ミーミミさんの映画レビュー・感想・評価

ミーミミ

ミーミミ

素敵な映画に出会いたい!

映画(231)
ドラマ(0)

エボリューション(2001年製作の映画)

4.0

100回は観たよ、たぶん笑

だから、またまたホームグラウンド!

落ち着くやつ、笑

キャストが好き~♪曲も好き~♪クリーチャーも好き~♪撃退方法もバカらしくてだーい好き~♪

「You are s
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.0

こんなサミュエル・L・ジャクソン
観たことない!

こんなブルース・ウィルスも観たことない!

こんなヒーロー映画!観たことない!

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.9

「かかし」を眼で追って

「カルシファー」を胸に刻んで

「ヒン」のかすれた鳴き声の真似をしましたよ

グリース(1978年製作の映画)

5.0

思い出補正付き!笑

でも映画ってそういうもんよね♪♬

いいよね!いいよね!
だって思い出しただけで確実にテンション上がるんだもの

もぅさ!ジョン・トラボルタが意中の人だったんよね

ジャック・ニ
>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

4.0

あぁ!『クロニクル』の人かぁ!なんか良いよね!この俳優さん!

普段の忙しさでは2時間半の拘束はツラいケド

こんな長期のお休みなら、ぴったりの映画かも知れないわ♪観入っちゃうし♬

それで海外行き
>>続きを読む

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)

5.0

『がんばれ!ベアーズ』この響き!この字体!この空気!あぁ~キュンとする!

パンフレット持ってるよ~これこれ!ふたりが寄り添ってるよ(あぁ幸せ!)

すべて好き!何から何まで!!

こんなに感情移入す
>>続きを読む

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

4.7

心をカラリと乾燥機にかけて元気チャージしたければ『マッキー』を観よう!!

呪詛のようなテーマソング!突き抜けた人生のわかりやすさにホッとしたければ『マッキー』がマストさ!

異種格闘技に腹筋!懸垂!
>>続きを読む

手紙(2006年製作の映画)

4.0

くは~! ラストの漫才くるわぁ~

兄が収監されている刑務所に、漫才師だった弟が慰問にきます

もと相方の粋な計らいで。

それまでいろんな感情で鬱屈していたものだから

この漫才シーンに涙がとまりま
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

4.0

閉じ込められた美しさ

確かに美しい

愛されることへの恍惚

彼に見られることによる価値

女性にとっては至福

ただその狭い世界から出ていけないの

その到達が続く保証なんて無いから

今のこの感
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

5.0

故人の息子が先日のお葬式でいいました。

『母の死は辛すぎる!』

そう。母は辛すぎるね

なのでその息子はお骨を納める際『骨噛み』の儀式を一人しました。

骨噛みーとは、自分のなかに母親を生かし続け
>>続きを読む

ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生(2016年製作の映画)

5.0

昨日、大事な人のお葬式に出て考えた

思い出すのは

故人の生き方の集まりで構成されていて

生き生きとそのポリシーが垣間見られ

カッコいいんだよね

全うしてるんだ!


だから、私たちは与えられ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

そっか!

なんだよ!こいつ!うざいよなぁ

なんて感じるのは…

私たちがそう判断するのは…

自分の判断基準を総動員してのことだけど

そもそも自分の判断基準なんて

狭くて自己中心で

正解だと
>>続きを読む

海辺のリア(2017年製作の映画)

4.5

こんなに心を動かされたことはない

泣けて泣けてしかたがなかった

海辺のリア

まさにー海辺のリアーだった

海辺に舞い降りたリアは

孤高の人

魂の人

解き放たれ自由だった

そこに生命のほと
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

「私たちは人間じゃないんだからね」

そう信じて疑わなくなったら?

「われらの星は、天上から地球の運命を日夜見守っております。

……いつかそれが太古の美しい星の姿に戻るという希望を捨ててはおりませ
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.9

えっ!ちょっと待って!!

どういうこと??

が一回目、笑

仕方ないから、解説に頼ってしまいました

ヒントは妻の泣きそうな表情

彼の目線

そして6ヶ月

鍵(嗜好)

それにしても、
男性じ
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

「あの…私の知り合いになって頂けませんか?」

自分がゼロベースだとある日わかったらどんなだろう

記憶をなくした男

自分を再び知る旅

だがそこに人間関係が見つからない

まさかねーと疑っても皆無
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.9

ランチのラストにデザートバイキングひととおり取って、あー!甘いの食べすぎたぁ~もぅ暫くはいらないよ~♪

なぁんて日の夜に限って、甘いものがまた無性に欲しくなることってありませんか?

