れもんさんの映画レビュー・感想・評価

れもん

れもん

  • List view
  • Grid view

空白(2021年製作の映画)

4.0

2022年最初に鑑賞したのは、本当は映画館で観たかったくらい気になっていた作品。

古田新太、松坂桃李、田畑智子、趣里、寺島しのぶくらいしか顔と名前が一致するキャストはいなかったし、松坂桃李以外は美男
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2014年公開の20作目『思い出のマーニー』を鑑賞。

夫も私も初鑑賞だった。

百合っぽい雰囲気を強調しすぎなのは若干気になったけど、まあそ
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2013年公開の19作目『かぐや姫の物語』を鑑賞。
高畑勲監督の遺作であり、翁の声を演じた地井武男の遺作でもあるらしい。

夫婦ともに初鑑賞だ
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

5.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2013年公開の18作目『風立ちぬ』を鑑賞。

実は劇場公開時に映画館で観たことがある。
思い返してみれば、私が映画館で観たことがあるジブリ作
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.5

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2011年公開の17作目『コクリコ坂から』を鑑賞。

夫婦で観たけど、私は多分2回目の鑑賞で、夫は初めての鑑賞だった。

夫的には『耳をすませ
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2010年公開の16作目『借りぐらしのアリエッティ』を鑑賞。

初めて観たけど、それなりに面白かった。

食品や日用品の調達に行くことを、「狩
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

5.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2008年公開の15作目『崖の上のポニョ』を鑑賞。

宮崎駿監督の作品で知名度のある作品だが、夫婦ともに観たことがなく、個人的に観るのを楽しみ
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.5

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2006年公開の14作目『ゲド戦記』を鑑賞。

今まで観たことがなく、あまり評価が高い印象は無かったので、期待せずに観てみた。

観てみると、
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2004年公開の13作目『ハウルの動く城』を鑑賞。
つい最近の作品のようなイメージだったけど、もう17年も前の作品なのか…

以前にも観た記憶
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.5

最近まで細田守監督作品を全然観てこなかった私が、唯一観たことがあった作品。
女友達に、雪が私に似ていると言われたので気になって観たのを覚えている。
でも、前回と今回あわせて二回観ても、その女友達が雪の
>>続きを読む

罪の余白(2015年製作の映画)

4.0

Filmarksでもアマプラでも評価があまり高くないのは知ったうえで、吉本実憂の顔が割と好みなのと、美少女の内面が悪魔という設定も割と好みなので、そんなに期待せずに観てみた。

まあそれなりに楽しめた
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.5

ずっと気になっていて、やっと観ることができた作品。

主人公たちの夫婦関係が、うちの夫婦関係と少し似たようなところもあり…

誰も知らない土地で、何もすることがない家で、ただ一人で夫の帰りを待つ時間は
>>続きを読む

ギブリーズ episode 2(2002年製作の映画)

3.0

レンタルした『猫の恩返し』のBlu-rayに同時収録されていたので観た。

公開当時も同時上映されていたみたい。

『沈まぬ太陽』を観たばかりだったからか、鈴木京香の声だけはすぐわかった。

「epi
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2002年公開の12作目『猫の恩返し』を鑑賞。

初めて観たけど、軽い気持ちでサラッと観られる良作じゃないだろうか。
キャラクターの中では、ム
>>続きを読む

いざなぎ暮れた。(2019年製作の映画)

4.0

夫とGEOをぶらついていたところ、『孤狼の血 LEVEL2』で良い味を出していた毎熊克哉の姿が目に入り、ジャケットをよく見てみると、なんと撮影地が超近所。
その場のノリで借りてみたが、正直あまり内容に
>>続きを読む

沈まぬ太陽(2009年製作の映画)

4.5

日本アカデミー賞最優秀作品賞をコンプリートするために、Netflixで鑑賞してみた。

割と泣けたけど、いかんせん長すぎる。
アフリカで狩りをしているシーンはごっそり無くしても良かったんじゃないかな?
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

日本アカデミー賞最優秀作品賞のコンプリートを密かに目指しているので、今更ながら鑑賞してみた。

登場人物たちがやたら「アレ」って言いまくること以外は好きだった。
みんなうちの母親くらい「アレ」って言っ
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.0

