sumireさんの映画レビュー・感想・評価

sumire

sumire

映画(658)
ドラマ(42)

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年、初映画館ー!
すごかった。面白かった。

金持ちの息子の、
こいつら皆んな同じにおいがするよ、的な発言が強烈〜って思ってたら、やっぱり最後、運転手父ちゃんの起爆材になってた。

金持ち夫婦
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.3

とても良かった。

ハグの場面が大事にされていて、見ていて心地良く、安心した。

給食費未納の子の継父が、リアル過ぎて嫌すぎて身震いがした。い゛ー!

認知症の女性と、少年のやり取りが全て上品で、美し
>>続きを読む

男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.9

寅さん第1作め!

寅さんとさくら、2人呼び合う姿が本当に仲良しで可愛い。顔も気遣いも世間からの見え方も正反対なのだけど、純粋さが似ている兄妹。

寅さんて本当しょうもないことをペラペラペラーと言う。
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

4.2

面白かった。

運命に翻弄されながらも、気高く生きるメアリー・スチュアートのお話。
歴史に詳しくなくても、冒頭の説明さえ理解すれば楽しめます。

側近の男達の物凄い陰謀だらけ、足元すくいまくりのすくわ
>>続きを読む

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

3.6

バブリー&ラブリー

リアルタイムは覚えてないけど、この時代を感じられて面白かった。バニーガールって実在するんだ…

原田知世の普遍的な可愛さよ。

ユーミンの唄も可愛くて良い。ブリザード好き。

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿(2014年製作の映画)

3.5

数年前の大エルミタージュ美術館展で、とても感動したので、観ました。
まず、広大な外観に圧倒され、宮殿内部も、ため息もの。
所蔵の芸術作品は、女帝エカテリーナ2世が他国への財力誇示の為に収集した物だった
>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

4.5

好き。
切なく、静かな映画。でも濃厚な。

切り取られたのは、彼と彼女のある不思議な時間。

そうせずにはいられなかった。

常識、しきたり、国も性別も越えて、
越えてーの、愛。

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

3.6

窪田君の、逃げられない、どうにも改善出来ない環境が観てて苦しかった。人のほんの少しの思いやりに触れただけで笑顔が隠せなくなってる所が、余計に辛かった。
それすらも、すぐに打ち砕かれていく絶望感。
なん
>>続きを読む

大阪物語(1999年製作の映画)

4.0

池脇千鶴のその瞬間が見たかった!な映画。眩しい。

母、田中裕子が偉大だった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

遊園地の乗り物みたい。
5分くらいでラストにシューッと滑り降りて終わりたい気持ち?笑

itの歯が生えすぎて、怪獣みたいだった。汚い人間の歯の方が怖くない? あと普通に喋るのねit。幽霊っぽさより、怪
>>続きを読む

完全なる飼育(1999年製作の映画)

3.2

女子高生鳥の籠事件という実際に起きた監禁事件を元に作られていると知り、調べたところ、この映画の何百倍も最低最悪な事件で、気分が悪くなった。というか全く別物では?

観始めたときは、死ぬほど気持ち悪いな
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

面白かった!

長澤まさみ×ミリタリーシャツ最高。
有村架純たんも、かンわいい…

ZQNが怖くて怖くて、怖面白い。英雄の彼女と、元陸上選手のピョーンが超怖かった。

そしてヒーローがちゃんと格好良か
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

コーヒーも、シガレットも嗜まない私が、コーヒー屋に行くのが大好きな理由。それは、まさにこの映画のような空気感を味えるから。
隣のテーブルの人達の空気感を味わうのが好きなんです笑
あ、1人が席を外したら
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

5.0

あなたが可愛いって言ってくれたから。

影が怖いって君が言ったから。

誰にだって純粋な気持ちはあると思うんです。それをみんないろーんな大人のおくるみで隠してると。
この映画の2人はそれがむきだしだか
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.9

ずっと見たかったやつ!
エルヴィス・プレスリーの街メンフィスの寂れたホテルに、同じ時間に居合わせた異邦人3組のオムニバス。

じわーっと良い。どの場面もなんでもないようでいて、ちょっとした仕草、会話、
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

それでも生きたい。

元少年Aって大人になったらこんな感じかも、とわからないけど凄くリアルだった、さすが瑛太。
どう頑張っても、子供を何人も殺している人の気持ちに寄り添うことが出来なかった。
ただ、カ
>>続きを読む

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

3.5

ひたすら明るかった。
ザックさんは、ポマードが付いてるほうが私はタイプみたいよ。(ヘアスプレーとか、グレイテスト・ショーマンみたいな)

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.1

元気になれる!

