ミーミミさんの映画レビュー・感想・評価

ミーミミ

ミーミミ

素敵な映画に出会いたい!

息子が撮った動画です。
良ければ見てください(^ ^)!

『ヒビダラケの眼』

https://youtu.be/ca_wZZ9kpjI

映画(337)
ドラマ(2)

バンクシー・ダズ・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.8

眠いけど、なにか感じて眠りたい

息子に『良いのん選んで〜』って言ったら出てきたドキュメンタリー。

学校の授業でバンクシー監督の傑作『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』を観たらしく、それは手元
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

5.0

人に決められた人生を歩みますか?

受け身の人生で良いですか?

出来ないことを数えますか?

眺めるだけでおもしろいですか?


それとも…

自分の感性を信じてみますか?

わくわくする事しません
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

4.0

男の子は父への憧憬で出来上がっている

それが社会的に罪を背負っていたとしても

父という存在の前には抗えない

表面に出てくるのは反発・もしかして恨み

言葉では安っぽく

うごめく感情に身を焦がす
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.8

ジョニー・デップ史上、一番好きなジョニー・デップ

いや、さすがです!!

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

細かい感情を丁寧に描いているよ

一瞬一瞬に芽生える気持ち

それが直に飛び込んできて

もぅその国に居たね

その空気を吸って

その傍らに佇み

小道を走ったよ



妹が一瞬お兄ちゃんの運動靴に
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

5.0

映画好きで良かった!って心底思ったよ。

時々こんな出会いがあって、稀にみる傑作に出会ったりする。

身も心も捧げたくなる素晴らしい映画に。

だから映画はやめられない!


そんな時、すべての細胞が
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

-

難しいけど、自分のこころのなかを整理してみるね。

わたしは…この映画が…苦手だったから…。

なんでかなぁ?
なんでそう感じたんだろう?

まず心が離れた瞬間を思い出してみるね。

それは、ニューヨ
>>続きを読む

オーガストウォーズ(2012年製作の映画)

5.0

好きすぎる映画って皆さんそれぞれありましょう。

わたしも心の底から好きだよーって叫びたくなる映画がいくつかありまして

その中のひとつがこの映画です。


誤解されやすい映画ですが、
これは紛うこと
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

この設定で、さて、どの様に変えたら、背筋も凍る恐怖を植え付けられる…でしょう⁇

って皆んなでディスカッションしたら楽しいだろうなぁー!!って映画。


このままじゃ、消化不良。

奥さんが素敵で魅力
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.9

あれ?マーベルっぽく無いキャスティング!
なんて思ってたら…彼女に釘付けになるという…彼女以外に考えられなくなるという…ね。

なんとも魅力的な女性ヒーロー!誕生ね!


ブリー・ラーソン!だからこそ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

わたしが絶滅危惧されるそのときにも

この映画を愛でて優しい気持ちで涙を流せたら
さいこうだな

歴代1位にかかげよう。


すべての人に幸あれーー!!

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

うむ。

良いんだよ、見せ方とか上手いなって思うんだ。映像も素晴らしいし。

でもね…
地下鉄のシーンを山場の取っ掛かりにした場面でなんだか
しらけちゃったんだ…

なんだろうね。
あまりにも映画的す
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

4.0

『歩き方でわかるだろ。
虐げられてきたが、今は平気さ。
わかり始めてきたんだ。
ニューヨークは俺たちに希望をくれる。
みんな生きている。へこたれずに。
街や人の熱気を肌で
>>続きを読む

ひとごろし(1976年製作の映画)

4.0

『双子六兵衛は臆病者といわれていた。
これこれだからという事実はない。
誰一人として、彼が臆病者だったという事実を知っている者はないが、いつとはなしに、それが家中一般の定評となり、
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

ジェームス・キャメロンはサービス精神が半端ないね!

我々がなにを観たがっているかを知り尽くしててさ

ひとつも逃すことなく陶酔・感嘆・感動のツボを押してくれるんやもんね

観たいものをこれでもかって
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

『 BROOKS WAS HERE 』

『 SO WAS RAD 』

掘られた文字に集約されたもの

必死に…死を選ぶしかなかったブルックス

彼を想い、彼を尊重し、彼を偲んだアン
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

4.6

映画に求めるもの…

わたしの場合は

どれだけ日常と違った異世界に身を置けるか?
はいりこめるか?擬似体験できるか?

