魔球ですさんの映画レビュー・感想・評価

魔球です

魔球です

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

3.8

伝統芸能のタフさ。人情の押し売り。

車内で元夫婦が間を埋める為だけに展開するような会話のキャッチボールが地獄絵図。元旦那のたすくを"君"という言葉で突き放す、ことねのエグさ。ギリギリ受け止めるたすく
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.3

クライマックスのカマシに驚いた。ドン底の芸人が起死回生の一発逆転を狙うワンサゲインに話しの比重を置いていたら面白かったかも。

OKOWAファンとしてはポジティブでお馴染みの田中俊行、華井二等兵らがモ
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.7

現代社会を生きる若者がテクノロジーを駆使してゾンビで蔓延した世界をサバイヴする設定がニューでフレッシュ。

カップ麺の演出をはじめとした食の演出が面白いし、コンパクトな中身も良い。

あと、主人公のジ
>>続きを読む

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

3.3

人間も悪魔もKOした。

MMA選手がエクソシストに目覚めるという設定が面白い。悪魔とバチバチの肉弾戦をカマす大胆さも嫌いじゃない。欲を言えばMMAスキルを駆使したアクションが欲しいところ。

祭服の
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.8

人こそが文化。

イップマンが完結した。最終回でもベタなドラマティック展開はブレません。

息子に木人椿で鍛錬する自分の姿を撮影させるシーンは胸熱だった。あぁー、これで最後かと再認識させられます。
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

変化球型ナーメテーター映画。

主人公のルーティン化した日常のストレスが最高到達点に達した時、そこにたまたま居合わせてしまった悪党が巻き込まれ、物語の起爆剤になるという、この手の映画では中々珍しい展開
>>続きを読む

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

4.3

GTA風味のthe アメリカ映画!

作品の雰囲気作りのスキルが高い。それ故にに会話劇メインのダルい3時間近い長尺も最後まで退屈せずに観れてしまうという。これぞザラーマジック。

地味な展開からの突如
>>続きを読む

ANIMA(2019年製作の映画)

3.0

うたた寝しながら踊る辺りは良かったが、15分全編がダンスで展開されるとは。まさかのMVだった。

レディオヘッドはじめ、トムヨーク、自分の肌には合わんなぁ。それでもクリープは好きなんだけども。

ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-(2016年製作の映画)

4.0

1日200回も爆撃が行われる地獄と化したシリアで誰よりも現場に早く駆けつけ、敵だろうが味方だろうが関係なく救出するという命知らずなホワイトヘルメットには頭が下がるばかりだ。

臨場感あるリアルな戦場を
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

4.3

1時間30分の中に自分の求める映画ジャンルが詰め込まれていて退屈知らず。

設定や演出はアイデア豊富で面白くフレッシュ。主人公がAIに人体を操られている演技は自然過ぎるが故に、本当に操られてる疑惑が浮
>>続きを読む

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

刺す!引き裂く!潰す!

バイオレンスを余裕で通り越した、壮絶なるアクションは、もはやスプラッター。部位破壊の容赦無さとエグい攻撃の数々に絶叫と万歳と拍手が止まらない!

なかでもマンションの一室を舞
>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

3.0

ネトフリオリジナルの作品は割とクセ強めなイメージがあったけど、これは大クセ!

ジャレッドレトのキマッた表情と出立ちが素晴らしい。が、急にカタコトの日本語を話し出せば、そのカッコ悪さのギャップに椅子か
>>続きを読む

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.8

へっぽこコメディに対してキレキレのアクションというアンバランスな感じがハマる。正に王道のアクションコメディ。

なかでも、常にトップギアで怒鳴り散らす次長が、おいでやす小田のサンプリング的で笑える。
>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

3.7

拳の代わりに銃を手にしてストリートから成り上がっていくドニーイェンはチンピラファッションを無難に着こなし、まるでトニーモンタナ。サグいです。

ただドニーイェンが出演しているからにはキレキレの格闘シー
>>続きを読む

イカロス(2017年製作の映画)

5.0

ドーピングも、人も、ヤる。恐ロシア。

これはシチズンフォー以来の衝撃のドキュメンタリー映画。東京五輪開催で世界が揺れてる今、観ておいて正解だった。

前半のドーピングをキメてアマチュアツーリング大会
>>続きを読む

この茫漠たる荒野で(2020年製作の映画)

4.0

茫漠:ぼうばく。勉強になりますorz

どんな過去があっても物語が続くのなら、その先に希望がある事を信じて過去を振り返りながらでも進み続けるしかない。という力強さと少しばかりの説教臭さが伝わってくる。
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.8

夏の傑作、激突とフォーリングダウンのハイブリッドが生み出す狂気!オモロ!

