monomiyuzanさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

monomiyuzan

monomiyuzan

映画(1596)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

バンバン!(2014年製作の映画)

4.0

ほんとにバンバン

ボリウッドにしては珍しく細かい設定を無視した荒っぽい仕上がりであったがまあ題名通りバンバンやっちゃってよ的なイケイケドンドンなエンタメで普通に楽しめる。奇麗なお姉さんも健在。

空と風と星の詩人 尹東柱(ユンドンジュ)の生涯(2015年製作の映画)

4.0

日本人だからこそ

しっかり真正面から受け止めたい胸に迫る重厚な作品であった。多少の誇張はあるかもしれないが日本の現代教育が徹底的に避けたがる当時の空気感を如実に感じられる。こういう題材を日本人の演出
>>続きを読む

ICE ふたりのプログラム(2018年製作の映画)

3.0

さすが共産圏文化

理想と妄想が昇華しすぎて現実離れな有り得ない設定と脚本に着地してしまった。中途半端なおちゃらけ要素も無駄なミュージックシーンも痛々しい。もっと真面目に現実を見つめればよい作品に成り
>>続きを読む

CLOSE/クロース(2022年製作の映画)

4.0

重すぎる十字架

12歳の子どもにとっては重すぎるほどの十字架。この後の彼の人生を考えると辛すぎて涙如きでは済ませられない。死を持っての復讐が一番罪だとは思うが。友情やプライド見栄や偏見と子供の頃の過
>>続きを読む

交換ウソ日記(2023年製作の映画)

4.0

きゅんきゅん

思わず顔を掌で覆いたくなるほどきゅんきゅんした展開であったが。桜田ひよりの特性をフルに生かした的確なキャスティングが功を奏したのであろう。安易にアイドルグループを使わなくて正解白々しく
>>続きを読む

キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(2021年製作の映画)

4.0

敵が味方に味方が敵に

ユダヤ、ポーランド、ウクライナ、ドイツ、ロシアと。戦争の陣取り合戦の中で翻弄された子どもたちとそれを守ろうとする大人たち果かなくも力強い命への執着を感じさせる良作であった。国家
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023年製作の映画)

3.0

え?どこで変わった??

一体どこで未来が変わったのか分からなかったがここまで引っ張った割にはいまいち揺さぶられるものがなかった。もしかしてこのシリーズまだ続ける気だろうか。もうみんな高校生役は無理だ
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年製作の映画)

3.0

焦らさないで

インド映画みたいに180分一気にやっちゃってよ。とは思うのだが何か商業的な大人の事情があるのであろう。そろそろみんな高校生役はしんどそうなのでこのへんで止めておいた方がいいとは思う。

コンフィデンシャル:国際共助捜査(2021年製作の映画)

3.0

コメディ色強すぎ

前作よりコメディ要素が増えすぎて緊迫感が薄れてしまった。まあユヘジンが出てる時点でシリアスには成り得ないのは当然と言えるが。ヒョンビンは相変わらずかっこいい。

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

4.0

想定の範囲内の感動

ゲーマーが特訓の末に試練を乗り越えてと実に解りやすい想定内の感動であった。スケールは全然違うが野村周平主演のアライブフーンによく似た設定。余程のことがない限りレース物ではコケない
>>続きを読む

THE WITCH/魔女 —増殖—(2022年製作の映画)

3.0

え?監督変わった??

っていうくらい前作とは似ても似つかない粗い脚本と演出が目立つ作品であった。中途半端なコメディ要素も白けるしアクションも大味。次作はキミダミが復活しそうなので少しは期待できるがと
>>続きを読む

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.0

上品な下品

下世話な下ネタ満載のアメリカンコメディであるがさほど下品に感じないのは視覚ではなく会話に重きを置いたからこその好結果であろう。これくらいなら家族で一緒に観てもギリ気まずくならない範囲かも
>>続きを読む

ハーモニー 心をつなぐ歌(2010年製作の映画)

4.0

あくまでもフィクションとして

実話ベースとはいえかなりフィクションが入った粗い設定と演出ではあるがまあ素直に泣ける。そんな簡単に出られるか?そんな看守おらんやろとツッコミどころ満載なのもまた愛おしい
>>続きを読む

ヒトラーのための虐殺会議(2022年製作の映画)

3.0

どう転んだところで

ナチス主導のドイツ国家がユダヤ人の最終掃討手段を話し合った議会を忠実に再現。というコメディにしようがリアルに描こうがどのみち重たくなるしかない題材を選択した辛辣な作品であった。こ
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.0

投げやり

超高齢化社会に突入した現代の問題点を冷静に考察した切り口であったが75歳以上に自死の権利を与えるという斬新な発想はともかく結局肝心なところはぼやけたまま観客に丸投げと言う形で終わってしまっ
>>続きを読む

この道は母へとつづく(2005年製作の映画)

4.0

世界名作劇場

孤児院を脱走した子供が実の母親を探して一人旅という母をたずねて三千里を彷彿とさせる物語であったが道中優しい大人たちに助けられるのもまた似たような展開。何で来たんやボケナスで終わらないと
>>続きを読む

不思議の国の数学者(2022年製作の映画)

3.0

詰めが甘すぎる

脱北した天才数学者が南の落ちこぼれ生徒を救うために。と途中までは解りやすい展開でスムーズに話は流れるのだが最後の最後で(数学者の講演あたりから)余計な感動を欲しがったかわざとらしい演
>>続きを読む

聖地には蜘蛛が巣を張る(2022年製作の映画)

3.0

裏も表もない

20年くらい前のイランを舞台にしたサイコスリラーで最初から犯人を晒すという手法。謎解きミステリーと言うよりも殺人犯の精神にスポットを当てた作品であるがいまいち核心に迫れてない。ラストも
>>続きを読む

