Yokoさんの映画レビュー・感想・評価

Yoko

Yoko

☆3.5〜がおおまかな高評価の基準です。
読書メーターもやってます。
https://bookmeter.com/users/788009

2017年ベスト5
1 エル ELLE
2 ハクソー・リッジ
3 ノクターナル・アニマルズ
4 メッセージ
5 パーティで女の子に話しかけるには

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

1.5

突如現れた火星人に襲われた地球人を群像劇で描いた作品。


噴飯極まる糞映画、ありがとうございます。
あまりにも身も蓋もない平坦な展開に呆れを超えて終始苦笑。

数々の名キャストを迎えるだけあって、大
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

花火会社の経理部に勤めている”ヨシカ”は、中学の頃からの想い人”イチ”と十年近く妄想恋愛中。
同僚に誘われ会社の飲み会に嫌々行くことになるが、その最中、同じ会社の営業の男性との距離が近付き…。


>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.7

10年前にヒット作を出して以来、鳴かず飛ばずのノンフィクション作家”エリソン”。
小説のネタを見つけるため、彼は妻と子供たちとともに殺人事件が発生した一軒家に引っ越したが…。


結構真面目に怖かった
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.8

看護師として働く”グレッグ”は小学校の教師”パム”とは付き合って10か月ほどの恋仲。
両親への挨拶に赴くことになったグレッグであったが、パムの父親”ジャック”と反りが合わず…。


諸所のレビューでは
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.7

80年代末のNYウォール街。
投資銀行P&P社の副社長”パトリック・ベイトマン”は。豪奢な暮らしを堪能しつつ、似たようなファッションに身を包む同僚とのランチを楽しむ日々を過ごす。
運動を欠かさず身体づ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

ガラハッドのコードネームを受け継いだ”エグジー”。
ヴァレンタインの事件も過去のものとなったころ、謎の組織「ゴールデン・サークル」の攻撃を受けキングスマンは窮地に…。


まぁ良くも悪くも前作『キング
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.2

神の存在すら疑う合理主義者のマジシャン”スタンリー”。
友人のマジシャンから美人霊能者のタネを明かしてほしいと誘われ…。

思ったよりも拍子抜け。
中盤までは面白かったけど、後半にかけてちょっと強引す
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.1

ギタリスト”デューイ”はいずれ大ヒットを夢見るロック野郎だったが、ある日突然の解雇。
友人宅に住まわせてもらっている家賃のツケも限界を迎えていた彼は、臨時教師を務める友人を騙り金のために仕事を始める…
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.9

50年代中期、精神異常者の隔離施設を有する孤島”シャッターアイランド”で患者が脱走した。
連邦保安官”テディ”は相棒”チャック”とともに患者の捜索を担う…。

意外性を謳う作品としては、もう一段上の展
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.4

強盗団のリーダー”ニール”は数人のグループを率い現金輸送車を襲う。
彼を追う”ヴィンセント”警部。
どちらも孤独を抱える男たちの戦いの結末は…。

ストレートにそして、抜群に面白かった。
いわゆる刑事
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.5

富豪との結婚を夢見る女性”ホリー”。憂鬱な気分の時には宝石店ティファニーを見て気分を取り戻す彼女の住むアパートに作家志望の”ポール”が現れる…。

原作は未読で鑑賞。
カポーティにとっては一家言ある作
>>続きを読む

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.5

水道工事員”ニック”は、精神失調の妻”メイベル”と3人の子供と暮らしている。
ニックに急な仕事が入り、久しぶりに二人きりで過ごせる時間をふいにされてしまったメイベルは酒場に赴く…。


とても過酷。
>>続きを読む

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

3.8

音楽家の夫と幼い娘を事故で亡くした妻”ジュリー”。
幸せの日々が今では痛々しい彼女は、夫が遺した未完の楽譜、郊外の住居を捨て、単身パリに移り住む…。

フランス国旗でもある青白赤<トリコロール>のうち
>>続きを読む

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

5.0

美しい海を望むイタリアの小さな町に住む青年”マリオ”は新たに郵便配達の仕事を始めた。
配達先はチリから亡命してきた詩人”パブロ・ネルーダ”が住む住居ただ一軒のみ。
詩や言葉を介したマリオとネルーダの交
>>続きを読む

スリーパー(1973年製作の映画)

3.7

 ”マイルズ”は胃潰瘍の治療のはずが冷凍睡眠を施され、目覚めた時代は200年後のアメリカ”連邦”。
行き当たりばったりで出会った芸術家の”ルナ”とともに反体制運動の一端を担う羽目に…。

 おそらく『
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

 あらすじ…は今更この作品には不要でしょう。

 もはや「良し悪し」の基準を以て評することは難しい作品群の一つがSWシリーズ。ただ、私自身当シリーズに対してそこまで熱狂的な思い入れは持っておらず、「マ
>>続きを読む

(1960年製作の映画)

4.1

 人当たりのいい新入りを含めた囚人5人組による脱獄劇。

 ガツーン!ガツーン!と壁を掘り進むやかましい音が耳に残るが、作品それ自体はとても静かで張り詰めたムードを保ち進行させる。
まさしく、看守の目
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

-

 不老不死を得るべく賢者が住むといわれる「ホーリー・マウンテン」へ向かう錬金術師、そして彼に従う9人の弟子の物語。

 なんて残酷な映画なのだろうか。
 今現実に住んでいる世界の常識を超えた世界(おそ
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

