなぁ。
最後の10分以外は正直な所、眠たいし、周りの登場人物がイマイチ特徴がなく、わかりに
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.5

トルストイの長編小説とは知らなかった!
舞台劇を見ているような演出は良い。
ジュードロウ、ハゲ過ぎて真面目で全然オーラがない。あのかっこいいジュードロウはどこに行ったの…。
アンナは最後は躁鬱みたいだ
>>続きを読む

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.6

クリントイーストウッドの安定の頑固な人柄役の演技。
娘との昔のわだかまりから、野球のスカウトを通じて少しずつ解消していく話。

モールス(2010年製作の映画)

3.6

話と結末は途中でだいたい予想できる。
ホラーというほど、ホラーでもなく、恋愛ホラーのような感じ。
アビーは世話してくれるおじちゃんが居なくなったから、オーウェンにしがみつかざるを得なかったのか。オーウ
>>続きを読む

ピースメーカー(1997年製作の映画)

3.3

話は壮大だが、ニコールキッドマンが沢口靖子みたいやなという印象。

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.9

絵画の映画。
実話だと思ったけど、使用人の一説なんですね。
綺麗な映画。女王陛下のお気に入りより好きやな。
フェルメールの美術館のオランダに行ってみたい。

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.6

サメ映画の原点で、USJでも面白いアトラクション。
最後イキってたおじさんが食べられるのは残念。というより、よくみんなサメが出るかもしれないのに、海に来るね。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.9

面白い、最後のオチまで。
ジェフリーラッシュのこの役はハマってる。
再度また観たい。

ラスト・ベガス(2013年製作の映画)

3.7

大物4人の豪華共演!サクッとみれて、いい気分になる映画。
昔の友達はずっと大事にして、歳をとっておじいちゃんになってもこんな感じで集まりたい。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.2

予想以上に良かったです。

もしもあの時こっちの人生を選んでみたらという設定ですが、今の自分に無いものや自分にとって幸せとは何かを気づかされてくれます。
昨日観たけど、まだ余韻に浸ってる。
そして、テ
>>続きを読む

プレシャス(2009年製作の映画)

3.8

重い映画。
黒人、肥満、DV、レイプ、教育格差、HIV等様々な問題が凝縮されている。
ソーシャルワーカーがマライアキャリーなのは後から知ってすごくびっくり。

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.7

ジェイソンステイサムが珍しく悪者なのかって最初に思いますが、なるほど。
これが実際にロンドンであった事件なんですね。
ジェイソンステイサムのアクションは少なめです。

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.5

ヒューグラントが頼りない感じが出てますが、最後よかったとなります。
レイチェルワイズは相変わらずの美貌。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

最後になるにつれてどうなるんだろう!ってドキドキして面白かった!
2度決断の2度はそういうことかぁって思ったり。
途中の裁判の弁護士同士の言い合い、犯人側は見ていて腹立つけど、見応えはあります。
ダイ
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

4.1

相撲が好きなのもあるけど、いい映画。
竹中直人が薄い顔だけど、面白さはいまと変わらない。
モッくんも若い!
平成の初期でどこかそれ以上に懐かしさを感じさせられる。
最後の取り組みはみんな好勝負。女の子
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.6

エリジウムは何でも一瞬で治るから最強 笑。
ジョディフォスターももうちょっと最後絡んで欲しかったなあ。
愛する人のために自分を犠牲にする、よくある設定です。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.8

90年代のフランスの実話。
まだプロテアーゼ阻害剤が開発段階の頃だったんだなぁ。
HIVはいまでは薬でなんとか治癒できる方が多いけど、この頃は死を待つしかないことも多く、必死に勉強や討論して、何とかし
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

ヴェラファミーガは結局どういう立ち位置の人かよく分からんかった。
クワイガンジンさん、歳を召されましたね。

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

3.6

コロナ関連で。
怖い、あっという間に爆発的に感染。我々もこんな感じになる可能性に最も近づいている事を考えないといけない。
目が見えなくなるまえに再会できてよかった。けど、その後どうやって生活していくの
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.6

話題のポンジュノ監督繋がりで。
階層を描くのが好きですね。
悪くはないと思うけど、最初暗過ぎて見えない。
エドハリスはこういうやく多いですね。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.6

1の伏線回収という感じ。できれば1と続けて見る方がよい。
今回は信成くん似が主人公かと思ったけど、結局女の子が主役。
バックトゥザフューチャーを意識してるし、セリフにも出てくる。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

3.5

デミムーアが出てるけど、1の方が若干面白いかな。
3人が仲良くて可愛いですね。