テイラーなかのさんの映画レビュー・感想・評価

テイラーなかの

テイラーなかの

映画(61)
ドラマ(0)

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.6

こんなに胸に刺さった映画は久々!
「君は世界一だよ」と言う映画やドラマのシーンはいっぱいあるけど、実際に現実で言われたらなんて素敵な言葉なんだっ…て思ってしまうんだろうな、とこの映画を見て感じた。
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.3

途中までの2人の暮らしは、こじんまりしてるけど、どこか充実していてなんだか良いな〜と思った。あとは最後の場面で、今までの暮らしも演劇も全部劇場みたいなものだったんだと思わされた。又吉すげー

シングルマン(2009年製作の映画)

4.2

どこの場面を切り取っても含蓄に富んでいて、とても心が引きつけられた。2時間弱があっという間に終わってしまった
一人一人の言葉が文学的とでもいうのか、とてもすてきだった。言ってしまえばロマンチックという
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.6

最初は富豪に夢膨らませる展開だったのに、急に転落してってめちゃくちゃハラハラで、面白かった
お金って怖い、程々が大事だわ
タロンくんのベスフレ感からスネオ感への移り変わりが巧みで、より好きになってしま
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

ずしんときた。
フィクションの様で、そうと括れないような物語が重苦しい。とくに、沖縄のきれいな海と対峙するような悲惨な場面が心に重く残った。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.1

映画を見るまでは、Another Day of Sunがこの映画のテーマ曲だと思ってたけど、見終わると、Mia and Sebastian’s Themeの方がとっても印象的だった。
簡単な曲調だけど
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.3

アメトークで展開を知ってしまっていたのがとても悔やまれる。でもめちゃくちゃ胸熱だった!そして、R2の叫び可愛すぎる

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.1

一作目にして、Ⅳとして制作したのってめちゃくちゃ構想練ってたんだろうな…と思う。これから全部見るの楽しみ!!

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.6

ラストのデインの目がとても儚げで、青々とした美しさがとても綺麗だった…あとは、やっぱ母さんってすごいなと思った。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.9

デイン・デハーンと、カーラ・デルヴィーニュのコンビが最高!
カーラの美しくカッコイイ姿に惚れた
映像が、CGと思えないくらいきれいで、迫力があった

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.5

怖いと、面白いが混ざってはちゃめちゃな映画
ベスの狂気と、一途な感じがなんともホラーで、可愛かった
終盤のベスのラベンダァー!には笑った

ダンボ(1941年製作の映画)

4.2

ベイビーマインが、とっても母さんの愛がこめられていて思わず泣けてきた
ピンクの象のシーンは、形のない幻覚みたいなものを映像で作り出していてディズニーってすげ〜と改めて思った。

スピード(1994年製作の映画)

3.7

ジャック役めちゃくちゃかっこいいやん!誰⁉︎…と思いエンディングを見たら、キアヌ・リーブス…!!??とても驚愕した。
ジャックのとても爽やかなキャラにも惹かれ、アクションや爆発もスケールが大きくて迫力
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.2

噂には聞いていたが、ポケモンの再現がすごい。かわいいが、リアルすぎてえぐいとこが、妙にリアルで臨場感があった。
ピカチュウのキャラが魅力的で面白かった。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.6

ドウェイン・ジョンソンのダンス(?)や、弾き語りに全部持っていかれつつも、アトランティスや、ネモ船長、ノーチラス号が出てくる展開には驚いた。しかしアトランティスには伯父さんと一緒に行って欲しかったなぁ>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

4.5

ジュール・ヴェルヌの本からヒントを得て、地底世界へと冒険に出かけるというのが、とてもロマンがあっておもしろい。本当にあるんじゃないか…!?と毎回思ってしまう。ハラハラの展開で思わず見入ってしまった。

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

吉沢亮の目つきの変え様というか、演技が素晴らしかった。容姿端麗だけでなく、演技も最高とは、天は何物与えるのか…
本郷奏多の成蟜にも圧巻だったが、途中からグーフィーに見えてしまった

