縫い裁つりんこさんの映画レビュー・感想・評価

縫い裁つりんこ

縫い裁つりんこ

ボキャ貧だけどなるべく正直に書く。

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.8

ジャネット役の女の子、かわいすぎひん…?

これまで映画で見てきた霊が思念だけで動いてきて滅茶苦茶するのばかりだったから、今作の明確な目的があって知略を巡らし人間側の裏をかこうとする霊というのがすごく
>>続きを読む

ウォーターパワー/アブノーマル・スペシャル(1980年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

医者と患者とナースのコスプレ浣腸プレイから天啓を得た主人公が浣腸の使者として女の子達の汚れを浣腸レイプによるデトックスで浄化していくポルノムービー。

日常パートの鬱屈でストレスフルなノイズっぽいBG
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.5

『ザ・レイド2』みたいな個性豊かな暗殺者のオンパレードかと思いきやダイジェスト的に戦いが過ぎ去ってしまって、殺し屋ソムリエ?とかそれっぽい組織が登場しても豪華になっただけで、前作ほどのカルトさが逆に薄>>続きを読む

ねこぢる草(2000年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ぜんぶ神様の手のひらの上だし、ぜんぶ過ぎ去ってしまった。

こんな変な人達がいて、彼らがこういう最期を迎えたらおもしろいなーとかひどい扱いをうけているブタくんとか手加減のないブラックジョークでフフッと
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストのワクチン開発で人類が攻勢に転じ、銃火器でゾンビを掃討している国々もある一方、ロシアでは鍬や鋤とか農具で戦っていてちょっとフフッとなった。

ブラピの最後のコーラのシーンでCM作ってほしい。

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

5.0

登場人物がどうしようもない人か社会のゴミクズばかりだけど、みんな憎めないし清々しく生きててみんな好き。金と命と女房、賭けれるもん全部賭けちゃうただそれだけ。みんなギャンブラーの鑑、ギラギラ輝くギャンブ>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本物のスピットファイアやメッサーシュミット、ハインケル111が飛んでるのはもう映画とか関係なく感動した。特にラストの着陸シーンはなんともいえなくて、あー木製飛行機のこのアナログ感ええな…って感動。戦後>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

4.5

スタッフロールのアニメーションが1番ジーンとくる。永遠の兄弟の追いかけっこ。2人が子供時代にできなかった事を大人になってから取り返してる感じがほっこりしつつもじんときた。

ライトなストーリーの中に血
>>続きを読む

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

4.5

学校の怪談並みにナチュラルにおばけがでてくる平安時代

当時観た時は野村萬斎に年齢不詳のイメージはなかったけど、今観るとそれがよくわかる。エッ、全然老けてねー!
この伊藤英明から役柄からも溢れ出るいい
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

凍死したジャック・ニコルソンの顔がよく飲みに連れてってくれた先輩の変顔と似ててやっぱり笑ってしまう

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.6

まかせとけ、この車は四駆だぞ!ってパッパが豪語するこの車を調べたら、それはアウディA4(たぶん)だった。

獣道を高速でガンガン突き進むアウディ。
乗ったことないけどやっぱり評判通りの走行性能で馬力あ
>>続きを読む

バビロンの陽光(2010年製作の映画)

4.5

フセイン政権崩壊後、祖母とともに少年が父を探す旅の中で、戦争と政治的混乱によるイラクの疲弊と復興への兆しがロードムービー調に痛々しくもみずみずしく描かれている。

イラクという土地とそこに住む人々に爪
>>続きを読む

パットン大戦車軍団(1970年製作の映画)

5.0

上司が頭おかしいと下はめちゃくちゃ苦労するんやぞ!!!!

リュミエールと仲間たち(1995年製作の映画)

4.0

40人の監督によるショートフィルム集。
全体的に作品性の強い映像集で、各監督の個性と映像表現の自由さを改めて52秒の中に感じることができる。映像と視覚の切っても切り離せない関係を踏まえつつも、表現の中
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.5

理想のフィンランド。
全体的に水色が多くて好き。
映画の中の時間の流れが程よくゆっくりで心地良い。
脳裏にかもめは海のギャングという言葉がチラつくがそんなの関係ない、ワイもフィンランドに行きたいモイ。

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.5

ちょこちょこ呪怨みたいな演出あるのはたぶん気のせいじゃない。

中盤からガンガン熱くなるアクション。やさぐれレオンもクラリックなクリスも程よく人間やめてる。そしてラストバトルのガン=カタ感。通路でのゾ
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

4.8

愛車はどこかで失くしたんかな…

終盤のカーチェイスの果てに放たれた渾身のFuck Youに残りの腹筋を全部持ってかれた

マッドマックスシリーズと聞いて当然抱くだろう期待を裏切ってくる残念感と斜め上
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白かった。