好きなシーンはTVショーの自己紹介タイムの、ためてためての「アイム、、リンク」キャー😍!!
です笑 女子をイチコロにメロメロにさせるザックさん素晴らしい。

トレイシーみたいな
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.4

生まれた時から透明な少年エンジェルと盲目の少女マドレーヌの恋物語。
木々のグリーンと、マドレーヌちゃんの澄んだ瞳が綺麗。
童話のような世界観から、2人は大人になり、割と俗っぽい関係になります笑
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

24時間ノンストップで、1人の男の人生をTV放送しています。

巨大な街は丸ごとセット、トゥルーマン以外は全員エキストラ。そんな番組あったら絶対面白い。
同時にものすごくこわい。自分の信じてきた家族も
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.5

アニメーションも、ストーリーも素晴らしい◎

キャラクターも本当に可愛いし、観てて飽きないものですね。
幼稚園でのおもちゃの皆様のプロ意識の高さに脱帽!私達は子供を楽しませるプロ集団に遊んでもらってた
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

冒頭のウィル・スミスのアラビアンナイトからドッキドキ!

アグラバーのピンクの土壁と色とりどりの町民、吊り下げられた布の色、賑わう市場、すべてセットとは思えない完璧な世界観。あぁ夢のアグラバーといった
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.9

ニヤリ、と背筋ゾッが交互にくる感じで結構面白かった。

スターリン死後の権力争い。
ちょっと間抜けに、ライトに描かれてるけど、やってることはかなり、エゲツない。
え今なんて言った?さらっと残酷な事を言
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

20年前に、リアルタイムでCUTIEというファッション誌で原作を読んでいた私は、なんで今映画化⁇と不思議でした。
このキャストでやる為だったのかぁと納得するくらい、ピッタリ!
ツチダとハギオは臼田あさ
>>続きを読む

片桐はいり4倍速(2009年製作の映画)

3.7

片桐はいりさん主演の短編集。

どんな役でも、これは片桐はいりにしか出来ないなぁと思わせるのが凄い!
◎会ったらご利益ありそうな人
◎超絶説得力がある顔
みたいな、それぞれの有名人の監督の"片桐はいり
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.1

蒼井優ちゃんご結婚おめでとうございまーす╰(*´︶`*)╯♡

令和に入って1番嬉しい方の驚きでした!

レビューはまた後日笑

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.6

最高〜。

染谷将太の好演、登場人物みんな愛せる。この監督の子供の撮り方も昭和っぽくて好き。

林業の世界がとても興味深かった。「ええ仕事をしたかどうか結果が出るのは、俺らが死んだ後なんや」それでも、
>>続きを読む

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

3.9

許し合う。

完璧な人なんていないから、許しあって生きていけたら、福ちゃんのように"いい顔"になれるんだろう。

"いい顔"について、最近凄く思う。作りの美醜じゃなく、表情なのかな、目つきは悪くても、
>>続きを読む

桜の森の満開の下(1975年製作の映画)

3.8

すげー。
首遊びとな。
ゴト。っていう重みのある音が生々しい。

げに恐ろしきは桜の魔力?女の魅力?

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

4.4

これ好き。
漂う空気感が好き。
どの会話のシーンもみてて楽しい。カコ(二階堂ふみ)みたいな冷めた時期が自分もあったからかもしれない。大人と話す時の冷ややかな反発心と、今は完全に未来子やサトコ側の大人目
>>続きを読む

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

3.7

おーこわい!
カラフルポップホラー。
明るい場面が、現実の闇を引き立てていて、ゾーッとします。
ニュースで凶悪犯が捕まった時に笑ってる映像が流れる不快さ、あれ思い出した。犯人が自分を正当化する心中を見
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.8

全部良かった。
ヨルゴス・ランティモス監督だけに、もっと気持ちわるいかと思ったけど、素敵に気持ち悪かった。

宮廷の内観が物凄く美しい。照明は自然光のみで撮影したそうで、その場の空気がリアルに感じとれ
>>続きを読む

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.9

ターザン!かっこいい!

映像が美しく、自然は勿論だけど、動物とか、民族とか、生き物がきれいだなと思いました。特にターザンの肉体美。あれ本物?
ストーリーも面白かった。

アトリエの春、昼下がりの裸婦(2014年製作の映画)

3.7

裸婦はでてきますが、変な映画ではなく、純愛映画です。
はじめはモデルと画家の恋愛か…と思うのですが、すべては奥さんの器の中の出来事でした。それぞれが、誰かを想いながら草原の小道を歩くシーンが印象的。
>>続きを読む

>|