みぃたむさんの映画レビュー・感想・評価

みぃたむ

みぃたむ

映画(1288)
ドラマ(1)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ある役者達の風景(2021年製作の映画)

2.9

2作鑑賞後に時間が合い鑑賞。

世界中が新種のウィルスに振り回され
まだ何も分かっていなかった時期。

自宅の玄関に入ったら全身消毒や
緊急事態宣言で 営業自粛するお店。
店頭に貼られた休業の張り紙の
>>続きを読む

渇きと偽り(2020年製作の映画)

3.5

凄く美しく残酷な画から始まり。

ミステリー小説の様に 登場人物が多く
色んな名前が飛び交うので メモを
取りながらの鑑賞でしたw

現在と過去 2つの事件を行き来し
懐かしい場所に行っては思い出し
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.3

OPから 馬・羊・犬・猫と
動物達の素の動きが凄いです。

BGMや台詞を極力減らした作りで
動物達の足音や呼吸音が 一層響き。

動物の色んな鳴き声に癒されたり
羊の出産シーンも尊い…と思ったら
>>続きを読む

地下室のヘンな穴(2022年製作の映画)

3.0

タイトルとジャケに惹かれ 急遽の鑑賞。

全体的に淡い色彩な画の中に
新居のビビッドな壁が映えます。

ゲームみたいに可愛いインストの作中曲や
作中何度も出て来るレコードの音源等に
センス
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.8

「燃えよ剣」以来の原田眞人監督作品。
冒頭から痛いシーンで気絶しそうですw

早い台詞の掛合いが続き 油断大敵。
日本語字幕版があるのも納得です。

主演以外もキャスト全員がハマり役でした。
特に坂口
>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.0

「めがね」「かもめ食堂」からの
荻上直子監督 3作品目。

お米好きには堪らないですよね。
やっぱり日本人=白米 の図式。
ちなみに私は ツマミ派ですがw

のんびりまったりかと思いきや
苦手な虫がか
>>続きを読む

地下水道(1956年製作の映画)

3.7

前作より 細かに描かれており
個々の登場人物も魅力的に映り。

ナレーションから始まる感じは前作と
同じ作りでしたね。

美しく哀しい画に 心奪われます。


「大怪我かい?」
「ううん。掠り傷よ。」

世代(1954年製作の映画)

3.4

ロマンポランスキー出演の驚き。

若者の熱や無骨さが 逆に痛々しく
螺旋階段のシーンや ドロータが連行される
時に スタッフが後ずさりし影になるシーン等
凄く画に力を感じました。

途中 途切れた
>>続きを読む

血のお茶と紅い鎖(2006年製作の映画)

2.8

ウェスアンダーソンからギャグを抜き
ヤンシュヴァンクマイエルから美しさを除き
虫を追加したストップモーションアニメ。

ストーリーが少しわかりにくく
没入感にも欠き 取り残され感。

不穏な
>>続きを読む

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

3.3

木村文乃さんのジャケに誘われ鑑賞。

団地内 声張り上げてのやり取りに
凄く昭和を感じましたね。
今はやらないと思いますw

かなり早い段階で ズドンと落され…。
ワイワイ楽しい場の裏で 暗く動
>>続きを読む

靴ひものロンド(2020年製作の映画)

3.5

結び方を間違えて覚えた靴紐。

家族の繋がりや在り方も同じ。
普通に結べなかった絆の揶揄。

物語が進み 全てが繋がった時
軽く衝撃を受けました。
一番の被害者は 母親では無く
ずっと振り回されてた子
>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

4.2

ずっとずっとずーっと前に
「ヒャッハー!シリーズ」をオススメされ
未見なまま コチラに挑みました。

いやはや。
劇場予告で失笑していた私を
今 説教してやりたいですw

もう 滅茶苦茶面白かったで
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

「ヒットマンズレクイエム」からのコチラを。

クセが強いキャラが目白押しでした。
その中に佇む ルーカスヘッジズw
サムロックウェルとケイレブの演技が素敵。
二人共 ハマり役でしたよね。

>>続きを読む

ヒットマンズ・レクイエム(2008年製作の映画)

4.2

映画のコミュニティでオススメされ鑑賞。
マーティンマクドナー監督 初視聴です。

冒頭から 美しいベルギーの街並みと
その景色に合う 静かなピアノの音色。
悲壮感さえ漂うのですが その意味
>>続きを読む

百花(2022年製作の映画)

2.8

泣かせてくれると信じてましたがw

OP。タイトルコールの室内の画が綺麗です。
ここだけで期待値上がりまくりで。

後ろ姿での会話や周りをぼかす感じ
見えない本心や認知症を表現されて
凄く視覚的に面白
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

OPの映像が怖過ぎて 早くも後悔。
私 ホラー系が全く駄目なのです…w

同監督の「ゲットアウト」は凄く好きで
「アス」は怖過ぎて劇場で観れずの過去。

ドッチに転がるか賭けでの鑑賞でしたが
全く
>>続きを読む

デリシュ!(2021年製作の映画)

3.3

OP。小麦粉を上からコネコネする画と
キッチンの料理シーンが画も音も素敵です。
全体的に白っぽいセットの中で進む
大人数での調理にワクワクしました。

久々の料理系で 楽しみでしたが
茶系の料理が多く
>>続きを読む

プチ・ニコラ(2009年製作の映画)

