アイアンアナルさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

アイアンアナル

アイアンアナル

好きな映画を観る

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

3.0

ハリウッドに石を投げると、こういう映画に当たる

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

3.0

唯一無二の存在なのに、その他大勢にしかなれない役者の物語
でも、ほとんどの人が実はそうなんじゃないのかな

ある戦争(2015年製作の映画)

3.5

国際的な紛争と一軍人、その家族に起きた「ある戦争」
心優しき指揮官が戦地に赴けば、却って犠牲者が増えてしまうという戦争の持つ逆説的悲劇が法廷劇を通して描かれる。
主人公の心の葛藤がラストシーンに具現化
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.0

内容的にはすばらしい作品だと考えるが、展開に?がいくつか感じた
編集がちょっとヘタなのか?

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.0

ケビン警官もっと変態チックかと期待してたが、わりと普通の悪人という感じ

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.0

あまり考えずに観るとそこそこ楽しめる
ゴーストのロゴ、オリジナルと反対なのね

二重生活(2016年製作の映画)

3.0

他人の生活を覗き見するということは、闇を覗くこと
闇を覗くときは闇からも覗かれているって言葉を思い出した

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

樹木希林が最高
阿部寛のダメっプリも最高
タイトルはあの歌手のあの歌からだったのね

最強サイボーグX(2016年製作の映画)

1.0

ときどき、つまらないって分かってるのについ見てしまうB級映画(C級映画)があるけど、
もう本っっっ当につまらなかった

葛城事件(2016年製作の映画)

4.0

観てて心にチクチクと刺される様な、しんどい映画
素晴らしかったけど、もう一回観たいとは思わない

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

沖田修一独特の世界観
ほのぼのな中にも毒があって、そしてクスリと笑わせてくれる
しかし親父の最期、かわいそうすぎるやろ

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

盲目の爺さん、変態過ぎ
スポイトで注入とかそんな問題ぢゃねーだろ

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.5

もっとコミカルな映画かと思っていたら、なかなか重い
色々思い出すところもあり、しんどかった

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

ゆるいゆるい
ほとんど二人がしゃべるだけのシーン
タンゴのBGMがわりと似合う

キラー・インフェルノ(2016年製作の映画)

2.0

予告編はなるべく見ないようにしているけど、たまに面白そうだなと思って本編を観てみると地雷を踏んでしまう