セールス・ガールの考現学/セールス・ガール(2021年製作の映画)

3.0

難解なモンゴル文化

モンゴルの映画初めてかもしれないが何を伝えたいのかもわからないツカミどころのない作品であった。エロもアートも全て中途半端が過ぎる。意外に都会なウランバートルの街並みを垣間見られる
>>続きを読む

わたしの幸せな結婚(2023年製作の映画)

4.0

くりんくりん

正直映画の内容自体はおとぎ話やマンガの領域で特筆すべきものはないのだが今田美桜のくりんくりんの目玉が中毒的な吸引力を持っている。たぶん次もあのくりんくりんのためだけに観るであろう。

小さき麦の花(2022年製作の映画)

3.0

なんか違う

これを美しい愛の物語と呼べるのは恐らくそっち側にいないからであろう。社会から搾取され虐げられ白い目で見られていた貧しい農民や障碍者は結局慎ましやかに生きて土に還るしかないのだから多くを望
>>続きを読む

雄獅少年/ライオン少年(2021年製作の映画)

4.0

これぞ中国四千年

笑いのセンスが中国仕様なのはあるが弱い人間が勇気と信念を持って大事を成し遂げるという中国四千年の歴史を感じさせるような爽快な作品であった。アニーメーションもよほど資金と才能を注ぎ込
>>続きを読む

帰れない山(2022年製作の映画)

4.0

ブロークバックマウンテン

のような雰囲気ぷんぷんでああこれもまた友情が愛に変わっていくLGBTものか・・・と思ったらそのままひたすら武骨な友情物で幕を閉じた。正直何を伝えたいのかよく解らなかったがこ
>>続きを読む

パリタクシー(2022年製作の映画)

4.0

男は無口な方がいい

いい意味でフランスっぽくないカラっと分かりやすい感動作品であった。無口で不愛想なおっちゃんの表情が次第に緩んでくる過程がいい。1億5000万円はやり過ぎとは思うが。

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(2023年製作の映画)

4.0

けなすに忍びない

脚本も粗いしどこかで観たようなアクションシーンの連続だしインディジョーンズとも被ってるし。正直トムクルーズの需要はそろそろ限界に近づいてると思うがあれだけ頑張ってるのだからけなすに
>>続きを読む

劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室(2023年製作の映画)

4.0

鉄板の救急医療もの

ドラマは知らない。やや美談が過ぎるがこの内容とキャストならよほどへまをしない限り外すことはないであろう。京アニの事件を考えると死者ゼロなんてのは有り得ないとは思うが。

K.G.F:CHAPTER 2(2022年製作の映画)

4.0

インドの種馬

チャプター1の序盤で人物背景を飲み込むのにくじけそうになった本作であるが相関図さえ頭に入れば後は怒涛のエンターテイメントであった。インド映画界の総力を注ぎ込んだかのような物凄いエネルギ
>>続きを読む

K.G.F:CHAPTER 1(2018年製作の映画)

4.0

前半どう耐え忍ぶか

これまた長い。しかもまだこれで第一章である。前半一気に登場人物の概略と背景を詰め込むので頭で整理する作業がとても苦しいが後半ようやくストーリーが落ち着いてシンプルな勧善懲悪ムービ
>>続きを読む

THE KILLER/暗殺者(2022年製作の映画)

3.0

どこが暗殺やねん

これだけ堂々と殺しまくっといて何が暗殺だという感じの作品だがアクションはともかくストーリーが余りにも雑すぎた。黒幕探しも裏切りの駆け引きも何もかもが浅すぎる。それにしてもこれだけ人
>>続きを読む

別れる決心(2022年製作の映画)

3.0

迷走

パクチャヌク作品にタンウェイがということで大いに期待したのだが完全に裏切られた。着地点を探してあちらこちら迷走した挙句の果てに最後に着地失敗という。結局はただ単にタンウェイを使いたかっただけな
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.0

鳥肌

原作漫画は知らない。120分みっちりととんでもないライブを観終わった後のような高揚感があった。特に演奏シーンは鳥肌ものどっぷり引き込まれる。俄かジャズファン増えそう。サックスは無理でもオカリナ
>>続きを読む

劇場版 推しが武道館いってくれたら死ぬ(2023年製作の映画)

4.0

予想外

アイドルよりもオタクの方が可愛いという微妙なキャスティングであったが予想外に泣けた。設定はまるで違うがももクロが主演した幕が上がるに似たような高揚感があった。オタクの気持ちが少しはほんとにほ
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

4.0

演技力

作品の内容と言うより演者さんのパフォーマンスを堪能する作品。特に安藤サクラの表現力はさすが表情だけで登場人物の心情がずしずし伝わってくる。ただしレクター博士のパクリのような設定はやや安易かラ
>>続きを読む

ベネデッタ(2021年製作の映画)

4.0

裸祭り

予想以上にエロ多めな作品であるがそれほど下品さを感じないのは実話ベース所以であろう。結局は人を惹きつけるほどのパフォーマンス能力があれば詐欺師も神へと昇華するということか。ある意味ヒトラーも
>>続きを読む

いちばん逢いたいひと(2022年製作の映画)

3.0

どん引き

整合性のない脚本とまるで昭和初期にタイムスリップしたかのようなドン引きのコメディセンス。演者さんも演出も何もかも白々しくてさすがに途中で挫折しそうなくらいであった。瀬戸内のご当地観光作品に
>>続きを読む

ラストサマーウォーズ(2022年製作の映画)

3.0

よくできました

作品のストーリーと同じで素人が市民の力を借りて頑張って映画を作りました的なご当地応援ムービーであった。にしては入間の魅力も大して伝わらないので自主制作感が痛々しい。子供はよく頑張った
>>続きを読む