4.0

絵本が原作の 色彩豊かなフランス映画。

飛び出す絵本的なOPクレジットが素敵。
ニコラと友達のキャラが もう最高でした。

子供ならではの発想と行動に溢れ
小さな笑いもふんだんに盛り込まれ
最後ま
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.5

色彩が明るめでお洒落な殺し合い。

テンポの良い楽曲に乗せて 血みどろを
軽めに見せるのは「キングスマン」系で
スプラッタが苦手な私も鑑賞出来ました。

特に レモンとミカンが本当にツボ過ぎて
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.0

フライヤーと劇場予告で楽しみ倍増。

のんちゃん 毎作凄いですね。
私の中で「ハズレ無しキャスト」の一人。

事前情報ほぼほぼ無くの鑑賞は
キャストの豪華さで 驚くやら笑うやら。

地元のヤンキー達
>>続きを読む

ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル(2019年製作の映画)

3.4

「裏切りのサーカス」好きで鑑賞。

OPクレジットやタイトルコールまでが
凄く長くてワクワクしていました。

4人の関係や繋がりが素敵です。
古典的なドタバタ怪盗劇な感じは
安心して笑いながら観
>>続きを読む

ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男(2015年製作の映画)

3.4

現在のナタリーポートマンの旦那様が
芸術監督の初舞台なドキュメンタリー。

芸術的なOPが美しいですね。
ドラマティックな練習風景と音楽。
新しい風を感じる作りでした。

ラストのテロップに
>>続きを読む

異動辞令は音楽隊!(2022年製作の映画)

2.5

OPのお婆ちゃんのシーンが良く
その先を凄く期待しましたが。

そこで終わった感が満載でした。

展開もストーリーもありきたりで
台詞や間がスムーズでは無かったり
誰の魅力も生かされておらず。

>>続きを読む

アキラとあきら(2022年製作の映画)

3.8

懐かしかったり豪華だったりのキャスト。

今作は歌舞伎色は皆無でしたがw
しっかり池井戸潤原作の作品でした。

主演のお二人が 凄くハマり役ですね。
魅力を十二分に描いてる感じで。

何となくは読める
>>続きを読む

パリ・オペラ座のすべて(2009年製作の映画)

3.4

「新章 パリ・オペラ座」を劇場鑑賞し
過去作品を追いたくなりU-NEXTで。

160分と長丁場で 初のワイズマン作品は
思ったよりも長く感じませんでした。

ルイ14世が創設した 世界最古のハ
>>続きを読む

新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり(2021年製作の映画)

4.1

未知の世界だったので視聴。
前寄りのセンターで ベスポジです。

とにかく画が綺麗な作品でした。
手摺りやドアノブやトウシューズ等に
焦点を当てた画が多くウットリです。

「1日休めば自分
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.8

「バッドジーニアス」の監督最新作。

劇場予告での印象とは違い
かなり熱量を感じました。

OPのカクテル作りから素敵です。

病気が元のロードムービーですが
作中曲に合わせたカット割りが
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.4

劇場予告の何十倍も素敵な作品。

とにかく主演のW子役ちゃんが
素晴らしい演技力で驚きました。
何なら 色気さえ感じる後半ですw

学校の廊下を 雑巾掛けするとか
ジャンケンで負けたら ランドセル
>>続きを読む

ハウ(2022年製作の映画)

3.0

猫派ですが 池田エライザちゃん目的で。

保護犬が新しい飼い主と出逢い
二人で楽しい日々を送る…なストーリー。

まず 別れまでが早くて お互いの
信頼関係が伝わって来ませんでした。

今までに有っ
>>続きを読む

TANG タング(2022年製作の映画)

3.1

「ロン 僕のポンコツロボット」を彷彿。
見た目も少し似てますねw

CGの粗さが見えてしまうので
配信で良いかなと感じました。

満島ひかりさんが可愛いくて…。
EDロールの映像も素敵でした。
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.1

露出を合わせない映像や
細かな台詞が 本当に素敵。

ただ。
オムニバスだと知らずに観ると
後半 頭の中で?がクルクルと。

恋愛の金字塔と云われる今作。
ちょっとハマりませんでした。


「この記
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.3

ホラーが苦手なのに評価が高く
頑張って夏の夜に鑑賞。

最初から流れを知っていれば
怖がらずに観れたかもな作品。

作中曲も 怖かったです…。

ただ。
OPクレジットと音楽が格好良くて。
苦手なの
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

Disney+の推しが強く やっと。

冒頭から 女3人の軽快な流れと
NASAが舞台で ワクワクが止まらず。

ケヴィンコスナー・マハーシャラアリに加えて
「トップガン マーヴェリック」のク
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.2

キャストが豪華で 上品な仕上り。

エマストーンも とても良かったですが
何せジェシカチャイテインが素敵過ぎです。
ブライスダラスハワードの 新たな面も
観れ 満足度の高い作品でした。

人種
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.0

「子供達に与える憎しみが
       全てを蝕む」

今まで観た人種差別系と違い
友達や彼氏が白人だったり
親類が警官で 警官側の意見を
聞ける事だったり どちらかに
偏らずの流れが 良かったです。
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.3

実話ベースと思えぬ展開で。

子供が 更に子供へ銃を渡し
命の尊さを知らず 銃殺する様は
観ていて哀しくなりました。

小さな世界で 繰り返される歴史。
倒しても尚 次々と現れる標的。

断ち切らな
>>続きを読む

>|