私はあるんです
>>続きを読む

アドベンチャー・ファミリー(1975年製作の映画)

3.8

今日偶然通りかかった書店で、このDVDが売りに出ているの見つけて、暫しその前から動けなくなりました。

「どうしたん?どこにおったん?😢」

ばかですわ~ばかですけど…

小さい頃この『アドベンチャー
>>続きを読む

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」(2012年製作の映画)

4.0

昔々の学生時代、劇団にちょっと在籍していたことがある

発声練習・外郎売り・蜘蛛の糸が必須。

自分がダメダメだったから、プロの舞台の人を超~尊敬する傾向に私はある、笑

さて、この舞台は
劇団新幹線
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

なにが良かったか
それは大きく分けて3つあります、笑

まずひとつ目は!
タンクトップ女子!笑
みんなが大好き。ブライス・ダラス・ハワードですね(みんな大好き?)!

前作の彼女はパークの運営責任者。
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

5.0

  宇宙貨物船ノストロモ号
  地球へ向かって帰航中

漆黒の宇宙を進む船の状況を静かにうつしていくオープニング

観客は艦の静粛を確認し、宇宙に浮かぶセーフティゾーン、このなかに居れば安心という感覚
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

5.0

あなたを想ってくれている人が必ず居る


ークッキーをやろうー
なんで?
気分がよくなるようにさ!

怒っている相手から半分コされた甘~いクッキー、もらうんだなぁ~


ーフローズン・ヨーグルトでも食
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「男」ってなんて幸せな性!いや!ホントに!

木こり仲間さんは男同士!
そんな仲間に『スゲーなぁ!映画出たん?』言われて、なんか嬉しくなっていく役所広司サン!
ここ最高!!


ーではかなり先回りして
>>続きを読む

ダンシング・ベートーヴェン(2016年製作の映画)

3.9

人種のるつぼ
ダンサーの個性と協調・融合
それが私の知るモーリス・ベジャール・二十世紀バレエ団だった

あらゆる民族で成り立つこのバレエ団の群舞はまさにスペクタクル!
圧倒的な集団としての力強さに、個
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最前列も最前列!

砂かぶりも砂かぶり!

起き上がりかたが上手すぎた!笑

この起き上がる役やりたいわ!


て、平気sowにしてるけど💦

昨日は開始5分位で「あかん!」てなって

「銀魂でパロデ
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.5

痛い!これは痛いぞ!

胸がいたーい映画の最高峰だぁ!

実際、まさにこんな高校生活だった

改めて俯瞰で自分達を見てみると

聞いてみなかったあの人の気持ち

いま、ちょっと気付いたり

焦燥感、敗
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

『春の歌』この曲が流れた一年前の春

何故だか辛くて『完結編』が見れなかった

やっと向き合えたこの映画が伝えるのは

『幸せになる一手はきっとある』ということ

だから落胆したり恨んでしまう自分にフ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

鮮明な画像が振るほどにぼやけていく

ポラロイド写真がカメラに吸い込まれ発光する


血が重力とは逆の滴りかたをする

銃が手の中に滑り込んでくる

「おい!」その男は銃痕ほどなく頭をこちらに向ける
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.5

『OK!だって!

 オッケー!!だって♪

 ミーちゃん!ミミちゃん!』と

こんなエンディングを迎えた私、笑

バカだねぇ~、笑

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

魂が喜ぶ声ってありますか?

あの声に浸っていたいなぁ~って

みんなありますよね、笑

 わたしの場合は
『湯婆婆』の声なの

夏木マリさんの『湯婆婆』

気持ち良いんだわ~この声が

こんなに表情
>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

4.5

なぬ? これはヤバいの見つけた!
序盤からダスティン・ホフマンに釘付け。不穏な怖さに満たされてる。

サム・ペキンパー監督!私はモグリなので、恥ずかしながら存じ上げないが、すごい監督さんなのね。多分。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

いつだって私たちは助けを必要としている
いつだって…

それは貴方のさりげない眼差しだったり

「いま、問題は?」の直球の問いかけだったり

貴方のその最高の笑顔で覗きこまれたり

私のはなしを全部聴
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.3

『この映画が好き』って人を基本的に信用することにしていてね…笑


ひとりの女性を生涯愛すことのできる男

ポルコ・ロッソ

秘めた想い、言葉にしない美学

多くを語らない男を

海と空の青が洗う
>>続きを読む

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.9

『なぁなぁ!サイコーな映画!観る?💨』って鼻息あらく小学低学年の我が子に観せて、途中マイケル・J・フォックスの負傷シーン?で、テンションがた落ち!「もぅ観ない!」と言われ、「なんかゴメン💦💦」ってなっ>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.7

『離れている時でも ボクのこと

 忘れないでいてほしいよ

 ねぇ おねがい


 悲しい気分の時も ボクのこと

 すぐに呼びだしておくれよ

 ねぇ おねがい       』



ーエンディン
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

『You are so beautiful』

『僕たちはチーム
 強い絆がある 』

『得したか?』byタイラー・ダーデン

『手負いの牛はまだ元気です』

メタファーの宝庫

『MAM』は幸
>>続きを読む

>|