くじらさんの映画レビュー・感想・評価

くじら

くじら

  • List view
  • Grid view

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 第二次大戦中のポーランドに興味があって見た。役者さんの演技が上手いし作品に力が入ってると思った。ダニエル・ブリュールはSS役。

あらすじ
 ポーランドにある動物園は園長のヤンと妻のアントニーナがと
>>続きを読む

バルジ・ソルジャーズ(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

 第二次大戦を描いた映画を見る一環で見た。エンドロールで時間をかけて戦没者を悼んでいた。
 内容は映画としてはあまり評価はできないと思う。戦闘シーンも雑だし心理描写も特別なにかあるわけでもなかった。
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 実はウルリク・トムセン(ドイツ兵役)目当てで見たので内容にびっくりしていた。双子の兄弟の狂気も、彼らがつける日記の描写も音楽も表現が巧みだった。

あらすじ
 迫り来る戦争で双子の兄弟は母によって会
>>続きを読む

アンカー・ウーマン殺人事件(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

期限が来たので見た。

 被害者のニュースキャスターの妹が疑われて自分で調べて犯人の証拠を放送するところがよかった。犯人は被害者の弁護士と旦那だった。姪っ子が可哀想。被害者の妹が番組を持つようになって
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

第二次大戦を描いた映画を見る一環で見た。ドイツ語以外は全て英語、見知った英俳優も。以前に「ナチス第3の男」でハイドリヒを描いた映画を見ていたので、暗殺したチェコ人側から見るのは興味深かった。
あらすじ
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ダニエル・ブリュールとエマワトソンに惹かれて字幕版で視聴。これが実際に起きたことに基づいて作られているとは…。チリでの拷問施設の話だが、当時のチリの状況もこの施設のことも知らなかったのでまた学びたい。>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.5

 ほとんど前のバージョンと同じで、主人公が上手だったパターン。

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.(2013年製作の映画)

3.8

 ライアン・レイノルズ目当てで見た。ノリはゴーストバスターズとかMIBみたいな感じで軽くて面白かった。
ただ主人公の仮の姿?が中国系でバナナ🍌を持たせるのはいくら何でも冗談としてどうかと思う。

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

3.2

 ライアン・レイノルズとタイカ・ワイティティ目当てで見た。ライトなヒーローものとしてそこそこ楽しめる感じ。

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

 シリーズは今作しか見ていないが俳優陣、ストーリー、アクションともにとてもよかった。

ストーリー
 どこででもテロを起こしてしまえる欠陥のあるエネルギー装置を作ってしまったエレーナがタウンゼンド社に
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 俳優陣が豪華だしコロナ禍になって一年半になるので過去を振り返るつもりで見た。なんか進研ゼミでやったところ…みたいな気持ちになってしまった。
 買い占め、暴動や掠奪が起きたり、命に関わるフェイクニュー
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 実在する有名な未解決事件ゾディアック事件を、ゾディアックに迫る本を書いた漫画家をメインに、事件に関わった人々を描いた作品。犯人は今でも特定できてないと分かっていても、犯人が見つかったか!?って思って>>続きを読む

マーメイド NYMPH(2014年製作の映画)

2.9

 何となく人魚ものが見たくて見た。死にそうな人間が分かりやすかった。スリラーもの。人魚怖い。

シャドウ・エフェクト(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

 記憶の残り方からしてトータルリコールみたいな感じ?なのかと思ったらクローンものだった。最後の結局ループのような?ものが終わったのかどっちつかずの余韻で終わるのは好き。

あらすじ(雑)
 やっていな
>>続きを読む

ウォリアー・ロード 戦士の道(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

 自分の体験を小説にして授業で発表している話。物語を作ること、言葉を紡ぐことが才能で素敵なギフトだなとしみじみ思う作品。最後にクラスメイトに話しかけられてさらっと帰るところもいい。

ザ・タウン 悪に支配された街(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

 悪いやつが金を隠してて、主人公の父はそれを探っていた警官で兄の手引きにより父は殺された。復讐することもできない兄は金の場所ではなく父の死体の場所を教えられて良心の呵責で自殺。妹は悪いやつに同じく父親>>続きを読む

キリング・タウン 殺人鬼が潜む町(2018年製作の映画)

2.9

 結局は兄弟?の愛憎劇のような。歳をとっても弟?のどこか欠けていて恋愛も犯罪もうまくいかないところが少しだけ真に迫っていて悲しい結末。
 死んだ人の役者さんに驚く。

スロベニアの娼婦(2009年製作の映画)

2.9

英語圏以外の作品を見たくて視聴。
 金がなくて売春して夢の生活を送ろうとした少女が、客の突然死を発端に全てが崩れていってしまう。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

字幕で視聴。
 主人公のアデルがレズビアンかもしれないという自覚と、周囲の目や言葉に傷ついたり、エマとの気持ちがすれ違って関係が崩壊したり。
 アデルとエマの考え方や好きなことが違うように、結局はセッ
>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

 ジャックと豆の木の実写かなと思って見た。イギリスっぽさがすごい終わり方した。

あらすじ
 父が死におじの家にいるジャック。街に出て馬を売ろうとする。劇場で男に話しかけられている女性を助けると実はお
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 実は前作の繰り返しはカーターのルームメイト?ライアンたちの科学実験によるものだった…から始まる。

あらすじ
 今度は前作で毎朝カーターの扉を開けるルームメイト?ライアンが死を繰り返すように。そして
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 字幕版で視聴。ツリーが何度も死ぬ中で自分を見つめ直す…というか自分がどうしたいか思うままにはっちゃけていくのが面白かった。お面の相手にも立ち向かう強さが好き。

あらすじ
 大学生のツリーは朝カータ
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

 アランリックマン出演作だということで見たらちょっと衝撃だった。彼は娘を主人公に殺された父親役でした。

あらすじ 
 香りへの感覚が鋭い主人公が美しい娘たちの香りを取るために殺し、究極の香水がついに
>>続きを読む

サスペクト 偽りの事件(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 黒人に対する白人の差別意識に対する社会実験なのかと思って見始めたら段々明らかになっていく真相にドキドキした。

あらすじ
 アメリカの保守的な田舎町で黒人による銀行強盗が起きたため、地元の人間ではな
>>続きを読む

キング・オブ・パイレーツ(2001年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

 ジャケットとは裏腹に楽しい子ども向け低予算映画です。
 スポンジボブの映画とかイギリスの社会派SFコメディ(銀河ヒッチハイクガイドとかミラクルニールとか?)を見てたら平気だと思う。
 活躍するのはジ
>>続きを読む

スパイ・ミッション シリアの陰謀(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

 スパイもの。

 ベルリンの壁が壊れた時くらい。イスラエルのアリはある医者と接触する任務を言い渡され、ドイツ人の商人のフリをしてシリアに潜入。そこで再会した記者の女性と仲を深めるも、実はその女性はシ
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アーロン氏に釣られて字幕版で視聴。地中に潜って作戦参加者6人中4人が死亡してた。何というか自己犠牲とかCGとか、生き残るのが主人公?と女性パイロットなのも少し昔の作品だからかなと思った。

あらすじ
>>続きを読む

>|