細田守監督が手がける初の長編オリジナルアニメーション作品。
こちらも『時をかける少女』と同じく日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を獲得している。

細田守監督の作品は、今まで『おおかみこどもの
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.5

劇場公開されていた頃、その当時の友達か彼氏と観に行ってパンフレットまで買った記憶がある。
今作を観る前だったか観た後だったか忘れたけど、原作小説も読んだ記憶がある。
10年以上経って、二度目の鑑賞。
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

筒井康隆の同名小説を原作としたアニメーション作品で、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を獲得した最初の作品。
実は細田守監督による最初の長編アニメーション作品は『ONE PIECE THE M
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、2001年公開の11作目『千と千尋の神隠し』を鑑賞。
今までに何度か鑑賞したことがあるが、何度鑑賞してもまあ面白い。

今作も『もののけ姫』と
>>続きを読む

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

3.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1999年公開の10作目『ホーホケキョ となりの山田くん』を鑑賞。

私も夫も初めての鑑賞だった。
天下のジブリ制作作品と言えど、興行収入的に
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1997年公開の9作目『もののけ姫』を鑑賞。
言わずと知れた名作で、アニメーション映画として初めて日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した作品。
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

5.0

前作『孤狼の血』の3年後を描いた作品で、前作では助演だった松坂桃李が主演を務めている。

観たい観たいと思っているうちに近所の映画館では終映してしまい、それでも映画館で観たいので夫婦で往復約3時間かけ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

多分二度目か三度目の鑑賞。

邦画の悪いところを排して良いところを盛ったような名作。

全体に漂う硬派な雰囲気が好き。

大量に使われる明朝体の字幕、大量に飛び交う専門用語、情報量の多い画や台詞。
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

3.0

ツッコミどころが多すぎて…

中村倫也が出演していなければもっと低評価にしたかも。

とりあえず、同じ人物の若い頃や幼い頃の役者は似たタイプの顔の役者にしてほしい。

【2021.10.11.鑑賞】
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

4.0

1回目の新型コロナウイルスワクチン接種を終え、家で映画でも観よう!ということで『硫黄島からの手紙』を観た時に観ると決めていたこちらの作品を鑑賞。

『硫黄島からの手紙』が戦争そのものを描いていたのに対
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.5

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1995年公開の8作目『耳をすませば』を鑑賞。

天才アニメーターとの呼び声も高い近藤喜文が監督を務めた最初で最後の作品。
彼が生きていればジ
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

5.0

えげつない夫婦喧嘩をした際、ヒーリングとして鑑賞し、最高に癒された…笑

ディレクターズカット版のほうが、クリスチャンのクズスチャンっぷりが強調されており、ラストのクマスチャン生贄シーンのスカッと感が
>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1994年公開の7作目『平成狸合戦ぽんぽこ』を鑑賞。

子供の頃に観た記憶があるけど、話の流れはほとんど忘れていた。
でも、玉三郎がイケメンな
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.5

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1992年公開の6作目『紅の豚』を鑑賞。

多分ちゃんと観るのは初めて。

夫は結構好きで何回も観たことがあるらしいけど、私はあまり好きではな
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1991年公開の5作目『おもひでぽろぽろ』を鑑賞。

あまり記憶が定かではないが、多分子供の頃に母親が観ているのを横から観たことがあるような気
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1989年公開の4作目『魔女の宅急便』を鑑賞。
ここまでの3作品と同じく、子供の頃に何度か観たが大人になってからはちゃんと観られていなかった作
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1988年公開の3作目『火垂るの墓』を鑑賞。
3作目といっても、2作目『となりのトトロ』と今作は同時上映作品。
(ちなみに今作の節子と『となり
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

ジブリ制作の劇場長編アニメーション映画コンプリートのため、1988年公開の2作目『となりのトトロ』を鑑賞。
今ではすっかりジブリのシンボルとして定着したトトロだけど、意外にも今作も公開当時の興行収入は
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

以前からジブリ制作の劇場長編アニメーション映画作品をコンプリートしてみたいな〜とうっすら思い続けており、ついに実行に移すことにした。
日本のNetflixでは配信されていないので、いつものGEOのお世
>>続きを読む

>|