mukoryoさんの映画レビュー・感想・評価

mukoryo

mukoryo

映画検定2級 ハングル検定3級 広東語学習歴6年 香港訪港30回以上 

映画(188)
ドラマ(0)

轢き殺された羊(2018年製作の映画)

3.8

荒れ果てた地平線に古びたトラック、そして荒くれドライバー、この構図が滅茶苦茶カッコ良い。あまりのシンプルさにSFに見えそうで、ブレードランナーの3作目の予告編だよと見せられたら信じてしまいそうな冒頭の>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

霊よりモンスターより人間の方が怖い!受賞歴のある豪華なベテラン俳優陣が演じるからなお逃れられない感じがある。観る方はもっと最初の段階で耐えられないが、「家の中でこうなったら困る」ことが連続して現実にな>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ダニエル(呉彦祖)出てたんですね。香港の街がとんでもないことに!  

家族のレシピ(2017年製作の映画)

4.2

目にも美味しい、心にも美味しい、沁み渡る映画。たべもの、時間、想い出、家族、つながり、故郷、に対するエリック・クー監督の想いが質感として伝わってきます。斎藤工さんは非日常、非人間の役が多かったりしまし>>続きを読む

三人の夫(2018年製作の映画)

-

TIFFにて鑑賞。フルーツ・チャンの描く香港はカラフルで愛すべきものですが、アグレッシブであり突然の下ネタが多いので覚悟が必要。今作は下ネタ100%で道徳的には完全にアウト。でもこの無垢さは何なのでし>>続きを読む

トレイシー(2018年製作の映画)

4.2

TIFFにて鑑賞。香港映画の未来は明るい!LGBTQがテーマの映画は、その問題提起の重さで、当事者でない観客は評価しにくいものがありますが、この作品は新しい時代を感じる!家族三世代、年老いた先輩、20>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.9

王家衛(ウォン・カーウァイ)がこんな仕事(監修)までやっていたなんて知りませんでした。「人民服と仏像を同じ部屋に陳列したいのですが。」とNYサイドの人に言われた時の彼の顔が見もの!笑 

ダーク・クライム(2016年製作の映画)

3.0

遠近感を出さずに撮影している絵作りと音楽がマッチして、スタイリッシュで雰囲気ある。ただ物語が…誰かがポロっと話すことで展開していくだけなので犯罪捜査ものに見えなかった。マッチ工場の少女が上司役で出てる>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

ロビイストの会社があることを初めて知った。説明的にならずに一気に見せる作りとジェシカ・チャステインが想像通り上手い。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

堺さん、高畑さんの持ち味が最大限に活かされてて小気味いい。年の差夫婦がいい感じ。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

イギリス独特の悪ノリがパワーアップ!「マナー」どころではない(笑)
エルトン・ジョン、がご本人さん出演なのが面白い。

ゴールデンボーイ(1998年製作の映画)

3.5

少年が老人に失礼な物言いをしても「それは若者の特権だ」と微笑む老人。このセリフが二人の関係性を象徴していて気に入りました。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

SNSの怖さをテーマにした作品かと思いきや、観ていくと本質のテーマはそうでもないような… 自業自得の部分もあり、反逆、復讐にしてもヒロインの本心がわからないままだった。

スリープウォーカーズ(1992年製作の映画)

3.0

「ツイン・ピークス」のメッチェン・エミック、この当時注目していたけれど今作での彼女が抜群に綺麗。

ワン・デイ 悲しみが消えるまで(2017年製作の映画)

3.6

原題は『ある日』。ロマンチックな恋愛映画の邦題に見えますが、そんなイメージ先行のネーミングではなくマジで「悲しみ」を描いた作品です。クライマックスではもうやるせないほどの怒涛の悲しみです。韓国の病院は>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

4.0

劇団員の夫婦、夫の方は教師の仕事までこなしているので、都会的で知的・文化度の高い夫婦であることがわかる。しかも劇中劇で手際よく「老けメイク」をしているところもさらにそう感じさせる。ところがある事件以降>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

1950年代が舞台なので古めかしい伝統的ホラーで安心して観れた。メインの二人の少女が可愛くて演技も上手い。けどシスター、あんな惨劇があった後にハミガキして寝る?と思ってしまいました。1作目を観ていない>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ほんのりハッピーな気分になれるゾンビ映画。そして明日も仕事がんばろう、と思う作品。いつも行っている映画館でこんなに満席でしかも爆笑の渦になるのは初めてのことでした。ドキュメンタリーのようでいて緻密な計>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

5.0

39年も前の映画。いつ何度観ても映画的に面白く新鮮。こちらでの評価が意外に低いので驚いてます。ベタに見えたり、観たことある感があるかもしれませんが、いやいやこれが元祖なんだってば!ラストシーンの緊張と>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.7

主演の二人が結婚というニュースを聞いて、不思議な組み合わせと思ったのですが、本作で納得。「愛」の純粋培養、「愛」しかない世界のお話、こんな映画久しぶりに観ました。二人ともアンドロイド(それも人間にとっ>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

4.0

ヴァンサン・ペレーズといえば、フランスのイケメン俳優というイメージしかなかった。この映画は全てのシーンが美しく、ベルリンの街並みの見せ方や小物等も相当こだわって作ってあって、こんなセンスがある人とは知>>続きを読む

>|