sumireさんの映画レビュー・感想・評価

sumire

sumire

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.9

裸一貫から1日にひとつずつ物を増やしていく!
イケメン2人が子供みたいに争っててかわいい。

でも何をどう増やしていくかシンプルライフの部分をもっと観たかったー!チラッとしか。早々に恋愛とか仕事がメイ
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

4.0

モダニズム建築の街コロンバス。
どの場面を切り取っても素敵だった。

静かで良い。ずっと薄曇りなのも。

2人の年齢も環境も違う男女の出会い方がとても良い。ラジオの周波数が合ったみたいな、心の振れ幅み
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.8

最初の女の人のシーンがかなり衝撃的。

次から次へと、もうダメだ死ぬわの危険が迫り来る!
とりあえずスタローンさん長袖着てよ…って。雪山で脱ぐわ脱ぐわ。
いまのところスタローンさんと結婚したいです。
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.5

姉妹の顔が可愛い。不気味と可愛いって引き立て合うよね。

特別怖いヤツが出てくるというより、謎解きで怖っとなる感じでした。

18年も前の映画でスミちゃんが私より年上だなんてびっくり。

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.7

ショーパブでの騒ぎの中で一果が踊り出し、その姿を見上げる凪沙の顔。憧れなのか、女性への嫉妬なのか、敵わない絶望感なのか、いろいろ入り混じったようなあの表情が作品の中でも強く残っている。

とにかく草彅
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.5

観ていてつらくなる。実話。
母親にヌードを強要されたら、、吐きそう。

ヴィオレッタがかわいい。
30数年生きてきて色気とは無縁なんですけど、大人の真似事とは言えヴィオレッタのあの色気。色っぽさも才能
>>続きを読む

南極物語(1983年製作の映画)

3.8

なんだか不思議な感じがするのは音楽のせい?犬が可愛いから?残酷で、ひたすら過酷な物語なのに、どこか穏やかなような。

犬が亡くなる時に名前と歳と生まれた地のテロップが出るのが本当に悲しい。

一年間、
>>続きを読む

ディナー・イン・アメリカ(2020年製作の映画)

5.0

きゃー最高!これなのよ。
全ての女子に見て欲しいラブコメ。

表情豊かなパティも最高に可愛いし、サイモン好きー!人間の汚い所を見てきてる、すべて見透かしてるような目でこっちを見ないで。やっぱり見て、み
>>続きを読む

健太郎さん(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

健太郎さん、それでいいの?😢
悲しすぎるやん。

最後にタモさん出てくるかと思った。

ココ・シャネル 時代と闘った女(2019年製作の映画)

3.8

エレガントなブランドイメージからは想像し難い泥臭い「闘い」の記録。

「アメリ」の冒頭のナレーションみたいにお洒落な感じでさっささっさと人生が進みます。20年代の写真や動画が観れて良かった。コラージュ
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.7

そういえば、ドン・キホーテってどんな物語だっけ?と検索したらば、まず近隣の某驚安の殿堂のお店と混み具合が出てきました。
原作のクレイジーさ、この監督にピッタリですね。

テリーギリアムらしくて、よかっ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.7

アニメの1〜4話くらいをざっと観ただけの予備知識で挑みました。
煉獄さんという人がああなる時は泣けましたし、絵が綺麗。
ただ致命的に私はアニメが好きじゃないと再確認した。
ひねくれてるので正義感丸出し
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

誰もが知る、おシャネルの創設者、ガブリエル・シャネルがファッションの神様になる前のお話。
元々はデザイナーとかやる気じゃなかったみたいで意外。
オドレイ・トトゥが本物のシャネルじゃないかと思うくらい、
>>続きを読む

HERO(2007年製作の映画)

3.9

いやはやこれが14年も前とは恐れ入った。

キムタクパーフェクト期。
こういうの観てると、今のモノマネ芸人は、キムタクのこれを真似してたんだな^ ^となりますね。
松たか子かわいいな。

キムタクの髪
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

よっキムタクぅ。

はじまりは殺伐としたかんじだったのに、予想よりほっこりエピソードが続き、ハラハラとかミステリー感が少なかった。そういうもんだと思えばね。

学生の頃ホテルでバイトしていたので、ホテ
>>続きを読む

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

3.0

あ、これは解せぬ。
あの娘の彼氏のtシャツ着て舞台に上がってるのは笑う。

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

4.0

完全に、徹底的に、可愛い。

バラの木夫人の魔法にかけられて。
アンネリ姉さん(天使)とオンネリ姉さん(天使)は可愛いおうちと、キラキラのカラフルな生活を手に入れます。
ちょっとしたお節介も探偵気取り
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.9

良い。
いいなぁ。
彼女アグレッシブに思い出に浸りに行ったね。

エンドロールの歌と写真がとても良い◎

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.0

82年生まれのキム・ジヨンさんは、割と理解のある(しかもイケメン)の夫がいて、一人娘もめちゃくちゃ手がかかるわけでもなくて、頼れる実家もあって、比較的恵まれてる環境だと自分でも理解している。だからこそ>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