だから私は映画館にいく


映画に必要なのは『陶酔できる魔力』があるかどうか
>>続きを読む

エースをねらえ!(1979年製作の映画)

3.9

名古屋の父親の実家には従姉妹のお姉ちゃんがふたり居て、小中の夏休みにはロングでひとりで泊まりに行っていた

お姉ちゃんの部屋には少女漫画が沢山あって、なかでも『エースをねらえ』は全巻揃っていて夏のお楽
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

4.1

一生楽しめる映画を見つけたよ

たぶん観れば観るほど感想が変わる映画よね

それで…その時その時の環境で姿を変えてくれる映画やね


なんど観ても飽きない工夫と

なんど観ても発見する深みと

なんど
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.5

ずっと映画館のソファに沈み込んでいたかった

シャマラン監督の優しさを感じたよ

素晴らしいプレゼントをありがとう

あー!幸せだ

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

『ウォンテッド』のマカヴォイがこんな風になるなんて今でも信じられない

あの頃から演技派だったんだろうけど、身体改革とオーラの増し方が半端ない

それで今作はまさに彼そのものを堪能する映画

いやはや
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

4.5

最高ー!観て良かったぁ!
興奮してレイトからの帰り道まで余韻を噛みしめて楽しかったよぉー。

実は前作が好き過ぎて心配していたんです。
あれを超える作品なんてないよねって。

でもでも!そんな杞憂は何
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

むかしから動物はなんでも大好きなんです。

どんな動物とも必ず気持ちは通じあえるって思っていて…

大阪の真ん中に靭(うつぼ)公園って大きな公園があって、小学生の頃そこの野良犬を自分のイヌのように可愛
>>続きを読む

デイ・ウォッチ(2006年製作の映画)

3.9

ロシアの女性は何故にこんなに美しいの

女性がはぁ〜全員、美しい〜

見惚れちゃいますなぁ〜

多分10回以上は観てる今作、いや、もっとかな?
未だにイマイチストーリーはよくわかんないだけども…笑
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.5

いつも答えを導き出してきた

いつだって答えはそこにあったんだ

でも今回のクエスチョンは難解だ

「肉体はいつかは滅びる

永遠に生きられる人間はいない」んだとよ

やれやれ まいった
>>続きを読む

スチュアート・リトル2(2002年製作の映画)

3.8

〜ちっちゃなスチュアート家の次男坊スチュアート・リトル〜

大好きな親友ジョージに新しい友達が出来ちゃって、スチュアートは独りぼっち

ママは彼を赤ん坊扱いだし、なにをやってもうまくいかない

そんな
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やはり黄色パッケージに間違いはなかったよ

遊びごころ満載で微笑ましく
なおかつキュンキュンくるー!

何故だか男の子の気分になって鑑賞、笑

わたしが12歳の男の子なら、こんな駆け落ち&逃避行をした
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

『都会で独りぼっちのあなたへ』
彼女はそう呟きながら唄を贈った♪

大都会は残酷。チャンスが沢山あるように見えて、そこからこぼれ落ちる人もまた沢山。

ニューヨークの街。
華やかな世界の溝にはまって人
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.5

クラリスの清らかさとルパンの優しさがたまらないですね

『しあわせを訪ねて わたしは行きたい

いばらの道も 凍てつく夜も

ふたりで渡ってゆきたい

旅人のさむいこころを
>>続きを読む

30デイズ・ナイト(2007年製作の映画)

3.8

ヴァンパイアがカッコいいー
少数精鋭で見分けがつくの
そのビジュアルはアート的

思い出すのはヴァンパイア

襲われないの確約で
顔の間近で尖った歯を見せて欲しいな


それにしてもカッコいいー
ヴァ
>>続きを読む

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン(2014年製作の映画)

4.2

愛しくって愛しくって堪らない
「こっこ」の心象世界

もったいなくって途中なんども止めて
噛み締め、噛み締め

4時間でも5時間でも
世界いち長い映画にしててもらっても良いのにって思うくらい、好き
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

4.5

その心臓は太古の音に身をゆだね
波のうねりに地球の鼓動を感じた

高鳴る恋の予感を感じながら
ペダルを漕ぐのをアシストした

その心臓は右に父を、左に母を抱いた

そして左右に息子たちを抱くだろう
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.6

なにが怖いって
そうきたかってドンデンがひととおり済んだ後

ラストもラスト

あなたがそれを

そんなヒドい遣り方で

平気でしてしまうなんてー

ってところ

ほんとに集大成がそこなら

なおのこ
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.5

こどもは無条件で身近な家族を愛している

では家族も

家族も無条件でこどもを愛したいですね


〈ズッキーニ〉

ママからこう呼ばれていた男の子は

ズッキーニって呼ばれたい

って

ぼくはズッキ
>>続きを読む

ウォーターワールド(1995年製作の映画)

3.9

笑いがとまらん。It's cool‼️

あぁ!この世界の住人になりたいー

なんでしょ!この説得力!破壊力!


USJのアトラクションで唯一待ちの時間も幸せなアトラクション!『ウォーターワールド』
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

4.0

鼻っぱしらの強い女性が好き

なにが彼女をそうさせているの?と思いを巡らせるのが好き

そんな彼女がみせる細やかな愛情や母性を感じるのはもっと好き

そして
彼女を彼女以上の愛で守ろうとする男が好き
>>続きを読む

>|