3.8

 ソ連崩壊前のモスクワ。路頭に裸足で凍えたつ自称異星人によって、建築技師と学生は惑星に飛ばされてしまう…。

 予想以上に脱力させられた作品。登場人物皆憎めないやつらでキャラがとても良い。どうみてもそ
>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

4.1

 「バラのつぼみ」という言葉を残しこの世を去った新聞王”ケーン”。
彼の人生を報道映像でまとめていた記者”トンプソン”はこの言葉の謎に迫るべくケーンの旧知の人物に話を聞きに回る…。

 オーソン・ウェ
>>続きを読む

暗殺の森(1970年製作の映画)

4.0

 二次大戦末期のイタリア。ファシストの青年”マルチェロ”にかつての恩師の身辺調査の命が下された。
 恩師の若き妻”アンナ”に惹かれた彼は…。

 静謐ながら不気味な、「冷血」をそのままロケーションとし
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

4.5

 売れない脚本家の”ジョー”は自身の車を取り立てられてしまいそうなほど貧困にあえいでいた。
 運転中のところを取り立て屋に見つかり追われるさなか、彼が迷い込んだのは荒んだ、しかしながらあまりにも壮大な
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

-

 5歳になったばかりの少年”ジャック”は母親”ジョイ”とともに小さな部屋で生活を余儀なくされている。
あるとき、母親が練った脱出計画を聞いた彼は…。

 この映画を「作品」として客体化して「あれが良い
>>続きを読む

ゾンビ/ディレクターズカット完全版/米国劇場公開版(1978年製作の映画)

4.5

 突如大量発生したゾンビ。
本能の赴くままに人肉を貪り尽すゾンビに対抗した4人の物語。

 冒頭から騒ぎが絶えないテレビ局のシークエンスから一気に引き込まれ、生き抜くことを決断した警官がヘリコプターに
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

 70年代末のロンドン。パンクをこよなく愛する冴えない青年”エン”は二人の悪友とともにライブの打ち上げ会場に向かうものの道に迷ってしまう。
 途方に暮れた彼らの目に映り込んできたのは、窓から色とりどり
>>続きを読む

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

3.3

 1969年のロンドン。”僕”と”ウィズネイル”は売れない役者同士で同居をしている。
苦しい生活にも関わらずパブに入りびたりタバコやドラッグも嗜む彼らは、気分転換にウィズネイルの叔父が所有する片田舎の
>>続きを読む

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)

3.8

 ベテラン女優の”マリア”は自分の才能を発掘してくれた劇作家の褒章を代理で受け取るべく、スイス・チューリッヒに向かっていた。
その途上、彼女のマネージャー”ヴァレンティン”からある人物の訃報を受け取る
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

4.1

 大学講師の”アダム”は同僚からとある映画作品をお勧めされる。
近所のレンタルショップで借りてきた作品には、自分と似通った人物が役を演じていた…。

 空想なのか現実なのか判別しにくい世界観のビジュア
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.3

 スポーツ馬鹿、お姫様、不思議ちゃん、勉強馬鹿、チンピラの5名は土曜日の補習に呼ばれた。
図書室で缶詰状態にされた彼らは「自分とは何か」というテーマの作文の課題が命じられた…。

 完璧に舐めてました
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

 草の根活動で政治家に働きかけて政治を揺り動かす敏腕ロビイストの”スローン”。
 ある日、女性の銃保持に対するイメージアップを図り銃規制法の廃案に追い込んでほしいという依頼が舞い込む。
彼女の出した返
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.4

 個展を開くことを夢見て日夜スケッチに励む美大生の”ベン”は失恋のショックで不眠症に悩まされていた。
睡眠時間が浮いた分をもてあましていた彼は、スーパーマーケットで夜勤のアルバイトを始める…。

 一
>>続きを読む

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

3.6

 二つの暴力団の抗争が絶えない西日本のとある地方都市の刑事”久能”。彼は暴力団の若頭”広谷”とは持ちつ持たれつの関係を結んでいた。
 しかし本部より派遣された警部補”海田”の登場により、警察と暴力団と
>>続きを読む

地獄門(1953年製作の映画)

3.7

 平治の乱にて大役を果たした六波羅の田舎武士である盛遠。
平清盛からの褒美として彼が要求したのは、すでに夫がいる袈裟という女であった…。

 日本のカラー映画としても初期作である今作には、緑林に生える
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.4

 芸術家の夢を諦め美術商として成功を収めた”スーザン”。好男子の夫がおり、金銭的にも裕福な邸宅を持つ彼女であったが、満たされない日々が続いていた。
 そんなある日、大学院に通っていた頃の元夫”エドワー
>>続きを読む

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.4

 小学校に通うくらいの年齢の二人の子どもを男手一つで育てる”ウスバル”はセネガルや中国の違法移民に職を斡旋することでかろうじて生計を立てている。
 仕事と家庭で問題が多く積み重なる中、ウスバルは末期癌
>>続きを読む

トゥ・ザ・ワンダー(2012年製作の映画)

4.5

 パリとオクラホマを舞台に、男女3人と神父を据え、愛や救いをテーマに描いた(と思われる)作品。

 人々の心の距離感を人物の視線や実際の距離感で演出している映画として純粋たる映画。
説明や間を極力排し
>>続きを読む

>|