現代社会が抱えるストレスを溜めに溜め込んで具現化したようなラッセルクロウの巨体、攻撃性、頭脳明晰さ。正にグリズリーベア。オス
>>続きを読む

FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー(2019年製作の映画)

4.5

クラブイベントさえもした事ない金持ちがセレブリティーなビッグフェスを勢いだけで開催するという無謀さの先には地獄しかない。そこに何の疑いもなく客として集まるインフルエンサーの哀れさ。

マウンティング社
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.0

肥溜めをグツグツ煮詰める事が出来たとして、その熱々に仕上がった肥溜めを頭からぶっかけられたような映画だった。

再現度の無駄な高さに、監督やプロデューサーは一体どういうテンションで撮影に挑んだのか。と
>>続きを読む

薄氷(2021年製作の映画)

3.0

スリラー、サスペンス、バイオレンス、パニック、アクション。

護送車という限られたシチュエーションで状況が変わっていくアイデアは面白いけど、色々盛り込み過ぎて中途半端。

凄惨さや胸糞指数を高める会話
>>続きを読む

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.0

5分間だけ超人になれるという設定に浪漫を感じるけど、ノーマル状態と超人化の差別化が地味で消化不良。

5分ルールも場面によって、体感捻じ曲げられてるっぽい部分が何カ所かあって気になった。

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

3.0

バイオレンス、グロは名作"レイド"を継承してる節があり天晴れ。それ以外は冗長でテンポが悪いし、暗闇も多いしで、集中できない。もっと暴れて欲しかった感。

手間の掛かる拷問器具のギミックは良かった。予告
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.7

ヘリコプター墜落ぐるぐる〜からの爆発、そしてマザファキおじさん登場のシーンがキマッてる〜!

今日の敵は明日の友。この凸凹バディが軽口叩きながら街中を大暴れするという安定のアクションコメディ。いわゆる
>>続きを読む

ハイ・フォン: ママは元ギャング(2019年製作の映画)

3.5

ベトナム映画やば。

アト6で紹介されてたので観る。言ってしまえば96時間のお母さん版ベトナム風。

主役のベロニカグゥの戦闘スキルとカメラワークがエグい。ナイフ戦からの銃をディザームしまくるクライマ
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.8

人が怖がっている姿を目の当たりにすると、その光景を見た人に恐怖が伝染する。いわゆる強烈な集団ヒステリーかと思いきや……

いきなり現象が発生し、何の説明もなく最後まで突っ走る、投げっぱなしジャーマンス
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.7

ハリウッド版亜人。

不老不死を奇病のように捉え、デメリットが目立つような展開がフレッシュで面白いし、製薬会社が絡んで来る部分もifな点で良かった。

肝心のアクションはキレキレ。肉弾戦もガンアクショ
>>続きを読む

スペンサー・コンフィデンシャル(2020年製作の映画)

3.2

ピーターバーグとマークウォールバーグの映画にしては大人しめ。いわゆる消化不良ってやつ。

相棒ホークの格闘スキルをもっと活かしてれば面白かった。あの体格とキャラ設定で、まさかの、ゆるキャラは笑えんです
>>続きを読む

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

3.5

"ラスト20分の真実"というキャッチコピーが大々的に打ち出されてなかったら楽しめたと思う。

ここ重要ポイント!って、あえて伏線を隠さない感じはエンタメ的。ドラマで細かく観てみたい。

最後の追跡(2016年製作の映画)

4.5

フロンティア3部作をやっと観終えた。なぜ今作だけネトフリ限定なのか。勿体無いに尽きる。

連続銀行強盗犯とレンジャーの追走劇というシンプルな構造でもテイラーシェリダンの手に掛かれば二重にも三重にもエピ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

1970年代にこのクオリティの映画を作るとなると難しかったけど、今の映画技術を駆使すれば1970年代の空気感までもパッケージングして蘇らせる事が出来た。

カラーではなくて、あえてモノクロにした意味。
>>続きを読む

ジョン・デロリアン(2018年製作の映画)

3.5

洗礼されたスタイリッシュなボディのデロリアンが実はポンコツ車だったという事実に驚いたし、夢の為なら手段を選ばないジョンデロリアンも狂ってんな。

フィクションでもノンフィクションでも強烈なインパクトを
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.3

完成度の高い原作をあえて改変するチャレンジャーな清水崇。ヤバい。

これはこれで良い。でも原作の突き放し方というか、地に足がついた感じの着地の方が好みだし、納得できた。

観た後は目を覆ってしまいがち
>>続きを読む

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る(2020年製作の映画)

4.0

このタコ野郎!は褒め言葉だった。

タコのステータスを五角形で例えるなら、ほぼ五角形だろう。擬態、自然治癒、危機管理能力、水陸両用、高い攻撃力と守備力などなど、もはやチートキャラ。やはり宇宙生物説は濃
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.8

恋は盲目に対する新しい解釈。

愛情があるのは当たり前としても、やっぱり大切なのは互いに妥協する心意気で、そこに振り回される思春期の息子の事を思うと同情せずにはいられない。

人生は近くから見れば悲劇
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

4.3

先輩の風来坊が心地良いわ。

RIZEとリンプビズキットのコピバンを学園祭でした瞬間が蘇る。あの時ブルーハーツをコピーしてたら良かったなぁ。と今になって後悔してます。無念。

青春パンクに手を出さない
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.5

冒頭のカーチェイスから始まり、銃撃戦、近接格闘、パルクール、グロ、グロ、グロ、磁石とストーリーそっちのけでキメまくる。これぞマイケルベイ。文句無し。

それにしても、なぜにエンタメ特化した今作を劇場公
>>続きを読む

>|