戦争映画でパトリオティズムを描く時に多少の脚色はあるのは仕方ないんだけど、デズモンド・ドスはハクソーリッジ以前にもメダル級の功績を挙げてて、決して初戦じゃないので、ハクソーリッジ
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.4

ノルマンディー上陸のシーンが観たくなって久しぶりに観てみたら、でかい剣を持って突撃してるジャック・チャーチルみたいな奇兵がいるのに気づいてむちゃくちゃ笑ってしまった

ジャック・チャーチルといえば今年
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

元気な野村萬斎がたくさんみれておなかいっぱい。

それぞれの物にそれぞれの良さがあるのは皆わかってるんだけど、それを良さと認め合う心の余裕があるかどうかって話。千利休も秀吉もそれを忘れてて、野村萬斎が
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

レゴアイデアとか見てるとレゴビルダーってほんと凄くて憧れるんだけど、私はあんなすごいの作れない平凡ビルダーだし、お金もないからレゴのピース数がまだまだ少ないけど、ミニフィグをこつこつ集めて、少ないピー>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ホラー級女子プロレスだった。

無印呪怨とかでお馴染みな扉の開閉で切り替わる「志村後ろー!」なホラー演出の真剣さと化け物に化け物をぶつけたらどうなるか…?なふざけ気味のコンセプトが拮抗してて、正直本編
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.4

クローゼットのアヘ顔はトラウマ物だったけど、時々オシャレ路線の映像作品みたいできれい。
時々、ナショナルジオグラフィック。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.7

これのクリスチャン・ベイルぐらい細くなりたい

キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男(2011年製作の映画)

3.9

アイルランドってやり過ぎぐらいがちょうどいいねん!みたいなとこあるよね…

ホーンティング(1999年製作の映画)

3.1

作家を何十人も雇って舞台セットや特殊効果を作って、豪華俳優も揃えたのに、それらを持てあましたような中途半端なホラー。
観る人に恐怖を味あわせるためだからと言って、豪華な屋敷を建てるのに力入れてても誰も
>>続きを読む

サティスファクション(1989年製作の映画)

4.0

ひと夏で終わる恋のアバンチュール感と少女が大人の女へと変わる瞬間が軽快に描かれていて、後味がめちゃくちゃフレッシュ。
愛があるうちに別れる恋ってロマンがあるよね。

後、ストーンズみたいなロックを女の
>>続きを読む

スピリット/傷だらけの栄光(1990年製作の映画)

3.3

愛する人を守って生きるために様々な形で闘う人達がいる。

ど田舎の炭坑夫リーアム・ニーソンが前科持ちを理由にうまくいかない就職活動への不満と堅実な仕事を急かす妻への反発心から、都会の裏ファイトクラブに
>>続きを読む

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

2.5

終盤はエロいを通り越してグロい。
観てるこっちのアナルもメリメリ裂けそう。こどもの日にこんなん観たらあかんでほんま。

K-19(2002年製作の映画)

4.0

原潜の原子炉がメルトダウンしかけたのは造った国の造船会社と無茶をしたハリソン・フォードのせい。彼とは対極的な副艦長のリーアム・ニーソンが彼の最後の良心だった。
冷戦下の緊張の中、ソ連軍人にとって祖国の
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.7

リーアム・ニーソン扮するマット・スカダーが原作よりハードボイルドさを押さえられているのに渋い。美少女ルシアも原作以上に美少女してる。この映画が気に入った人は是非ローレンス・ブロックの原作シリーズも読ん>>続きを読む

立喰師列伝(2006年製作の映画)

3.0

胡散臭い話を大真面目にやってて面白いんだけど、鑑賞の体感時間があまりに長すぎて、これを観た後の映画は何観ても面白く感じるだろう変態映画。
全編を通しで寝ずに観れたら勝ち。

TAMALA 2010 a punk cat in space(2002年製作の映画)

3.5

未来なんて、ゼツボー

ほんとそうだよね。ファッキンビッチのタマラちゃん可愛いけどムカつく。こういう可愛くて刹那的に生きてるムカつく女の子がモテるんだよね。私にとっても現実はディストピアでしかない。

疑惑に抱かれて(1991年製作の映画)

3.6

全裸で走り回って股間にモザイクが入る間男リーアム・ニーソン。借りた金は返さない、クソみたいな仕事で生計を立てて女にはすぐ手を出すし喧嘩も弱い小物感満載で人間のクズな彼もすごく良い。なんで日本未公開なん>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

観た後は人に優しくなれる気がする映画。
ほんとリーアム・ニーソンの息子になって一緒にタイタニックごっこしたい。