mamoさんの映画レビュー・感想・評価

mamo

mamo

B級好きだが、最近わりとA級も嗜む。
海外ドラマは封印気味

映画(704)
ドラマ(108)

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.4

んー、そんなに怖くなかったかな。
映像、音響的には面白いとこあったけど。
ラスト付近はよかったけど、ちょっと長い。しかもラストはコメディかよと笑

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.8

思ってたのと違ったけどおもろかった!
前半と後半で印象がガラリと変わる。
前半のままいかれると多分しんどかったけど、後半で持ちなおし話としていい感じに着地した。
ただカメラ結構揺れるから酔うw

鳥肌
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.8

この主役二人だけで期待してしまう。
やっぱラストはちょっと違った見せ方。

ナチュラルボーンキラーズではクライド側だったハレルソンが逆の立場というところもいい感じ

ジョーズ・リターン(2012年製作の映画)

1.8

くだらねーw
典型的なバカどものヒャッハー
ま、なにも考えずに観れる

ボニー&クライド/俺たちに明日はない(2013年製作の映画)

3.3

ながっ。
テキサスレンジャーズ見る前に見直そうと思ったらリメイク版を発見してこちらを見てみたが、オリジナルのほうがよかったイメージ。
ラストシーンはよかったが、これもオリジナル版のほうがよかったかも。
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.9

おもろかった!
どストレートながらラストの感じとかご都合主義にならずでいい感じ。
不覚にもちょい涙目になる箇所2、3笑

ハウス・オブ・インフェルノ(2018年製作の映画)

1.0

やべぇ、全くおもろくないうえにループして同じカットを何回も使うからさらにおもろなさが際立っていくという新手のホラー

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.2

んー、まあまあ。
オリジナルはたしかブロンソンは医者じゃなかったし、犯行はもっとヤバかったイメージ。
思い出補正プラスかもやけどオリジナルは超えてないな。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.2

まあまあ。
こんなんでもホラーお約束の終わり方すんのねw

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.7

たまにこういうの観ると新鮮笑
予想外に楽しめた

スタトレ・ディスカバリーでゲイ役の俳優がゲイ役で出てたw

トム・ヤム・クン!(2005年製作の映画)

3.5

ゾウはかわいく、トニー・ジャーは強い!
そんな感じ。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.8

すげえなー、じいさん達。
死ぬ間際まで音楽し続けるって。
みんなヨボヨボやのに活き活きしてる。
こんなじいさんになりたいな。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

よかった!
何がと言われると難しいけどいいねぇ。
モノクロの古き良き時代観。
パキッとしたモノクロや、わりと長回しが多いとことかなんか好き!

最後の方の「生まれて来て欲しくなかったの」のとこはゾワッ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

おもろかった。
うわ、怖っ!って感じではないけど。
ま、女は怖いということでw

セレニティー:平穏の海(2019年製作の映画)

3.0

んー、微妙。
途中で世界観分かってから急速に興味が薄れていくという。。
マコノヒーやから3.0

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

うん、評価通りよかった!
二人とも笑顔がステキ。
ま、バディものはある種鉄板やな。

これも実話ベースなんか。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.4

はぁー、しんど。。
映画としては良く出来てると思うけど、なんのカタルシスも得られない。

チェイサーに続きこれ観たら韓国の警察は無能かと思ってまうな。

バトル・オブ・ブリテン~史上最大の航空作戦~(2018年製作の映画)

3.0

んー、普通
主役がGOTのラムジーなんで、どーしてもサイコ野郎のイメージが。。w

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

いやー、おもろかった!
けど、、前評判あまりに良くてハードル上がり過ぎたから大満足とまではいかない結果に。。。
やっぱ上げ過ぎ良くないな。

全編通して良いロードムービーやった。
まぁわりとどストレー
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.4

普通に楽しめたけど、前作のほうが全然よかったな。

ニューヨークの巴里夫(2013年製作の映画)

3.7

2作目よりは全然よかった。
おそらく40代やからってのもあるかも。
後半一部1作目を彷彿とさせる緊急事態シーンがあるが。
ま、でも1作目が一番やなー

チェイサー(2008年製作の映画)

4.0

おもろかった(この言い方がいいかは置いといて)
唯一子供だけが救い。
アンハッピーエンド好きからしてもこれはさすがにきっつく感じる。

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

3.4

まぁまぁおもろかった。
ちょっと重いし、主要人物の背景があまり見えなかったのが少し残念かも。

ロシアン・ドールズ(2005年製作の映画)

3.3

前作のほうが全然おもろかったな。
ちょっと蛇足っぽく感じる。
さらになんか主人公にあまり共感できない。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

わかりやすいし、短いし、おもろかった!
話はいたって単純。音たてたらダメw

最後のショットガン、ガチャッ‼がカッコええ!

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.8

ヒップホップに詳しくない身からしても、普通に楽しめた。
これが東西抗争かー。
ヒップホップというかラップに入りにくかった要因としては英語のリリックが直で分からないからというのが大きかったが、こういう字
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

3.5

インテリア、ファッション、車などかっこよろし。

「世界が色づくように見えることもある。それは他の誰かと心から通じ合えた瞬間のことだ」
「経験とはその人に起きたことではなく、そこから何を得たか」
とい
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

いやー、よかった
実話ってとこがまた凄い

青年サルーがちょっと真田広之にみえる

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

3.8

おもろかった
内容的には普通にある話やけど、スラム&子供たちってだけで好みでプラス加点になってしまう

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

4.0

おもろかった!
なんかいいね、こういう合宿的な暮らし。
色とりどりな面々。
ま、実際には嫌な面も多そうやけども。
あと、音も好き系。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

おもろかった。
まず映像と音がキレイ。
エリオ役が表情であんなけ表現出来るなんてすげーなと。

前情報でゲイの話とだけ知ってたんでちょっとだけ抵抗というか、いけるんかなと思ってたけど、全然そんな感じも
>>続きを読む

>|