魔球ですさんの映画レビュー・感想・評価

魔球です

魔球です

バイオレンス映画が特に好きです。でもリアルバイオレンスは苦手です。

色々なオススメ映画教えてください。
フォローお待ちしておりますー◎

映画(460)
ドラマ(3)

ハンズ・オブ・ストーン(2016年製作の映画)

3.0

ロベルトデュラン凄い選手らしい。もっとノーマス事件の事を描いていたら、その後の復活劇にカタルシスを感じたかもしれない。勿体無いなー!

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

これは地上波では無理じゃわ笑。かなり攻めた台詞と映像じゃけぇの。それに攻めてばかりでもないんじゃ。ちゃんと伏線があって脚本もようできとるわ。って感じに呉弁を使って感想を述べたくなる傑作でしたね。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.5

トレーラー脱出の時の窓にひびが入る演出を、ロストワールド以来いろんな映画で同じような演出を観るようになったけど、もしかして先駆者?

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.0

水の波紋で恐怖を演出するとこが印象的。映画館で観てめちゃくちゃ緊張したの覚えてる笑。

無限の住人(2017年製作の映画)

3.5

主人公が不死だからバサバサ斬られながら戦うのは新鮮。だいたい時代劇の敵って斬られるの待ってるし笑。

それにしても13人の刺客ヨロシクな少数vs多数のバトルは面白い。松方弘樹には敵わないけど見応えある
>>続きを読む

ショウダウン 不死身の弾丸(2016年製作の映画)

1.6

いや、雑だわ笑。
ちょっとだけ期待して後から観ようと楽しみに思って録画した自分を恥ずかし思うであります。さー!

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.5

かいじょうたちのいるところの少年がこんないい感じの青年になってるなんて。

ホラー映画としては地味。それでもローファイな雰囲気は自分好み。あと主人公見てたらバースト購読してた頃の自分を思い出して少しゾ
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

2.5

アクションコメディに最後まで徹してたら良かったと思う。アクションはクライマックスの決闘シーンが中々面白かったけど、CGに関してはだいぶショボいし、ダサいかなと。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.6

今年、映画館で観た作品は今のとこスリービルボードが最高。これ以上の映画は今年はないだろうと思ってたら、これが超えてきた。映像も脚本も音楽もどストライクだし、中でもコメディ要員のショーンには何度も吹き出>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

警察が所々、無能で酷い。でも日本で実際に似たようなテロが起きると、もっと酷いだろうしこんなに早く解決しないんだろうなとは思う。

報道の映像でしか知らないけど、実際には街中で戦争さながらの銃撃戦とかあ
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

チャットモンチーの名曲のひとつmajority bluesの一節を思い出す。

マママママジョリティ
あなたを作るの私じゃない
だけど マジョリティ マイノリティ
あなたを守る人は私

個性を意識する
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

2.8

デイビージョーンズやクルーやクラーケンのキモい造形、潜水する海賊船や斬新なギミックなど前作よりも金を使ったぶん豪華になってるが、尺も長いし、無駄なシーンも随分目立つトランスフォーマー現象が起こっている>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

ここまで衝突しまくる家族を観てるとヤバ過ぎて笑えてくる。

デンゼルワシントンのフェンスとは違ったクセのある作品だな。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.2

新しい海賊映画としては新鮮で面白いし、音楽も素晴らしい。
ジョニーデップもハマり役ではあるけど、この辺から知る人ぞ知るジョニーデップから、みんな知ってるジョニーデップになって色々狂いだした気がする。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

最初はこういう生活も良いなと思いながら観てたけど、世界に触れるとやっぱり変だよな!と再確認する。

けっこうコメディなのかと思ってたけど割とシリアスで話しも興味深い。

おっと!興味深いってワードは禁
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.5

デデンデッデデン♪かダダンダッダダン♪かダダスタスタダス♪かで友達と口論になった日々が懐かしい。

言うまでもなく傑作。ショットガンのスピンコックリロードは、親戚のモデルガンで真似して中々の怪我をし、
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.5

TRFだ!TRFが来たぞ!アメリカのTRFだ!もう何度も何度もTRFって台詞が登場する度、小室ファミリーのTRFが脳裏によぎって笑える。

内容は意味不明で狂ってます。これぞクレイジーゴナクレイジー。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

優しい人が損をする社会は嫌だな。でもそれがリアルなんだろうけど。あとユーモア精神って大事よね!

