縫い裁つりんこ

縫い裁つりんこ

ボキャ貧だけどなるべく正直に書く。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.5

理想のフィンランド。
全体的に水色が多くて好き。
映画の中の時間の流れが程よくゆっくりで心地良い。
脳裏にかもめは海のギャングという言葉がチラつくがそんなの関係ない、ワイもフィンランドに行きたいモイ。

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.5

ちょこちょこ呪怨みたいな演出あるのはたぶん気のせいじゃない。

中盤からガンガン熱くなるアクション。やさぐれレオンもクラリックなクリスも程よく人間やめてる。そしてラストバトルのガン=カタ感。通路でのゾ
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

4.8

愛車はどこかで失くしたんかな…

終盤のカーチェイスの果てに放たれた渾身のFuck Youに残りの腹筋を全部持ってかれた

マッドマックスシリーズと聞いて当然抱くだろう期待を裏切ってくる残念感と斜め上
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

普通に面白かった。

戦争映画でパトリオティズムを描く時に多少の脚色はあるのは仕方ないんだけど、デズモンド・ドスはハクソーリッジ以前にもメダル級の功績を挙げてて、決して初戦じゃないので、ハクソーリッジ
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.4

ノルマンディー上陸のシーンが観たくなって久しぶりに観てみたら、でかい剣を持って突撃してるジャック・チャーチルみたいな奇兵がいるのに気づいてむちゃくちゃ笑ってしまった

ジャック・チャーチルといえば今年
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

元気な野村萬斎がたくさんみれておなかいっぱい。

それぞれの物にそれぞれの良さがあるのは皆わかってるんだけど、それを良さと認め合う心の余裕があるかどうかって話。千利休も秀吉もそれを忘れてて、野村萬斎が
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

レゴアイデアとか見てるとレゴビルダーってほんと凄くて憧れるんだけど、私はあんなすごいの作れない平凡ビルダーだし、お金もないからレゴのピース数がまだまだ少ないけど、ミニフィグをこつこつ集めて、少ないピー>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

ホラー級女子プロレスだった。

無印呪怨とかでお馴染みな扉の開閉で切り替わる「志村後ろー!」なホラー演出の真剣さと化け物に化け物をぶつけたらどうなるか…?なふざけ気味のコンセプトが拮抗してて、正直本編
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.4

クローゼットのアヘ顔はトラウマ物だったけど、時々オシャレ路線の映像作品みたいできれい。
時々、ナショナルジオグラフィック。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.7

これのクリスチャン・ベイルぐらい細くなりたい

キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男(2011年製作の映画)

3.9

アイルランドってやり過ぎぐらいがちょうどいいねん!みたいなとこあるよね…

ホーンティング(1999年製作の映画)

3.1

作家を何十人も雇って舞台セットや特殊効果を作って、豪華俳優も揃えたのに、それらを持てあましたような中途半端なホラー。
観る人に恐怖を味あわせるためだからと言って、豪華な屋敷を建てるのに力入れてても誰も
>>続きを読む

サティスファクション(1989年製作の映画)

4.0

ひと夏で終わる恋のアバンチュール感と少女が大人の女へと変わる瞬間が軽快に描かれていて、後味がめちゃくちゃフレッシュ。
愛があるうちに別れる恋ってロマンがあるよね。

後、ストーンズみたいなロックを女の
>>続きを読む

スピリット/傷だらけの栄光(1990年製作の映画)

3.3

愛する人を守って生きるために様々な形で闘う人達がいる。

ど田舎の炭坑夫リーアム・ニーソンが前科持ちを理由にうまくいかない就職活動への不満と堅実な仕事を急かす妻への反発心から、都会の裏ファイトクラブに
>>続きを読む

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

2.5

終盤はエロいを通り越してグロい。
観てるこっちのアナルもメリメリ裂けそう。こどもの日にこんなん観たらあかんでほんま。

K-19(2002年製作の映画)

4.0

原潜の原子炉がメルトダウンしかけたのは造った国の造船会社と無茶をしたハリソン・フォードのせい。彼とは対極的な副艦長のリーアム・ニーソンが彼の最後の良心だった。
冷戦下の緊張の中、ソ連軍人にとって祖国の
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.7

リーアム・ニーソン扮するマット・スカダーが原作よりハードボイルドさを押さえられているのに渋い。美少女ルシアも原作以上に美少女してる。この映画が気に入った人は是非ローレンス・ブロックの原作シリーズも読ん>>続きを読む

立喰師列伝(2006年製作の映画)

