Yokoさんの映画レビュー・感想・評価

Yoko

Yoko

☆3.5〜がおおまかな高評価の基準です。
読書メーターもやってます。
https://bookmeter.com/users/788009

2017年ベスト5
1 エル ELLE
2 ハクソー・リッジ
3 ノクターナル・アニマルズ
4 メッセージ
5 パーティで女の子に話しかけるには

映画(528)
ドラマ(4)

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

曽祖父が音楽で一発当てるために家族を捨てて以来、音楽は禁じられている靴職人の一族。
しかし、曽祖父と同じく音楽の道を歩みたいひ孫の”ミゲル”は町で開かれるコンテストに参加するために曽祖父のギターを手に
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.1

獣医学校に入学した”ジュスティーヌ”には新入生を手荒く歓迎する洗礼が待ち受けていた。
ウサギの内臓を食べさせるという儀式にベジタリアンの彼女がとった行動は…。

食肉と青春が奇妙にも融合されたエログロ
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.3

三人の息子を持つ地方都市の大物議員は三千坪を超す広大な土地を遺して亡くなった。
父親と同じく市議会議員となった次男、デリバリーヘルスの店長を勤める三男、そして父親の虐待に耐え兼ね三十年前に行方をくらま
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.3

自身がこれまで経験したシチュエーションや自宅の模型を作成するミニチュア作家”アニー”の母が亡くなった。
秘密主義で掴めない部分が多かった彼女の死が、アニーの家族に波紋を呼ぶ…。


いやーよくできてま
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

アトモスにて鑑賞。

下積みがほとんど描かれず即クイーンとして活躍するのはやや早すぎかなと思うも、名曲が誕生する時のメンバー間の空気と新曲の雰囲気がベストマッチしており脚色の妙を感じる(特に『Anot
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0

ミズーリ州カンザスシティのスーパーマーケットで十数名が死傷する自爆テロが発生した。
国境を取り仕切り、アメリカへの不法入国にも関わっているメキシコの麻薬カルテルが一枚噛んでいるとにらんだ政府は、カルテ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.2

この世の悪事に肉薄する報道記者”エディ”の仕事ぶりは会社からストップの声が上がるほど。
サンフランシスコのベンチャー企業「ライフ財団」のスクープを発見した彼は財団のトップにインタビューを行うが…。
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

2018/10/25
新宿IMAXにて。
劇場で鑑賞は初めてだったが、改めてこの作品の凄みを実感。
まず音圧に驚かされる。
『美しく青きドナウ』、今まで聞いた中で一番壮大なスケールを感じる。
画として
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.7

車だけはいっちょ前のサムはハリウッドを望むLAにやってくるも、仕事もままならず家賃滞納でいまにも追い出される危機に。
そんな中、庭のプールにやってきた水着の女性に目を奪われ…。

世界が科学などで解き
>>続きを読む

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

-

齢80を超えた名指揮者は、映画監督の友人とともにスイスのホテルでバカンスを過ごしていた。
ある日、英国女王の特使が訪れ、演奏会を指揮してくれるよう頼みこんできたが…。


映画に対して普段抱いてるリズ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

フォトグラファーを夢見る女性”テレーズ”は、職場のおもちゃ売り場で子どものプレゼントに悩む女性に出会う。
置き忘れた手袋を郵送で返した数日後、その女性からお礼の電話が…。


自分に対して正直であるこ
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.9

ガソリンやシンナーを用いた酒造りを得意とするフレディは第二次大戦を終え帰国し職を得るが、戦時の生活の影響か社会にうまく馴染めない。
仕事を転々するなか、彼は一艘の客船を見かけ侵入する…。


社会、ま
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.0

デリヘル嬢が相次いで失踪をして頭を悩ませる元締めの男。
金を持ち逃げして消えたと思われていたが、その裏にある一人の男が暗躍していることを知り…。


悪の親玉は目の前にいるのに核心に至れないもどかしさ
>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

4.6

アメリカから妻の故郷イギリスの片田舎に居を移した数学者のデイヴィッド。
よそ者である彼に対する嫌がらせは少しずつエスカレートしていき…。


クライテリオン版ジャケットデザイン、まず素晴らしすぎる!
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.6

四十代も半ばに迫ったドキュメンタリー映画監督は、アメリカ国内の権力をテーマに十年近く撮影を続けるも未だ完成には程遠い。
思うように映画作りが進まない彼が出会ったのは、自分を尊敬してくれるオールドファッ
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0

突然、妻から別れを告げられた男。
男を迎えに来たバスは一路、人里離れた山中のホテルへ走る…。


愛の成就、または愛の証明のために、両者の間で徹底した同質性が求められる世界。
なんでもかんでも一緒じゃ
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

5.0

「この時、この場所」でしか流れない空気で満たされている。
その空気はとても親密で温かく、愛おしさに溢れている。
でもその温かさの中で、その愛おしさの絶対値・同等量の力で胸を本気で締め付けてくるモノがあ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.5

写真展で運命的な出会いを果たし、恋仲になった”朝子”と”麦(バク)”。
神秘的な雰囲気の麦に心が奪われていた朝子であったが、ある日…。

恋仲の橋渡しとなる、「感情」と「愛情」の違い。
そして二人が「
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.9