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

ミュージカル映画だけど、ミュージカルミュージカルしてないというか、いやめちゃめちゃしてるかもしれない…
歌ありきだからこその話でとてもそれが心に響いて感動した。
エルトンの曲を楽しんでから、また見たい
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.7

1人忙しい毎日。楽しそうだけど、気づかされたときのダメージが大きすぎてなんともつらい。
松岡茉優の演技には見事に圧巻。
松岡茉優さんに自分を重ねるのは大変おこがましいが、自己を投影して見てしまった
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.4

5年ぶりくらいに、わりと大人になって見たつもりだけど、まだ話の内容がよくわからない、むずかしい…
あれまで素敵な女の子はそうそうおらんよな

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.4

最後の畳み掛けにめっちゃ泣けた。
さやかちゃん良い子だ…
良い空気吸いたくなる。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

3.7

個人的に音楽がジブリの中で一番好き。
どこか知らんけど、ヨーロッパの雰囲気がとても素敵だな
海が見える街に住んでみたい

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.8

幼い頃見た時は、アシタカがサンに「そなたは美しい」というシーンにただ容姿がきれいだなんてうさんくせぇ…としか思ってなかったけど、今見てみると、サンの森を守る生き様を讃えての美しいだったのだなと思った>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.7

タバコ吸ってたり、今では見ない水筒もってたり、今とは違う男の子たちの姿がとても素敵だなと思った。
少年時代にしかできないことがあると思うと、なんだか悲しくなってくるけどラストのシーンを見て、そんなこと
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

ペニーワイズがネタ的に面白いというのとは別に、少年たちの無垢な感じの面白さが良かった。
エディーとリッチーのキャラがとても可愛らしくて個人的には好き。
ホラー映画というよりは青春映画という印象。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.3

すべての音楽がノリノリで、知らない曲でも勝手に体がのってしまうような、ハッピーな映画だった!
クールなコリンファースが、歌ったり踊ったりがとてもチャーミングで良すぎる…
メリルストリープの歌声には圧巻
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.9

前回のイギリス紳士満載!という感じから一変して、今回はエンドロールの音楽までもアメリカンでびっくりした。カントリーロードにはめちゃくちゃしびれた…
前作のハリーの行末に満足していなかった分、思わず感涙
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

ママとの喧嘩は壮絶だったけど、クリスティンが母へ愛情をきちんと表現しているのがいいな〜と思った。自分の意思を持ってる女の子って素敵…
ジュリーみたいな親友や、ほんわかしてるけどしっかり支えてくれるパパ
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

3.4

階級での言語や発音の違いがこんなにもあるのかと思った。2回目は英語の字幕で見てみたい!
それにしてもオードリー・ヘップバーンは容姿端麗に加え、歌も上手だな〜。どんな衣装でも似合っていた、ウエストの細さ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

雨の印象がシーンによって全然違った。
早く梅雨こないかなーって思ったのは初めて。
小松菜奈の可憐さにはため息がでるなー

ブルックリン(2015年製作の映画)

2.8

ホームシックは時間の経過と共に薄れていくけれど、薄れていくことで自分の大切な心の一部も一緒に薄れていってしまう気がする。
故郷を離れるの程度が全然違うけれど、私も地元を離れて生活する身になり、なんか共
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.6

普段は字幕で見ますが、吹き替えでの良さをとても感じました。マウイ、イケボやなぁ…結構な見た目に反して笑、とてもカッコ良かった!
売りの映像の美しさも圧巻で、とにかく海に惚れました。南国にこれほど思いを
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

5.0

ベンの余裕を持って生活を送る姿と、紳士さがとても素敵だった。今の世の中ではまさに絶滅危惧種…共感。私もそんな人を目指したい。
私自身まだ働いていないけれども、仕事への意識を変えられるなぁ、、と感じた。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

10歳にしてあれほどのナチスへ忠誠するんだぁと感心した。ママの言う通り、私は木に登ったり落ちたりしてたな。
自分も昔は子供だったけれど、子供の心の動向はどこかヒヤヒヤしておもしろい。
終始キュートなジ
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(1998年製作の映画)

3.6

いろんなアニマルがとってもユニークな喋り方でほんわかする、次は字幕で見たい。
モルモットがフリーザだったのがおもしろかった笑

>|