3.0

胡散臭い話を大真面目にやってて面白いんだけど、鑑賞の体感時間があまりに長すぎて、これを観た後の映画は何観ても面白く感じるだろう変態映画。
全編を通しで寝ずに観れたら勝ち。

TAMALA 2010 a punk cat in space(2002年製作の映画)

3.5

未来なんて、ゼツボー

ほんとそうだよね。ファッキンビッチのタマラちゃん可愛いけどムカつく。こういう可愛くて刹那的に生きてるムカつく女の子がモテるんだよね。私にとっても現実はディストピアでしかない。

疑惑に抱かれて(1991年製作の映画)

3.6

全裸で走り回って股間にモザイクが入る間男リーアム・ニーソン。借りた金は返さない、クソみたいな仕事で生計を立てて女にはすぐ手を出すし喧嘩も弱い小物感満載で人間のクズな彼もすごく良い。なんで日本未公開なん>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

観た後は人に優しくなれる気がする映画。
ほんとリーアム・ニーソンの息子になって一緒にタイタニックごっこしたい。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

4.0

やっぱ今作もやること殺ってお咎め無しなんやな!

96時間無印と2作目の良いとこどりしたような、シリーズ最終章としてうまくまとまって終わった感じが好印象。頭脳戦、カーチェイス、ガンアクションがさらに洗
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.0

もし日本にもパージが起きたら、百貨店の外商になるような金持ちの年寄りを殺しまわって、奪ったクレカを壁に飾るって決めてる。皆殺しだ。

やっぱり設定が強すぎて、むしろずるい。ハラハラドキドキしながら面白
>>続きを読む

ダークマン(1990年製作の映画)

4.1

エッ、開始5分ぐらいですでに面白いぞこれ。
とばっちりで半殺しにされて顔の無いダークヒーローと化すリーアム・ニーソンの話。

恋人を守るために、そして自分の身体を奪った敵に99分しかもたない変装を駆使
>>続きを読む

アフターライフ(2009年製作の映画)

2.9

サイコパスおくりびとのド変態リーアム・ニーソンと角度によってめちゃくちゃ可愛かったり普通に可愛かったりするクリスティーナリッチのつつましいおっぱいを楽しむ映画。
ノーマルなリーアム・ニーソンに飽きたフ
>>続きを読む

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

2人のジョンの片方は死へ、もう片方は生存へ。決断できずに死んだ者と最期を自分で選んだ者という図はある意味、これまでの人間社会の縮図のようで、雪原でのサバイバルを通して「どう生きたか?」を問いかけてくる>>続きを読む

96時間/リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

地獄の免許合宿 in イスタンブール

アルバニア人の人口が減るんじゃないかってぐらい相変わらず敵マフィアには容赦がないサーチアンドデストロイな主人公。前作以上に無双状態で負傷率・被弾率が低く、ガン=
>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.0

劇場版のコナン君は推理以上に実力行使をやってのけるから、君なんで探偵やってるんだって思う。ギャグかってぐらい黒の組織のガバ度はすごいし、オールスターズ出演だから今作は組織好きにはたまらないんじゃないだ>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.8

エッ、切ない…。

脚本や演出、アクション以上にリーアム・ニーソンとエド・ハリスというベテランキャストの豪華さと重厚な演技力が光る作品という印象。

『ロブ・ロイ』『96時間』や『フライト・ゲーム』と
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.0

かわいい女の子で香水を作ったらそりゃかわいい女の子の匂いがするよね。
良い柔軟剤を買うより絶対モテるわこれ。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.5

感覚的にはえーそんな下品かな?って感じだけど、ラフに観ると確かにブラックジョークのオンパレード。マラソンマンをゲイ扱いして、りんごを投げつけるシーンは不謹慎だけどアメリカはやっぱりキリスト教の国だなぁ>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.8

ラストの

「なーーーーんてね」


の松たか子が怖すぎて好き。

アンノウン(2011年製作の映画)

3.8

たとえば安部公房の『壁』みたいな、ある日突然に自身の名前や身分証を失って自己の証明が難しくなり、見知ってるはずだった知人達と自分の間に不和が生じてしまうもどかしさや不安感にフォーカスを当てたミステリー>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.6

娘を失ったショックで嫁にも逃げられ、全身から疲労感溢れるアル中&ニコ中設定のリーアム・ニーソンとかぶっちゃけもう最高やん…
飛行機内の変わらない背景の中で話が進むため、観てる側が飽きないようなテンポの
>>続きを読む

>|