misuzuさんの映画レビュー・感想・評価

misuzu

misuzu

邦画より洋画派。ミニシアター系からハリウッド超大作までジャンルを問わず観ています。でも、ホラーは苦手。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

上映時間の長さや登場人物の多さを考えると仕方がないけれど、駆け足な展開で謎解きの面白さがあまり感じられなかったのが残念。
原作に忠実に映像化しなくても構わないけれど、やはり原作のあの素晴らしいラストシ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.7

愛と青春の70sパンク映画!
想像のナナメ上を行く設定に度肝を抜かれますが、ボーイ・ミーツ・ガールの甘酸っぱさもあり胸がキュンとさせられる場面もありました。
弾けているエル・ファニングがとにかくキュー
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.7

モノクロを主とした映像も相まって静かな印象ながら、前半はミステリアス、後半はスリリングと緩急のついた展開で物語に引き込まれて観ていました。
ヒロインの行動や心情を思うと胸が痛くなりますが、フランソワ・
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.5

プロパガンダ映画であっても妥協しない、映画の作り手達の映画への情熱が描かれているところがとても良かったです。
悲劇的なエピソードが描かれていたり、時代的にはこの後からさらに戦争が激化していきますが、明
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

ストップモーションアニメとは思えないほどの映像の美しさ。
それだけでも、映画館の大きなスクリーンで観て良かったと思いました。
細かく見れば違っているところもあると思いますが、日本のことをよく調べて作ら
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

全員がワンダーウーマンを大好きなことがわかる、そして、超人達の中にあってバットマンのフツーの人の感じが際立って見える作品でした。笑
フラッシュとサイボーグのツンデレ気味の友情も最高!

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

私は子供が出てくる映画が好きなようです。
自分ではあまり意識していませんでしたが、好きな映画ベスト10的な感じで挙げていくと子供が活躍する作品が半数もしくはそれ以上を占めていたりします。
そんなことも
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.5

今年は豊作揃いと言われている韓国映画ですが、またひとつ骨太のドラマを堪能することができました!
日本人としては正視に耐えないシーンもありましたが、日韓に限らず映画から歴史を知ることも重要だとまた考えさ
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

公開前から楽しみにしていた映画ですが、期待した以上に面白かったです。
頭脳派なチャニング・テイタムや、いかんなくコメディアンぶりを発揮しているダニエル・クレイグなど、他の映画ではなかなか観ることがない
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

ザ・アメリカ的なアクションコメディ。
ダサダサのウエストポーチを肌身離さず身につけているロック様、ユニコーンの柄のTシャツを着るロック様、昔の友達にエロ動画を送りつけるロック様…と他の正統派アクション
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.7

映画の公開に先駆けて原作も読みましたが、映画はアレンジされトム・フォードの「作品」となっています。
映画の中の小説の部分以外は全てスーザンの主観によって物語が進んでいきます。
実際にエドワードはどんな
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

昼間のシーンが多いからか、思っていたよりも怖さはマイルド。
ルーザーズの成長の物語、青春映画の色合いが強く、ホラーよりも人間ドラマとして楽しめる感じがしました。
最後はStand by meのテーマソ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

MCUのお笑い担当といえばガーディアンズですが、今作でその役割は完全にマイティ・ソーに取って代わられたように思います。笑
コメディの印象が強い今作ですが、ソーとハルクのバトルなどアクションシーンもしっ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

人種差別を絡めたスリラーと聞いてどんな映画か全く想像がつかなかったのですが、観て納得!
とにかくこの発想がすごいと思ったのですが、それはやはり監督のジョーダン・ピールが黒人ということが大きく関係してい
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

今年最も公開を楽しみに待っていた映画です。
2049はブレードランナーの「リメイク」ではなく「続編」なので、前作との比較はせずに観ることを心がけました。
上映が終わった後、真っ先に感じたのはとてもエモ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.2

実話を元にした作品だからか、いつものトム・クルーズ主演作とは少し雰囲気の異なる作品。
アメリカを利用したつもりが利用され捨てられた人物の物語だけれど、コメディタッチな作品となっていて、重くなく気楽に観
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.7

亡くなった妹の亡骸に、私を許してと語りかけるヒロインの姿に、捨てたくても捨てきれなかったサーミ人としてのアイデンティティを感じて胸を打たれた。

わたしたち(2016年製作の映画)

4.0

ふだんはすっかり忘れてしまっている子供時代のことを、この映画は鮮やかに思い出させてくれます。
友達とお揃いのアクセサリー、マニキュア代わりに爪を染められるホウセンカ。
同じ経験をしていなくても、こんな
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

個人的に人間が本当に心を通わせ合うことができる唯一の動物は犬だと思っています。
私のそんな気持ちを映画化してくれたのがまさにこの作品。
犬と暮らしている人、暮らしたことがある人はもちろん、その経験がな
>>続きを読む