キング・アーサー(2016年製作の映画)

2.3

主役というか主要人物があまりにも華がないです笑。肝心のアクションも思ったほどのものはないし、脚本は雑だし、ガイリッチー手抜きし過ぎだろ。

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

エイリアンをスタイリッシュにした印象だからか、インパクトのあるシーンが少なかったし、ラストも読めたし、全体的に薄味で醤油が欲しい。

カルビン、刺身で醤油掛けて食べたら美味しいだろうか?

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

変態映画というか嫌味な映画だった。もっと攻めたやつを期待してたけど、そういう映画でもなかったみたい。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

こういう実話を元にしたって映画は、観た後についつい実際にあった事がどれだけ描かれてるのか調べてしまうんです。

結果は察してくだされ。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

3.0

予告のほうが良かった。ってか、だいたいの人は蜘蛛は苦手だろ。って思った。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

チリンチリンうるせーな。
謎の美人死体が不気味で恐怖を増幅させてくれる。

気持ちが盛り上がってきたとこで終わるのは残念。

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

3.1

そろそろ限界か!?
もう新しい発見がなくなってきた笑。

え?ダイハード6だと?観に行くわ。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

トムハンクス主演にしては凡作。薄っす〜い、ぬる〜い、スープを延々と飲ませれてる気分。

しかしハリウッドは無理矢理にでも恋愛入れてくるよな笑。

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

4.0

ローテク刑事vsハイテク犯罪集団。

年を重ねて以前よりボヤきまくりではあるけど、アナログな戦法で悪をぶっ倒す姿は爽快だ。シリーズの中でもけっこう好き。

ダイ・ハード3(1995年製作の映画)

3.6

Summer in the Cityがノリノリで流れる最中の爆発シーンが唐突過ぎて劇場で観た時びっくりしたし、軽くトラウマ。

まざふぁっか。

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)

3.6

くそ寒そうな上に、酷い傷だらけのマクレーンの姿がやはり痛々しい。それにしても敵がマヌケだ。最後までちゃんとして。

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.0

何回観てもガラスの破片の上を裸足で歩くとこは痛々しい。
それはそうとLA旅行でロケ地の20世紀フォックスの本社に案内してもらったけどめちゃくちゃ普通だった。
それでも良い思い出だ。またハリウッド行きた
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

2.8

クライマックスの銃撃戦があったから良かったけど、禁酒法時代のギャング映画にしてはスタイリッシュで物足りなさを感じてしまった。

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

4.0

テーマもストーリーもわかりやすい、グロが容赦ない、弓矢が出てくる、スタローンが出ている、スタローンが制作に関わっている、スタローンがランボーしている、ランボーが強い、尺が短い。

よって面白い!

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

2.0

意味不明過ぎた笑。
この監督は武道を勘違いしてるだろうし、黒澤映画を意識したであろう墨汁の雨の使い方も勘違いしてると思う。

あと音量なんとかしてー。

パラダイム(1987年製作の映画)

3.5

ザラついた夢の映像が当時はめちゃくちゃ怖かったけど、今観ても不気味だわ。

最近こういうカルト映画減ったなぁ。

殺戮にいたる山岳(2016年製作の映画)

3.3

おじいちゃんvs腐れ外道軍団。

これは負け試合間違いないだろうと思いきや、山に入れば腐れ外道軍団を相手に爺さんがゲリラ戦を仕掛ける。

韓国版ランボー、またはRE:BORNか?ストーリーは気にするな
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

160人スナイピングして戦争の英雄になっても未来は暗いとか救われないなと思う。
イーストウッドの映画やはり面白い。

>|