C・アメリカに加担し逮捕されたスコットは、FBI監視のもと二年の自宅軟禁に処せられていた。
まもなく二年が経とうとしていたとき、スコットはある夢を見る…。

バトルシチュエーションが都市や街路など、い
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

アメリカ中西部、一面雪と山で覆われた保留地”ウインド・リバー”。
18歳の少女の凍死体は衣服は着用しているも、なぜか裸足で発見された…。

雪と静寂だけが残された土地でいかにして生きる希望を見失わずに
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

平成も終わりを迎えつつある夏の広島。
暴力団の二大勢力を抱えていたこの土地で、まるでヤクザな捜査二課”大上”のアシスタントに就いたのは広島大卒の新人であった…。

予想以上に良いものを見せてくれた白石
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.3

先の戦闘によってスーパーマンとともに希望が失われた世界。
新たなる脅威に立ち向かうべくバットマンは新たなる仲間を求める…。


やってはいけないことをを色々とやってしまったなぁという感じ。
もともとあ
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.0

デトロイトの郊外で行われるいくつかのスリープオーバー(お泊り会)。ある者は一目ぼれ、そしてある者は追想し、それぞれの青春を奔走する…。

仕草や視線で仄かな好意のアピールをする若者たちの画は映像だから
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

郊外の錆びれた施設でゾンビ映画の撮影をしていた一行。
一旦撮影を休憩していたところ、メイク担当の女性がこの施設の裏話を話し始め…。


テレビ東京系列で放映されるような笑える深夜ドラマという感じ。
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.3

息子を愛せない母親と、異常なほど愛に飢えている親子の物語。


『ビューティフル・デイ』が素晴らしかったので同監督の前作を鑑賞。
内容まず置いといて、画作りが本当に最高すぎる。
映像の持つ表現力を存分
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.2

ペンシルバニアの田舎町に住む祖父母に会いに行く姉弟。
駆け落ちで家出した母と長年折り合いが悪い祖父母はどこか様子がおかしく…。

直近で観たシャマラン作品『スプリット』は駄作と思っている自分。
傑作も
>>続きを読む

影の車(1970年製作の映画)

3.9

決して不仲ではないが子どもが出来ずに平行線の関係が続く結婚10年目の夫。
通勤中、学生時代の知り合いと遭遇し次第に懇意の仲に…。

大人が思っているよりも、子どもは色々と考える。
母親も警察も「まだ子
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.4

1944年、フランコ政権下のスペインはゲリラとの内戦で荒廃していた。
戦争で父を亡くした読書好きの少女は陸軍大尉と再婚した母とともに森に隠れた砦に移り住むことに…。

苦行なる現実に立ち向かう術として
>>続きを読む

山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

4.2

20世紀が終わりを迎えようとしていた中国山西省。
二人の幼馴染に恋心を寄せられていた”タオ”は一人の男を選び、一人の男は街を去る…。
そして時を経て…。

予告編やHPの紹介文ではタオを中心とした物語
>>続きを読む

秘密と嘘(1996年製作の映画)

3.8

21歳の誕生日を間近に控える娘と暮らす母。
お互いに打ち解けられぬ母娘関係に苦しむ母に一本の電話が鳴り響く…。

おせっかいでちょっと鬱陶しくやや空気も読めないけれど、それでも憎めない母親を見事に切り
>>続きを読む

シークレット・サンシャイン(2007年製作の映画)

4.3

亡夫の故郷である密陽(ミリャン)市に引っ越してきた妻と息子。
彼の地でピアノ教室を開きご近所とも良好な関係を築いていた矢先…。


多くの信奉者に救いのまなざしを注ぐ神。
救いの担い手であるはずの宗教
>>続きを読む

ブラッドシンプル ザ・スリラー(1999年製作の映画)

4.3

不倫関係にあった男女。
男の雇い主であると同時に寝取られた夫は二人に憎しみを抱き…。


コーエン兄弟はそんなに好きではないのだけど、これはすごい。
滴り、染まる血。
男を惑わすことになる女についての
>>続きを読む

ブルー・イン・ザ・フェイス(1995年製作の映画)

4.0

『スモーク』で登場したタバコ屋店主”オーギー・レン”のとある日常風景。


『スモーク』よりもあっけらかんとして軽いドラマ達だが、結構こっちの方が活力とノスタルジーを与えてくれたような感じがした。
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

3.9

仲間たちと行う詐欺で生計を立てる男たち。
今日もうまいこと獲物をゲットしたがその相手は…。


どんでん返しの王道と謳われすぎているがために展開の流れが自ずとつかめてしまったことを差し置いても、詐欺グ
>>続きを読む

かくも長き不在(1960年製作の映画)

4.3

ゲシュタポによって夫”アルベール”と離れ離れになった”テレーズ”。
ある日、カフェを営む彼女の家を歌いながら歩く浮浪者の姿が…。


ロマンスとミステリアスの混在。
そして、未だ見つからぬ夫を想う妻の
>>続きを読む

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

3.5

バンコクでボクシングジムを経営する兄弟の片割れが殺された。
残された弟は…。


『ドライヴ』が全く肌に合わなかった自分としてはレフン作品にかなりの不安を感じていたが、結果的に『ドライヴ』よりは好きか
>>続きを読む

>|