野良犬(1949年製作の映画)

3.7

黒澤明監督作品をちゃんと観ていきたいと思い、午前十時の映画祭にて鑑賞。
拳銃を盗まれた若手刑事・村上とコンビを組むベテラン刑事の佐藤を、三船敏郎と志村喬がそれぞれ熱演しています。
そこに淡路恵子を加え
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

公開前に邦題ですったもんだあった本作。
なんだか作品への期待値を下げられてしまったような思いでしたが、鑑賞後にはそんなことをすっかり忘れてしまうほどのパワフルな快作でした。
この作品を魅力的に見せてい
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

チェコ(スロヴァキアを含む)の特殊部隊による、ナチスの将校ラインハルト・ハイドリヒ暗殺を描いた作品。
公開中の『ダンケルク』と同じく第2次大戦時の史実を元にした映画ですが、こちらは登場人物も全て実在の
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.7

ユーモアとシリアスのバランスが絶妙!
結末の予想はつくものの、笑って泣けるハートウォーミングな映画になっています。
とにかくサミュエルとグロリアの父娘と、ふとしたきっかけで出会ったベルニーのトリオが最
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

あらすじを読むと面白そうなのに、実際に観ると全体的に中途半端な印象ばかり残ってしまってとても残念。
個人的にはパパ似のスコット・イーストウッドの見目麗しいお顔を1時間半観られるところが1番良かった。笑
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

ものすごーく好きなタイプの作品!
映画の中で多数登場する双子達は、同じように見えて違う(同じ日は1日とてない)というパターソンの日常の比喩なのでしょうか?
さりげなくもセンスのある映像も物語にピッタリ
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.5

飛行機にて鑑賞。
アメリカらしいおバカコメディ映画で、気楽に観られて良かった。
ケイト・マッキノンが良い味を出していて、特にエンドロールは必見!
スカヨハ姐さんの、さすがマーベルヒーローな感じのするア
>>続きを読む

マイ・カズン・レイチェル(原題)(2017年製作の映画)

2.5

飛行機にて鑑賞。
サム・クラフリン演じる主人公の考えなしの行動に終始イライラ…。
雰囲気は良いのに、中途半端なミステリーになってしまってとても残念な作品に感じた。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

飛行機にて鑑賞。
リアリティのある題材で途中まではとても面白く観られた。
ただかなり衝撃的なできごとが起きるにもかかわらず、オチが弱すぎてそれでいいの!?という疑問が残る結末に…。
結局、提起された問
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.2

飛行機にて鑑賞。
登場人物はみんな魅力的だし、初恋がテーマの物語も可愛くて良いのに結末で拍子抜け…。
なんとももったい感じの残る作品だった。
ジュラシック・ワールドに出演していたニック・ロビンソンがす
>>続きを読む

ウィンド・リバー(原題)(2017年製作の映画)

3.7

旅行中にアナハイムの映画館にて鑑賞。
ネイティブ・アメリカンの女性の死亡事件を描いたミステリー。
映画の物静かな雰囲気が、物語の悲しさや事件の真相の悲惨さをより強くしているように感じました。
出番は短
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(原題)(2017年製作の映画)

3.5

ロサンゼルスのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて鑑賞。
テイラー・キッチュのファンなので映画ももちろん楽しみでしたが、それよりもハリウッドの歴史ある映画館で映画を観られた満足感の方が高いです。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

旅行中にサンフランシスコの映画館で鑑賞。
特筆すべきはやはりシャーリーズ・セロンのアクション!
流れるようなその動きに見入ってしまいました。
個人的にはジェームズ・マカヴォイのクセのある役が大好きなの
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

旅行中にサンフランシスコの映画館にて鑑賞。
あらすじは把握していましたが、やはり字幕なし英語音声のみはかなりハードルが高かった…(イギリス英語は難しい、特にジョージの英語はさっぱり聞き取れなかった)
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

咲江の足についてのエピソードが今も印象に残っている。
足を少し引きずって歩くのは生まれつきのはずだが、咲江は家(工場)の屋根から飛び降りたからだと言う。
真実は前者だろう。
でも、咲江にとっての真実は
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

映画館で流れる予告編で何度も観ていたこの作品。
パニック系やホラーが苦手な私は、この映画は観ることはないと思っていました。
ところが公開後、SNSなどで見かける感想が絶賛の嵐、しかも「感動した」「泣け
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.5

イ・ビョンホンさん舞台挨拶付きの試写会にて鑑賞。
これが実話を元にしているとにわかに信じられないくらい、壮大かつドラマティックな韓国らしいサスペンス。
ビョンホンさんはこの映画で悪役を演じていますが、
>>続きを読む

>|