意外に結構良かった。

なーんかうさんくさくて、熱くて、勢いで乗り切ってて、不躾で、不潔で、タバコ臭そうで、メガネ曇ってて、女か男で、でもなぜか愛を感じる昭和。

またこんな時代になれば良いのに、、ス
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ラストカットが最高にジワる。

ババーン!笑 

これ映画館で観たかったなー

クルエラ(2021年製作の映画)

5.0

最高ー。爽快。

101匹🐶のクルエラの誕生ストーリー。

めくるめくファッション対決!
エマ・ストーン(クルエラ)の衣装が実に47種類だそう。奇抜なスタイルに合わせてパンクロックが流れ、そしてエマさ
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.4

私は魔女が好き。
アン・ハサウェイの魔女が魅力的だったので、違う魔女達ももっとキャラがあると楽しかったかな。ファッションショーでも始まっちゃえばよかったのに。
主役の子供の境遇が可哀想過ぎてずるずる引
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

不快、違和感、奇妙な展開でおなじみ、ヨルゴスさんの。
怖そうだなーと思ってなかなか観れなかったけど、怖いというより、嫌な気分です笑

性善説で育ってきたもので、いやいや、子供を犠牲にするわけがない、い
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.7

自分の命をかけて日本を救ってくれた人々にただただ感謝と尊敬。

今日死ぬかもしれないけど、羊羹の賞味期限は気になる。最前線で働く人の人間味を感じて泣ける。

あの日から10年ということでいろいろな特集
>>続きを読む

丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる(1989年製作の映画)

3.8

「ミッドサマー」を観て、無性に本作を観たくなって鑑賞。
子供の頃のトラウマだったけど、今観てもちゃんと怖いな。
死後の世界がある、って思ってるのってこの映画の影響が大きい気がする。
ユーアンドアーイ〜
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最悪なウルルン滞在期

観ていて、子供のころに観た「丹波哲郎の大霊界」にどこか似ているな、と思った。人が死に天界へいくのだが、真っ暗な地獄の映像よりも、綺麗なお花畑で微笑む天人達が怖くて怖くて、トラウ
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

4.5

チャップリンの作品の中でも傑作と名高い本作。後で知ったんですが。

これはチャップリン観たことない人も見やすく面白いと思います!
じっくり煮込んだ革靴をナイフとフォークでいただきます。
大晦日の約束で
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

ただの私やないか。

「視野見」!!
中学、高校と私の得意技やないか。男子を意識し過ぎてるのを知られてはいけないと、誰にも言えなかった技やないか。

深夜テレビ番組の優先度が異常に高いのよね、わかる。
>>続きを読む

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

3.5

麻生久美子が女神のように綺麗。

モテ男の恋と冒険をゆるゆる〜っと観られます。あの喪服の合奏団が作品全体の雰囲気であり、ニシノユキヒコの人生をあらわしているような、いないような。真ん中のドラムの奴が気
>>続きを読む

ゴンドラ(1987年製作の映画)

4.2

かがりちゃんの、この世の終わりみたいな表情とふてくされた話し方がたまらない。
こういうの見たかった。

青年とかがりちゃんの交流が見ていてヒヤヒヤする。もうギリギリなんですよね、なんか。危うい。
いや
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.8

こわー!!
TVで何気なく観ていたら、最初の15分の雰囲気で引き込まれた。
村人達の幽霊が怖くなくて、そこは観やすかった笑 
ママがやっぱり1番怖い、シンプルに怖い。いわゆる物言わぬ女性の幽霊。せめて
>>続きを読む

ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語(2018年製作の映画)

3.9

カラフルなブラ、笛の少年、洗濯物、街並み、壁紙、バタンと閉まる扉、可愛いな。
線路で暮らす、本当にあんな街があるのかな。素朴でどこか不思議。

訪ねた家々の女達がみんな色めきたったのは、ブラのせいか、
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

4.4

シャガールの絵のようなポスターを見て、これは、観る!と即決で映画館へ。

動く絵画だ。
場面が変わるたびに、新しい絵の前に立っている感覚。この淡ーい色味が最高。

すこーし上から目線で人間を見てみたら
>>続きを読む

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

4.0

初めて鑑賞。もう17年前だなんて!
当時は話題作だったよね。

歴史巨篇的な映画かと思っていたら、ちょっとファンタジーじゃないけど、侍や日本人の精神を美しく、かっこよく描いていて、日本へのリスペクトを
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.1

今年、1番覆された大賞!

亡くなった彼がオバケになり、悲しみに暮れる彼女に寄り添う物語、、じゃないのね!あなたに話したい、触れたい、想いを伝えたい!じゃないのね?
いや、最初の方はそうだったんだろう
>>続きを読む

>|